TikTok 2024.02.01(木)

TikTokLIVEの使い方を解説!配信条件などまとめて紹介

TikTokLIVEをやってみたいと思ったことはありませんか?
本記事ではTikTokLIVEのやり方や条件、メリット・デメリットを解説します。

 

この記事を読むことによって、TikTokLIVEのことを詳しく知ることができますので是非最後までご覧ください。

TikTokLIVEとは?

TikTokLIVEはTikTok上でライブ配信ができる機能です。

 

TikTokLIVEでは様々なライブ配信を行うことができます。
雑談配信やダンス動画、ゲーム配信などもすることができます。

 

 

TikTokLIVEにはライブ配信する条件がありますので本記事で詳しく解説します。

 

 

【TikTokの概要】

 

ダウンロード数 5億以上
評価数 700万件以上
レビュー ★4.4
口コミ

良い口コミ
・動画を見てポイントがもらえるのはとてもうれしい。

・効率よく稼げて、ポイント交換もスムーズに行える。

・広告も少ないためストレスなく視聴できる。

 

悪い口コミ

・キャンペーンでもらえるはずのポイントが入ってこない。

・ひたすら同じ広告が表示されル。

・広告でいちいち止まってしまって、自動スクロールの意味が無い。

運営会社 bytedance
ダウンロード先 ios
android

TikTokで収益化するための5つの条件を徹底解説!

TikTokLIVEを始める条件

TikTokLIVEを行うためにはいくつかの条件が必要になります。
条件自体はそこまで難しいものではないです。
以下ではTikTokLIVEを行うための条件を紹介します。

18歳以上であること

TikTokLIVEではライブ配信を行う人が18歳以上でなければいけません。

 

年齢を詐称して登録をしてライブ配信を行った場合アカウントが判されてしまうなどのリスクがあります。

 

ライブ配信を行う際には18歳を超えてから行いましょう。

TikTokアカウントの基準を満たす

TikTokLIVEを行うもう1つの条件としてTikTokが求めている基準を満たす必要があります。
ですが、TikTokはその基準は非公開となっています。

 

ユーザーの予想になりますが、フォロワー1,000以上が目安と言われます。

 

中にはフォロワー1,000人未満でもTikTokLIVEを行えているので、あくまでも予想されている目安です。

 

他には独創的な動画を投稿しているか、などがあるようですが非公開なのでこちらもあくまで予想となっています。

TikTokLIVEを始める手順

 

スマホで通常のライブ配信の場合

通常のライブ配信のやり方は非常にシンプルです。

 

画面下の中央にある「+」マークを押して下さい。

 

タップしたらカメラメニューを横スクロールして、「LIVE」にします。

 

「LIVE」にしたら「LIVEを開始」をタップすればライブ配信が行われます。

PCで通常のライブ配信の場合

TikTokを開いたら左側にあるメニューから「Go LIVE」をクリックしてください。

 

その後、配信タイトルやサムネ画像を設定して配信をスタートさせます。
最後にサーバーURLとストリームキーを取得します。

 

取得したサーバーURLとストリームキーをストリーミングソフトに入力します。
以下ではおすすめのストリーミングソフトを紹介します。

 

 

ストリーミングソフトでおすすめOBS

 

OBSは配信と録画ができる無料ソフトです。

 

OBSは多くの配信者が利用しているソフトなので、使用方法なども多く出ています。
そのため、配信をしたことのない初心者の方でも安心して使用することができます。

 

OBSは以下のリンクからダウンロードすることが可能です。

OBS公式サイト

ゲーム配信の場合

ゲーム配信の場合は通常の配信と途中まで同じです。

 

「LIVEを開始」をタップする手前までは同じになります。
「LIVEを開始」の下にあるタブから「モバイルゲーム」を選択して下しさい。

 

選択したら「今すぐ開始」をタップしてください。
開始すると、TikTokから画面共有を許可するという画面が出てきますので許可してください。
許可しない場合は、ゲーム配信を行うことができません。

 

最後にPIP通知を許可してください。
PIP通知をオンにすることで、ゲームをしながらでもコメントやギフトを確認することができます。

 

ここまでの工程が終わるとカウントダウンが始まり、終了するとライブ配信が開始されます。

コラボ配信の場合

コラボ配信の場合、通常通りライブ配信を始めます。

 

その後、ライブ中の画面に表示される、2つの輪っかのマークをタップします。
色々なアカウントが表示されますので、その中からコラボしたいアカウントを選んで配信に招待してください。

 

招待を送った相手から承認されることで、コラボ配信をスタートできます。

TikTokLIVEで使える機能

 

TikTokLIVEではいろいろな機能を使うことができます。

 

以下ではTikTokLIVEで使用できる機能を紹介します。
ライブ配信で機能を使うことによって、ライブ配信を充実させることができます。

エフェクト

TikTokではお馴染みのエフェクトをTikTokLIVEでも使うことができます。

 

変なエフェクトを使ったりすることで配信が盛り上げることができます。

 

お気に入りののエフェクトを見つけたらブックマークをしておくことで次回の配信ですぐに使用することができます。

モデレーター機能

 

モデレーター機能はYoutubeなどにもありますが、モデレーターは配信者のサポートを行います。

 

例えば、配信に邪魔する人が来てしまった時などに、モデレーターが該当する人を退出させたリします。

 

他には、不適切な発言があったアカウントにペナルティを付けたり、コメントの排除を行ったりします。

インサイト分析

インサイト分析を使うことによってライブ配信の総視聴回数や新規フォロワー、総配信時間、同時接続数など様々なデータを見ることができます。

 

インサイト分析を活用することで配信を伸ばしていくことも可能です。

 

例えばですが、この時間帯が視聴者数が多いと分析できたのであればその時間帯にフォーカスして視聴者数を稼ぐなどです。
他にもいろいろな分析をすることができるので、まずは一度インサイト分析を見てみましょう。

TikTokLIVEのメリット・デメリット

TikTokLIVEにはメリット・デメリットが存在します。
以下ではTikTokLIVEのメリット・デメリットを詳しく解説します。
メリット・デメリットを見てTikTokLIVEが自分に合ったライブ配信媒体であるのか確認しましょう。

メリット

TikTokLIVEはおすすめに乗りやすくなる

TikTokLIVEはライブ配信を行うとおすすめに掲載されやすくなります。

 

ですが、ただライブ配信を行っていてもおすすめには乗りません。
自分が投稿している動画の数が多く、質の高いアカウントはおすすめに乗りやすいです。

 

ライブ配信でおすすめに乗りたい場合は、アカウントを育てながらライブ配信を行ってみましょう。

 

 

TikTokLIVEはフォロワーを増やしやすい

TikTokLIVEはおすすめに乗りやすいのでフォロワーが増えやすいです。

 

ライブ配信に来てくれた視聴者とは交流をすることができるので、フォロワーになりやすい傾向があります。
ライブ配信を継続的に続けることによって、フォロワーからファンにかゎってくれる場合があります。

 

ファンになると、投げ銭などをしてくれるようになります。

デメリット

TikTokLIVEをするには条件がある

本記事でも紹介しましたが、TikTokLIVEは誰でもできるわけではありません。

 

まずは動画投稿を続けてTikTokLIVEができる環境にしましょう。
最初は大変ですが、アカウント運用を継続していきましょう。

 

 

荒しやアンチが出てくる

TikTokLIVEでは多くの方とリアルタイムで話すので、どうしても荒しやアンチ出てきやすくなります。

 

コメントを荒らしてきたり、いろいろなことをやってきます。
対策としては、本記事で紹介したモデレーター機能を使いましょう。

 

配信者自体は対応はなかなか難しいので、モデレーターに代わりに行ってもらうことで負担を減らすことができます。

TikTokLIVEのまとめ

 

TikTokLIVEについて解説しました。

 

TikTokLIVEではいろいろな人と話すことができるのでとても面白そうですよね。

 

ライブ配信の難易度は少し高めかもしれませんが、継続してアカウント運用を行うことで条件を満たすことはできるでしょう。

 

本記事をきっかけにTikTokLIVEを行う方が増えてくれたらうれしいです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

Related Article
関連記事