動画編集 WEBデザイン ライティング

東京で動画編集が学べる専門学校6選!学習内容や特徴を徹底解説

 

動画編集や映像制作が学べる専門学校はたくさんあります。

「動画編集が学べる専門学校に通いたい!でもどこで学ぶのがよいのかわからない」といった悩みを抱える人も多いでしょう。

専門学校は、動画編集ソフトのスキルを学習するだけではなく、動画制作に関連する企画・撮影・編集などの全ての工程が一気に学べるため、専門学校に通おうと考える人も多いです。

そこで、今回は東京で動画編集が学べる、おすすめ専門学校をご紹介していきます。

東京で動画編集が学べる専門学校

まずは、東京で動画編集が学べる専門学校を紹介していきます。

東京で動画編集が学べる専門学校は以下になります。

  • 学校法人 専門学校 ビジュアルアーツ
  • バンタンデザイン研究所(非学校法人)
  • 専門学校東京テクニカルカレッジ
  • 日本電子専門学校ヒューマンアカデミー
  • 動画クリエイターカレッジ
  • TMS 東京映画映像学校

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

学校法人 専門学校 ビジュアルアーツ

学校法人 専門学校 ビジュアルアーツのページはこちら

学校法人 専門学校 ビジュアルアーツの映像学科では放送・映画・動画業界に共通する基礎知識・スキルを身につけられます。

他にも、シナリオ作りやキャスティング、撮影技術、編集などの一通りの動画編集や撮影における知識が学べ、専門的なスキルはもちろん、チームで一つの動画を作るためのチームワークやコミュニケーション能力なども身に付けることも可能です。

映像学科では1,000時間を超えた実習事業があり、現場で求められる想像力・表現力・対応力・コミュニケーション能力が磨けます。

動画ディレクターコースでは、動画編集だけではなく企画・撮影・パッケージなどの全工程を学び、幅広い対応力を備えた映像クリエイターを目指せます。

バンタンデザイン研究所(非学校法人)

バンタンデザイン研究所のページはこちら

バンタンデザイン研究所のWS映像クリエイター専攻では、将来的に映像ディレクター/映像クリエイター/映像プロデューサー/映像カメラマン/映像編集などが目指せます。

CM・YouTube等の企画編集、ショートムービー企画制作などの専門的な知識が身に付けられ、カリキュラムの内容も週3からとなっているため、アルバイトや副業などで実践的なスキルを磨きながら、通学することも可能です。

また、プロの資格を有した、専任のキャリアカウンセラーが在籍しており、就職する際のサポートも徹底しています。

専門学校東京テクニカルカレッジ

専門学校東京テクニカルカレッジのページはこちら

専門学校東京テクニカルカレッジのWeb動画クリエイター科では“わかる力”だけでなく“できる力”を身に付けて、Web業界をリードするクリエイターを目指すことができます。

講師は現役のディレクター・デザイナー・エンジニア・動画クリエイターで、最新の技術を学ぶことができます。

他にも、校外学習やデッサン、ブランドデザインスキルも学べるため、動画クリエイターとして幅広く活躍することも可能です。

動画制作では、動画の撮影・編集技術を学ぶことができ、実践で使用できるアクセスを集める動画の制作方法が得られます。

授業内容も実習が6割以上となっており、ステップクリア授業だから安心して制作に取り組むことができます。

日本電子専門学校

日本電子専門学校のページはこちら

日本電子専門学校のCG映像制作科では、CG・VFX映像制作に必要な最新のソフトを導入した実習室で、最新のCG技術が学べます。

他にも、4Kシネマカメラからジンバル、ドローンなど様々な機材を活用した実習企画・構成・撮影・編集までトータル的なスキルを使って作品制作ができます。

また、実際に日本電子専門学校のCG映像制作科卒業生は実践的なスキルでCG・映像業界に多数就職しているという実績があり、これから映像業界で働く人にはおすすめの専門学校です。

日本電子専門学校のCG映像制作科卒業生は以下のような企業に就職している実績があります。

  • ヤフー
  • カプコン
  • スクウェア・エニックス
  • コナミデジタルエンタテインメント
  • セガ
  • サンライズ
  • ぴえろ
  • ガイナ
  • 東映アニメーション
  • マッドハウス

日本電子専門学校のCG映像制作科では「Houdini」「ZBrush」「Cinema 4D」などの専用のツールを用いて動画編集をすることができ、市販のものよりも多彩で豊富な機能を使って動画編集をすることができます。

ヒューマンアカデミー 動画クリエイターカレッジ

ヒューマンアカデミー 動画クリエイターカレッジのページはこちら

ヒューマンアカデミーの動画クリエイターカレッジでは、現役プロ講師が直接指導して、編集者に必要な基礎~応用の編集スキルが身に付けられます。

また、ヒューマンアカデミーではBeをはじめとする様々な企業や、各校舎の地方自治体から、課題を提供してもらい、リアルな体験を積めるインターンシップが充実しているため、より実践で通用できるようなスキルが身に付きます。

そのため、これから動画クリエイターとして企業に就職することを目指す人や、フリーで活動する予定でいる人にはおすすめの専門学校です。

ヒューマンアカデミーの動画クリエイターカレッジでは、以下のようなカリキュラム内容となっています。

  • 表現演習
  • ビジネス・マネタイムズ
  • 映像ディレクション
  • チャンネル運営テクニック

TMS 東京映画映像学校

TMS 東京映画映像学校のページはこちら

TMS 東京映画映像学校の動画編集Edit GMコースではAdobeソフトをプロレベルまで習得することができます。

Adobe Premiere Pro・Illustrator・Photoshop・After Effectsなどのソフトが実際に学べ、全ての授業を通して、どの編集ソフトでも最低限の動画・映像編集ができるように学びながら動画を制作できます。

また、YouTube動画クリエイターズGYMコースでは、企画・撮影・編集まで一気に実践して、経験豊富な動画クリエイターを目指せます。

1ヶ月でYouTube動画を企画から撮影、編集までできるようになり、チャンネルの作成や運用についてまで必要な知識や全て学べるため、一気に効率良く学びたい人におすすめのコースです。

実際に使用するソフトはAdobe Premiere Pro・Illustrator・Photoshop・After Effectsなどの動画編集で用いる一般的なものを使用しているため、卒業後でもソフトを使った実践的な動画編集が可能です。

動画編集は専門学校に通わなくても学べる

動画編集の知識やスキルを専門学校に通って学習しようと考えている人も多いと思いますが、動画編集のプロになるために必ずしも専門学校に通う必要はありません。

動画編集の知識やスキルを学ぶには、以下の方法でも学習可能です。

  • 独学
  • スクール

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

独学

動画編集は独学でも学ぶことができます。

先ほども紹介したように、動画編集をする際に必要な資格などは一切ありません。

独学で自分で参考書やWeb上の解説動画などを参考に学習すれば、だれでも動画編集の知識やスキルが学べます。

動画編集をする際は動画編集ソフトを使いこなす必要があり、動画編集ソフトを独学で学べば、誰でも動画編集の仕事をすることができます。

ただし、動画クリエイターとして企業に就職することを考えている場合は、企業によっては専門学校を卒業していないと応募することができないこともあるため、注意が必要です。

これから副業やフリーランスとして活動する場合は、特に専門学校を卒業する必要もありません。

また、独学で学ぶ場合はタイムマネジメント力がないと途中で挫折してしまうこともあるため、注意が必要です。

 

スクール

動画編集は、動画編集スクールに通って学ぶことができます。

専門学校は卒業までに最低でも1~2年間は通う必要があり、それなりに費用もかかってしまいます。

しかし、動画編集スクールであれば専門学校の費用の半分以下の価格で動画編集のスキルや知識が学ぶことができます。

また、自分の生活環境やペースに合わせて学習できるため、社会人や主婦の方でこれから動画編集を仕事にしたいと考えている人には特におすすめです。

動画編集スクールによっては就職・転職サポートや高単価案件の紹介など、専門学校と同じようなサポートが低価格で受けられるため、お金がなくて専門学校に通えない人にもおすすめです。

 

最短で動画編集を学ぶなら動画編集スクールの「Chapter Two」がおすすめ!

最短で動画編集について学ぶなら、動画編集スクールのChapter Twoがおすすめです。

Chapter Twoは動画編集の制作スキルと仕事を獲得するスキルが同時に学べるスクールです。

ただ動画編集のスキルや知識が学べるだけではなく、副業・フリーランスで自立できる力や営業スキルを身に付けることができます。どれだけ動画編集の知識やスキルがあっても、実際に仕事を受注することができなければ意味がありません。

Chapter Twoでは自立できるクリエイターを育てる動画編集スクールになっていますので、副業やフリーランスとして活動する人には特におすすめのです。

また、Chapter Twoの受講生は全員営業活動をする際に営業同伴や、履歴書や職務経歴書の添削サポートもあるため、これから仕事をする人にとっては嬉しいサービスが整っています。

少しでも興味がある人は、Chapter Twoでまずは気軽に相談してみてください。

Chapter Two公式サイト