動画編集 2022.10.12(水)

フリーランス動画編集者になるには?仕事内容や仕事を取る方法なども紹介

「フリーランスの動画編集はどうやってなればいいの?」

「自力で仕事の案件はどうやって取ればいい?」

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

近年動画配信コンテンツやSNSの普及が影響し、フリーランスで動画編集を仕事にする人も増えています。

そこで、今回はフリーランスの動画編集者になる方法から、仕事の取り方、メリットなどについて詳しく解説していきます。

 

フリーランス動画編集者の仕事内容

動画編集者は、その名前の通り動画制作に関わる全ての職種の総称として呼ばれることが多いです。

主に、動画編集の仕事は以下のようなものが挙げられます。

  • 動画撮影
  • カット編集
  • 素材の加工
  • テロップ挿入
  • 効果音・エフェクト・BGM挿入

基本的に、1本の動画を作るには上記のような工程を進めていく必要があります。

また、動画編集の仕事は、ただ編集するだけではなく動画の企画や撮影などをすることもあります。

ただし、フリーランスで動画編集の仕事をする場合は、基本的にクライアントから動画素材を受け取り、編集する作業が多いです。

 

フリーランスの動画編集者になる方法

続いて、フリーランスの動画編集者になる方法について紹介していきます。

フリーランスの動画編集者には、以下の4つの方法からなることが一般的です。

  • 独学
  • スクール
  • 専門学校
  • 動画編集会社に勤務する

それでは、それぞれ確認していきましょう。

 

独学

一つ目の方法は、独学で学ぶ方法です。

動画編集の仕事は覚えることも多いですが、一度基本的な情報やスキルを身につけてしまえば、後は単純作業で進められます。

動画編集者になるための資格なども一切ないため、独学で動画編集の仕事をする人も多いです。

特にお金のない学生や、家事や育児の隙間時間に副業する主婦などはYouTubeや書籍などから学んで動画編集の仕事をすることも可能です。

特にYouTubeでは動画編集の仕事の人気が高騰していることから、様々な動画が公開されています。

基本的にYouTubeの動画は無料で閲覧することができ、動画を見ながら同じように画面を操作すれば、実践のような感覚で編集の知識やスキルを身に付けることができます。

しかし、独学の場合は自分で継続して学習する必要があるためタイムマネジメントスキルがない人や、飽き性な人は途中で挫折してしまうことも多ため、あまり向いていません。

また、途中で分からないことがあっても講師の人に質問することはできず、基本的に全部自分で調べて学習を進めていく必要があります。

スクール

動画編集の仕事をしたい人は、スクールに通って学ぶことが一番おすすめの学習方法です。

スクールは通学ではなくオンラインで学べるところも多く、プロの講師か動画編集の知識やスキルが学べますし、分からないことがあっても質問しやすい環境が整っています。

また、スクールによっては就職・転職サポートがあるところもありますし、フリーランス向けに仕事の取り方や営業の方法などを学べるところもあります。

特に、フリーランスの場合はどれだけ動画編集のスキルや実績があっても、仕事を受注することができなければ収入を得ることができないため、営業スキルや案件の取り方などが学べるスクールがおすすめです。

費用がかかってしまうというデメリットはありますが、スクールに通っている人とそうではない人では、高単価の案件が取れる件数なども異なるため総裁できると言えるでしょう。

専門学校

動画編集を学ぶ方法の一つに、専門学校に通って学ぶ方法があります。

学校法人 専門学校 ビジュアルアーツやバンタンデザイン研究所(非学校法人)などでは動画編集者における基本的な知識やスキルではなく、即戦力となる人材を目指せることも特徴です。

学習も基本的に講師の人に直接教わることができるため、質問や悩み相談などが可能です。

フリーランスよりも動画編集者としての就職や転職をする人に特におすすめになりますが、もちろん専門学校に通った後にフリーランスとして活動する人も多いです。

しかし、専門学校に通う場合は基本的に卒業まで数百万円以上かかることも多く、費用面だけを考えるとあまりおすすめできません。

動画編集会社に勤務する

フリーランスの動画編集者として活動する際は、まずは映像制作会社や広告代理店などで動画編集者として働く方法もおすすめになります。

未経験でも動画編集者として企業に入社して働くことができ、確実に今の自分よりもステップアップできる方法です。

実際に仕事として動画編集のスキルが学べるため、独学やスクール、専門学校よりもより実践的に学ぶことができ効率が良いです。

また、フリーランスでは経験できない大きな案件にも携わることができる点も大きなメリットと言えるでしょう。

フリーランスが動画編集の仕事を取る方法

続いて、フリーランスが動画編集の仕事を取る方法について紹介していきます。

フリーランスが動画編集の仕事を取る方法は以下4点があります。

  • SNS
  • クラウドソーシング
  • 営業
  • 友人・知人

それでは、それぞれみていきましょう!

SNS

一つ目の方法は、SNS経由で仕事を受注する方法です。

Twitterやインスタグラム、TikTok、YouTubeなどの様々なSNSを経由して仕事を受注することができます。

例えば、動画を投稿できるTikTokやYouTubeなどで、自分が編集した動画をいくつか投稿すれば、それを見た企業や個人から「自分の動画も作ってほしい!」「〇〇円で動画編集をしてくれませんか?」などと連絡が来ることが多いです。

現在フリーランスの動画編集者の多くは、自分の作品を公開するとともに、仕事の受注ができるSNSを活用している人も多く、フリーランスの動画編集者を目指すならSNSをやるべきとも言えます。

SNSの場合は、自分で一人一人営業しなくても見込み客が勝手に集まってきてくれることから、フォロワーや登録数が多ければ多いほど安定した収益を獲得することも可能です。

クラウドソーシング

二つ目の方法は、クラウドソーシングを使って仕事を獲得する方法です。

クラウドソーシングはクラウドワークスやランサーズ、複業クラウドなどの様々なサービスがあり、基本的に無料で使えます。

特にクラウドワークスは2019年時点でユーザー数は316万人を突破しており、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

現在フリーランスとして活動している人の多くはクラウドソーシングサービスを利用して案件を受注しえいる人も多いです。

また、クラウドソーシングサービスは仕事をしたい時に案件に応募し、忙しい時は応募する必要もなく、自分の生活スタイルや環境に合わせて仕事を受注できる点も魅力の一つになります。

営業

3つ目の方法は、営業をする方法です。

個人や企業に対して直接営業活動を行い、仕事を受注することもできます。

特に、企業に営業して仕事を受注することができれば、他の案件よりも高単価の案件を継続的に契約できることも多く、2~3社との契約を結ぶだけで、安定した収入が得られます。

フリーランスの場合は雇用契約などもなく、収入が不安定になってしまいがちですが、企業を中心に営業して契約することで、安定した収入を得ることも可能です。

友人・知人

友人や知人の紹介を受けることでも、動画編集の仕事を獲得できます。

例えば、結婚式の動画撮影・編集などを頼まれることもありますし、YouTubeなどに動画を投稿している人がいれば、その人の動画を編集する仕事を獲得できるかもしれません。

クラウドソーシングサービスとは異なり、企業や個人と直接契約して仕事ができる点を考えると、比較的安定した収入が得られることでしょう。

フリーランスで動画編集をするメリット

続いて、フリーランスで動画編集をするメリットについて紹介します。

フリーランスで動画編集をするメリットは以下3点です。

  • 自由に働ける
  • 自分の好きな仕事ができる
  • 将来性が広がる

それでは、それぞれ解説していきます。

自由に働ける

自由に働けることは一番のメリットとも言えるでしょう。

これは、動画編集の仕事だけに限らず、フリーランスとして活動する人全員に言えることですが、フリーランスは自由に自分の好きな時間、好きな場所で働けるというメリットがあります。

自分の好きな仕事ができる

フリーランスの動画編集者は自分の好きな仕事ができるというメリットがあります。

会社員として企業に勤めている場合は、嫌な仕事でも頼まれた仕事をこなす作業が続きますが、フリーランスの場合は自分の好きな仕事だけを受注して作業できるため、大きなメリットと言えるでしょう。

将来性が広がる

将来性が広がるというメリットもあります。

フリーランスで活動しており、ある程度実績を重ねることができれば、企業にて動画制作会社を設立できることもあります。

会社員では想像できなかったことにも自由にチャレンできる点も大きなメリットと言えるでしょう。

特にフリーランスの動画編集者は今まで積み重ねたスキルや経験をもとに、動画編集の仕事だけでなく、制作の会社やコンサルの会社を設立することも可能です。

フリーランスの動画編集者として活躍するなら「ChapterTwo」

フリーランスの動画編集者として活躍するなら、Chapter Twoがおすすめです。

Chapter Twoは動画編集における基本的な知識やスキルだけではなく、フリーランスには欠かせない営業スキルも学べます。

こちらの記事で紹介したように、フリーランスとして収入を得るためには、動画編集のスキルだけでなく、営業スキルも必須です。

Chapter Twoであれば動画編集と営業のスキルが同時に学べるため、特におすすめのスクールです。

Chapter Twoは無料相談が可能となりますので、少しでも気になる人やこれからフリーランスの動画編集者を目指す人は相談から始めてみてはいかがでしょうか。

ChapterTwo公式サイト

 

Related Article
関連記事