Webライティング 2024.05.23(木)

副業Webライターを始めるまでの5ステップ!メリット・デメリットも解説!

副業Webライターを始めるまでの5ステップ!メリット・デメリットも解説!

Webライターの副業について調べてみても「何から始めれば良いのか分からない」と悩んでいませんか?そんなお悩みをお持ちの方に向けて本記事では、副業Webライターを始める方法から実際に稼ぐまでのステップを解説します。Webライターは比較的案件を取りやすいため、実績を積みやすいです。実績を積むことによって、より良い案件を獲得することができ、収入アップを見込むことができます。本記事を気に、副業Webライターへ一歩を踏み出してみて下さい。

副業Webライターの仕事内容とは?

Webライターは主に、Webメディア・ブログなどに掲載する記事を執筆するお仕事です。また、記事を執筆するにあたって様々な作業を行わなくてはなりません。以下は記事完成までの一連の流れになります。

  1. 記事執筆にあたっての事前リサーチ
  2. 記事の構成作成
  3. 記事の執筆
  4. 記事の校閲
  5. 記事に使用する画像の作成
  6. 記事の入稿作業
  7. 記事の納品

1つの記事を完成させるだけでもこんなにも多くの工程があるのです。
次の項目では工程を1つずつ詳しく解説します。

記事執筆にあたっての事前リサーチ

記事の作成を行う前に、競合がどのような内容で記事を書いているのかをリサーチする必要があります。
書きたいキーワードの記事を検索結果上位に上げるにはどのような記事かを確認しなければいけません。リサーチを行う際は上位10記事を見るよう心がけましょう。

リサーチする際のポイント

  • 何文字で書かれているのか
  • どのような見出しで構成されているか
  • どのようなペルソナ設定なのか
  • 記事の良い点・悪い点

記事のリサーチを行う際は、上記ポイント中心に記事を見ましょう。

記事の構成作成

記事のリサーチが完了したら、続いて記事の構成を作成します。
記事の構成を作成することで、記事全体の大枠を把握することができます。記事の構成を作成しておくことで、どんな内容の記事をどんな順番で書くのかがすぐにわかるので、必ず作成することをおすすめします。作成した構成の中に、書きたいことを箇条書きで入れておくようにしましょう。記事を執筆する際にとても作業しやすいのでおすすめです。今ご覧いただいている記事の構成は以下のようになっています。

見出し 内容
大見出し Webライターの副業はどんな仕事?
中見出し 記事執筆にあたっての事前リサーチ
小見出し リサーチする際のポイント
中見出し 記事の構成作成
小見出し 見出しタグとは
中見出し 記事の執筆
中見出し 記事の校閲
中見出し 記事に使用する画像の作成
中見出し 記事の入稿作業
小見出し 記事の入稿作業とは?
中見出し 記事の納品

見出しタグとは

記事は大見出し、中見出し、小見出しの3つに分けられています。各見出しは以下のHTMLタグを付けることで記事中に表すことが可能です。

  • 大見出し(h2タグ)
  • 中見出し(h3タグ)
  • 小見出し(h4タグ)
hタグ 詳細
h2タグ ・記事の大見出しを表すのに使用
・記事のメインテーマを表現する重要な見出し
h3タグ ・記事の中見出しを表すのに使用
・記事の内容をセクションに分けに使用
・大見出しの下位の見出し
h4タグ ・記事の小見出しを表すのに使用
・中見出しをさらに詳細に分類する際に使用
・中見出しの下位の見出し

これらの見出しタグを適切に使い分けることで、記事の構成を明確にし、読者にとって読みやすく理解しやすい文章を作成することができます。

記事の執筆

記事の構成を作成したら続けて記事の執筆を行います。クライアントから依頼されている場合は、クライアントの要望・ルールに沿った執筆を心がけましょう。また、見やすい記事を意識して執筆することが重要です。最初は執筆に時間が掛かってしまうかもしれませんが、経験を重ねていくことで、スピードは向上していきます。時給換算して最低賃金を下回ってしまうこともありますが、自分次第ではどんどん時給を上げることも可能です。あきらめずに継続しましょう。

記事の校閲

本文の執筆が終わったら、校閲を行います。校閲では以下のポイントを中心に行いましょう。

  • 誤字脱字のチェック
  • 文章の違和感チェック

誤字脱字はクライアントに不信感を与える可能性があり、新規・継続案件を逃す恐れがります。対策としては、GoogleドキュメントやWordなどを使ってチェックするといいでしょう。文章の違和感は、実際に記事を読んで違和感がないか確認してください。また、声に出すことによって、より違和感に気が付きやすくなります。上記の2点を確実に行い、質の高い記事を納品しましょう。

記事に使用する画像の作成

記事の中には必ずと言っていいほど画像が入っています。記事に使用する画像の選定・作成もWebライターが行うことが多いです。クライアントによっては用意してくれるところもあります。Webライターとして副業を行うのであれば、画像の作成は必ず通る道なので、最低限の画像の作成スキルを持っておきましょう。自分でデザインするのは苦手…という方は、「Canva」というソフトを使用してみて下さい。画像の作成を行ったことが無くとも、それなりの画像を作成することができるのでおすすめです。気になった方はぜひ試してみて下さい。

記事の入稿作業

記事の執筆、画像の作成が完了したら、入稿作業を行います。記事の入稿とはWeb上に記事を公開するために、Wordpressなどに情報を入力させて反映させる作業のことです。入稿作業時には、文字や画像の入力のほかに様々な作業を行います。例えば、文字のレイアウト調整、表の作成などがあります。

納期までに記事の納品

記事の納品時には、下記のポイントに気を付けましょう。

  • 指定された形式で納品
  • 納期を守る
  • 進捗報告

上記を守り納品することで、クライアントから信頼を得ることができ、次の仕事につながる可能性が高まります。また、納期に関しては必ず守るようにしましょう。守らないと、クライアントからの信頼が無くなってしまい、単発での仕事になってしまう可能性があります。

Webライターに向いている人の特徴10選!必要なスキルや稼ぐまでの流れも解説!

副業Webライターとして稼ぐまでの5ステップ

Webライターの仕事内容について紹介してきました、次に気になるのが「どうすれば稼げるようになるのか」という点ですよね。以下ではWebライターとして稼ぐための5つのステップを解説します。

  1. Webライティングスキルを身に付ける
  2. 案件獲得に向けてポートフォリオを作成する
  3. クラウドソーシングサイトに登録する
  4. 自分に合った案件に応募する
  5. 案件を獲得したら記事を執筆し納品する

1.Webライティングスキルを身に付ける

Webライターとして副業を行いたい場合、以下の方法でWebライティングのスキルを身につけましょう。

  • 書籍や動画教材で学習する
  • 実際に記事を執筆し、参考記事と比較して改善点を見つける
  • 独学が不安な方はWebライタースクールの受講を検討する

本記事の最後におすすめのWebライタースクールを紹介しているので、参考にしてみてください。

2.案件獲得に向けてポートフォリオを作成する

案件を獲得するためにもポートフォリオの作成は必ず行いましょう。良質なポートフォリオを作成することによって、クライアントから多くの案件を獲得することが可能になります。ポートフォリオにはクライアントが求めているジャンル記事を載せておくことで、クライアントから案件を獲得しやすくなるでしょう。

3.クラウドソーシングサイトに登録する

ポートフォリオが完成したら、次はクラウドソーシングサイトに登録してください。これらのサイトには多くのライティング案件が掲載されており、特にクラウドワークスは10,000件以上の案件があるため、自分に合った仕事を見つけやすいでしょう。登録する際は、自分のプロフィールを充実させることが重要です。得意なジャンルや実績、スキル、SEOに関する知識や経験などを明確に記載し、クライアントにアピールしましょう。初めは低単価の案件から始めて実績を積んでいくことが大切です。徐々に実績を重ねることで、単価の高い案件を受注できるようになっていきます。クラウドソーシングサイトを活用してWebライターとしてキャリアを築いていきましょう。プロフィールの充実とSEO知識のアピールを心がけ、信頼を得ることで、高単価案件の受注も可能になります。

4.自分に合った案件に応募する

クラウドソーシングサイトに登録したら、自分で対応できる案件に応募しましょう。自分の対応できるジャンルを増やすことによって、より多くの案件に挑戦することが可能です。応募する際は、クライアントの求める条件を満たしていることや、ポートフォリオを提示しアピールしましょう。
特に、SEOに関する知識や経験を持っている場合は、強調しましょう。
また、依頼された記事のサンプルを添付することで、案件の獲得につながり安くなります。案件を獲得したら、クライアントのルール・要望に沿って、質の高い記事を執筆しましょう。質が悪いと、単発での案件になってしまい、継続につながりません。また、クラウドソーシングサイト上の評価も悪くなってしまう事もあります。Webライターとしての実績を積むために、積極的に応募しましょう。

5.案件を獲得したら記事を執筆し納品する

案件を獲得したら良質な記事を作成し、必ず納期までにクライアントに納品するよう心がけてください。納品に合わないと感じたら、その時点でクライアントに連絡を入れるようにしましょう。納期に間に合わせないとクライアントに不審感を与えてしまいますので、十分に注意が必要です。納品前には、記事の内容や誤字脱字など不自然な表現がないか、入念にチェックすることが重要です。クライアントから記事の修正があった場合には早急に修正するよう心がけましょう。納品後は、クライアントからのフィードバックを真摯に受け止め、より良い記事の執筆ができるよう、品質向上に努めましょう。品質を向上させることによってさらに高単価な案件を受けられるようになります。

Webライターの副業に必要なスキルとは?

上記では、Webライターとして稼ぐための方法を5つのステップで説明してきました。しかし、いきなりそれらを実践するのは難しいと感じる方もいるかもしれません。それは、Webライターとして必要なスキルがまだ十分に身についていないからです。以下ではWebライターの副業に必要なスキルを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  • 文章力
  • 構成力
  • 情報収集能力

文章力

Webライターにとって文章力は最も重要なスキルの一つです。読者に伝えたい内容を分かりやすく、適切な言葉で表現する能力が求められます。文章力は継続的な練習と経験を積むことで向上できるため、現時点で自信がなくても、日々の努力を重ねることで上達させることができます。良い記事を多く読み、自分の文章と比較・分析することで、文章力を向上させられます。

構成力

構成力は、記事の大枠を作成する力です。適切な見出しの使用、段落分け、情報の順序などを考慮することで、読者を引き込む構成を作ることができます。見出しを見ただけで、記事の内容を理解させることを意識し作成すると良い構成ができるでしょう。良い記事の構成を分析し、自分の記事にも応用していくことで、構成力を高めていくことができます。また、記事の目的や読者層を常に意識し、それに合わせた構成を心がけることも重要です。

情報収集能力

質の高い記事を書くには、多角的な情報収集が不可欠です。上位記事の分析に加え、信頼できる情報源から独自の情報を収集することで、他にはない価値ある記事を提供できます。常にアンテナを張り、新しい情報を取り入れる姿勢が大切です。また、収集した情報を適切に整理・統合する能力も求められます。さらに、自分の専門分野や興味のある分野については、深い知識を持つことで、より独自性の高い情報を提供できるでしょう。日頃から幅広いトピックに関心を持ち、知識を蓄積していくことが、情報収集能力の向上につながります。SNSなども積極的に利用して、情報収集を行うことがいいでしょう。

副業Webライターに求められる+αスキルとは?

先ほど紹介したスキルに加えて、以下で紹介するスキルを身につけることで、より良い案件を獲得できます。

  • SEO対策に関する知識
  • 特定分野の専門知識
  • 画像作成能力
  • WordPressに関する知識・スキル

SEO対策に関する知識

SEO対策に関する知識は、Webライターにとって非常に重要な武器となります。このスキルを持つWebライターは、クライアントからの信頼を獲得しやすく、高単価の案件や継続的な仕事を得られる可能性が高いです。また、SEO対策の知識を活かして、自分のブログやWebサイトを運営することで、副業の幅を広げることもできます。ただ、SEO対策は常に変化し続けているため、最新のトレンドを追いかけ、学び続ける必要があります。

特定分野の専門知識

特定分野の専門知識を持っていることによって、他のWebライターには書けない記事を書くことができます。「金融」「不動産」などは案件の単価が高いので、勤めていた方は副業として、Webライターになること検討してみてはいかがでしょうか。特定分野の専門知識を持つWebライターは、その分野に特化した高品質な記事を提供できるため、他のライターとの差別化ができます。例えば、金融や不動産などの専門知識を持つライターは、それらの業界で需要の高い記事を書くことができ、高単価の案件を獲得しやすくなるでしょう。また、医療、法律、IT、教育など、様々な分野で専門知識を持つWebライターが活躍しています。自分の経験や関心のある分野で専門性を深めることで、Webライターとしての価値を高めることができます。ただ、専門知識だけでなく、わかりやすく文章を書く能力も必要不可欠です。

画像作成能力

記事に適切な画像を使用することで、読者の理解を深め、記事の印象を高められるでしょう。Webライターが画像作成能力を持っていれば、記事作成だけでなく、アイキャッチ画像やイラストの作成など、より幅広いサービスを提供できます。このスキルは、デザインやグラフィックデザインを学んでいる人にとって、Webライターとの相性がとても良いです。文章と画像を組み合わせて、より魅力的なコンテンツを作り出せるWebライターは、クライアントから高く評価されるでしょう。

WordPressに関する知識・スキル

WordPressに関する知識を持っていると、クライアントからの要望に対応することができます。クライアントからの要望に答えることによって、継続して仕事をいただけたり、新しい案件を獲得できる可能性があります。WordPressは、世界中で最も広く使われているCMSの一つです。
Webライターがワードプレスの基本的な操作や、記事の投稿方法、プラグインの使用方法などを理解していれば、クライアントのニーズに柔軟に対応できます。また、WordPressを使ったWebサイトの運営や、テーマのカスタマイズなどのスキルを持っていれば、ライティング以外の仕事も獲得できる可能性があります。クライアントとのコミュニケーションの中で、WordPressに関する知識やスキルをアピールすることで、案件獲得や、継続した依頼をいただける可能性があります。

Webライターとして副業をするメリット

メリット

 

Webライターの副業にどのようなメリットがあるのか、よく分からない方も多いのではないでしょうか。以下ではWebライターとして副業をするメリットを詳しく解説します。

 

  • 時間・場所問わず働ける
  • 誰でもすぐに始められる
  • 汎用性の高いスキルが付く
  • 一人で仕事ができる
  • フリーランスに転身できる

時間・場所問わず働ける

Webライターは、時間や場所に縛られずに働くことができるため、自分のライフスタイルに合わせて仕事をスケジューリングできます。通勤の必要がないため、自宅やカフェ、コワーキングスペースなど、好きな環境で仕事に取り組めることは大きなアドバンテージです。この高い自由度は、ストレスの軽減につながり、仕事とプライベートのバランスを保ちやすくなります。ただし、自律的に働く必要があるため、タイムマネジメントやモチベーション管理のスキルを身につけることが重要です。

誰でもすぐに始められる

Webライターとして副業を始めるには、特別な資格や経験は必要ありません。日本語で文章が書けて、パソコンの基本的な操作ができれば、誰でもチャレンジできます。初めは報酬が低くても、経験を積むことで徐々に単価を上げていくことができます。ただし、品質の高い記事を書くには、文章力やリサーチ力、SEO対策などの知識が必要になってきます。これらのスキルは、実践を通して身につけていくことができるので、そこまで気にする必要はありません。

汎用性の高いスキルが付く

Webライターとして記事を書く過程で、読者に分かりやすく情報を伝えるスキルが身につきます。これは、ビジネスの場面でも非常に役立つスキルです。また、文章力やリサーチ力、情報を整理・分析する力なども鍛えられます。これらの汎用性の高いスキルは、他の仕事や自己表現の場面でも活かすことができます。さらに、様々な分野の記事を書くことで、幅広い知識を得ることができるのも魅力の一つです。

一人で仕事ができる

Webライターの仕事は、基本的に一人で進めることができます。チームで働くことが苦手な人や、自分のペースで仕事をしたい人にとっては、理想的な働き方です。ただし、孤独感を感じることもあるため、自分に合ったモチベーションの保ち方を見つける必要があります。1人で働いてみたいと感じたら副業でWebライターの仕事をやってみると良いでしょう。

フリーランスに転身できる

Webライターの仕事は、業務委託契約で行われることが多いため、副業から始めてみて、自分に合っていると感じたら、フリーランスへの転身を考えてみるのも良いでしょう。フリーランスになれば、自分の希望する仕事を選べるようになり、収入アップも期待できるでしょう。ただし、仕事の確保や確定申告などは自分で行う必要があるため、責任感とビジネススキルが求められます。副業Webライターとして経験を積んだ上で、フリーランスにチャレンジすることをおすすめします。

Webライターとして副業をするデメリット

デメリット

 

以下ではWebライターとして副業をするメリットを紹介します。

  • 稼ぐまでに時間がかかってしまう
  • 収入が安定しない
  • 納期に追われてしまうことがある
  • 粗悪な案件がある
  • 確定申告を行わなくてはならない
  • 稼ぐまでに時間がかかってしまう

誰でもWebライターとして仕事は行うことはできるが、すぐに稼ぐことはできません。まずは基本的なライティングスキルを身に付けるようにしましょう。しかし、ライティングスキルを身につけるには、時間と努力が必要です。初めのうちは、低単価の案件でスキルを磨くことも大切ですが、同時に、積極的に勉強を行いましょう。オンラインの講座や書籍、スクールなどを活用し、継続的にスキルアップに取り組むことが重要です。

収入が安定しない

Webライターの副業では、安定した収入を得るまでに時間がかかることがあります。特に初めのうちは、十分な報酬を得られない事が多いです。収入の安定性を高めるためには、質の高い記事を納品し、クライアントからの信頼を獲得することが重要です。クライアントからの信頼を獲得することによって、継続した案件を獲得することができ、安定した収入につながります。スキルアップと営業活動を継続的に行い、安定した収入源を確保するよう努めましょう。

納期に追われてしまうことがある

Webライターの仕事では、納期が設定されていることがほとんどです。複数の案件を同時に抱えている場合、納期に間に合わせるために長時間労働を強いられることがあります。これは、フリーランスならではの自由な働き方とは対極にあるストレスと言えます。納期に追われないためには、スケジュール管理を徹底し、余裕を持って仕事に取り組むことが大切です。
また、無理な案件は断ることも必要になってきます。

粗悪な案件がある

クライアントからの案件は良いものだけではありません。中には極端に納期が短かったり、単価が低かったりする案件があります。粗悪な案件を受けないよう自分で判断できるようになりましょう。Webライターの案件の中には、極端に単価が安かったり、納期が非現実的だったりするものがあります。このような粗悪な案件を受けてしまうと、適正な報酬を得られないだけでなく、モチベーションも下がってしまう可能性があります。案件を選ぶ際は、自分の価値観に合ったものを選びましょう。また、クライアントとのコミュニケーションを通じて、案件の詳細を確認し、納得できる条件で仕事を引き受けるよう心掛けるといいでしょう。

確定申告を行わなくてはならない

Webライターとして副業を行う場合、確定申告が必要になることがあります。基本的に、Webライターは個人事業主として扱われるため、税務上は自営業者です。年間の収入が一定額を超える場合は、確定申告を行う必要があります。確定申告の手続きに不安を感じる方は、税理士に相談するのも一つの方法です。また、確定申告に備えて、日頃から収入と経費の管理を怠らないようにしましょう。

Webライターとして副業で仕事を見つける方法

以下ではWebライターとして副業で仕事を見つける方法を紹介します。

  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • SNSなどを利用して仕事を紹介してもらう
  • 知人に仕事を紹介してもらう

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトは、Webライターとして副業の仕事を見つける最も一般的な方法です。ランサーズ、クラウドワークスなど、多くのサイトがライティングの案件を掲載しています。自分の得意なジャンルや興味のある案件に積極的に応募することで、仕事を獲得することができます。
初めのうちは低単価の案件でも行って、経験を積むことが大切です。仕事の質を高め、クライアントとの信頼関係を築くことで、徐々に高単価の案件も受注できるようになります。

SNSなどを利用して仕事を紹介してもらう

TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSを活用して、自分がWebライターであることをアピールすることも非常に効果的です。SNS上で、ライティングに関する情報を発信したり、サンプル記事を公開したりすることで、潜在的なクライアントの目に留まる可能性があります。また、SNS上で募集されている案件に応募することもできます。SNSは積極的に利用していきましょう。

知人に仕事を紹介してもらう

知人や友人、過去の同僚などに、自分がWebライターとして副業を始めたことを伝えておくことも大切です。直接的な仕事の紹介はそれほど多くないかもしれませんが、口コミで仕事が舞い込んでくる可能性があります。
自分の専門分野や得意なジャンルを伝えておくと、より仕事の紹介を受けやすくなります。また、ライターとして活動している知人がいる場合は、アドバイスをもらったり、一緒に案件を受注したりすることもできます。

おすすめクラウドソーシングサイト

以下ではおすすめのクラウドソーシングサイトを紹介します。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ
  • クラウディア

クラウドワークス

 

概要 詳細
案件掲載数 約10,000件
システム手数料 支払い報酬から5~20%
依頼形式 ・タスク ・コンペ ・プロジェクト形式
サイト登録料 無料
運営会社 株式会社クラウドワークス

クラウドワークスはかなり知名度の高いクラウドソーシングサイトです。
クラウドワークスにはさまざまな案件があり、自分の好きな案件に応募することができます。Webライティングの案件に関しては約10,000件とかなり多いです。サイト自体は青を基調としていて、シンプルでとても見やすいです。また、クライアントとのトラブル防止機能の、仮払いシステムがあるので、安心して使うことができます。案件をとった事がない方でも安心して使用できます。

ランサーズ

概要 詳細
案件掲載数 1000件弱
システム手数料 支払い報酬から5~20%
依頼形式 ・タスク ・コンペ ・プロジェクト形式
サイト登録料 無料
運営会社 ランサーズ株式会社

ランサーズは日本最大級のクラウドソーシングサイトです。
Webライティングの案件も豊富で、初心者でも案件を獲得しやすい事が特徴です。クラウドワークス同様サイトもかなりシンプルで使いやすいです。
Webライターを始めたばかりの方はまずは会員登録をして、どんなシステムなのかを確認するといいでしょう。さらに。ランサーズではランク制度が導入されています。ランクは以下のように分かれています。

  • レギュラー
  • ブロンズ
  • シルバー
  • 認定ランサー

案件をこなしていくことによって「認定ランサー」になり、好条件の案件を獲得しやすくなります。

ココナラ

ココナラ

概要 詳細
案件掲載数 約15,000件
システム手数料 22%(販売者)
依頼形式 販売型
サイト登録料 無料
運営会社 株式会社ココナラ

ココナラは、「知識・スキル・経験」を売り買いできるクラウドソーシングサイトです。他のクラウドソーシングサイトと違うのは、 受け身になる点です。通常は自分から応募しにいきますが、ココナラの場合は自分でスキルを販売し、買ってもらいます。そのため、自分の販売の方法で案件を獲得できるかが左右されます。ココナラの利点としては、自分から仕事を探さなくていい点です。営業が苦手な方に非常におすすめです。

クラウディア

クラウディア修正版

概要 詳細
案件掲載数 約2,500件
システム手数料 3~15%
依頼形式 ・タスク
・コンペ
・プロジェクト形式
サイト登録料 無料
運営会社 株式会社エムフロ

クラウディアはWeb系の案件に特化したクラウドソーシングサイトです。
また手数料が支払い報酬のうち3~15%と、ほかのサイトと比べて低めに設定されているのが特徴でもあります。また案件の難易度が3段階に設定されているため、自分のレベルに合わせて仕事を選ぶことができます。なるべく手数料を抑えたい方、案件のレベルを選びたい方におすすめのサイトです。

副業Webライターの収入について

副業Webライターの収入は、稼働時間や経験によって大きく異なります。
ここでは、副業Webライターの平均的な収入について解説します。

稼働時間と平均年収

副業Webライターの収入は、案件数と稼働時間によって大きく変化します。副業Webライターとして働く場合、平均して月収3万円から10万円程度の収入が期待できるでしょう。これは年収に換算すると、36万円から120万円となります。Webライター全体の平均年収は、約450万円です。ただし、これはあくまで平均値であり、経験やスキル、専門性によって大きく異なります。SEOに精通し、質の高い記事を安定して納品できるWebライターは、平均以上の単価で案件を受ける事が可能です。一方、初心者やスキルアップの途中段階では、平均以下の単価になってしまう事が多いです。Webライターの収入は、稼働時間と実力に大きく左右されます。

時給と文字単価

Webライターの報酬は、時給制と文字単価制の2種類があります。時給制の場合、平均的な時給は1,100円から1,200円程度が相場です。ただし、これは経験やスキルによって大きく異なります。一方、成果報酬制の場合は、文字単価で報酬が計算されます。平均的な文字単価は1円から3円程度ですが、これも経験や実力によって変動します。

  • 未経験ライター:0.3~0.5円
  • 一般的なライター:1円~3円
  • プロライター:3円以上

文字単価は、ライターの経験やスキル、記事の品質によって大きく変わります。

副業Webライターとして月5万円稼ぎたいならスクールがおすすめ!

Webライタースクールに通うことで、Webライターに必要なスキルを短期間で身に着けられます。副業Webライターとしてすぐに成果を出したいと考えている方にWebライタースクールはおすすめです。以下では副業Webライターを目指すうえでおすすめなWebライタースクールを紹介します。

副業Webライターとして成果を出すならChapterTwo!

CT

概要 詳細
コース グループコース
マンツーマンコース
受講料金 グループコース:398,000円
マンツーマンコース:598,000円
受講期間 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ制作期間)
受講形式 オンライン(ZOOM)
受講地域 全国どこでも
学べるスキル Webライターとしての基本スキル
SEOに関する知識
営業スキル
サポート内容 営業サポート
打合せ同席サポート
商談実践サポート
チャットサポート
添削サポート
オンラインサロン
公式サイト ChapterTwo
運営会社 株式会社ChapterTwo

副業Webライターとしてすぐに成果を出したい方はChapterTwoのWebライターコースがおすすめです。ChapterTwoでは、基本的なライティングスキルからSEOの知識、マーケティングの基礎まで、Webライターとして必要な知識を幅広く学ぶことができます。受講中には、多くの記事執筆課題が出るため、実践的なスキルと経験を得ることができます。講師陣が添削・フィードバックを行うので、自分の強みと弱点を見つけることが可能です。また、レスポンスが速いため効率的にスキルアップすることができます。ChaoterTwoでは、案件獲得のための営業スキルを養う講義も用意されています。実際の案件を想定した商談練習も行われるため、自信を持って商談に望むことが可能です。さらに、ChapterTwoが運営しているオンラインサロンでは月額1,000円で学習のサポートをしております。受講期間中に終わらなかった課題やポートフォリオの制作など学習に関する内容を幅広くサポートします。オンラインサロンに入会していれば、半永久的に学習のサポートを受けることが可能です。実践的なカリキュラムで学習し、万全なサポートを受けたい方にChaoterTwoはおすすめです!

ライターコース申し込みはこちら

Webライターの副業に関する質問

FAQ

以下ではWebライターの副業に関する質問をまとめました。Webライターとして副業を行う前に疑問や悩みを解消しましょう。

副業禁止でもWebライターを行なってもいいのか?

所属している会社が副業禁止であればWebライターとして副業を行うことは避けましょう。Webライターとして副業を行っていることがばれてしまった場合、何らかの処分が下る可能性があります。Webライターとして副業を行いたい場合は、副業をしても問題のない状態を作ることから始めましょう。

Webライターの副業ではいくら稼げますか?

実力とリソースにもよりますが、月1〜5万円ほどは副業で稼ぐことができます。文字単価も高く、リソースがある方は月10万円も夢ではありません。実力を付け文字単価を上げることによって、少ない時間で稼ぐことが可能です。文字単価を1円から2円に上げることで、半分の労力で、同じ金額を稼げます。文字単価を上げることがどれほど重要かが分かりますよね。最初は低い単価で案件を受けることが多いですが、継続的に案件をこなすことで文字単位を上げることができます。最初は大変ですがコツコツと実績を積んでいきましょう。

文章力が無くてもWebライターになれますか?

Webライターの仕事は記事を執筆することなので、文章力は勿論必要です。ですが、文章力は今からでも付けることができるので、誰でもWebライターとして副業を行えます。Webライターとして稼ぐにはとにかく経験を積むことが重要です。まずは、読みやすい記事を参考に自分で記事を執筆してみましょう。

今からでも副業Webライターになれる

本記事では 副業Webライターを始めるまでのステップを紹介しました。

1.Webライティングスキルを身に付ける
2.案件獲得に向けてポートフォリオを作成する
3.クラウドソーシングサイトに登録する
4.自分に合った案件に応募する
5.案件を獲得したら記事を執筆し納品する副業 Webライターを目指している方は上記を参考にしましょう。
また、メリット・デメリットなども把握した上で、Webライターに挑戦しましょう。最後まで見ていただきありがとうございました。

Related Article
関連記事