動画編集 2024.01.09(火)

動画編集って独学で習得可能?独学で習得する為の勉強法を解説!

近年動画編集の市場はどんどん拡大しており、画編集者の需要がとても高まっています。
Youtubeなどを見て一度は動画編集をやってみたいな、、、と思ったことはないでしょうか?
勉強したいけどスクールにお金をかけるのは、、、という方向けに、独学での勉強法を解説します。
是非参考にしてください!

動画編集を独学で学ぶことは可能なのか?

結論として、独学で学ぶことはもちろん可能です。
現在はスクール以外にも様々な媒体を使って学習をすることが可能です。
高品質な無料教材も豊富で、独学の方でも安心して学べる環境があります。
動画編集ソフトにも無料のものが多く、完全無料で学習できる環境があります。

学ぶ上で必要になるもの

 

動画編集をするにしても、やはりパソコンと動画を編集するソフトが必要です。
少しレベルアップするとプラグインというものを使って動画を作成していきます。

動画編集をするにあたってはPC以外は基本は無料で使用することが可能です。

以下で動画編集に必要なスペックも紹介しますので参考にしてみてください!

PCスペック

CPU Core i7以上またはCore i9
メモリ 16GB以上または32GB
ストレージ SSD512GB以上またはSSD1TB
GPU GTX1650以上またはRTX3060

上記最低スペック以下の場合は動画編集をするにあたって十分なスペックではありません。
動画編集を行っているときに止まってしまったりなど、弊害が多く出てしまいます。
PCを購入する際にはスペックには気を付けましょう。

 

動画編集ソフト

【動画編集初心者向け】After Effectsでできること|Premiere Proとの違いとは?

動画編集を行うにあたって編集ソフトはパソコンの次に重要です!
色々なソフトがある中でおすすめの動画編集ソフトをご紹介します。

After Effects
afterエフェクトはアニメーションを得意としたソフトです。
キャラクターが動いている動画などはAfter Effectsで制作されていることが多いです。
難易度が高いため動画の単価は必然的に高くなってきます。
premiere pro
premiere proはYoutubeなどの動画編集に多く使われています。
テロップを入れたり動画をカットしたり多くの動画に使われています。
premiere proのの単価はaftereffectsよりは低くなってしまいます
CupCut
CupCutはTIKTOKの動画編集でよく使われています。
アニメーションのテンプレートがあり誰でも簡単にアニメーションを付けることが可能です。
カットなども問題なくできますが、オリジナルのアニメーションを付けたい場合はあまり向いていません。
パパっと簡単に編集したいというときに便利です!

独学で学ぶ際のおすすめ勉強方法

独学でどうやって勉強すれば良いのか最初はわからないですよね、、、
独学で学習を行う方は個々で躓いてしまう方が多い印象です。
ここではおすすめの勉強法を詳しく解説していますので是非参考にしてください。

Youtube

Youtubeはほとんどの動画を無料で見ることができます。
世界中の動画クリエイターが動画を上げているのでまさに宝の山です!
たくさんある動画の中から自分に合った動画を見つけ出せると効率よく学習できます。
以下の項目では日本と海外の動画の違い、学習のステップについてご説明します!

 

日本チュートリアル動画

日本のチュートリアル動画は誰でもできる基礎中の基礎の動画が多いのです。
初心者の方や未経験の方はまずは日本のチュートリアル動画をたくさんやってみるといいです!
少しづつ難しいチュートリアル動画をやっていくことで、レベルアップを実感することができます!
レベルアップしていくことによって自分にも自信がついてきます。

 

海外のチュートリアル動画

海外のチュートリアル動画の特徴はとにかくレベルが高いということです。
最初から海外のチュートリアルをやってしまうと難しくてなかなかついていけなくなってしまいます。
ある程度動画を作ることができるようになってから行うことによって、さらなる成長が見込めます。

動画を見つける際にはAfter Effects tutorialと全て英語で入力してください。
英語で入力しないと出てこない場合があります。

海外のチュートリアル動画だと、英語ができないとできなくない?という方もいると思います。
Youtubeに翻訳した字幕も付けてくれるので、英語がわからない方でもチュートリアル動画を進めていくことができます。

このようなステップを踏むとスムーズにスキルアップすることができますので、是非やってみてください!

オンライン教材

独学は無料というイメージがありますが、そんなことはありません。
ここでは有料でおすすめの教材を扱っているサイトを紹介します。
スクールに比べて負担はかなり少ないので、検討してみてください。

 

udemy

Udemyはオンラインで学習することが可能です。
Udemyではプロの講師が作成したカリキュラムを受講することが可能です。
通常高くて3万円の講座が多いUdemyですが、、、
Udemyはよくセールを行うため1,200円で3万円近い講座を受けることが可能です。

Udemyの講座は一度買うと半永久的に視聴が可能ですので、何度でも復習することができます。

 

デジハリマスター講座

デジハリマスター講座も完全オンラインで学習することが可能です。
特徴としましては、Adobeのコンプリートプランがついてきます。
その為、ソフトを買わなくても講座を買った段階で、動画編集を勉強する準備が整っているのです。

ただ、このソフトは永久的に使えるわけではなく1年間という期限があります。
講座事態も3か月間しか視聴ができません。
どんどん学習を進められる方にとってはいいと思いますが、長期間を設けて学習する方には検討が必要になってきます。

金額は39,980円となっております。
Adobeを単体で契約すると年間で7万円ほどかかってくるので、+で講座も受けられるとなるとかなりお得な講座です。

ウェブサイト

ウェブサイトではいろいろな方の記事を見ることができ、動画と違い自分のペースでページを見ていけます。
ゆっくり進めたい方には学習しやすい媒体です。

海外のサイトでも翻訳を使えば簡単に記事を読むことができ、学習を進めることができます。

独学で勉強するための心構え

勉強を行うにあたってとても大事なことは心構えです。
心構えが無い方は勉強の途中で挫折してしまう方がとても多いです。
心構えがあることによってモチベーションを保つことができ、勉強に力を入れることができます。

最終的な目標を設定する

まずは勉強するにあたっての最終的な目標を決めましょう。
どんな動画編集者になりたいのか、どんな動画を作れるようになりたいのかを決めましょう。
ここを決めないとどのように勉強していけばいいのかがなかなか定まらなくなってしまいます。
モチベーションを保つことが出来なくなり、途中で勉強を辞めてしまう可能性があります。

最終的な目標は達成したらどんどん新しく書き換えて、レベルアップしましょう。

最終的な目標は常に目の届くところに貼っておいたりすると、常に意識することができるのでお勧めです!

いつまでに目標を達成するかを明確にする

最終目標はいつまでに達成するのかを明確!
仕事でもそうですが、いつまでにと期限を決めておけば勝手にその期限までに終わらせようとしますよね。
期限を決めないで仕事をしているとその仕事はずっと終わらなくなってしまうます。
目標もそれと一緒で、明確に期限を決めなければなりません。

期限を決めたら次は通過点を作ってみましょう。
通過点を作ってあげないと道のりが長くモチベーションが低下しがちです。
通過点を作ることによって定期的な達成が考えられて、モチベーションを保てます。

目標をあまり高く持ちすぎない

目標はあまり高すぎない方が良いです。
ゲームで例えますが、最初からラスボスと戦い続けても絶対勝てないのでやる気がなくなってしまいます。
その為ある程度現実的な目標を立てましょう。

最初は短期間で達成できる目標を立てましょう。
短期間でもしっかり通過点を作って達成感を味わい、モチベーション維持につなげましょう!

動画編集を独学で勉強するメリット

無料の教材がたくさんあり学習の幅が広がる

無料の教材が多いので学習の幅が大きく広がり、スクールの場合はスクール独自のカリキュラムをこなすところが多いです。
学習方法次第では同じ勉強時間でも知識と経験に大きな差が生まれます。

無料教材がたくさんあるので何をやりたいかを明確にするととても効率よく学習を進めることができます。
自分が学習したいところを明確にすることで、学習の質を向上させることができます。

ですが、最初は何をやりたいのか正直分からない方がとても多いと思います。
とりあえず色々な情報に触れてそこからやりたいものを探すという選択肢もあります!

自分に合った学習ペースで進められる

独学を一番行かせるポイントは自分に合った学習ペースで勧められるという点ですね!
独学の場合基本1人で学習するので学習計画がとても立てやすいです。
カリキュラムなども決まっているわけではないので、どの勉強をするかも自分で決められるのはメリットと言えるでしょう。

動画編集を独学で勉強するデメリット

人によって学習の進みが大きく変わってしまう

独学でのデメリットはどこから勉強すればいいのかわからなくなってしまい、学習を中々進められない点です。
進められないとモチベーションの低下につながってしまいます。

この場合はUdemyなどでカリキュラムが作られている講座を購入します。
Udemyで学習を行うことによって勉強する道筋ができるので、問題なく学習をすることが可能です。

モチベーションの維持が難しい

一人でやっていると競う人などが居なく自然とモチベーションが下がってしまいます。
モチベーションを維持するには細かい目標を設定したり、SNSなどで他人の作品を見ましょう。
新しい知識を取り込んでみると自然とモチベーションが上がってきます。

人脈が作りにくい

独学だと一人で学習を行う関係上、同じ学習者同士のつながりが減ってしまいます。
その為、SNSなどのコミュニティーに参加することによって、関係を増やすことができます。
リアルタイムで集まるイベントなどもあるので積極的に参加しましょう!

スクールか独学かで迷っている方

スクールと独学で迷っている方は多いかもしれません。
以下では迷った場合どう行動すればいいのかを詳しく解説しているので参考にしてください。

スクールを検討した場合はまずカウンセリングを受けてみよう

動画編集スクールの多くではカウンセリングなどがあります。
そこで自分の状況を伝えて相談してみることで、自分にはどちらが向いているのかも分かります。
色々なことを相談できるので勉強するにあたっての不安などもどんどんぶつけて解決していきましょう。
ほとんどの動画編集スクールでは無料でカウンセリングを行っています。

色々スクールがあるので1社ではなく最低でも3社は見てみましょう。

動画編集スクールの体験講義に参加してみよう

動画編集スクールの体験に参加することで各スクールの特徴を掴むことができます。
体験に参加することで自分に合っているスクールなのかがわかってきます。
各スクールの体験会も基本無料で行われていますので、体験会がある場合は積極的に参加しましょう。

体験会も1社ではなく最低でも3社は見てみましょう。

一回独学で勉強してみるのもあり!

一旦独学で3ヶ月やってみてこれはスクールに通った方が早く正確に習得できるとなることもあります。
その場合はスクールの説明会・体験会に参加してスクールの受講を検討しよう。
まずは独学でやってみるとお金をかけなくてもできるものなのかが自分自身で判断できます。

独学が難しいと感じたら動画編集スクールを検討しよう

動画編集スクールChapterTwoは動画制作スキルを学び自立して稼げるクリエイターを育成するスクールです。

 

受講期間3ヶ月間で、稼げるクリエイターになるカリキュラムを組んでおります。
稼げるようになるように注力している為、制作する課題も実践的なものが多いです。
カリキュラムのアップデートがあり、常に新しい動画編集の学習を行うことが可能。

 

受講期間が終わった後は今後の営業に使用する、ポートフォリオの作成を行います。

 

受講期間を終えた後は、ChaoterTwoが運営しているオンラインサロンの「道場」で受講期間中に終わらなかった課題やポートフォリオの制作を行います。

 

オンラインサロンの「道場」では獲得した案件の商談同席を行ったり、
課題だけではなく実際の案件の添削も行います。

 

その為、案件を獲得した受講生の方は自信をもって制作した動画をクライアントに納品することができます。

 

さらに「道場」では受講期間中に課題についていけていない人向けに補講会というものを用意しています。
補講会があることによって分からずに放置してしまうということを回避することができます。

 

受講者の多くの方に共通しているのが営業が苦手なことです。
「道場では」営業の苦手を克服するために、毎月1回営業講義というものを行います。

 

受講期間中にも営業を克服するためのカリキュラムを用意しています。

 

全カリキュラムは卒業後も視聴可能で新規で追加されたカリキュラムも行うことができます。

 

ChapterTwoは営業に特化した動画編集スクールになりますので、
動画編集も営業もマスターしたいという方にはおすすめです!

【受講料金】 ・グループコース:398,000円
・マンツーマンコース:598,000円
【学べるスキル】 ・Premiere Pro
・After Effects
・Photoshop
・営業
【サポート内容】 ・営業サポート
・商談同席
・実際に案件を経験できる
・質問相談サポート
・課題・案件添削
・オンラインサロン
・補講会
【受講期間】 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ制作期間)
【講座回数】 全12回(1回2時間)
※毎週1回の講義
【受講に必要なもの】 PC/Adobe Creative Cloudの加入
【Q&A】

Q.初心者でもついていけますか?
A.もちろんついていくことは可能です。

動画編集スクールに入る方の殆どが初心者の方です。
パソコンも使ったことが無い方状態から動画クリエイターになる方もいます。

 

Q.1日あたりどれくらいの学習時間が必要ですか?
A.本業がある方…1日3~4時間程度、難しい方は2時間程

 

A.学習の時間を多く取れる方…基本的に5時間以上

 

動画編集に限りませんが、学習は継続することが大事です。

 

なかなか時間が取れなくて学習できない場合があるときもあるかと思いますが、1日1回は必ず動画編集の学習に触れるよう生活していきましょう。

 

Q.案件紹介は受けられるのか?
A.案件紹介を受けることは可能です。

基本的に案件を行う場合は一定のスキルやカリキュラムをこなした方にお渡ししています。

ChapterTwo公式サイト

高品質で安い!動画編集スクール5選!

2023年確定版!動画編集スクールおすすめ11選|人気ランキングと動画編集スクールの選び方

動画編集を独学で勉強するにはモチベーションを保ち継続することが大事

結論、動画編集を独学で勉強をするにはいかにモチベーションを保つかが重要です。
どの学習にも言えることですが、モチベーションが無いと動画編集スクールに通っていても独学でも
中々続くことはありません。
もう一つモチベーションの保ち方があるので最後に紹介します。
凄く簡単なことですが、毎日5分でもいいので動画編集の学習を行いましょう!
毎日勉強することによって、学習が当たり前になり、勝手にモチベーションを保っている状態になります。
とにかくモチベーションを維持しましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Related Article
関連記事