動画編集 2023.12.21(木)

【2024年確定版】動画編集スクールおすすめ17選|人気ランキングと動画編集スクールの選び方

近年、副業やフリーランスとして人気の高い職業に「動画編集」があります。
動画編集の技術は独学でも身につけることができますが、仕事として取り組みたい場合は、効率的にスキルを習得できる動画編集スクールへの通学がおすすめです。

本記事では、以下の内容を中心に詳しく解説します。

  1. 動画編集スクールのメリット
  2. 動画編集スクールの選び方
  3. おすすめの人気動画編集スクール(種類別)
  • オンライン&教室型スクール
  • オンライン完結型スクール
  • 教材型スクール

動画編集スクールに通うべきか迷っている方や、自分に合ったおすすめのスクールを探している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

【オンライン&教室型】おすすめ動画編集スクール

「オンライン&教室型」のスクールを検討している場合は、以下の動画編集スクールがおすすめです。

  • Chapter Two
  • MOOCRES
  • ヒューマンアカデミー
  • MOVA
  • バンタンクリエイターアカデミー
  • Winスクール

Chapter Two

ChapterTwo

受講料金(税込)

グループコース:398,000円

マンツーマンコース:598,000円

その他費用(税込)  Adobe Creative Cloud契約料金:6,480 円/月
学べるスキル After Effects/Premiere Pro
営業ノウハウ/企画・絵コンテ作成/企業のCM制作術など
使用ソフト Adobe(After Effects/Premiere Pro)
サポート制度 動画視聴(無制限)/質問対応体制(無制限)
案件相談サービス/商談同行サービス
パソコンレンタルサービス
受講期間 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ作成期間)
受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloud
受講方法 オンライン(ZOOM使用)
キャンペーン 無料カウンセリング参加で最大10万円OFF
スクール公式サイト Chapter Two公式サイト

Chapter Twoの特徴

『Chapter Two』は、未経験から自立できる動画クリエイターを育成している動画編集スクールです。

 

他のスクールと違う部分は、営業に力を入れている点。
仕事の獲得方法や商談方法など、動画クリエイターとして活動するために必要不可欠なスキルを高いレベルで指導しています。

 

商談同行サービスを行っている点も特徴的です。
サポート期間中に3回まで講師を商談に同行してもらえるため、営業に不安がある人でも安心して商談に臨めます。

 

もちろん、動画編集スキルの指導は高クオリティで基礎知識~応用知識まで学べます。

本当に独立して稼げる動画クリエイターを目指す人に最適な動画編集スクールです。

 

また2023年から業界最大手の動画クリエイターマッチングサービス「むびる」との提携を開始しています。

 

Chapter Twoへ入会すると、優先的に案件を紹介してもらえるので、すぐに稼げるようになりたい方におすすめの実践型動画編集スクールです!

動画コース申し込みはこちら

MOOCRES

ムークリ

 

コース名 クラスプラン
学べるスキル Premiere Pro
 After Effects
Photoshop
プロモーション動画作成
絵コンテ制作
営業・集客等
サポート制度 動画視聴(無制限)
質問対応体制(無制限)
パソコンレンタルサービス
転職支援サービス
案件斡旋
受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloudの加入
料金 一括:66万円
分割:2万7,500円~
受講場所 東京 / 大阪
学習期間 5ヶ月

『MOOCRES』は、1クラス最大15人の少人数密着型の動画編集スクールです。

 

”現場にギモンを残さない”をモットーに、生徒と講師の距離感の近さが特徴的。

 

最前線で活躍している動画クリエイターから実践的な動画編集スキルを学べ、分からないことがあっても限定チャットですぐに疑問点を解消できます。

 

卒業後も、MOOCRESの授業動画を無期限で見返せたり案件紹介してもらえたりと、アフターフォローも充実しています。

 

学習期間はやや長いものの、その期間に見合った以上の知識やスキルを取得できるおすすめ動画編集スクールです。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

 

コース名 動画クリエイターコース
動画クリエイター総合コース
Web動画クリエイター総合コース
学べるスキル After Effects
Premiere Pro
Illustrator
Photoshop
ポートフォリオ制作
Web動画広告等
サポート制度 動画見放題
質問対応体制(無制限)
就職・転職サポート
サポートカウンセラー
Adobe Creative Cloudの特別価格購入
受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloudの加入
料金

入学金;1万1,000円

動画クリエイターコース:9,000円~(一括:21万3,400円)

動画クリエイター総合コース:1万4,700円~(:一括:34万2,100円)

Web動画クリエイター総合コース:3万5,400円~(一括:82万1,700円)

受講場所 大阪 / 東京 / 北海道など ※全23箇所

学習期間

動画クリエイターコース:6カ月
動画クリエイター総合コース:6カ月
Web動画クリエイター総合コース:12カ月

『ヒューマンアカデミー』は、北海道から沖縄まで教室がある国内屈指の校数を誇る動画編集スクールです。

特徴的なのが、選べるコースの多さ。
「動画クリエイターコース」「動画クリエイター総合コース」「Web動画クリエイター総合コース」があり、それぞれ学べるレベルや範囲が異なります。

  • 「動画クリエイターコース」
     → 動画編集の基礎を学べる
  • 「動画クリエイター総合コース」
     → 本格的なスキルを学べる
  • 「Web動画クリエイター総合コース」
     → 動画編集+Web制作のスキルを学べる

また、受講スタイルも選べるため、自分のライフスタイルに合わせて無理なく指導を受けられます。

ただし、他のスクールより料金は割高です。
投資できる資金が少ない場合は、別のスクールを利用した方がいいでしょう。

「地方で通学したい」「安心できる企業で動画編集スキルを学びたい」という人は、ヒューマンアカデミーの利用をおすすめします。

MOVA

MOVA

コース名 動画クリエイターコース
学べるスキル ・企画スキル
・制作スキル
・コミュニケーションスキル
受講に必要なもの PC/Adobeコンプリートプラン
料金 1回 825,000円
24回 75,300※2回目以降
60回 20,300円※2回目以降
受講場所 東京・福岡
学習期間 6か月
授業時間 土曜日10:00~13:00
土曜日14:00~17:00
日曜日10:00~13:00
日曜日14:00~17:00

MOVAはオフラインと通学型を併用できる実践型動画編集スクールです。

After EffectsやAdobe Premiere Proなど一般的な動画編集ソフトの使い方はもちろん、オフライン授業では動画撮影や取材のスキルも学ぶことができます。

またクライアントとのコミュニケーションスキルなども、実際にプロとして活躍している講師から学べるので、未経験から動画クリエイターにチャレンジしたい方にもおすすめです。

また卒業課題として実際に案件を獲得して、動画を制作することもできるので、実践的なスキルを身に着けたい方はにはぴったりのスクールです。

ただ学ぶスキルが多い分、学習期間も6か月と他のスクールと比べて長期間になります。

また料金設定も約80万円と、これも動画編集スクールの中ではかなり高額の部類に入るので、独立など検討して本気で動画クリエイターになりたい方向けのスクールとなります。

副業や仕事のスキル向上のために学びたいという方には、もう少しライトなスクールの方がおすすめかもしれません。

バンタンクリエイターアカデミー

バンクリ

 

コース名

スタンダードコース

プロフェッショナルコース

マスターコース

学べるスキル

PremierePro、Photoshop、Illustrator、AfterEffects、演出力、撮影の基礎

プロフェッショナル・マスターは+撮影の応用力、スキルシェアプラットフォームなどで仕事を受注するノウハウ

サポート制度 担任による個別フォロー
受講に必要なもの MacBook Pro
料金

スタンダードコース:400,000円

プロフェッショナルコース:500,000円

マスターコース:700,000円

学習期間

スタンダードコース:3ヶ月

プロフェッショナルコース:3ヶ月

マスターコース:6カ月

バンタンクリエイターアカデミーでは動画編集スキルだけではなく東京と大阪にある、

撮影スタジオで撮影機材を触って撮影方法を学習することもできます。

 

バンタン授業は毎週日曜日に行うため、忙しい社会人の方も参加できる環境が整っています。

授業は全8回、30時間行います。

 

バンタンは就職・転職サポートも手厚いため、社会人の方におすすめなスクールと言えます。

Winスクール

winスクール

 

学べるスキル Premiere Pro CC:Premiere Pro概要/Premiere Proの基本的な編集作業/Premiere Proの基本設定と各部名称

After Effects CC:After Effectsの概要/After Effectsの基本的な編集作業/After Effectsの基本設定と各部名称

YouTube動画制作実習:2ヶ月

モーショングラフィックス実習:モーショングラフィックス概要/インフォグラフィックスアニメーション概要/CM作成

サポート制度 プロ講師の個別サポート/Adobe cc特別価格/就活サポート/講師と一緒にポートフォリオ制作
受講に必要なもの  PC/Adobeコンプリートプラン
受講費用(税込) Premiere Pro CC

  • 受講料:140,800円
  • 入学金:19,800円
  • 教材費:4,400円

After Effects CC

  • 受講料:140,800円
  • 入学金:19,800円
  • 教材費:4,400円

YouTube動画制作実習

  • 受講料:104,500円
  • 入学金:19,800円
  • 教材費:3,300円

モーショングラフィックス実習

  • 受講料:104,500円
  • 入学金:19,800円
  • 教材費:3,300円
学習期間 Premiere Pro CC:2ヶ月

After Effects CC:2ヶ月

YouTube動画制作実習:2ヶ月

モーショングラフィックス実習:2ヶ月

WinスクールはYoutube制作からアニメーション映像、幅広いコースが用意されています。

通学型とオンライン型が設置されているので、ご自身の状況に合わせて決められます。

通学の場合、東京・大阪・名古屋・福岡など50か所に校舎があります。

 

他のスクールは30万円ほどする受講料が、Winスクールはお手頃で20万円を切ります。

安く動画編集の技術を付けていきたいという方にはおすすめのスクールです。

 

また就職や転職のサポートも行っており、学生の方や社会人の方にもマッチしています。

インターネットアカデミー

インターネットアカデミー

学べるスキル premiere pro基本操作/youtube動画編集方法/CM作成
サポート制度 1年間授業が受け放題/マンツーマン授業/卒業後も最新のテキストで学べる/キャリアチェンジサポート
受講に必要なもの PC/Adobeコンプリートプラン
受講費用(税込) 184,800円
学習期間 2か月

インターネットアカデミーはpremiere proを軸にYoutube制作を学ぶことができます。

Youtubeへの動画投稿がしたい方には非常におすすめのスクールとなっています。

Youtube動画のほかにCM・ウェディングムービーの制作も行います。

価格も20万円を切っていて他のスクールに比べてリーズナブルです。

卒業後のキャリアチェンジサポートも充実していますので、転職したい方にもおすすめです。

キャリアチェンジサポート内容は以下をご覧ください。

履歴書アドバイス・案件獲得までのアドバイス・キャリアチェンジの相談

【オンライン完結型】おすすめ動画編集スクール

 

「オンライン完結型」のスクールを検討している場合は、以下の動画編集スクールがおすすめです。

  • studio US
  • デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
  • デジハク
  • Famm
  • ワナビーアカデミー
  • SHElikes(シーライクス)

studio US

studious

 

コース名 動画編集コース
動画クリエイターコース
動画クリエイター総合コース
学べるスキル After Effects
Premiere Pro
Illustrator
Photoshop
Cinema 4D
ディレクション
映像編集
画像編集
リテラシー
    セールス  など
サポート制度 質問サポート(無制限)
ライブ授業
案件斡旋
受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloudの加入
料金 動画編集コース 一括:5万5,000円
分割:4,584円~
動画クリエイターコース 一括:9万9,000円
分割:8,250円~
※継続費:月額13,200円
動画クリエイター総合コース 一括:16万5,000円
分割:1万3,750円~
※継続費:月額1万6,500円
学習期間 2ヶ月~

studio USは、月額制で利用する珍しいタイプの動画編集スクールです。

700本以上もの動画教材を好きなタイミングで何度でも見返せます。

動画教材は毎月新しいものがアップされ、常に新鮮で新しい知識を学習できるところも嬉しいポイントです。

本スクールは動画制作を中心としたカリキュラムが組まれてる点が特徴的で、最低15本~最大50本の動画を作成するため、短期間で実践力が身に付きます。

オンライン完結型スクールにしては料金が割高ですが、最短で動画クリエイターを目指したい人は受講を検討するといいでしょう。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

LIG

 

コース名 動画クリエイター講座
学べるスキル After Effects
Premiere Pro
Illustrator
Photoshop
DaVinci Resolve
撮影・企画スキル
     営業ノウハウ  など
サポート制度 質問サポート(無制限)
添削サービス
ライブ授業
案件斡旋
就職・転職サポート
xWORKS(就職支援サイト)の無料利用
受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloudの加入
料金 28万1,600円
学習期間 6ヶ月

『デジタルハリウッドSTUDIO by LIG』は、6ヶ月間で本格的な動画クリエイターを目指せる動画編集スクールです。

動画編集スキルから営業ノウハウまで、動画クリエイターとして仕事するために必要な要素を完全オンラインで学べます。

特に優れているのが、スクール卒業後のサポート。
フリーランスの案件斡旋やコンサルタントチームによる就職・転職のバックアップなど、卒業生限定で受けられるサポートが充実しています。

スクール卒業にのみ利用できる非公開就職支援サイト「xWORKS」も無料で利用可能で、仕事先に困ることもありません。

スクール卒業後の不安をなくしたい人におすすめしたい動画編集スクールです。

デジハク

デジハク

 

コース名

REGコース

PROコース 

学べるスキル Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
編集力アップ講座
ポートフォリオ制作
サポート制度  マンツーマン面談サポート(無制限)
チャット質問サポート(無制限)
提出物のフィードバック
成果物の添削サポート
オンラインコミュニティあり
案件獲得から交渉までのレクチャー
受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloudの加入
料金

REGコース:148,000円(分割:6,200円~)

PROコース:248,000円(分割:10,340円~)

学習期間

REGコース:90日間

PROコース:180日間

デジハクでは卒業後も半永久的にアップデートされた教材で学習を進めることができます。
日々更新されていくカリキュラムで学習できるということは魅力的ですね。
また学習システムの中には300項目以上の動画教材が格納されています。
常に最新の動画編集に触れることができるので、時代に置いて行かれない技術を身に着けられますね!

 

デジハクの講師は採用通過率5%で採用された講師です。
その講師全員、現役動画クリエイターかつ独立経験のある方です。

 

デジハクでは専属講師・テクニカルサポート・添削サポートの3つのサポートを受けられます。
受講期間中にたくさんのサポートを受けられるのはとてもうれしいですね!

 

充実したサポートを受けて学習したいという方にはおすすめのスクールです!

 

ディスコードでは受講生のコミュニティーがあり、イベントなども開催されています。

Famm

 

コース名 ママ専用動画クリエイター講座
学べるスキル

撮影・編集の基礎

動画編集演習

aftereffects:初級

aftereffects中級

サポート制度 

ベビーシッター派遣

案件保証5件

PCレンタルあり

デザインソフト約3万円分無料

受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloudの加入
料金 184,800円(分割:8,900円~)
学習期間 1ヶ月

Fammはママ専用の動画編集スクールです。

 

Fammは短期集中で動画編集を学ぶことができます。

動画編集を学ぶにあたって小さいお子さんがいるととても大変です。

そのためFammでは無料のベビーシッターを派遣してくれます。

忙しくて講義に出れなくても、アーカイブとして講義が残っています。

 

Fammでは受講料無料キャンペーンを行っています。

受講料無料対象者は、受講した方の中から(講座内での質問回数、課題提出、課題のクオリティ、コミュニティ貢献度など)により選ばれます。

ワナビーアカデミー

ワナビー

 

コース名 動画制作&広告コース(6ヶ月)
学べるスキル premiere pro/ヒアリング提案/動画企画・構成/ペルソナ作成/フレームワーク/プレゼン・提案/プラグイン活用/広告動画企画/マーケティング/Youtube・TikTok広告
サポート制度  何度でも視聴できる授業動画/マンツーマンで講師からのFB受け放題/補講レッスン受け放題/チャットで質問し放題/案件紹介/卒業後のサポート
受講に必要なもの PC / Adobe (Premiere Pro/After Effects)

料金

入学金:66,000円(税込)

授業料:264,000円(税込)

分割払い:月々22,000円(税込)×12回払い

学習期間 6カ月

ワナビーアカデミーは動画編集とマーケティングが学べる珍しい動画編集スクールです。

 

ワナビーアカデミーは受講者のお仕事獲得に力を入れています。

卒業後1ヶ月以内に企業案件獲得の保証や、継続して案件を紹介できる仕組みも整えています。

 

制限なしのカリキュラム、手厚いサポートもとても魅力的です。

全てのサポートが受け放題ということです!

サポートを使って学習を進めていきたい方や、動画編集の学習が苦手という方にはとてもおすすめなスクールです!

SHElikes(シーライクス)

シーライクス

コース名

スタンダードプラン

ライトプラン

学べるスキル 映像制作の基礎知識/Premiere Pro基礎/YouTube動画の制作方法
サポート制度 

月1回のコーチング

すぐに質問することができる

案件チャレンジの機会

受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloudの加入

料金

 

入学金:162,800円(税込)

スタンダードプラン

12カ月: 162,800円(税込)

6カ月;93,280円(税込)

1ヶ月:16,280円(税込)

ライトプラン

12カ月: 107,800円(税込)

6カ月:60,280円(税込)

1ヶ月: 10,780円(税込)

学習期間 1~12カ月

SHElikes(シーライクス)は女性専用のキャリアスクールです。

動画編集のコース以外にも様々なコースが用意されていて自分に合ったコースを探すことができます。

また学習期間も1~12カ月と幅広く選ぶことができます。

 

動画編集コースでは映像の基礎を学ぶことができ、Youtubeの動画制作スキルを学ぶことができます。

 

動画編集コースではアニメーションを使った動画編集を学ぶことができないのでその点は注意が必要です。

アニメーションを学びたい場合はモーショングラフィックスコースを選択するとよいでしょう。

 

SHElikes(シーライクス)ではコースを組み合わせて学習することができるので様々なスキルを身に着けたい方にとてもおすすめです。

【教材型】おすすめ動画編集スクール

 

「教材型」のスクールを検討している場合は、以下の動画編集スクールがおすすめです。

  • Movie Hacks
  • クリエイターズジャパン
  • Udemy
  • デイトラ

Movie Hacks

moviehacks

 

コース名
学べるスキル After Effects
Premiere Pro
Photoshop
サポート制度 質問サポート(無制限)
お仕事案内所参加権利
受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloudの加入
料金 6万9,800円
学習期間

『Movie Hacks』は、有名動画クリエイター「生ハム帝国」が講師を務めている動画編集スクールです。

100本以上の教材が全17章に分類されており、1章から進めていくことで有名動画クリエイターが培っっている動画編集スキルの基礎をしっかり学べます。

買い切り制なため、一度購入すれば何度でも本スクールの教材を見返せるところも魅力的です。

加えて、価格が約7万円と非常に安価。
気軽に高品質の教材を購入でき、好きなときに学習できます。

課題をクリアした人限定ですが、仕事を優先的に斡旋してくれる「仕事案内所参加権利」を得られる特典や無制限の質問サポートもあり、スクール卒業後も活用できるところも嬉しいポイントです。

コスパが高くて質の良い教材型スクールを探している人は、Movie Hacksの利用をおすすめします。

クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパン

 

コース名 Premiere Pro講座
学べるスキル Premiere Pro
After Effects
営業ノウハウ
サポート制度 質問サポート(無制限)
営業文章添削サポート
案件斡旋
受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloudの加入
料金 一括:7万9,800円
分割:3,325円~
※3ヶ月目から月額1,480円が追加
学習期間

『クリエイターズジャパン』は、YouTubeに特化した動画編集スクールです。

動画編集スキルはもちろん、クリックされるサムネイル画像の作り方や途中で離脱されにくい動画の法則など、YouTubeの動画を編集をする際に便利なことまで学べます。

カリキュラムの合計時間も約11時間と非常に短く、主婦や会社員といった学習時間をあまり確保できない人でも気軽に利用可能です。

また、教材型スクールでは珍しい案件の斡旋もあり、クリエイターズジャパンに入ってくるYouTube関係の案件を紹介してもらえるところも、本スクールの魅力の1つでしょう。

サロンの運営費とサポート代として、3ヶ月目から月額1,480円の追加料金がかかるのが少し難点ですが、この料金は定期的なセミナーやオフ会などで還元されます。

『クリエイターズジャパン』は、スキマ時間でYouTubeの動画編集スキルや営業ノウハウを磨きたい人に検討の余地がある動画編集スクールです。

Udemy

udemy

 

コース名 写真と動画コース
学べるスキル After Effects
Premiere Pro
Illustrator
    Photoshop  など
サポート制度 30日返金保証
受講に必要なもの PC / Adobe Creative Cloudの加入
料金 1,500円~
学習期間

『Udemy』は、10万本以上の豊富な講座が公開されているサービスです。

興味のある講座だけを受けられる点が特徴的で、After EffectsやPremiere Proなど、学びたい動画編集スキルに絞って学習できます。

価格は、1,500円程度から設定されています。
中には無料の講座が300本ほど用意されており、お試し感覚で動画編集について学んでみたいときに最適です。

肝心の講座内容レベルですが、本スクールに掲載されている講座はどれも厳しい審査を通過しているため、質の悪い講座はほとんど見かけず、しっかり学べます。

『Udemy』は、「すでに習得したいスキルが分かっている」「まずは動画編集がどんなものか学習ついでに確認したい」という人に向いている動画編集スクールです。

デイトラ

デイトラ

 

コース名 動画編集コース
学べるスキル

Premiere Pro

Photoshop

サムネイル作成

ポートフォリオ作成

営業文書の作成

案件の獲得方法

サポート内容

メンターによる一年サポート

制作物の添削

コミュニティー参加権

実績掲載OKな動画素材

受講に必要なもの PC/Adobe Creative Cloudの加入
料金 99,800円
受講場所 全国対応
学習期間 買い切りの為無制限

デイトラの講座は完全買い切り形になっており無期限で学習することが可能です。
さらに1年間メンターサポートというものが付きます。

今までの合計受講者は7,000人を超えていてとても人気なスクールとなっています。

メンターが付くことによって自分だけで学習を行うわけではないので安心して学習を行うことが可能です!
カリキュラムは基礎編・応用編・サムネイル編・実務編の4つに分かれています。

完全に独学では勉強できない方にはおすすめのスクールになっています。

 

【SEOに配慮した修正版】

動画編集スクールはオンライン・通学・教材型どれがおすすめ?メリット・デメリットを比較して解説!

動画編集スクールに通おうと考えている方にとって、オンライン、通学、教材型のどれを選ぶべきか迷うことがあるでしょう。ここでは、それぞれのメリットとデメリットを比較し、どれがおすすめなのかを解説します。

オンライン動画編集スクールのメリット・デメリット

オンライン動画編集スクールのメリット

オンライン動画編集スクールは、以下のようなメリットがあります。

  • 自宅で学習できる:通学の必要がなく、自宅のパソコンで学習を進められます。
  • 自分のペースで学べる:自分の都合に合わせて学習スケジュールを組むことができます。
  • 料金が比較的安い:教室の維持費などが不要なため、通学型に比べて料金が安いことが多いです。

オンライン動画編集スクールのデリット

オンライン動画編集スクールには、以下のようなデメリットもあります。

  • 質問がしにくい:講師に直接質問できないため、疑問点を解決するのに時間がかかることがあります。
  • 2. モチベーションの維持が難しい:自宅学習では、自己管理能力が求められます。
  • 通信環境に左右される:インターネット接続が不安定だと、学習に支障をきたす可能性があります。

通学型動画編集スクールのメリット・デメリット

通学型動画編集スクールのメリット

一方、通学型動画編集スクールには、以下のようなメリットがあります。

  • 直接指導を受けられる:講師やアシスタントから直接指導を受けられるため、質問やフィードバックがしやすいです。
  • 最新の機材を使える:スクールの設備を利用できるため、自宅にない高性能な機材を使って学習できます。
  • 仲間と切磋琢磨できる:同じ目標を持つ仲間と一緒に学ぶことで、モチベーションを維持しやすいです。

通学型動画編集スクールのデメリット

通学型動画編集スクールには、以下のようなデメリットもあります。

  • 通学時間がかかる:スクールまでの移動時間が学習時間を圧迫する可能性があります。
  • スケジュールの融通が利きにくい:授業の日時が固定されているため、予定を調整する必要があります。
  • 料金が比較的高い:教室の維持費などが必要なため、オンライン型に比べて料金が高いことが多いです。

教材型動画編集スクールのメリット・デメリット

教材型動画編集スクールのメリット

教材型動画編集スクールは、以下のようなメリットがあります。

  • 低価格で学習できる:教材の提供のみなので、オンラインや通学型に比べて料金が安いです。
  • 自分のペースで学べる:教材を使って自分のペースで学習を進められます。
  • 時間や場所に縛られない:いつでもどこでも学習できるので、時間や場所に制約がない。

教材型動画編集スクールのデメリット

一方、デメリットは以下の通りです。

  • 質問がしにくい:講師への質問や直接指導が受けられないため、疑問点を解決するのが難しいです。
  • モチベーションの維持が難しい:自学自習では、自己管理能力が求められます。
  • 実践的なスキルが身につきにくい:教材のみでは、実践的なスキルを身につけるのが難しい場合があります。

結局おすすめはどれ?

オンラインと通学・教材、どちらがおすすめかは、一概には言えません。
そのため、以下の点を考慮して決めましょう。

  • 自宅で学習できる環境があるか
  • 自分で学習ペースを管理できるか
  • 直接指導やフィードバックが必要か
  • 予算の上限はいくらか
  • 通学時間を確保できるか
  • 実践的なスキルを身につけたいか

これらを総合的に判断し、自分のライフスタイルや学習スタイルに合った方を選ぶのがおすすめです。

動画編集スクールを選ぶ時のおすすめポイント!

動画編集スクールは、同じような授業内容でも、それぞれのサービス内容は大きく異なります。「実際同じような内容なら、一番安いところが良いのでは?」と安易に決めてしまうのは、とても危険です。動画編集スクールは、講義内容の充実さから、卒業後のサポート体制までサービスごとに大きく内容が異なります。そのため、せっかく高い学費を払ってスクールに通ったのにも関わらず、「全然スキルを活かせない…」「お金かけて学んだのに、全然仕事を獲得できない…」なんてことになりかねません。そのためここでは動画編集スクールを選ぶ時に押さえておきたいポイントをご紹介します。

  • 学費・料金
  • 受講期間
  • 講義内容
  • 卒業後のサポート体制
  • 学習のスタイル
  • 口コミ

学費・料金

動画編集スクールの学費は、スクールによって大きく異なります。安いところでは数万円から、高いところでは数十万円になることもあります。しかし、安ければいいというわけではありません。授業の充実度や、卒業後の案件サポートなども加味して、総合的に判断することが大切です。自分の予算と、提供されるサービスのバランスを見極めましょう。

受講期間

動画編集スクールの受講期間は、数週間の短期集中型から、数ヶ月に渡る長期型まで様々です。また、週に何回授業があるのか、開講時間はいつなのかも重要なポイントです。仕事終わりや休日に受けられるスクールもあれば、平日の昼間のみの開講というスクールもあります。自分のライフスタイルに合わせて、無理なく学習を行えるスケジュールのスクールを選びましょう。

講義内容

動画編集スクールの講義内容は、スクールごとに特色があります。基礎的な動画編集スキルから、モーショングラフィックスやエフェクトの使い方など、様々な内容が教えられています。講義内容を比較する際は、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

  • 初心者向けか、上級者向けか
  • 実践的なスキルが身につくか
  • 最新の技術やトレンドを学べるか
  • 講師の実績や教育経験

自分のレベルや目的に合った講義内容のスクールを選ぶことが大切です。

卒業後のサポート体制

動画編集スクールの中には、卒業後のサポート体制が充実しているところがあります。例えば、以下のようなサポートがあるスクールもあります。

  • 案件の紹介や斡旋
  • ポートフォリオの作成サポート
  • 卒業後もスキルアップできる環境の提供
  • 卒業生同士の交流会やイベント

せっかく学んだスキルを活かせるよう、卒業後のサポートにも注目してスクール選びをしましょう。

学習のスタイル

動画編集スクールには、以下のような学習スタイルがあります。

  • オンライン型:自宅で学習できる
  • 通学型:スクールに通って学習する
  • 教材型:教材を使って自学自習する

それぞれのスタイルにメリット・デメリットがあるので、自分に合ったスタイルを選ぶことが大切です。また、講師との質疑応答やフィードバックがしっかりあるか、他の受講生と交流できる環境かどうかも、学習効果に影響します。自分に合った学習スタイルのスクールを選んで、効果的に学習を進めましょう。

口コミ

動画編集スクールを選ぶ際は、口コミを確認することも大切です。実際にスクールに通った人の感想や評判を見ることで、スクールの雰囲気や教育の質をある程度把握できます。ただし、口コミは個人の感想であることを忘れずに、複数の口コミを参考にしながら、総合的に判断するようにしましょう。

動画編集スクールは無駄?通うメリットを解説

メリット

 

結論から言うと、動画編集スクールに通うのは無駄ではありません。むしろ、独学より短期間、かつ効率的に動画編集について学べるため、非常におすすめです。そんな動画編集スクールに通う具体的なメリットは、主に以下の4つが挙げられます。

  • 動画編集スキルを深く学べる
  • 撮影、営業スキルが学べる
  • 短時間で学習できて効率的
  • 人脈を作れる

動画編集スキルを深く学べる

動画編集スクールに通うことで、より深く動画編集スキルを学べます。独学でも、カットやテロップ挿入といった動画編集の基礎スキルを学べますが、限界があるため知識が浅くなりがちです。しかし、動画編集スクールだと基礎スキルはもちろん最新の役立つスキルまで、実践レベルのクオリティで動画編集スキルを学習できます。真剣に動画編集で仕事をしたいと考えている場合は、スクールに通うことをおすすめします。

撮影、営業スキルが学べる

動画編集スクールによっては、撮影や企画、営業スキルなども同時に学べます。これらのスキルは動画編集をするだけなら必要ありませんが、仕事としてお金を稼ぐうえでは非常に重要です。特に、営業スキルは欠かせません。
ある程度の営業スキルがないと、どれだけ動画編集スキルがあっても仕事を取れなかったり高単価の案件に出会わなかったりして、稼ぎに大きく影響します。動画編集者として独立するためには、動画編集スキルだけでなく、撮影や企画、営業スキルなども必要です。

短時間で学習できて効率的

動画編集スクールは、独学よりも短時間で学習できて、なおかつ効率的です。一般的に、動画編集スキルの学習時間は「1ヵ月~3ヶ月間」と言われており、早い人だと1ヵ月目で案件を受注するケースもあります。しかし、独学だと学習方法が曖昧で間違った我流で学ぶと、学習時間は通常の2倍・3倍になってしまうことも珍しくありません。動画編集スクールに通えば、正しい方法で効率よく学習できて、一般的な学習期間と同じ、または少し早いペースで動画編集スキルを習得できます。また、疑問点があってもその場で分かりやすく丁寧に教えてくれるため、スキル0の状態からでもつまずきにくく、誰でも始めやすい環境で学べるところも動画編集スクールのメリットです。

人脈を作れる

動画編集スクールは、スクール内で人脈を作れるところも魅力的です。独学だと、書籍やYouTubeなどを参考にするため、どうしても孤独感を感じて挫折しやすくなります。動画編集スクールは同じタイミングで始める仲間がいるため、切磋琢磨してモチベーションを維持できます。また、スクール内で出会った仲間と、後々一緒に仕事をしたり先輩から仕事をもらえたりすることもあるでしょう。

人脈がある人は、モチベーションを保ちやすくなるだけでなく、人脈を通じて最新の知識や案件を得られるため、仕事をするうえで有利です。

動画編集スクールに通うデメリットはあるの?

一方で、動画編集スクールに通うことには、以下のようなデメリットもあります。

学費が高額になる場合がある

動画編集スクールの学費は、数万円から数十万円まで幅があります。中には、高額な学費を支払う必要があるスクールもあるので、経済的な負担が大きくなる可能性があります。

自分のペースで学習できない場合がある

スクールによっては、固定のスケジュールで授業が行われます。仕事や他の予定と重なると、思うように授業に参加できない場合があります。

カリキュラムが自分に合わない可能性がある

スクールのカリキュラムは、ある程度の共通性があります。しかし、自分の学習目的やレベルに完全に合致するとは限りません。カリキュラムが自分に合わない場合、学習効果が下がる可能性があります。

スクール選びを間違えるとスキルが身につかない

動画編集スクールの質は、スクールによって大きく異なります。講師の質や設備、サポート体制などを見極められないと、スキルが身につかないまま終わってしまう可能性があります。

卒業後のサポートが充実していない場合がある

スクールによっては、卒業後のサポートが充実していない場合があります。就職・転職の支援や、卒業後のスキルアップの機会が少ないと、せっかく身につけたスキルを活かしきれない可能性があります。以上のようなメリット・デメリットを理解した上で、自分の学習目的やライフスタイルに合ったスクールを選ぶことが大切です。

動画編集をスクールで学ぶおすすめの理由

動画編集は、今や多くの業界で必要とされる重要なスキルです。ここでは、動画編集をスクールで学ぶことをおすすめする理由を説明します。

動画コンテンツ市場の拡大

近年、動画コンテンツ市場は急速に拡大しています。YouTubeやTikTokなどの動画プラットフォームの普及により、個人クリエイターが活躍する機会が増えています。また、企業もブランディングや広告宣伝に動画を積極的に活用するようになりました。このように、動画コンテンツへの需要が高まる中、動画編集のスキルを持つ人材が求められています。動画編集を学ぶことで、この成長産業で活躍するチャンスを掴むことができるでしょう。

プロの技術が身につく

動画編集スクールでは、プロの講師陣から直接指導を受けられます。現場で通用する技術やノウハウを学べるので、独学では身につけられない高度なスキルを習得できます。また、スクールでは最新のソフトウェアやテクニックを使った授業が行われるので、常に業界の最先端を学ぶことができます。プロの技術を身につけることで、高品質な動画制作が可能になります。

就職・転職に有利になる

動画編集のスキルは、様々な業界で求められています。Web制作会社やテレビ局、映画制作会社など、動画制作に関わる仕事であれば、動画編集の知識が必要不可欠です。動画編集スクールで学ぶことで、就職・転職に有利になります。スクールによっては、就職・転職のサポートが充実しているところもあります。業界とのつながりを活かした求人情報の提供や、ポートフォリオ作成のアドバイスなど、キャリア形成をサポートしてくれます。

動画編集スクールの卒業後のおすすめの働き方

動画編集スクールを卒業した後は、様々な働き方が選択肢として考えられます。ここでは、動画編集のスキルを活かせるおすすめの進路をいくつか紹介します。

制作会社に就職する

動画制作会社に就職するのは、安定した働き方を求める人におすすめです。企業に所属することで、定期的な収入が得られ、福利厚生も充実しています。また、先輩クリエイターからの指導を受けられるので、さらなるスキルアップが期待できます。ただし、会社の方針に沿った制作が求められるため、自分の創造性を発揮しにくい面もあります。会社選びは慎重に行い、自分に合った環境を見つけることが大切です。

フリーランスとして活動する

フリーランスとして活動するのは、自由度の高い働き方を求める人におすすめです。自分の裁量で仕事を選べるため、やりがいのある案件に取り組むことができます。また、複数の案件を同時に受注することで、収入アップも期待できます。ただし、安定した収入を得るためには、継続的に案件を獲得する必要があります。営業力やマネジメント力が求められるので、そうしたスキルも身につける必要があるでしょう。

映像制作の講師として活動する

映像制作の講師として活動するのは、自分の知識やスキルを他者に伝えることに喜びを感じる人におすすめです。学校などで指導にあたることで、業界の発展に貢献できます。講師としてのスキルを磨くために、教育の方法を学ぶ必要があるでしょう。また、常に最新の技術やトレンドをキャッチアップし、教える内容をアップデートし続けることが求められます。

動画編集スクールに関する質問

質問

 

初心者でもついていけますか?

動画編集スクールに通う方の多くは、初心者の方です。
中にはパソコンを使ったことがない状態から、動画クリエイターを目指す方もいらっしゃいます。
パソコンの操作などに不安がある場合は、初心者向けの動画編集スクールへの入学がおすすめです。
自分に合った動画編集スクールを見つけるためには、説明会などで提供されるサービスを必ず確認してください。
また、体験会を開催しているスクールもあるので、雰囲気を知るためにも参加することをおすすめします。

1日あたりどれくらいの学習時間が必要か?

動画編集スクールに通う際、1日あたりの学習時間はどれくらい必要でしょうか。
ここでは、本業がある方と学習に専念できる方に分けて、最適な学習時間を紹介します。

本業がある方

本業を持ちながら動画編集を学ぶ方は、時間に制約があるかもしれません。
そんな方は、1日3~4時間程度の学習を目安にしましょう。難しい場合でも、最低2時間は学習に充てることが大切です。
一方、休日は本業の方でも比較的時間を確保しやすいはずです。
休日には5時間以上の集中的な学習を行うことで、スキルアップを加速させることができます。

学習の時間を多く取れる方

動画編集の学習に十分な時間を割けるのなら、1日5時間以上の学習を行うのがベストです。
これだけの時間を継続的に学習に充てることで、数ヶ月後には高単価案件を受注できるレベルのスキルが身につくでしょう。
ただし、動画編集に限らず、学習を継続することが何より大切です。
時間が取れずに学習できない日があっても、1日1回は必ず動画編集に触れる習慣を作りましょう。
そうすることで、動画編集の学習が日常的なものとなり、苦痛ではなくなっていきます。

途中で挫折する人はどのようなひとなのか?

動画編集スクールで挫折しやすい人の特徴は、自分と他の受講者を比較してしまうことです。
同じ時期に始めたのに、他の人はすでに素晴らしい動画を作れるようになっている、と比べてしまうと、自分はできない人だと錯覚し、モチベーションが低下してしまいます。
しかし、動画編集の学習は個人のペースでコツコツと継続していくものです。
他人と比較する必要はありません。
自分のペースで着実に学習を進めていきましょう。

成果が出ない人はどんな人なのか?

動画編集スクールで成果が出ない人の共通点は、学習を継続できないことや、時間が足りずに学習できないことです。
学習を継続できなければ、そもそもスキルが身につかないため、案件を獲得することができず、成果を上げることができません。
時間が足りないのは誰もが同じ悩みかもしれません。しかし、時間がないからと言って学習をおろそかにしていては、スキルは身につかず、成果は出ません。
成果を出している人は、時間が限られている中でも、継続的に学習を行ってスキルを磨き、案件を獲得しているのです。

無料で始められますか?

一部の動画編集スクールでは、無料体験授業や1ヶ月無料キャンペーンを実施しています。
これらは、動画編集スクールの雰囲気や教育内容を無料で体験できる絶好のチャンスです。
無料体験授業では、実際の授業の一部を受講できるので、スクールの教育方針や講師の教え方を知ることができます。
また、1ヶ月無料キャンペーンを利用すれば、短期間ではありますが、本格的に動画編集を学ぶことができます。
費用を抑えて動画編集スクールを体験してみたい方は、ぜひこれらの無料体験授業やキャンペーンを活用してみてください。

案件紹介は受けられますか?

案件紹介を行っている動画編集スクールは数多くあります。
しかし、スクールに通うだけで自動的に案件が割り当てられるわけではありません。
多くの場合、一定のスキルレベルに達し、カリキュラムを修了した受講生に案件が紹介されます。
案件紹介を受けるためには、以下のようなポイントを押さえておくことが大切です。

  • スキルを磨く:高いレベルのスキルを身につけることが案件紹介獲得の第一歩です。
  • 積極的にアピールする:自分の強みや実績を積極的にアピールしましょう。
  • ネットワークを広げる:スクール内外で人脈を広げることで、案件紹介を得る機会が増えます。

動画編集スクールで動画編集スキルを磨こう

動画編集2

 

本記事では、動画編集スクールのメリットや選び方、そして種類別におすすめの人気動画編集スクールをご紹介しました。
自分に合った動画編集スクールを見つけるためには、以下の点を確認することが大切です。

  • 受講スタイル
  • 取得できるスキル
  • 提供されるサポート
  • 料金体系

これらを総合的に判断し、自分のニーズに合った動画編集スクールを選びましょう。
特に「オンライン&教室型」の動画編集スクールをお探しの方は、『Chapter Two』の利用をご検討ください。
Chapter Twoは、他のスクールと異なり、営業ノウハウにも力を入れています。
そのため、卒業までに動画クリエイターとして自立できるレベルを目指せます。
動画編集スクールの詳細や、動画編集に関するご質問は無料で承っております。
お気軽にお問い合わせください。
あなたの動画クリエイターとしての第一歩を、全力でサポートいたします。

>>Chapter Two公式サイトのお問い合わせはこちら

Related Article
関連記事