TikTok 2024.02.14(水)

Aiを使ってTikTokで稼ぐ方法を徹底解説!

Aiを使って稼ぐといってもイマイチどうやっていいのか分からないですよね。
本記事ではAiを使った動画制作の流れから、TikTokで稼ぐためにやらなくてはいけないことなどを詳しく紹介します。
この記事を見ることで、Aiを使った一連の流れを把握することができるため動画制作の時間を短縮することができます。
動画制作時間を短縮することで、報酬獲得までのスパンを短くすることができます。
是非最後まで見ていただければ幸いです。

Aiを使ってTikTokで稼ぐことは可能

Aiを使ってTikTokで稼ぐことは可能です。
可能ですが、Aiをの使い方やTikTokの運用方法をしっかりと覚えなければいけません。
本記事ではAiの使用手順やTikTokで使えるおすすめなAiを紹介します。
是非最後まで読んでみて下さい。

Aiを使ってTikTokで稼ぐ方法は?

以下ではAiを使ってTikTokで稼ぐ方法を2つ紹介します。
2つを稼ぐ方法を行うことによって、多くの報酬を稼ぐことができます。
2つの稼ぐ方法を実践するにはジャンル選びもしっかりと行わなければいけません。

アフェリエイトで稼ぐ

TikTokでアフェリエイトを行うには1000人のフォロワーが必要になります。
フォロワー1000人が必要な理由は、1000人のフォロワーが付くとプロフィール欄にリンクを貼ることができるようになるためです。
リンクから視聴者にアクションを起こしてもらうことによってアフェリエイト報酬が発生します。
TikTokで1000人のフォロワーを付けるためにはジャンルを絞って投稿しましょう。
金融系のアカウントで有益な情報を発信できているのであれば、自然とフォロワーが増え、高単価なアフェリエイト報酬を得ることができます。
ですが、その分競合も多く同じような投稿をしている方がかなり多いので、差別化してフォロワーを増やすしかありません。
本記事にはフォロワーを増やすためのポイントを解説していますので、併せて参考にしていただければ幸いです。

再生回数で稼ぐ

TikTokでは再生回数で報酬を得ることのできる「Creativity Program Beta」というプログラムがあります。
このプログラムに参加することによって報酬を受け取ることができます。
「Creativity Program Beta」プログラムに参加するための条件は以下です。

Creativity Program Beta参加要件

  • 年齢が18歳を超えていること
  • フォロワーが1万人を超えていること
  • 過去30日間で動画再生回数が10万回を超えていること
  • 動画の長さが1分以上でオリジナリティーのある動画であること
  • コミュニティガイドラインを遵守しているアカウントであること

フォロワー1万人という条件はかなり難しいので、再生数の取りやすいジャンルを投稿しましょう。
再生数の取りやすいジャンルは、雑学系・ホラー系・ペット系・スポーツ系などです。

Aiを使ってTikTokで稼ぐまでの流れ

 

Aiを使ってTikTokで稼ぐためには、動画を作成しなければいけません。
以下ではAiを使った動画制作の流れを紹介します。
Aiを使った動画編集の流れを理解することによって、スムーズに動画制作を行うことができます。
最初は覚えるのに時間がかかってしまいますが、動画制作を通じて覚えていきましょう。

台本生成

Aiを使って動画制作を行う最初の工程として、台本の生成を行います。
Aiは指示した文章の内容から動画制作に必要な台本を生成してくれます。
動画制作を行うにあたって、台本は必ず必要になってきます。
台本から動画制作の全体像を把握できるので最初に生成することをおすすめします。

台本の生成するときは、自分の制作したいジャンルと動画分数を指定しましょう。
ジャンルを指定しない場合どんな台本が生成されるかわからないためです。
動画分数を指定する理由は、TikTokの場合1分ほどの台本が理想です。
ですが、動画分数を指定しないと、1分を大きく超えた内容の台本が生成されてしまう場合があります。
そのため、必ず指定するようにしましょう。

指示した内容を生成してくれない場合は、何かしらの制限がかけられてしまっている可能性があります。
制限がかけられる例として、センシティブな内容が挙げられます。

台本生成|Aiへの指示の仕方

以下では台本生成する際のAiへの指示の仕方を紹介します。

”設定”
内容:TikTok用台本の作成
ジャンル:かわいい動物に関するランキング
備考:5位までのランキングにしてください。

このように指示することによって台本を生成することができます。
生成された台本は以下の画像を参照ください。
画像は生成された台本をDeepLで翻訳した際のものです。
※Aiへの指示は日本語で指示するよりも、英語で指示した方がより良い回答を得られる可能性があります。

ナレーション生成

Aiを使って動画制作を行う2つ目の工程として、ナレーションの生成を行います。
1つ前の工程で生成した台本をもとにナレーションを生成します。
ナレーションの生成はこだわらない場合、かなり簡単です。
台本のテキストを読み込んだだけで、9割ほど完成された状態で生成されます。
注意点として、ナレーションのイントネーションがおかしい場合があります。
生成されたナレーションは必ず一度自分の耳で確認をして、修正ポイントが見つかったら修正しましょう。
ナレーションを付ける際は台本の内容にあった声を選ぶと、より動画のクオリティーを上げることができます。

画像生成

Aiを使って動画制作を行う3つ目の工程として、画像の生成を行います。
動画制作を行う際画像は非常に重要な役割を果たします。
台本に合った画像を使うことによって、視聴者に聴覚だけでなく、視覚的にも理解してもらうことができます。
そのため、画像はむやみやたらに生成して使っても意味がありません。
逆に視聴者に不信感などを与えてしまう場合があります。
しっかりと台本に合った画像を生成しなければいけません。
ですが、100%創造と同じものを生成することはほぼ不可能なので、7割程度台本と一致していれば使用して大丈夫です。
画像生成はかなり時間のかかる作業なので、7割程度を目指して生成していきましょう。
1分程度のショート動画には7枚~10枚程度必要になることも覚えておきましょう。
1文1枚をイメージしていただければと思います。
伝える際は、文章ではなく単語で伝えましょう。

画像生成|Aiへの指示の仕方

以下では画像生成する際のAiへの指示の仕方を紹介します。

森の中でハイキングをしている女性の画像を生成したい場合。

In the woods, hiking, women

上記のようになります。

ここに他の要素を加えたい場合は、例えば雨が降っているなどを追加したい場合は以下のようになります。

In the woods, hiking, women,Weather,Rain

※プロンプトは日本語で入力するよりも、英語で入力した方が求めている画像が生成されやすいです。
※プロンプトは文章よりも、単語の組み合わせの方が良い。

動画生成

Aiを使って動画制作を行う4つ目の工程として、動画の生成を行います。
動画生成については行っても行わなくてもどちらでも大丈夫なのですが、動画を入れることによってよりクオリティーの高い動画を制作することができます。
基本的に動画生成は画像を生成する工程で生成した画像を元に、動画の生成を行います。
生成した画像全てを動画にする必要はありません。
10枚生成した場合は3枚ほどを動画にすると良いでしょう。
動画も画像と同じで、7割台本と一致していれば大丈夫です。

動画生成|Aiへの指示の仕方

以下では動画生成する際のAiへの指示の仕方を紹介します。

走らせたい場合は「running」と入力しましょう。
プロンプトのほかにモーションブラシというものも利用することができます。
モーションブラシを使うことによって、動かしたい部分だけをピックアップして動画にすることができます。
そのため、自分が思い描いてる動画に近づけることができます。
動画も画像と同じで、7割イメージに合っていればOKとします。
※画像生成の際の伝え方は後ほど解説します。

動画編集

Aiを使って動画制作を行う5つ目の工程として、動画の編集を行います。
本記事ではCapCutを使用して動画編集を行っている想定開設させていただきます。
最後に生成した、台本・画像・動画をまとめる作業を行います。
ここに動画編集で、BGMとテロップを付けます。
CapCutの場合は、たくさんのBGMが内蔵されているのでその曲を使用することが一般的です。
また、テロップはナレーションを入れた後にナレーションを元に自動生成してくれます。
テロップの自動生成はミスが起こる可能性があるので、一通りテロップの確認は行いましょう。
画像と動画には必要であればエフェクトとアニメーションを付けるようにしましょう。
エフェクトやアニメーションを使った動画は、視聴者を飽きさせずに見せることができます。
上記工程を行い最終確認を行った後に、動画の書き出しを行いましょう。

動画投稿

Aiを使って動画制作を行う6目の工程として、動画の投稿を行います。
書き出した動画を投稿します。
以下では動画を投稿する際の注意ポイントを解説します。
何となく投稿していると、損してしまっている可能性があるので、必ず注意ポイントを覚えていきましょう。

投稿時間帯を考える

動画を投稿する場合は必ず投稿する時間帯を考えて投稿しよう。
でも何を考えたらいいのかよくわからないですよね…。
考えることは簡単で、自分の動画を届けたい視聴者はいつ動画を見てくれるのかを考えます。
例えばサラリーマンに動画を見てほしいという場合は、朝・昼・夕が動画を投稿するタイミングです。
通勤時間の朝、お昼休憩の昼、退勤時間の夕です。
このように動画を届けたい視聴者の行動を考えることによって、適切な時間に投稿できるようになります。
そこまで考えたくない方は、土日・祝日など多くの人が休みの時に投稿を行うと良いでしょう。

サムネイルを付ける

動画にサムネイルを付けることによって、プロフィールから動画を見に来た視聴者に興味を持たせることができます。
サムネイルが適当だったり、無かったりすると視聴者は離れていってしまいます。
サムネイルはCanvaなどで行うと初心者の方でも簡単に行うことができます。
視聴者を離さない為にも、必ずサムネイルを付けましょう。

適切なハッシュタグを選定する

投稿に適切なハッシュタグを付けることによって、見てほしい視聴者に動画を届けることができます。
さらに、投稿した動画の内容とハッシュタグに関連性があると、TikTokから認められることがあります。
TikTokから認められているということはいい評価を受けているということです。
良い評価を受けると、おすすめに乗ったり、バズリやすくなります。
適切なハッシュタグを付けることは難しいことではありません。
適切なハッシュタグはハッシュタグを見つけましょう。
以下では関連性のあるハッシュタグの見つけ方を紹介します。
適切なハッシュタグの見つけ方は、自分の投稿しているジャンルで、おすすめに乗っている動画のハッシュタグを参考にするようにしましょう。
おすすめに乗っているハッシュタグを参考にすることによって、やみくもにはハッシュタグを探すよりも効率よく探すことができます。

TikTokでフォロワーを増やすポイント3選

Aiを使ってTikTokで稼ぐには多くのフォロワーを作らなければいけません。
以下ではフォロワーを増やすポイントを解説します。
是非参考にしていただければ幸いです。

動画のジャンルは統一する

投稿するジャンルを統一することで、特定のジャンルに特化した専門性の高いアカウントにすることができます。
専門性の高いアカウントは、いろいろなジャンルを取り入れているアカウントよりもTikTok側からも視聴者からも評価されやすいです。
評価されることによって、おすすめに乗ったり、バズったりしやすいです。
専門性の高いアカウントにすることで、徐々にですが視聴者が集まってきます。

投稿頻度を上げる

動画の投稿頻度を上げることによって、より多くの視聴者に見てもらえるようになります。
TikTokは1本あたり最低でも400再生程は再生数が回るので、動画本数が多いと必然的に再生数が伸びます。
ですが、ただ動画を上げればいいということではありません。
しっかりと質の高い動画を上げることによって、いいねや拡散をされることによって、再生数が伸びていきます。

コミュニティガイドラインを守っているか

コミュニティガイドラインを遵守したアカウントでなければ、フォロワーは増えずらいです。
そして収益化することもできないです。
コミュニティガイドラインなどは読みのはめんどくさくなってしまいますが、必ず見るようにしましょう。
酷い場合だとアカウントが判されてしまう可能性もあります、
コミュニティガイドラインには常に気を付けてアカウント運用を行いましょう。

TikTokでバズる方法を徹底解説!おすすめジャンルも紹介!

TikTokでおすすめに乗る方法を?|おすすめに載らない場合の原因やコツも紹介

TikTokの動画制作に役立つAiツール5選

Gemini Advanced

Gemini Advancedはgoogleが提供している生成Aiツールです。
先日のアップデートまではbirdという名称したが、Geminiに名称が変更されました。
通常版のGeminiは完全無料で利用することができます。
上位版のGemini AdvancedはGoogle Oneの「Ai プレミアム(月額2,900円)」に加入することで、利用できます。
最初の2か月間は無料で使用することができます。
お試しで2か月間使えるので、是非使用してみて下さい。

Gemini Advanced生成Aiで有名なChatGPTの性能を超えていると言われています。
ですが、Gemini Advancedは現状プラグインの導入や独自のAiを作成することはできません。
そのため、プラグインや自分好みのAiを使ってみたいという方はChatGPTを使うと良いでしょう。
Gemini AdvanceにはChatGPT-4にあるプラグイン機能などが無いため、今後のアップデートに期待です。

項目 詳細
料金

Gemini:無料

Gemini Advanced:月額2,900円

公式サイト  Gemini Advance

ChatGPT

ChatGPTは世界で一番有名と言われる生成Aiツールです。
ChatGPTはOpenAi社が提供しています。
ChatGPTは人との会話のように違和感なくテキスト上で会話することができます。
ChatGPTで生成したものに関しては生成した本人が著作者となります。
本記事での台本生成にもChatGPTは活躍してくれます。
生成した台本は自分の著作権になるということです。
ChatGPTは有料版もありますが、基本的な機能は無料版で利用することが可能です。

項目 詳細
料金

ChatGPT:無料

ChatGPT Plus:月額3,000円

公式サイト  ChatGPT

Midjourney

midjourneyはプロンプトに沿った画像を生成してくれる画像生成Aiです。
midjourneyは画像生成Aiの中ではもっとも有名です。
midjourneyは誰でも簡単クオリティーの高い画像を生成することができるためとても人気です。
初心者でもクオリティーの高い画像を作れる理由は、設定する項目が非常に少ないためです。
画像生成Aiでmidjourneyと比較されるstable diffusionは多くの設定項目があり、初心者ではクオリティーの高い画像を生成することはなかなか難しいです。
また、他人のプロンプトを見ることができるため、良い画像があったらそのプロンプトを参考にすることができます。
まだ画像生成Aiに限らず、Aiに振れたことが無い方はmidjourneyをおすすめします。

項目 内容
【料金】 ベーシックプラン:月額10ドル(約1,500円)
スタンダード:月額30ドル(約4,500円)
プロプラン:月額60ドル(約9,000円)
メガプラン:月額120ドル(約18,000円)
【生成枚数】 ベーシックプラン:200枚
スタンダード:無制限
プロプラン:無制限・fastモードでの生成枚数増加
メガプラン:無制限・fastモードがproプランの倍使用可能
【公式サイト】 midjourney

Runway

runwayは画像から動画を生成することができるAiツールです。
midjourneyかstable diffusionで作成した画像をrunwayにアップすることで動画を生成することができます。
動画を生成する際には、プロンプトを入力して、どのような動画にしてほしいかを指示することができます。
プロンプトのほかにモーションブラシというものを利用することによってより詳細に動画の動きを指示することができます。
またカメラワークも変えることができるので、より迫力のある動画に仕上げることもできます。

項目 内容
【料金】 スタンダードプラン:月額12ドル(約1,800円)
プロプラン:月額28ドル(約4,400円)
アンリミテッドプラン:月額76ドル(約11,400円)
【クレジット】 スタンダードプラン:625クレジット
プロプラン:2250クレジット
アンリミテッドプラン:クレジット無制限
【公式サイト】 runway

CapCut

CupCutはTikTokを運営しているbytedanceが開発している動画編集ツールです。
CapCutはTikTokと運営会社が同じなため、互換性がかなりいいです。
CapCutから直接TikTokに投稿することもでききます。
無料で動画編集に必要な基本機能は使いことができ、無料とは思えない量のいBGMやエフェクト・アニメーションがあります。
また本記事でも少し紹介しましたが、自動字幕入力機能が非常に便利です。
使ったことが無い方はぜひ使ってみて下さい。

項目 内容
【料金】

CapCut:無料

CapCutPro:月額1,200円

【公式サイト】 CupCut

【無料あり】TikTok動画編集に最適なおすすめ動画編集アプリ15選!

生成Aiに関するQ&A

Aiで生成されたものは商標利用しても大丈夫ですか?

Aiで生成されたものの商標利用や著作kンに関しては、生成したツールの利用規約を確認しましょう。
利用規約を読まずに使用してしまうと後々トラブルになってしまう場合があります。
例にはなりますが、stable diffusionという生成Aiツールは、画像の生成にモデルとなる情報を読み込んで使用します。
読み込むモデルが商標利用してはだめというものがあったので、たとえ自分で生成しても商標利用をすることはできません。

生成Aiは間違った情報を出すことはありますか?

生成Aiは間違った情報を出してしまうことはあります。
そのため、生成Aiが生成したものに関しましては必ず確認するようにしましょう。
生成Aiは単語の認識ミスで、回答からずれたことを生成することがあります。
例えばですが、「ホットドック」(暑がっている犬)を生成したいのに食べ物の「ホットドック」を生成してしまうなどです。

自分が思った通りに画像が生成されない場合どうすればいいですか?

自分が思った通りに画像が生成されない場合はプロンプトを変更しましょう。
自分が思ったままプロンプトに入力してもいい画像が生成されないことはよくあることです。
例えばなかなか走っている人が生成できないというときは、走るという行動を強調してあげると思い通りになりやすいです。
「走る」だけではなく「時速100キロ」などで強調してみて下さい。

Aiを使ってTikTokで稼ぐ方法まとめ

Aiを使うことで、動画制作時間は大幅に短縮することができます。
そのため、多くの動画を投稿することができ、稼ぐ幅が広がります。
今回の記事で紹介したAiを使った動画制作の流れを是非試してみて下さい。
最後まで見ていただきありがとうございました。

Related Article
関連記事