WEB 2022.02.05(土)

社会人がWebデザインスクールで挫折しないために?

社会人が未経験からWebデザインを学ぶためには、体系的に学べるスクールでの学習が効率的です。

スクールを選ぶ際にこんな悩みはありませんか?

  • Webデザインスクールを受講したいが、未経験なので授業についていけるか不安
  • スクールがたくさんあり、自分に合ったものの選び方が分からない
  • スクールで学んでも実際に仕事がとれず無駄になってしまわないか不安

本記事を読むと社会人がスクールで学ぶ際、挫折しないためのポイントが分かります。

後半にはおすすめのWebデザインスクールの紹介もあります。

社会人がWebデザインスクール選びで重視したいポイント

限られた時間で学ぶ必要のある社会人が、スクール選びで確認しておきたいポイントをまとめました。

必須スキルが学べるか?

Webデザイン基礎知識
レイアウト、配色、タイポグラフィーなど基本的なデザイン知識をまずは押さえることが必要となります。

HTML CSS JavaScript/jQuery
文書の構成や、文字の装飾、画面上の動きなど、デザインをWeb上にアウトプットするために必須なプログラミング言語です。

Illustrator・Photoshop・Adobe XD
実際にクライアントとのやり取りで使用される頻度も高い必須ツールです。

 質問できる環境があるか?

挫折なく学習を継続するためには、動画講義や集団での講義だけでなく、個別で質問が受け付けられる環境が必要です。

マンツーマンレッスンの実施回数が多いもの、または期間中質問が無制限で受けられるスクールを選びましょう。

また、働きながら隙間時間で学んで質問をするために、サポートの対応時間も確認しておきましょう。

学習後の目的に合わせた実践ができるか?

社会人がWebデザインを学ぶ場合、多くの方は実際に仕事にしていくことを目的とするのではないでしょうか。

スクール選びの際は、習得後にどのようなスタイルで働きたいかを明確にしておきましょう。

スクールには、就職、独立、副業など目的に合わせてカリキュラムが設置されています。

スクールにより、就職のサポートが得意だったり、フリーランスとして活動するための指導が得意だったりするところがあります。

自分のなりたいスタイルに合わせた講座を開講しているスクールを選びましょう。

また、もしなりたいスタイルが明確になっていない場合は、情報不足かもしれません。

色々な働き方で活躍する先輩の経験談を聞き、自分に合ったスタイルを知る工夫をしてみましょう。

Chapter Twoでは卒業生の体験談を紹介しています

講師の質や口コミはどうか?

社会人が、限られた時間でWebデザインを学び、仕事につなげていくためには、実際に仕事を体験し、手を動かしていく場が必須です。だだ、初心者だと案件を無事完了できるか不安ではないでしょうか。

可能であれば、現役のデザイナーからフィードバックを受けながら案件を一緒にこなすことが望ましいでしょう。

また、Web業界ではさまざまな人と繋がって案件を獲得する場面も多くあります。

卒業後の人脈構築のしやすさも重視したいポイントとなります。

スクールの指導内容だけでなく、実践の場面でのサポートの手厚さも、情報収集しながら見極めましょう。

これらの情報はスクールを実際に受講した人の口コミから分かることがあります。

スクールのページだけでなく、TwitterなどのSNSでスクール名を検索し、受講生の投稿を見て確かめてみましょう。

実際に仕事を進めるスキルが学べるか

洗練されたデザインを作れるようになっても、仕事を受注し進行していくスキルがなければ、Webデザインで収入を得ることはできません。

デザインスキル以外にも、仕事を開拓し、クライアントとコミュニケーションを取りながら調整するスキルも必須となります。

もし、以下のような仕事内容を未経験の場合、スクールで学んだり実践できるかどうかも確認しましょう。

  • 見積書・提案書など実務書類の作成
  • 案件獲得のための営業術
  • 商談の進め方
  • SNSの活用法

Webデザインは副業フリーランスからスタートしよう

案件獲得に繋がるスキルの証明が必要

異業種からWeb業界への転職を考えている場合は、未経験でも実績があると有利となります。

また、副業から始めてフリーランスとして独立を考えている場合も、案件を獲得するためにはスキルを証明する必要があります。

まずはポートフォリオとして提出できるものの作成を目標に、媒体を用意して実績を記録していきましょう。

仕事として実際に収入を得た実績があれば、案件獲得や転職の際にアピールできるポイントとなります。

フリーランスに必要な時間管理が実践できる

実践が大事というのは分かったけど、実際に案件を獲得して納期に間に合わせることができるか不安な方も多いのではないでしょうか。

クライアントの指定する納期通りに納入できなければ、継続して信頼を得ることができません。

副業フリーランスをおすすめする理由は、スケジュール管理能力が身につくことです。

社会人として働きながら仕事を受注する場合、本業と副業のスケジュール管理からスタートすることができます。

副業フリーランスを目指す社会人むけWebデザインスクール

Webデザイナーの副業フリーランスとして活動していきたい方むけに、コースを厳選してご紹介いたします。

さまざまなコースを展開しているスクールもありますが、副業に特化したコースをピックアップしました。

※2022年1月現在の情報となります

Chapter Two Webデザイナーコース

在宅でPCのみで副業収入を得て活動していきたい方むけに、実践的なWebデザインスキルと営業スキルの指導に特化しています。

期間中は現役のフリーランスで活躍している講師の人から個別フィードバックを回数無制限で受けることができます。

また、案件獲得のサポートも利用可能です。提携しているクライアントから一定の条件を満たすと継続的に案件を受注し、収入にすることができます。

期間中3回までの商談同伴サポートがあり、商談時の不安を講師と一緒に実践しながら解決できます。

さらに、卒業後も受講生専用オンラインサロンやSNSのコミュニティが用意されています。

受講生同志や講師と卒業後も繋がって情報交換をする場として利用可能です。

全24回(毎週2回・1,5時間/回)

25万円(税抜)

個別相談・質問サポート無制限(スラック使用)
サポート期間中、講師を商談へ3回まで同伴可能
卒業生専用オンラインサロン・SNS制度

TechAcademy

はじめての副業コースでは、全員に初めての仕事の受注を保証することが特徴です。
初心者むけの仕事を継続して受注できる仕組みがあり、実践的に副業の仕方を習得することができます。

厳しい選考を通過したメンターから、実務レベルのサポートが受けられます。

はじめての副業コース

8週間プラン
メンタリング15回
229,900円
チャットサポート対応時間15時〜23時

SKILLHUB

未経験でも3ヶ月でフリーランスを目指せるコースです。デザインのスキルだけでなく、仕事のスキルや稼ぐスキルも習得し、最短距離でのフリーランスデビューを実現します。

毎回7名のみの募集と少数精鋭のため、詳細なスキルチェックに対応可能で、手厚いサポートが受けられます。

フリーランス・デビュー支援プラン

3ヶ月コース 
サポート90日間
252,780円(税込み)
マンツーマンサポート12回

code camp

理解度に合わせて何度でも添削が受けられるシステムや、合格するまで受けられる添削サポートがあります。
受講はオンラインで、仕事をしながらでも場所を問わず受講することができます。

また、マンツーマンレッスンでは自分に合う講師を選ぶことができるのが特徴です。

デザインマスターコース 2ヶ月プラン

受講期間60日間
レッスン回数20回 2〜3回/週×約4週×2ヶ月
受講料165,000円+入学金33,000円
レッスン予約対応時間 毎日7時〜23時40分

RaiseTech

現役デザイナーから質の高いオンライン講義を受講することができます。学習スタイルが合わないと感じた場合には、2週間全額返金保証に対応しています。

また、コミュニティ制度や動画教材の視聴半永久サポートがあり、卒業後も継続して学ぶ環境があります。

デザインコース

全16回 (週1回/1回あたり120分)
348,000円 (税込)
半永久的オンラインサポート

社会人がWebデザインで副業を目指すならChapter Two

在宅でPCとネット環境があればいつでも仕事ができる環境が整います。

いつ仕事を始めようと、いつ休憩をしようと、納期通りに仕事を完了することができれば問題ありません。

時間と場所の制限された働き方から自由になり、空いた時間を有意義に活用することが可能です。

自分のスキルが増えると、仕事の幅が広がり、依頼や収入が増えることにつながります。

働いた分だけ収入につながるため、会社に所属する働き方よりも収入への反映が大きくなると言えるでしょう。

また、どのクライアントから仕事を受注するかもフリーランスになればデザイナーの自由です。

スキル取得とともに自分の好きな案件やクライアントを選んで仕事をしていくことも可能です。

Chapter Twoでは、需要のあるスキルと、仕事を実際に獲得する営業を実践しながら学ぶことができます。

また、卒業後も実際にフリーランスとしてすぐに活動を開始できるようなサポート体制が整っています。

Chapter Twoで「自立できる」クリエイターになるためのスキルを習得し、デザイナーとして自由な働き方を実現していきませんか?

Chapter Twoについて少しでも気になる方は、お気軽に「無料相談」からお問合せください。

Related Article
関連記事