Webライティング 2024.05.23(木)

Webライターに資格は必要なのか?資格を取る際のメリット・デメリットも解説

Webライターに資格は必要なのか?資格を取る際のメリット・デメリットも解説

Webライターとして仕事をする上で、「資格が必要か」という疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。実際のところ、Webライターにとって資格は直接的な必要条件ではありません。しかし、資格を取得することで得られるメリットも確かに存在します。一方で、資格取得にはデメリットも伴うため、一概に必要だと言い切ることはできません。本記事では、Webライターにおすすめの資格や、資格取得によるメリット・デメリットについて詳しく解説します。資格取得を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

Webライターに資格は必要なのか?

Webライターとして活動するにあたって、必ずしも資格が必要というわけではありません。実際に、資格を持たずに仕事をしている方も多くいます。Webライターに求められるのは、資格ではなく、ライティングのスキルや経験です。たとえ多くの資格を持っていても、Webライターとしての実践的なスキルや経験がなければ、仕事を円滑に進めることは難しいでしょう。これからWebライターとしてのキャリアを始めたい方は、資格取得よりも、まずは数多くの記事を書いて経験を積み、スキルを磨くことを優先するのがおすすめです。

Webライター向けおすすめ資格5選

Webライターとしてスキルアップを目指す方々に役立つ資格をいくつかご紹介します。これらの資格は、知識の証明だけでなく、新たな仕事の機会を得られる可能性があります。

WEBライティング技能検定

概要 詳細
開催回数 月1回
受験場所 オンラインで受験
試験時間 90分(選択式&記述式)
合格率 約50%
受験料金 6,000円
試験内容 4択問題(50点)、実技ライティング(200点)、250点満点
試験運営機関 日本クライドソーシング検定協会

WEBライティング技能検定は、Webライターとしての基本的なスキルと知識を証明するための資格です。
この検定は、文章力はもちろん、SEO対策やユーザビリティを考慮したコンテンツ作成能力を測るもので、日本クライドソーシング検定協会によって提供されています。
合格することで、Webライティングのプロフェッショナルとしての信頼性をクライアントに示すことができます。この資格を取得することで、Webライティングの基本から応用までの幅広い知識があることを証明できるため、フリーランスとしての市場価値を高めることが期待できるでしょう。また、SEOやマーケティングに関する理解が深まることで、より多くの読者にリーチし、クライアントのビジネス成果に貢献するコンテンツを作成する能力が向上します。
この資格は、Webライターとしての専門性を高めたい方に特におすすめです。

Webライティング能力検定

概要 詳細
開催回数 3ヶ月に1回
受験場所 オンラインで受験
試験時間 90分(マークシート方式)
合格率 約48.5%
受験料金 13,500円
試験内容 1〜5科目:選択式問題、6科目:ミニ論文 88点満点
試験運営機関 日本WEBライティング協会

Webライティング能力検定はWebライターとしてどれくらいの実力を持っているのかが計れる検定です。
Webライティング能力検定は3つの級に分かれており、各級ごとにどれくらいのレベルであるかが記されています。

  • 1級 一般的な仕事はもちろん、高度な仕事もできるトップレベルのスキルを持つ
  • 2級 一般的な仕事を行う上で充分なスキルを持つ
  • 3級 一般的な仕事を行う上で最低限のスキルを持つ

Webライティングを行ったことがない方は、まず3級から受けてみて自分がどれくらいの実力なのかを確かめる事をおすすめします。

Webリテラシー検定

概要 詳細
開催回数 月1回
受験場所 オンラインで受験
試験時間 90分(選択式&記述式)
合格率 約50%
受験料金 11,000円
試験内容 4択問題(50点)、実技ライティング(200点)、250点満点
試験運営機関 Web検定

Webリテラシー検定はWebデザイナー、Webディレクション、Webプロデュースの主要3職種の最重要知識を集約したWeb検定(ウェブケン)の1つです。Webリテラシー検定では、セキュリティやデジタルコンテンツの権利に関する内容などWebに関する一般的な知識を得ることができます。Webライター以外にも様々な方が対象に当てはまる検定です。
WEBライターに特化した資格ではありませんが、どの職種でも求められる資格となっています。合格するとWebアソシエイトとして認定されます。
ウェブアソシエイトと認定されることによってクライアントと円滑にやりとりできることを証明可能です。

WEBライター検定

概要 詳細
開催回数 月1回
受験場所 オンラインで受験
試験時間 45分(選択式&記述式)
合格率 約5%
受験料金 0円
試験内容 基本的な日本語能力のほか、数字やアルファベットの表記のルールなど
試験運営機関 クラウドワークス

Webライター検定はクラウドソーシングサイトで有名な、クラウドワークスの検定です。Webライター検定ではライター、編集者、広報などライティングスキルが必要な職種についている方が対象となっています。Webライターに必要な著作権についての知識を測ることもできるので、Webライターとして活動したい方には非常におすすめです。
さらに、0円で受験できるのでぜひ挑戦してみてください。

日本語検定

概要 詳細
開催回数 年6月と11月の年2回
受験場所 オンラインで受験
試験時間 50~60分(選択式)
合格率 約70%
受験料金 2,200~6,800円
試験内容 漢字、表記、敬語、言葉の意味、語彙、文法、総合問題
試験運営機関 日本語検定委員会

日本語検定では基本的な文法や敬語など、正しい日本語の知識を身につけルコとができる資格です。Webライターとして活動していきたいのであれば、一級をとることをおすすめします。
1級は社会人レベルで実践的な日本語力と言われているためです。検定のレベル分けが細かく、参考書や通信講座も豊富にあるため、最初は比較的簡単なものから行うといいでしょう。

Webライターが資格を取るメリット

Webライターにとって、資格取得にはいくつかのメリットがあります。資格取得を検討する際は、これらのメリットを把握した上で、取得するかを判断しましょう。

ライティングの資格を履歴書に書ける

資格を取得することで、履歴書に記載することができ、採用担当者にアピールできます。同じスキルレベルの応募者の中で、資格を持っている方が採用される可能性が高くなります。仕事を獲得するという観点から見ると、資格取得は大きなメリットであると言えます。

体系的にライティングスキルを学べる

資格の取得過程で、ライティングスキルを体系的に学ぶことが可能です。すでにライティング業務に従事している方にとっても、改めて学び直す機会となります。資格取得に特化した学習内容もあるため、他のWebライターにはないスキルを身につけられる可能性があります。実務と並行して資格取得の学習を行うことで、効果的なスキルアップできるでしょう。

資格合格の成功体験から自信が持てる

資格に合格したという成功体験から、自信を得ることができるでしょう。自信を持ってクライアントとの打ち合わせや面接に臨むことで、好印象を与えられるでしょう。Webライターを対象とした資格の多くは、比較的気軽に受験できるため、合格体験を積み重ねやすいというメリットもあります。

Webライターが資格を取るデメリット

Webライターにとって、資格取得はメリットばかりではありません。時間やコストなどの観点から、資格取得には一定のデメリットもあります。以下では、Webライターが資格を取得する際に考慮すべき主なデメリットを3点紹介します。

資格が無くても仕事はできる

Webライターとして仕事をするために、必ずしも資格が必要とは限りません。むしろ、無理に資格取得に時間を割くよりも、実際に記事を執筆する経験を積むことが、自身のスキル向上により直結します。早く仕事を得たいという方はスキル向上を優先しましょう。

仕事を獲得できる保証はない

資格を取得したからといって、すぐにWebライターとしての仕事が獲得できるわけではありません。仕事を獲得するためには、資格以上に、ライティングスキルや専門知識といった実践的なスキルが求められます。本記事ではWebライターとして稼ぐために必要なスキルも紹介していますので、併せてご確認ください。

資格取得に時間と労力、お金がかかる

資格を取得するためには、学習に多くの時間と労力を費やす必要があります。加えて、教材費や受験料などのコストも発生します。Webライターとして早期に収入を得たい方にとっては、資格取得よりもスキル習得に集中する方が効率的です。スキルの習得方法は人それぞれですが、本や動画教材、スクールなど様々な選択肢があります。短期間で集中的にスキルを身につけたい方にはスクールがおすすめです。一方、自分のペースでじっくり学びたい方は、本や動画教材を活用する事をおすすめします。

Webライターとして資格以外に必要なスキル

Webライターとして成功し、安定した収入を得るためには、単に文章を書く能力だけでは不十分です。市場で求められるスキルセットを身につけることが重要です。以下は、Webライターが身につけるべき主要なスキルになります。今からでも習得することは可能ですので、Webライターを目指している方は参考にしてみてください。

SEOの知識

ライティングスキルに加えて、SEO(検索エンジン最適化)の知識・スキルを身につけることで、他のWebライターにない強みをアピールできます。
SEOの知識とスキルを持つWebライターは、コンテンツを最適化することで、検索結果の上位に記事を表示し、ウェブサイトの集客・収益性を高めることができます。

SEOスキルを持つことで、Webライターとしての市場価値が上がり、クライアントのビジネスにも直接的な価値をもたらすことができます。
SEOの知識は、現代のWebライターにとって非常に重要なスキルです。

特定分野の専門知識・スキル

特定の分野における専門知識を持つライターは、その分野に精通しているからこそ、わかりやすく説明することができます。
そのため、読者は内容を理解しやすくなります。

また、専門分野の最新トレンドやニュースを把握することで、タイムリーで関連性の高い記事を提供できるようになります。
このように、特定分野の専門知識を持つことで、Webライターとしての専門性を高め、より多くの仕事を受注できる可能性が広がります。

専門職に就いている方や関連資格を持っている方は、副業としてWebライターになることを検討してみるのも良いでしょう。

読みやすい記事を書くスキル

読みやすい記事を書くスキルを身につけることで、ユーザーのページ滞在時間を長くすることができます。
ページ滞在時間が長くなると、Googleからの評価が上がり、検索結果の上位に表示されやすくなります。

また、読みやすい記事を書くスキルは汎用性が高いため、幅広いジャンルの記事に対応できるようになります。
この汎用性の高さから、様々なクライアントから仕事を獲得できる可能性が広がります。

読みやすい記事を書くためには、以下のような特徴を理解し、実践することが重要です。

  • 明確な構成:記事の構成を明確にし、見出しを適切に使用する
  • 簡潔な文章:簡潔で分かりやすい文章を心がける
  • 適切な段落分け:適切な段落分けで、読者が内容を理解しやすくする
  • 視覚的な工夫:箇条書きや図表を活用し、視覚的にも読みやすくする
  • 適切な文字サイズとフォント:読みやすい文字サイズとフォントを選択する

これらの特徴を理解し、実践することで、読みやすい記事を書くスキルが身につきます。

Webライターとして稼ぐまでのステップ

以下の記事ではWebライターとして稼ぐまでの5つのStepを紹介します。稼ぐステップを覚えていくことで自分が今どのフェーズにいるのかが確認できます。

  • Webライターとしての基本スキルを身につける
  • クライアントに提出するポートフォリオを制作する
  • クラウドソーシングに登録し応募する
  • 案件を獲得する
  • 記事を執筆し納品する

Webライターとしての基本スキルを身につける

Webライターとして成功するには、まずWebライティングの基本スキルを身につける必要があります。これらのスキルを学ぶには、書籍や動画教材、セミナーなどを活用するのが効果的です。自主学習が難しい場合であれば、スクールを検討するといいでしょう。Webライターの学習で必要なことは、実際に記事を書いて読んでみることです。聞いていたり読んでいるだけではなかなかスキルは身につきません。自分の書いた記事を客観的に評価し、改善点を見つけることで、スキルを向上させることができます。また、他のライターの記事を読んで、良い点や改善点を分析することも大切です。人気のある記事を参考にしながら、自分のライティングスタイルを確立していくこともおすすめです。

クライアントに提出するポートフォリオを制作する

Webライターとして仕事を獲得するためには、自分の実力を示すポートフォリオが必須です。ポートフォリオがなければ、どれくらいの実力があるのかを相手に伝えることができません。クラウドソーシングサイトなどに登録する前にポートフォリオを用意しておくと良いでしょう。ポートフォリオを制作する際は、SEOを意識した魅力的な記事を厳選し、読みやすいレイアウトで提示することが重要です。記事のジャンルや特徴を明確にし、クライアントが求めるライターであることをアピールすることで、案件獲得につながります。

クラウドソーシングに登録する

Webライターとして仕事を見つけるには、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトに登録しましょう。これらのサイトでは、様々なクライアントが記事作成の案件を発注しているため、自分に合った仕事が見つけやすいです。登録する際は、プロフィールを充実させることが非常に重要となってきます。自分の得意なジャンルや実績、スキルなどを明確に記載し、クライアントにアピールしましょう。また、応募する際の文章もこだわって作成しましょう。過去に書いた記事のサンプルを掲載することで、ライティング能力を示すことができます。資格を持っている場合は、しっかりと記載しましょう。クラウドソーシングサイトを活用する際は、SEOに関する知識や経験があることを強調することで、クライアントから案件を獲得しやすくなります。SEOを意識した記事作成ができることを示せば、クライアントからの信頼を得られる可能性が高まり、案件獲得につながります。初めは低単価の案件から始めて、徐々に実績を積み重ねていくことがとても重要です。評価を高め、信頼を獲得することで、より高単価の案件を受注できるようになります。

案件に応募し獲得する

クラウドソーシングサイトで自分に合った案件を見つけたら、積極的に応募することが非常に重要となってきます。応募する際は、クライアントの求める条件を満たしていることを示し、過去の実績や自分の強みをアピールすることが重要です。特に、SEOに関する知識や経験を持っている場合は、アピールすることで、案件を獲得しやすくなります。また、依頼された記事のサンプルを添付することで、さらに案件を獲得しやすくなります。案件に選ばれたら、クライアントの要望に沿って、質の高い記事の作成をしましょう。納期などを守らないと継続して依頼をしてくれなくなる可能性があります。クライアントには納期を守りSEOに配慮した魅力的な記事を提供することで、継続的な案件をいただける可能性が高くなるでしょう。初めは低単価の案件を行い、徐々に実績と経験を積むことが大切です。実績を重ねることで、徐々に単価の高い案件にチャレンジできるようになります。Webライターとしてのキャリアを着実に築いていくために、案件への応募を積極的に行いましょう。

記事を執筆し納品する

応募して採用されたら、必ず締め切りまでにクオリティの高い執筆し記事を納品しましょう。納期を守り、質の高い記事を書くことによって、クライアントから継続して案件をいただける可能性が高まります。案件に採用されたら、クライアントの要望をしっかりと理解しましょう。記事の納品が今に合わないと思ったら、その時点ですぐにクライアントに連絡を入れることが重要です。魅力的な見出しを付け、キーワードを適切に配置することで、検索エンジンに上位表示されやすくなり、クライアントの評価が上がります。また、読みやすい文章構成や適切な段落分けにも気を配り、読者が記事を最後まで読み進めたくなるような工夫をすることが重要です。納品後は、クライアントからのフィードバックを真摯に受け止め、より良い記事作成に活かしましょう。Webライターとして成長し続けるために、常に品質を向上させることで、さらに高単価な案件を受けることができるようになります。

Webライターに向いている人の特徴10選!必要なスキルや稼ぐまでの流れも解説!

Webライターとして稼げるスキルを付けたいならスクールがおすすめ!

スクールでは、経験豊富な講師陣がウェブライターに必要なスキルを体系的に教えてくれます。また、同じ目標を持った仲間と切磋琢磨しながら学ぶことで、モチベーションを維持しやすいというメリットもあります。すぐに収入を得たいと考えている方は、ぜひスクール通学を検討してみてください。自己流で学ぶよりも、短時間で効率的にスキルを身につけることができます。スクールに通うことで、Webライターに必要なスキルを短い期間で身に着けることが可能です。すぐに稼いでいきたい方はぜひ検討してみてください。以下ではWebライターを目指すうえでおすすめなスクールを紹介します。

仕事に直結した内容が学べるChaoterTwo

CT

概要 詳細
コース グループコース
マンツーマンコース
受講料金 グループコース:398,000円
マンツーマンコース:598,000円
受講期間 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ制作期間)
受講形式 オンライン(ZOOM)
受講地域 全国どこでも
学べるスキル Webライターとしての基本スキル
SEOに関する知識
営業スキル
サポート内容 営業サポート
打合せ同席サポート
商談実践サポート
チャットサポート
添削サポート
オンラインサロン
公式サイト ChapterTwo
運営会社 株式会社ChapterTwo

すぐに仕事を獲得したい方にはChapterTwoのWebライターコースがおすすめです。ChapterTwoでは、基本的なライティングスキルからSEOの知識、マーケティングの基礎まで、Webライターとして必要な知識を幅広く学ぶことができます。期間受講中には、多くの記事執筆課題が出るため、実践的なスキルを身につけることが可能です。講師陣が添削・フィードバックを行うので、自分の強みと弱点をつかみ、効果的にスキルアップすることができます。また、案件獲得のための営業スキルを養う講義も用意されています。実際の案件を想定した商談練習も行われるため、自信を持って商談に話せるようになるでしょう。さらに、卒業後のサポート体制も充実しています。卒業生専用のコミュニティがあり、情報交換や悩み相談ができる環境が整っていることも特徴です。ChapterTwo は、Webライターとして短期間で稼ぎたい方には非常におすすめなスクールとなっています。実践カリキュラムと手厚いサポートで、Web ライターとしてのキャリアをしっかりとサポートしてくれます。

ライターコース申し込みはこちら

資格取得の取得は一度検討しよう

本記事では、Webライターにとって資格が必要かどうか、また、資格取得のメリットとデメリットを中心に解説してきました。結論からいうと、Webライターとして活動するために資格は必須ではありません。しかし、資格を取得することで、スキルアップや信頼性の向上、また、市場価値の向上といったメリットが得られる可能性があります。一方で、資格取得にはコストや時間がかかるというデメリットもあります。また、資格だけでは即戦力にはならず、実践的な経験やスキルが重要であることも押さえておく必要があります。資格取得を検討する際は、自身のキャリアプランや目的に合わせて、メリット・デメリットを十分に吟味することが大切になってきます。本記事が、Webライターを目指す方や、資格取得を検討中の方の参考になれば幸いです。資格取得はあくまでも手段の一つであり、最終的には自身のスキルと経験が重要であることを忘れずに、Webライターとしてのキャリアを歩んでいきましょう。

副業Webライターを始めるまでの5ステップ!メリット・デメリットも解説!

Related Article
関連記事