動画編集 WEBデザイン ライティング

Webデザイナーにプログラミングが必要な理由とは?勉強方法も解説

Webデザイナーにプログラミングスキルがあれば、より高単価の仕事を受注できます。

デザインからサイト構築までワンストップで受注できるためです。

しかし、Webデザイナーはどのプログラミングを学ぶといいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Webデザイナーに求められているプログラミングについて解説します。

Webデザイナーの基礎知識や、プログラミング習得によるメリットについてもあわせてご参考ください。

Webデザイナー・グラフィックデザイナー・プログラマーの違いとは?

はじめに、Webデザイナー・グラフィックデザイナー・プログラマーの違いを解説します。

仕事をしている自分をイメージしながらご覧ください。

きっと理想の将来像が見えてきます。

違い1.Webサイトをデザイン「Webデザイナー」

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインを専門に手掛ける仕事です。

主な業務は、Webサイト全体のデザイン作成やバナー作成。

専用のデザインソフトを使用し、クライアントのイメージを具現化します。

デザインのための想像力のほか、エンジニアと連携するためのコミュニケーション力が求められます。

デザイン関連の会社に就職できるほか、フリーランスとしても活躍できるため人気のある職種です。

違い2.紙面やロゴがメイン「グラフィックデザイナー」

グラフィックデザイナーとは、広告・パッケージ・看板・チラシなどのデザインを請け負う仕事です。

イラストレーターやコピーライターなどと協力して仕事をすすめる場合もあり、Webデザイナーと同様にコミュニケーション力が求められます。

Webデザイナーとの違いは、デザインに使用する色合いの確認にかける手間の度合いです。

例えば外に設置する看板であれば、天気のいい日・曇りの日・夜間などで発色が異なります。

日光や照明の当たり具合を確認しながら、根気強くイメージ通りの色を探ります。

違い3.Webサイトの仕組みを構築「プログラマー」

プログラマーの役割はWeb上のシステムや仕組みの構築・実装です。

Webデザイナーが考えたイメージを具現化にはプログラマーが必須。

しかし、デジタル化の波が押し寄せるにつれ、プログラマー人材は不足しています。

そこでWebデザイナーにもプログラミングスキルが求められるようになりました。

Webデザイナーがプログラミングできる3つのメリット

Webデザイナーにプログラミングが求められているのは何となくわかっている方も多いでしょう。

しかし、プログラミングによってどんなメリットが得られるのかまでをご存知の方は少ないはず。

Webデザイナーがプログラミングできる具体的なメリットを紹介します。

メリット1.Webデザイナーとして転職・就職しやすい

プログラミングスキルを持つWebデザイナーと持っていないWebデザイナーであれば、優遇されるのはもちろんスキル持ちでしょう。

デザイン職とプログラミング職の2種類を1人でこなせて、より幅広い仕事を任せられます。

さらには、Webデザイナーとプログラマーの打ち合わせの時間を減らせるため、業務の効率化も可能です。

プログラミングは近年注目を集めているUI/UXデザインにもつながるため、将来を考えても身に付けておくべきスキルです。

POINT

UI/UXデザインとは:見やすさや使いやすさを考慮したデザインのこと。代表例として、スマートフォン・タブレット・パソコンなど、端末に合わせて幅の可変が可能なレスポンジブデザインがあります。

メリット2.Webデザインの幅が広がる

大規模プロジェクトでは、プログラマーや自分以外のWebデザイナーなどのチームで制作する必要があります。

プログラミングの理解はWebに適したデザインができるようになり、自分のデザインの幅を広げるのに効果的です。

さらにはプログラマーをはじめとする他職種との打ち合わせもスムーズになるでしょう。

結果的に高品質な制作ができ、より大きなプロジェクト参加も夢ではなくなります。

メリット3.安定収入のWebデザイナーになれる

フリーランスのWebデザイナーが、仕事量を安定させるのは大変です。

しかしプログラミングができると仕事量を安定させやすくなります。

例えばお問い合わせフォームやオンラインショッピングの機能です。

どちらも構築後は定期的なメンテナンスを必要とします。

デザイン納品後は定期的なメンテナンスに携われるため、収入を安定させられます。

Webデザイナーが身に付けておきたいプログラミング言語3選

プログラミング言語といっても、様々な種類があって、どこから手を付けようか悩んでいないでしょうか。

そこでWebデザイナー向けのプログラミング言語を3つ紹介します。

プログラミング言語1.Webデザイン構築に不可欠な「HTML・CSS」

HTMLとCSSはWebサイトの構築に必要不可欠な言語です。

HTMLとCSSの違いは役割です。

HTMLは見出し・段落・画像など枠組みの作成を、CSSは枠組みの中の装飾を担っています。

HTMLとCSSは組み合わせて使用され、Webデザイナーの仕事にも大きく関わります。

どのプログラミング言語から学ぼうか迷ったときは、HTMLとCSSを選んで間違いありません。

プログラミング言語2.Webデザイナーが学びたいスキルNo.1「JavaScript」

JavaScriptはWebサイト上でアニメーションを動かすための言語です。

デザインの幅が広がるためWebデザイナーに人気の言語ですが、学ぶ前に注意点があります。

JavaScriptはHTML・CSSと組み合わせて使います。

そのためHTML・CSSの知識とスキルを持っているのが前提です。

プログラミング勉強の順番を間違えないように気を付けましょう。

プログラミング言語3.ワンランク上のWebデザイナーに必須「PHP」

例えばブログは記事を増やすと、トップページには増やした記事が追加されます。

上記のように、同じURLでも閲覧者の属性・アクセスの時間などによって表示される内容が異なるサイトは「動的サイト」と呼ばれます。

PHPは動的サイトを制作するためのプログラミング言語。

Webデザイナーとしてはショッピングサイト・掲示板・お問い合わせフォーム制作で関わる分野です。

初心者向けのプログラミング言語ですが、デザイン現場では重宝されます。

Webデザイナーがプログラミングを学ぶ方法は?

コストや時間など、プログラミングを学ぶために条件は人それぞれ違います。

そこで今回は、必要なコストや勉強に必要な期間の一覧も掲載。

Webデザイナーがプログラミングを学ぶ方法を3つ紹介します。

1.Webデザイナーがマイペースにプログラミングを学べる「書籍」

書籍によるプログラミング学習の特徴は以下の通りです。

必要なコスト 1冊1,000円程度~
必要な期間 個人差がある

コストは低いですが、プログラミングが身に付くまでの期間に個人差があるのがネックです。

同時に、どんな書籍を購入するかによっても差が生じます。

プログラミング初心者におすすめなのは、実際にプログラミングを打ち込みながら学べるタイプの書籍です。

最近では打ち込みながら学ぶタイプの書籍が増えているうえ、幅広いレベルの書籍がラインナップされています。

書籍でのプログラミング学習は、マイペースを崩さず、コツコツと学ぶのが得意な方向けです。

2.Webデザイナーが基礎を学べる「プログラミング学習サイト」

プログラミング学習サイトの特徴は以下の通りです。

必要なコスト 無料(有料版もあり)
必要な期間 個人差がある

IT人材の不足もあり、プログラミング学習サイトは豊富にあります。

一定以上の知識は有料版でしか学べませんが、無料版でお試しできるのは大きな魅力です。

そのためプログラミング学習サイトの利用前に、いくつか候補をリストアップするのがおすすめ。

自分に合うかどうかを確認しながら利用するプログラミング学習サイトを選びましょう。

3.同時にプログラミングが身に付く「Webデザイナースクール」

Webデザイナースクールに必要なコストと期間は以下の通りです。

必要なコスト 10~40万円
必要な期間 2~3ヶ月

Webデザイナースクールはコストが必要ですが、確実に知識を身に付けたい方にぴったりです。

書籍やプログラミング学習サイトでは、自分のモチベーションを維持するのが大変な面もあります。

しかし、Webデザイナースクールは講師よりフィードバックがもらえてモチベーションの維持になります。

さらに、Webデザインとプログラミングの知識の両方を学べて効率抜群。

Webデザイナースクールは、本気でWebデザイナーを目指したい方を応援してくれます。

プログラミングに対応したWebデザイナーを目指す方へ

今回はWebデザイナーがプログラミングできるメリット・必要な言語の種類・学び方をお伝えしました。

クリエイター人材育成スクールChapter Twoでは、全12回(12週間)で、バナー制作とLP制作のスキルを身に付くカリキュラムを用意しております。

料金は33万円(税込)、クレジットカードによる分割払いにも対応しているほか、無料セミナーもご用意。

「自立」できるWebデザイナーを目指したい方を全力で応援致します。

詳しくは無料相談にてお問い合わせください。