MOVIE 2022.01.26(水)

【副業におすすめ】動画編集で月5万円を稼ぐには?始め方を解説!

 近年会社員などの本業とは別に副業として収入を得ている人も増えています。

その中でも動画編集は副業の中でも人気の副業の一つです。

そこで、今回は動画編集の仕事内容や動画編集で稼げる平均報酬などについてご紹介していきます。

副業で動画編集する場合の仕事内容

動画編集と一言で言っても動画編集の仕事内容はたくさんあります。

例えば、以下のようなものが動画編集の副業でよくある案件です。

  • YouTubeの動画編集
  • 企業のサービスやPR動画
  • 結婚式などのイベントの動画作成

この中でも特にYouTubeの動画編集の案件が多いです。

個人でYouTubeで活動している人もいますし、企業がプロモーション活動の一環としてYouTubeを通してPRする企業も増えており、その動画の素材を編集する案件があります。

YouTubeの動画を編集する場合の仕事内容は「装飾」「テキストの挿入」「音声の挿入」「動画の切り取り・貼り付け」「字幕設定」「エフェクト挿入」などが基本的な作業となり、内容はクライアントや案件によっても異なります。

動画編集にかかる時間

動画編集にかかる時間は自身のスキルによっても大きく異なりますが、大体撮影時間の2倍~3倍程度かかることが多いです。

例えば、30分の動画素材がある場合は1時間~2時間程度かかります。

動画編集では以下にクオリティの高い動画を短時間で作成するかが鍵となりますので、まずはスキルアップが重要ということになります。

仮に初心者の人が1日5,000円の案件を週に2本作成するとしたら1か月で4万円程度の収入になります。

動画編集のスキルを身につけて1本あたりの時間が短縮でき、1日5,000円の案件の週に4本作榮することができれば、1か月で約8万円の収入となります。

動画編集は在宅でもできる

動画編集の副業が人気となっている理由の一つに、在宅でも未経験でもできる点が挙げられます。

動画編集の仕事をする場合はパソコンと動画編集をするためのソフトがあればどこでも作業ができます。

自宅やカフェなど自分の好きな場所で作業を進めることができるため、小さなお子さんがおり、外でなかなか仕事ができない主婦の方でも副業でお金を稼ぐことが可能です。

動画編集は副業の中でも稼げる!

動画編集は副業の中でも稼げる仕事です。

動画編集の副業をする場合、一般的に毎月3万円~10万円程度の収入を得ている人が多いです。

しかし、先ほども紹介した通り動画編集の仕事は自身の動画編集スキルや案件の種類、作業時間によっても大きく異なります。

YouTubeの動画の副業

YouTubeの動画の動画編集の案件を受注する場合、1本あたり5,000円の報酬が相場です。

そのため、単純計算で1週間で5本の動画編集の案件を納品すれば1か月で10万円の収入になります。

また、YouTubeの動画編集の案件で動画編集の作業に慣れることで、自身のYouTubeチャンネルを立ち上げて自分で動画を投稿して、YouTubeで収入を得ることも可能です。

例えば、自分で得た動画編集のスキルや経験を活かしてノウハウ動画などを挙げれば、そのまま流用することもできるため、おすすめです。

PR動画

pR動画はYouTubeの動画の次に需要が高い副業です。

PR動画の案件は1本あたり数千円から数十万円など企業や商品によっても報酬額が大きく異なります。

報酬が高い案件は実績があまりない人でも受注することができますが、報酬が高ければ高いほど求められる動画編集技術が高まります。

しあかし、PR動画は動画編集の案件の中でも稼ぎやすい案件ですので、実際に自分で動画の案件を受けて実績を重ねた上でチャレンジしてみましょう!

動画編集で稼ぐためのコツ

パソコン

続いて、動画編集で稼ぐためのコツをご紹介していきます。

動画編集で稼ぐためのコツは以下になります。

  • ポートフォリオを作成する
  • SNSを活用する
  • パソコンのスペックを上げる

それでは、それぞれご紹介していきます。

ポートフォリオを作成する

動画編集の副業をする場合はポートフォリオを作成することは大切です。

特に動画編集をこれから始める人や始めたばかりの人は実績や経験が浅く、案件に採用されないことも多いです。

ポートフォリオは自分のスキルや経験を客観的にアピールできる素材ですので、これから動画編集で収入を得たい場合は動画編集のスキルや知識だけではなく、ポートフォリオを作成することも意識しましょう。

SNSを活用する

動画編集の副業をする場合は基本的にクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで案件を探すことが多いです。

ですが、TwitterやインスタグラムなどのSNSを使って副業をすることも可能です。

自分で作成した動画をSNSに投稿することで、これを見た個人や企業から直接仕事を獲得することも可能です。

また、動画投稿者、動画編集者を探していそうな人に直接リプライやDMを送ったり、人気のハッシュタグを使って自分の投稿が多くのユーザーの目に留まるように宣伝することもおすすめです。

特に初心者の人はクラウドソーシングサイトで案件に応募してもライバルば多いためになかなか案件を獲得することができないこともあります。

さらに、自分のSNSや投稿した動画がリツイートされて知名度が上がれば、SNSだけで収入を得ることにも繋がりますので、これから動画編集の副業をする人はSNSを利用することをおすすめします。

パソコンのスペックを上げる

動画編集で稼ぐためには、パソコンのスペックも重要です。

パソコンのスペックが低ければその分作業効率も下がってしまうため、実際に受けられる案件の数も減ってしまいます。

今すぐに高スペックのものに買い替える必要はありませんが、動画編集中に重く感じる場合はパソコンを買い替えることを検討しても良いでしょう。

動画編集の副業を始める方法

勉強する男性

続いて、動画編集の副業を始める方法についてご紹介していきます。

動画編集の副業を始めるには、以下の方法で案件を獲得することができます。

  • クラウドソーシングサイトに登録する
  • スキル販売サービスを利用する
  • スクールで案件を獲得する
  • 知人から仕事を請け負う

それでは、それぞれご紹介していきます。

クラウドソーシングサイトに登録する

先ほども紹介した通り、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトに登録して案件に応募することが可能です。

副業を始める人の多くはまずクラウドソーシングサイトを利用することが一般的で、未経験の人や実績が少ない人でも案件を受注することが可能です。

スキル販売サービスを利用する

ココナラというサービスを利用して動画編集のスキルを販売することができます。

自分のスキルを販売すれば、自分のスキルに興味を持った個人や企業から直接案件を受注することができ、収入を得ることが可能です。

スクールで案件を獲得する

動画編集を学ぶ際の知識やスキルはスクールに通うことで身に付けられます。

また、スクールに通えば案件を直接いただけることや、公開されていない求人を紹介してくれるスクールもあるため、案件の獲得や就職・転職にも繋がります。

実績が全くない人でも動画編集のスキルが全くない人でもスクールを経由すれば案件を獲得できます。

知人から仕事を請け負う

動画編集の副業をする場合、あなたの人脈を利用することも一つの方法です。

特に現代ではYouTube活動をしてる人も多く、周りにYouTubeに動画を投稿している人がいれば、その人から直接仕事を獲得すれば、長期的に安定した収入が得られます。

さらに、友人や知人に結婚する人がいれば、結婚式の動画制作を請け負うことも可能です。

動画編集の副業をする場合はスクールに通うことをおすすめ!

動画を編集する女性

これから動画編集の副業をする場合、まずは動画編集のスキルや知識を身につける必要があります。

もちろん、独学でもスキルや知識を得ることも可能ですが、正直効率が悪いです。

スクールであれば実際にプロの講師の人に基礎的な部分や実践的に利用できるスキルなどを学ぶことができるため、スクールに通ってスキルや知識を身に付けましょう!

また、スクールを選ぶ場合はそれぞれのスクールによっても受講内容や料金、サポート体制なども異なるため、自分に合った適切なスクールを選ぶことが大切です。

最後に、おすすめのスクールをご紹介しますので、参考にしてください。

副業で動画編集する場合はChapter Twoで学ぼう!

副業で動画編集をする場合はChapter Twoで学ぶことをおすすめします!

Chapter Twoは動画編集を学べるスクールで、動画編集者として副業・フリーランスで成果を出すために特化したコースを受講することができます。

動画編集未経験の人でも企業やクライアントから求められるハイレベルな動画制作のスキルや知識を身に付けることができ、実際に高単価の案件が受注できるクリエイターを目指せます。

料金は25万円となっており、リアルタイム講座を12回受けることが可能です。

受講料以外には「Adobe年間契約費月々3,300円ほど」「編集用マウス数千円〜1万円」「PCモニター」などが必要になってきますが、chaptertwoで動画編集の副業で稼ぐスキルや知識、ノウハウを習得できることを考えれば、決して高いものではありません。

さらに、Chapter Twoでは動画編集のスキルだけではなく、実際に副業で案件を獲得するための営業スキルを身に付けることもできるため、これから動画編集の副業をする人には特におすすめのスクールです。

Chapter Twoは受講前にLINEで簡単に無料相談が可能となりますので、今抱えている悩みや不安がある人は、まずはChapter Twoに相談してみることをおすすめします。

Related Article
関連記事