動画編集 WEBデザイン ライティング

Webデザインスクールはどうやって選べばいい?|受講内容やおすすめのスクールも紹介

Webデザインは近年注目されている仕事の一つです。

Webデザインのスキルを身につければ未経験から正社員として働くことや、副業・フリーランスとして収入を得る働き方を目指すことができます。

そこで、今回は近年注目されているWebデザインの仕事をするために必要なスキルや知識が学べるスクールやWebデザインスクールの選び方について詳しくご紹介していきます。

Webデザインスクールの選び方

まずはWebデザインスクールの選び方についてご紹介していきます。

Webデザインのスクールに通う場合は、以下のポイントに注目して選びましょう!

  • カリキュラムの内容の充実
  • 通学かオンラインか
  • 授業形態で選ぶ
  • サポートの質

それでは、それぞれご紹介していきます。

カリキュラムの内容の充実

Webデザインスクールを選ぶ場合は各スクールのカリキュラムの内容が充実しているかどうかをチェックしましょう。

基本的にWebデザインスクールはWebデザインの基礎知識から学べるカリキュラムや受講内容となっており、初心者の人はどれも同じに見えてしまうことが多いです。

しかし、Webデザインスクールによって実際に習得できるスキルなどが異なるため、自分の目的に合ったカリキュラムが充実しているスクールを選びましょう。

例えば、Webデザインスクールに通って、最終的には就職や転職したい場合はWebデザインのスキルや知識が学べるだけではなく、就職・転職サポートが充実しているスクールを選ぶと良いでしょう。

逆に、Webデザインスクールに通って副業やフリーランスで収入を得たい場合は、卒業後の案件紹介、クライアントへの営業スキル、ポートフォリオの添削などのサポートがあるスクールを選ぶと良いでしょう。

通学かオンラインか

Webデザインスクールには大きく分けて通学型とオンライン型の2つのタイプがあります。

通学型の場合は講師の人から直接話を聞くことができ、勉強できるため、身につきやすく、何か不安や問題が起きた時でもすぐに相談して回答を得ることができるというメリットがあります。

しかし、通学型の場合は自分で時間を作ってスクールに通う時間を確保しなければならず、地方に住んでいる人であれば通学だけで大変な思いをしてしまうことも多いです。

一方でオンライン型の場合は自宅やカフェなどで自分の好きな時間と場所でカリキュラムをこなせること、自分のペースや生活スタイルに合わせて受講できること、料金が通学型よりも安いというメリットがあります。

しかし、オンラインの特性上、講師の人に質問をする場合は回答までにタイムラグが生じてしまうことや、カリキュラムは基本的に自分一人で進めなければいけないといったデメリットがあります。

そのため、通学かオンラインかは自分に合ったタイプを選ぶと良いでしょう。

授業形態で選ぶ

Webデザインスクールに通う場合は授業形態で選ぶことも重要なポイントです。

特に通学型のWebデザインスクールに通う場合に当てはまりますが、一人の講師に対して集団で授業を行うのか、講師とマンツーマンで授業を進めるのかによっても大きく異なります。

通学型のタイプを選ぶ場合は、講師とマンツーマンレッスンが受けられるスクールや、できるだけ少人数制のスクールを選ぶことをおすすめします。

サポートの質

サポートの質も重要なポイントです。

サポートがあるかないかも重要ですが、就職や転職をする気がない人が就職・転職サポートがあるスクールに通ってもあまり意味がありませんし、逆にWebデザイナーとして正社員の就職や転職したい人が副業案件の紹介サポートなどがあってもあまり意味がありません。

そのため、自分がWebデザインスクールに通う目的に合ったサポートの質が整っているかどうかを事前に確認することは大切です。

Webデザインスクールの受講内容

 

続いて、Webデザインスクールの基本的な受講内容についてご紹介していきます。

Webデザインスクールの基本的な受講内容は以下になります。

  • デザインに関する知識
  • コーディング
  • マネジメントスキル

それでは、それぞれ詳しくご紹介していきます。

デザインに関する知識

まずはデザインに関する知識です。

Webデザイナーとして活動する場合は、デザインに関する知識が必要不可欠です。

特にデザインの流行は年々変わっていくため、常にデザインのトレンドをチェックしておくことが重要となります。

そのため、スクールで覚えた知識を自分でアップデートしていく能力が重要となります。

デザインに関する知識の中にはPhotoshopやillustratorなども含まれ、ほとんどのWebデザインスクールではPhotoshopやillustratorなどのソフトの扱い方や、デザインに関する知識を学ぶことができます。

コーディング

コーディングスキルは、特にWebデザイナーとして副業やフリーランスとして活動する人は積極的に磨くべきスキルです。Webデザインだけでなく、コーディングまで一貫して案件を引き受けることでWebデザイン単体に比べて高単価な案件の獲得を狙うことができます。

そのため、Webデザイナーとして副業やフリーランスで活動することを目的にしている人はコーディングが学べるスクールを選ぶことは非常に重要となります。

コーディングは実際にWebサイトを構築するために必要なスキルで、HTMLやCSS、JQueryといった内容について学ぶところが多いです。

営業スキル

Webデザインスクールの中には、営業スキルを学べるところもあります。

特に副業やフリーランスとして活動する場合は、Webデザインのスキルや知識だけではなく、クライアントに直接営業するための営業スキルも必要です。

副業やフリーランスの場合は会社員とは異なり、自分で案件を確保しなければいけません。

 

どれだけWebデザインのスキルや知識があったとしても案件を獲得できなければ意味がありませんし、営業スキルがなければ低単価の案件しか受注できないことも多いです。

副業やフリーランスで収入を得る場合は案件の数をこなすことも大切ですが、できるだけ高単価の案件を受注することも重要です。

Webデザインの仕事はスクールに通わなくてもできる?

 

 

結論から言うと、Webデザインの仕事はスクールに通わず独学で勉強してもできます。

 

Webデザインスクールに通う場合はスクールやコースによって数万円~40万円程度かかることが多く、お金がなくて通いたくても通えない人も多いでしょう。

そのような場合はスクールに通わずに独学で勉強しても問題ありません。

独学だと難しい

Webデザインの仕事はスクールに通わなくてもできますが、正直独学だと難しいです。

独学でWebデザインの勉強をする場合は参考書を購入して勉強したり、インターネットで検索して勉強することが一般的です。

しかし、独学の場合はどのような手順で勉強すれば良いかわからなくなってしまうこともありますし、自分が身に付けたスキルは実践で使えるのかどうかわからないという事態に陥ることもあります。

さらに、先ほども紹介した通りWebデザインのトレンドは年々変わっていきます。

そのため、参考書によっては一昔前のWebデザインの勉強しかできないために、いざ案件をこなす際にクオリティが低いために途中で契約解除になってしまうことも多いです。

ですので、Webデザインの副業やフリーランスである程度収入を得たい場合はWebデザインスクールに通って勉強することをおすすめします。

未経験はスクールに通おう!

Webデザインのスキルや知識が全くない人はスクールに通って学習するようにしましょう。

特に未経験の人はWebデザイン学習をする際に使い慣れていないソフトを使用したり、今まで聞いたことがないような用語が出てくるため、頭を抱えてしまうこともあります。

しかし、悩みや不安を抱えた場合にスクールで学習していればプロの講師がすぐにあなたの悩みや相談を聞いてくれ、改善まで導いてくれるため、途中で挫折してしまうこともありません。

スクールに通う場合はどうしても費用が発生していますが、費用面を考えてもスクールに通って学習したほうがメリットがあります。

Webデザインスクールなら「Chapter Two」がおすすめ!

Webデザインスクールに通う場合はChapter Twoがおすすめです。

Chapter TwoはWebデザイナーとして副業・フリーランスで成果を得るための「営業・デザイン術」指導に特化したコースとなっており、Webデザインの主な案件である「広告バナー」「LP制作」「企業の資料作成」「名刺」「ホームページ作成」などのスキルやノウハウが身につきます。

Chapter TwoのWebデザインコースを受講するとAdobe illustrator,Photoshop,XDなどの実践で使えるデザインスキルを身につけることができ、副業やフリーランスで成果を出すためには最適と言えるでしょう。

また、Chapter TwoはWebデザインのスキルや知識だけではなく、クライアントと直接商談を行う際に講師の人が最大3回まで同伴してくれるというサポートが充実しています。

また、卒業後は受講生専用のオンラインサロンへの招待、SNSコミュニティ制度などを利用することができるため、同じ職種の人たちと交流したり、人脈を作ることも可能です。

少しでも気になる人は公式サイトからLINEで無料相談できますので、ぜひ利用してみてください。

また、Chapter TwoではWebデザイナーとして活躍するための3日間セミナーを凝縮した動画を3本無料で視聴できるため、事前にこちらの動画をチェックしておくこともおすすめします。