TikTok 2024.01.31(水)

TikTokで収益化するための5つの条件を徹底解説!

TikTokは2023年から「Creativity Program Beta」という収益化プログラムを開始しました。

 

「Creativity Program Beta」は今まであった投げ銭などとは別で動画から収益を得ることができるプログラムです。

最近始まったばかりのプログラムですので、収益化方法を知らないという方もいるのではないでしょうか?

 

本記事では、「Creativity Program Beta」の収益化方法からTikTokで重要視されているフォロワーの増やし方なども解説します。

収益化するための5つの条件

 

TikTokで収益化する際は5つの条件を必ず覚えておきましょう。
以下では1つずつ詳しく解説しますので、最後までご覧いただけますと幸いです。

年齢が18歳を超えていること

TikTokでは年齢が18歳を超えていないと収益化できません。

 

まだ18歳を超えていない方であれば、18歳になるまでに他の条件を達成しておきましょう。

 

収益化したいからと言って虚偽の申告は後々トラブルになりますので絶対にやめましょう。

フォロワーが1万人を超えていること

フォロワーが1万人を超えていないと収益化をすることができません。

 

フォロワー1万人が5つの条件の中で1番難しい条件になります。
フォロワーさえ獲得することができれば次に紹介する再生数もクリアできます。

 

1万人を達成するためにはかなりの努力が必要になります。
継続して動画投稿をすることによってフォロワーは伸びてきます。

過去30日間で動画再生回数が10万回を超えていること

過去30日間で10万再生を達成するには毎日投稿する場合でも1本あたり3,400回以上の再生数が必要になります。

 

最初から何千回と再生してくれる可能性は低いのでかなり長期間動画を投稿する必要があります。

 

投稿した動画がバズったりした場合は一気に再生数を取ることができます。

バズった動画を参考にして動画を作成することで再生数を稼げる可能性が高まります。

動画の長さが1分以上でオリジナリティーのある動画であること

動画の長さは1分未満ではいけない為、少し長めの動画を作成しましょう。
また、オリジナリティーのある動画制作を心がけましょう。

 

他の動画の丸パクリなどは収益化できない場合があります。

 

オリジナリティーの出し方ですが、いくつかの動画要素を掛け合わせることによってオリジナリティーを出すことができます。

コミュニティガイドラインを遵守しているアカウントであること

コミュニティガイドラインを遵守したアカウントでなければ収益化はできません。

 

コミュニティガイドラインなどは飛ばしてしまいがちですが、しっかりと確認を行いましょう。

 

場合によっては収益化が出来なくなってしまう場合があります。
コミュニティガイドラインには気を付けてアカウント運用を行いましょう。

条件達成の確認方法は?

  • Step.1 プロフィール右上のメニューをクリック
  • Step.2 画面下のクリエイターツールをクリック
  • Step.3 収益化欄の「Creativity Program Beta」をクリック
  • Step.4 グレーになっている箇所は現在未達成
  • Step.5 グレーになっている箇所を達成しよう

TikTokで収益化する他の方法はあるのか?

以下では先ほど紹介した、TikTokで収益化する方法以外を紹介します。
様々な収益化方法があるので自分に合った収益化方法を見つけてみてください。

投げ銭をもらう

TikTokでは投げ銭をもらうことが可能です。
投げ銭はTikTok以外にもyoutubeなどでも行われており非常に有名ですよね。

 

TikTokの場合、フォロワー500人から投げ銭を受けることが可能です。
youtubeの場合ですと登録者数1,000人ですのでTikTokの方が収益化しやすいです。

 

ですが、500人のフォロワーではファンが付いているわけではないのでそこまで投げ銭は期待できません。

 

そのため、フォロワーはどんどん増やせるように動画投稿をしていきましょう。
動画投稿をすることで自分のライブに来てくれるリスナーの方も増えてきます。
定期的にライブ配信をすることも有効なので投げ銭をもらいたい方は行ってみましょう。

企業案件をもらう

企業の商品をPRすることによって収益を得ることができます。

 

フォロワーが増えて有名になってきたら企業のPR担当者から依頼などが来たりします。
良く動画のハッシュタグでPRと書いてある動画を見たことのある方は多いのではないでしょうか?

 

PRと書いてある動画は基本的に企業案件です。
企業案件の場合は報酬の高い案件が比較的多いです。

 

企業案件をもらう方法は1個のジャンルに特化することです。
1個のジャンルでフォロワーを付けるとそのジャンルに興味がある人しかフォローしないので、PRをしたときに売れやすいです。

自分の商品・サービスを売る

フォロワーが付いたら自分のサービスをフォロワーに向けて売ることができます。
動画のジャンルが1つに特化している場合フォロワーもそのジャンルに興味のある人が多いです。
自分の商品を売りたい場合はジャンルに合わせた商品を売ることによって販売促進し収益を上げることができます。

 

ユーザーの購入までの道のりですが、まずは動画で自分のサービスを紹介します。
そして動画内の最後などにプロフィールに誘導します。
誘導したプロフィールに商品購入リンクを貼りそこから購入してもらいます。

 

 
実店舗がある場合は住所を公開し、フォロワーに足を運んでもらう等があります。

TikTokでフォロワーを増やすためにポイント3選

継続的に投稿する

継続的に投稿することによって動画を見る方にアクティブな印象を持たせることができます。

 

全く動画を投稿していないアカウントやたまに投稿するアカウントはよほど面白くない限り見られることはありません。

 

出来れば毎日投稿が理想ですが、なかなか難しいので週に3回は投稿するようにしましょう。

 

継続して投稿することによって徐々にですがフォロワーを伸ばすことができます。

投稿した内容に一貫性を持たせる

投稿する内容が様々なジャンルよりも何か一つに特化させたアカウントの方がフォロワーは伸びやすいです。

 

いつのジャンルに特化しないと何のアカウントなのか分からない為フォローすることを躊躇してしまいます。

 

フォローはいいねの十分の一程しかされないと言われています。

 

そのため、1つのアカウントに特化させ見る人の質を上げることによってフォロワーを伸ばすことができます。

動画にオリジナリティーを出す

オリジナリティーのある動画を出すことでファンが付きやすくなります。

 

同じような動画を出している人にはなかなかファンができない為、フォロワーも伸びずらくなってしまいます。
オリジナリティーを出すことで自分の魅力を伝えることができます。

 

オリジナリティーを出すといっても何を出せばいいのかと考えてしまいますよね。
オリジナリティーはよっぽど自分で新しい編集技術や動画企画を考えられる方以外は、既存の動画の掛け合わせを行ってオリジナリティーを出しましょう。

 

遊戯王で例えますが、2つのモンスターを掛け合わせると新しいモンスターが生まれますよね。
その原理と同じで、いろいろな動画を掛け合わせることで新しい動画が生まれます。

適切なハッシュタグを付ける

適切なハッシュタグを付けることによって届けたいユーザーに投稿を届けやすくなります。

 

例えば野球に関する動画を投稿したのに陸上のハッシュタブを付けてしまったら別の陸上ユーザーに野球が届いてしまいますよね。

 

本来届けたい野球を見たいユーザーには届かないのでしっかりと自分が伝えたいユーザに届くようにハッシュタグを付けるようにしましょう。

投稿する時間帯を工夫しよう

届けたいユーザーのアクティブ時間に投稿するようにしましょう。

 

専業主婦の方に動画を見てほしい時に朝方に動画を投稿してみてもらえるでしょうか?
朝よりも、家事などがひと段落付いたお昼の方が動画が見やすいですよね。

 

見てもらいたいユーザーが動画を見てくれる時間を分析して動画投稿を行うことが大事です。

 

意識するだけでユーザー目線になることができて、ユーザー目線を動画にも取り込むことができます。
動画を作ったり投稿するときはユーザー目線で行っていきましょう。

TikTok収益化方法についてまとめ

TikTokの収益化方法についていかがだったでしょうか?

 

TikTokの収益化はフォロワー1万人など難しい条件が多いです。

 

ですが継続してアカウントを運用していればフォロワーを伸ばすことができます。
継続は力なりと言いますので、最初は大変ですが頑張ってアカウント運用していきましょう。

 

TikTokの動画編集に使えるおすすめ動画編集アプリ5選!

動画編集おすすめアプリ7選。スマホでサクッと簡単に動画作成しよう

動画編集の文字入れアプリおすすめ10選!テロップの入れ方も徹底解説

Related Article
関連記事