Webライティング 2024.05.23(木)

大学生にWebライターがおすすめな理由7選!

大学生にWebライターがおすすめな理由7選!

大学生におすすめの副業として、Webライターが注目されています。Webライターは、自分の都合に合わせて働ける、スキルアップができる、好きな分野で仕事ができるなど、大学生にとってとても魅力的な働き方をすることができるでしょう。本記事では、大学生にWebライターがおすすめな7つの理由を詳しく解説します。在学中から実践的なスキルを身につけ、将来に活かせる経験を積むことができるWebライターについて、詳しく見ていきましょう。

大学生にWebライターがおすすめな理由7選

 

大学生にとってWebライターは、魅力的な仕事です。Webライターとして働くことで、貴重な経験とスキルを身につけ、将来に役立つ力を養うことができきます。以下では、大学生にWebライターがおすすめな理由を7つ紹介します。

  1. 時間・場所問わず働ける
  2. 比較的簡単に始められる
  3. どこでも役に立つスキルが付く
  4. 人とかかわらずに仕事ができる
  5. 文章能力が向上する
  6. 就活時にアピールすることができる
  7. フリーランスになることができる

1. 時間・場所問わず働ける

大学生は様々な予定があることが多いため、時間・場所を問わず働けるWebライターは最適です。例えば、授業の合間の空き時間や通学中の電車やバスの中でも、スマートフォンやタブレットを使って記事を書くことができます。また、自分の仕事がしたい時間帯に作業することもできるので、仕事を効率的に進められます。Webライターは、自分の生活スタイルに合わせて柔軟に働くことができる職業です。大学生の忙しい日常の中で、自分のペースで仕事ができるのは非常に大きなメリットです。時間と場所に縛られない自由な働き方は、大学生にとって魅力的な選択肢の一つであると言えます。

2. 比較的簡単に始められる

Webライターになるために必要なものは、パソコンとインターネット環境だけです。特別な資格や高価な機材は必要なく、少ない初期投資で気軽に仕事を始められるのが大きな利点でしょう。他の仕事では専門的な知識や技術、資格が必要なケースが多いですが、Webライターはそのような障壁が低いのが特徴です。また、クラウドソーシングサイトに登録するだけですぐに仕事を探すことができ、自分のスキルや経験に合った案件を選んで応募できます。大学生は、アルバイトや社会人経験が少ない場合が多いですが、Webライターは初心者でも挑戦しやすい職業です。

3.仕事や日常どこでも役に立つスキルが身につく

Webライターとして働くことで、ライティングスキル、情報収集能力、SEO対策の知識、時間管理能力など、様々なスキルを身につけることができます。

  • ライティングスキル:魅力的な記事の書き方や論理的な文章構成、適切な言葉選びなどが身につきます。
  • 情報収集能力:効率的な情報収集方法や信頼性の高い情報源の見極め方が身につきます。
  • SEO対策の知識:検索エンジンに上位表示されるための記事の書き方やキーワード選定能力が身につきます。
  • 時間管理能力:締め切りまでに記事を仕上げるためのスケジュール管理や効率的に作業を行う力が身につきます。

これらのスキルは、他の職業や日常生活でも役立つ汎用性の高いスキルです。大学生時代にWebライターとして働くことで様々なスキルを身につけることができるのは魅力的でしょう。

4. 人と関わらずに仕事ができる

Webライターは基本的に個人で作業を進めるため、自分のペースで仕事ができます。他の人に合わせる必要がなく、自分の都合に合わせて仕事を進められるのが大きなメリットです。また、クライアントとのやり取りもメールやチャットが中心なので、対面でのコミュニケーションが苦手な人でも安心して働けます。直接会って話をしたり、チームで作業をしたりする必要がないので、人付き合いが苦手な人や、一人で集中して作業をすることを好む人には最適な仕事です。自分のペースで黙々と作業を進められるので、ストレスなく仕事を行えます。ただし、コミュニケーションが一切ないわけではないのでその点は注意が必要です。

5. 文章力が向上する

Webライターとして記事を書く経験を積むことで、文章力やアウトプット力が確実に向上することでしょう。伝えたい情報を論理的に整理し、読者にとって分かりやすく魅力的な文章で表現する過程を繰り返すことで、自然と文章力が磨かれていきます。また、様々なジャンルの記事を書く機会があるため、幅広い知識を吸収しながら、それを自分の言葉で表現するアウトプット力も養われるでしょう。締め切りがあるので、先ほど説明した効率的に文章を書く力や集中力、時間管理能力も身につきます。大学生活では、レポートやゼミ発表など文章を書く機会が多くあり、就職活動でも自己PRや志望動機を文章で表現する必要があるため、Webライターで培った文章力は役立ちます。

6. 就活時にアピールできる

 

Webライターとしての経験は、就職活動の際に武器となります。記事を書くために必要なリサーチ力、情報を整理して伝える力、締め切りを守る時間管理能力などは、どんな仕事においても役立つスキルです。また、実際に記事を書いた実績は、ポートフォリオとして就活の自己アピールに活用できます。特にメディア関係の仕事を目指す場合、Webライターの経験は大きなアドバンテージです。記事を書くスキルは、編集者やコピーライターなどの職種で役立に立ちます。Webライターとして培ったスキルや経験を活かせば、就活での選択肢が広がります。自分のスキルをアピールできるポートフォリオを作成し、面接では具体的な実績を交えて自己PRすることで、採用担当者に強い印象を与えられるでしょう。

7. フリーランスになれる

Webライターとしての経験は、将来のキャリア形成にも役立ちます。フリーランスとして働くことも可能なため、自由な働き方を目指す人にもおすすめです。Webライターの仕事を通じて、ライティングスキルだけでなく、自主性や時間管理能力、コミュニケーション能力なども身につけられます。これらのスキルは、起業や副業など、様々なキャリアパスで活かすことができるでしょう。また、Webライターとして実績を積んでいくことで、将来的にはより報酬の高い案件や、自分の興味のある分野の仕事を受注できる可能性が広がります。大学生のうちからWebライターとして活動することで、社会人になる前に貴重な経験を積むことが可能です。この経験は、就職活動や将来のキャリア選択において、大きなアドバンテージになります。

大学生がWebライターとして稼ぐまでのステップ

以下のではWebライターとして稼ぐまでの5つのStepを紹介します。

  1. Webライティングの基本スキルを学ぶ
  2. ポートフォリオを制作する
  3. クラウドソーシングに登録する
  4. 案件に応募する
  5. 記事を執筆し納品する

1. Webライティングの基本スキルを学ぶ

Webライターとして成功するには、まずWebライティングの基本スキルを身につける必要があります。これらのスキルを学ぶには、書籍や動画教材、セミナーなどを活用するのが効果的です。ただし、見るだけでなく、実際に記事を書いて読んでみることが重要です。自分の書いた記事を客観的に評価し、改善点を見つけることで、スキルを向上させることができます。また、他のライターの記事を読んで、良い点や改善点を分析することも大切です。優れた記事を参考にしながら、自分のライティングスタイルを確立していくことをおすすめします。

2. ポートフォリオを制作する

Webライターとして仕事を獲得するためには、自分の実力を示すポートフォリオが不可欠です。ポートフォリオを制作する際は、SEOを意識した魅力的な記事を厳選し、読みやすいレイアウトで提示することが重要になります。記事のジャンルや特徴を明確にし、クライアントが求めるライターであることをアピールしましょう。また、ブログやWebサイトを活用してポートフォリオを公開することで、クライアントにも見つけてもらいやすくなります。

3. クラウドソーシングに登録する

Webライターとして仕事を見つけるには、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトに登録しましょう。これらのサイトでは、様々なクライアントが記事作成の案件を発注しているため、自分に合った仕事が見つけやすいです。登録する際は、プロフィールを充実させることが非常に重要です。自分の得意なジャンルや実績、スキルなどを明確に記載し、クライアントにアピールしましょう。また、過去に書いた記事のサンプルを掲載することで、ライティング能力を示すことができます。クラウドソーシングサイトを活用する際は、SEOに関する知識や経験があることを強調するのも効果的です。SEOを意識した記事作成ができることを示せば、クライアントからの信頼を得られる可能性が高まります。初めは低単価の案件から始めて、徐々に実績を積み重ねていくことが大切です。評価を高め、信頼を獲得することで、より高単価の案件を受注できるようになります。

4. 案件に応募する

クラウドソーシングサイトで自分に合った案件を見つけたら、積極的に応募することが重要です。応募する際は、クライアントの求める条件を満たしていることを示し、過去の実績や自分の強みをアピールすることが重要になります。特に、SEOに関する知識や経験を持っている場合は、それを強調することで、採用率が向上するでしょう。また、依頼された記事のサンプルを添付することで、自分のライティング能力を直接示すことができるできます。案件に選ばれたら、クライアントの要望に沿って、質の高い記事の作成をすることが非常に重要です。納期を守り、SEOに配慮した魅力的な記事を提供することで、クライアントからの評価を高めることができます。クライアントから評価を得ることによって、継続して依頼をいただける場合もあります。初めは低単価の案件でも、経験を積むことが大切です。実績を重ねることで、徐々に単価の高い案件にチャレンジできるようになります。Webライターとしてのキャリアを着実に築いていくために、案件への応募を積極的に行いましょう。

5. 記事を執筆し納品する

応募して採用されたら、締め切りまでに執筆し記事を納品しましょう。そして、品質の高い記事を心がけてください。質の高い記事を書くことによって、クライアントから継続して案件をもらえる可能性があります。案件に採用されたら、クライアントの要望を理解し、締め切りまでに質の高い記事を執筆して納品しましょう。納品今に合わないと思ったら、その時点ですぐにクライアントに連絡を入れることが重要です。記事を書く際は、SEOを意識し、読者に価値のある情報を提供するように心がけましょう。魅力的な見出しを付け、キーワードを適切に配置することで、検索エンジンに上位表示されやすくなります。また、読みやすい文章構成や適切な段落分けにも気を配り、読者が記事を最後まで読み進めたくなるような工夫が必要です。記事の内容だけでなく、誤字脱字や不自然な表現がないか、入念にチェックしましょう。品質の高い記事を納品することで、クライアントからの信頼を獲得し、継続的に案件を受注できる可能性高くなります。納品後は、クライアントからのフィードバックを真摯に受け止め、より良い記事作成に活かしていきましょう。Webライターとして成長し続けるために、常に品質を向上させることで、さらに高単価な案件を受けることができるようになります。

副業Webライターを始めるまでの5ステップ!メリット・デメリットも解説!

Webライターの収入について

 

Webライターの収入は、稼働時間や経験によって大きく異なります。ここでは、Webライターの平均的な収入について解説します。

稼働時間と平均年収

Webライターの収入は、稼働時間によって大きく異なります。本業として、フルタイムでWebライターとして働く場合、平均して月収10万円から40万円程度を期待できるでしょう。これは年収に換算すると、120万円から480万円となります。一方、副業としてWebライターを始める場合、週に数時間から10時間程度の稼働で、月収5万円から20万円程度を目指すことができます。副業での年収は、60万円から240万円ほどです。Webライター全体の平均年収は、約450万円と言われています。ただし、これはあくまで平均値であり、経験やスキル、専門性によって大きく異なります。SEOに精通し、質の高い記事を安定して納品できるWebライターは、平均以上の年収を得ることができるでしょう。一方、初心者やスキルアップの途中段階では、平均以下の収入になることも珍しくありません。Webライターの収入は、稼働時間と実力に大きく左右されます。自分の目標に合わせて、スキルアップと効率的な働き方を目指すことが非常に重要です。

時給と単価

Webライターの報酬は、時給制と文字単価制の2種類があります。時給制の場合、平均的な時給は1,100円から1,200円程度が相場です。ただし、これは経験やスキルによって大きく異なります。一方、成果報酬制の場合は、文字単価で報酬が計算されます。平均的な文字単価は1円から3円程度ですが、これも経験や実力によって変動します。

  • 未経験ライター:0.3~0.5円
  • 一般的なライター:1円~3円
  • プロライター:3円以上

文字単価は、ライターの経験やスキル、記事の品質によって大きく変わります。SEOに精通し、質の高い記事を安定して提供できるライターは、高い文字単価を獲得することができます。Webライターとして高い収入を得るには、スキルアップを重ね、高単価の案件を安定して受注できるようになることが重要です。同時に、効率的に記事を執筆し、納品できるようにしておきましょう。

Webライターに向く大学生と向かない大学生

Webライターは誰にでも向いている仕事ではありません。ここでは、Webライターに向いている人と向いていない人の特徴を紹介します。

向いている大学生

黙々と作業することが得意

Webライターには、黙々と作業を続けられる忍耐力と集中力が不可欠です。一つの記事を完成させるためには、長時間、集中して作業を続ける必要があるためです。このような特性を持つ大学生は、Webライターに向いています。

 

一人での作業が好き

Webライターの業務は基本的に一人で行うため、自分一人で黙々と作業を進めることが求められます。クライアントや編集者とのやり取りは、主にメールやチャットで行われるため、対面でのコミュニケーションが少ないのが特徴です。一人で集中して作業することを好む大学生には、非常に向いています。

 

スケジュール管理が得意

Webライターは複数の案件を同時に抱えることが多いため、優れたスケジュール管理能力が求められます。締め切りを守りながら、効率的に記事を執筆していく必要があります。自分でスケジュールを管理し、計画的に作業を進められる大学生は、Webライターとして活躍できる可能性があるでしょう。上記に当てはまる大学生は、Webライターという職業に適性があります。自分の強みを活かせる職業で、スキルアップを目指してみるのもいいのではないでしょうか。

向いていない大学生

文章を書くことが苦手

Webライターの仕事は、文章を書くことが中心となります。そのため、文章を書くことが苦手な大学生や、文章を書く行為自体が苦痛に感じる人は、Webライターに向いていない可能性が高いです。ただし、文章力は練習を重ねることで向上させられるスキルです。苦手意識がある人も、諦めずに挑戦することで、Webライターになることはできます。

 

納期に追われるのが嫌

 

Webライターは締め切りに追われることが多い職業です。クライアントや編集者から指定された期日までに、質の高い記事を納品しなければなりません。時には長時間労働を強いられることもあるでしょう。締め切りのプレッシャーの中で働くことにストレスを感じる大学生は、Webライターには向いていない可能性が高いです。Webライターとして成功するには、SEOを意識した魅力的な文章を、期日までに確実に納品できるスキルが求められます。自分の特性と照らし合わせ、この職業に適性があるかを慎重に見極めることが非常に大切です。

Webライターに向いている人の特徴10選!必要なスキルや稼ぐまでの流れも解説!

大学生がWebライターを行う上での注意点

Webライターとして働く上で、いくつかの注意点があります。以下では、その5つの注意点について詳しく解説します。

  1. 最初から稼ぐことはできない
  2. 時給ではなく成果型
  3. 納期に追われることがある
  4. 確定申告書を行わなければならない
  5. 悪質な案件には気をつける

1. 最初から稼ぐことはできない

Webライターは、単に文字を書けばいいというわけではありません。最初はスキルを習得することに時間を割く必要があるため、すぐに稼ぐことは難しいです。Webライターとして十分な収入を得るには、SEOに配慮した魅力的な記事を書くスキルが必要になります。見出しの付け方、キーワードの選定と配置、読者を引き付ける文章の書き方など、習得すべき点は多いです。特に初心者は、これらのスキルを身につけるのに時間がかかるため、すぐに稼ぐことは難しいと言えます。ただし、これは誰もが通る過程だということは忘れないでください。学習に時間を投資し、スキルを磨けば、質の高い記事を効率的に執筆できるようになり、収入をアップさせることができます。Webライターを目指す人は、初期の段階ではスキル習得に集中し、長期的に学習を行いましょう。焦らずに着実にステップアップしていくことが重要です。

2. 時給ではなく成果型

Webライターの報酬は、多くの場合成果報酬制です。時給制ではないため、執筆した分のみ報酬として支払われます。Webライターの報酬体系は、多くの場合、時給制ではなく成果報酬制です。つまり、働いた時間ではなく、執筆した記事の量や質に応じて報酬が支払われます。成果報酬制の下では、効率的に質の高い記事を量産できるスキルが求められます。SEOに配慮し、読者に価値を提供する魅力的な記事を、短時間で書き上げる能力が高く評価され流でしょう。一方、執筆スピードが遅かったり、納品した記事の質が低かったりすると、思うように報酬を得ることができないというデメリットもあります。Webライターを目指す人は、成果報酬制という報酬体系を理解し、それに適した働き方を身につけることが大切です。スキルアップを重ね、質と量を兼ね備えた記事を効率的に執筆できるようになれば、高い報酬を得られるチャンスが広がります。

3. 納期に追われることがある

Webライターの仕事では、クライアントや編集者から指定された締め切りまでに記事を納品する必要があります。複数の案件を同時に抱えている場合、納期に追われてしまうこともあります。特に、SEOに配慮した質の高い記事を書くためには、十分な時間が必要です。納期に間に合わせるために、深夜や休日に作業することもあるあります。集中して作業を進められる環境を整え、効率的に記事を執筆する工夫がが必要です。スケジュール管理を怠ると、締め切りに間に合わず、クライアントとのトラブルに発展する恐れがあります。信頼を失えば、継続的な仕事を得ることが難しくなってしまう可能性があります。

4. 確定申告が必要

Webライターは、一般的に個人事業主として扱われます。そのため、税務上、自営業者ということになるため、確定申告が必要です。確定申告では、1年間の収入と経費を明確にし、納税額を計算します。Webライターの場合、パソコンや書籍の購入費、インターネット回線の使用料など、仕事に関連する経費を計上することができます。ただし、経費として認められるためには、きちんとした記録と証拠書類が必要です。日頃から収入と支出を記録し、領収書などの書類は大切に保管しておく必要があります。また、確定申告の手続きは少し複雑です。初めてする場合は、税理士への相談も検討しましょう。周りに確定申告を行っている方がいるのであれば、教えてもらうことをおすすめします。Webライターとして活動する以上、確定申告は避けて通れません。収入や経費の管理をしっかり行い、納税の義務を果たすことが、個人事業主としての責任です。

5. 悪質な案件に注意

Webライターとして仕事を探す際、クラウドソーシングサイトは欠かせないプラットフォームです。しかし、中には悪質な案件が潜んでいる可能性もあります。特に、経験の浅いライターは、報酬が不当に安い案件や、無理な要求をしてくる案件に惹かれてしまう傾向があります。SEOに配慮した質の高い記事を書くには、多くの時間と労力が必要ですが、それに見合った報酬が支払われない案件は避けましょう。また、過度に短い納期を設定したり、執筆途中で追加の要望を出してきたりするクライアントにも注意が必要になります。悪質な案件を見極めるには、経験とスキルが必要不可欠です。クライアントとのコミュニケーションを大切にし、どのような記事を求められているのか、納期や報酬は適切であるかを慎重に判断しましょう。万が一、トラブルに巻き込まれそうになったら、早めに対応することが重要です。クラウドソーシングサイトのシステムを活用し、運営者に相談するのも一つの方法になります。Webライターとして成長するためには、良質な案件を選びながら、着実にスキルを磨いていくことが大切です。

大学生がWebライターを目指したいならスクールに通おう!

スクールに通うことで、Webライターとしてのスキルを短い期間で身に着けることができます。すぐに成果を出したいと考えている方にはスクールがおすすめです。以下ではWebライターを目指すうえでおすすめなスクールを紹介します。

案件獲得に特化したChapterTwo

CT

概要 詳細
コース グループコース
マンツーマンコース
受講料金 グループコース:398,000円
マンツーマンコース:598,000円
受講期間 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ制作期間)
受講形式 オンライン(ZOOM)
受講地域 全国どこでも
学べるスキル Webライターとしての基本スキル
SEOに関する知識
営業スキル
サポート内容 営業サポート
打合せ同席サポート
商談実践サポート
チャットサポート
添削サポート
オンラインサロン
公式サイト ChapterTwo
運営会社 株式会社ChapterTwo

ChapterTwoでは基本的なライティングスキルから、SEOの知識まで学ぶことができます。また、案件を獲得するための営業スキルを付ける講義が用意されています。実際の案件を想定した、商談練習も行うので安心して商談に臨むことができます。

Webライティングコースの特徴

  • 実際の案件を想定した商談練習
  • ライティングにプラスしてSEOの知識も学習
  • SEOでもサイトの立ち上げを経験できる

Webライターとして短期間で案件を取りたい方には非常におすすめなスクールとなっています。

ライターコース申し込みはこちら

まとめ

大学生にとって、Webライターは魅力的な仕事です。場所や時間に縛られずに働けることや、将来役立つスキルが身につくことが大きな利点といえます。一方で、すぐに稼げないことや納期に追われることなど、注意点もあります。自分に合った働き方ができるか、よく考えてからWebライターになることをおすすめします。

Related Article
関連記事