動画編集 WEBデザイン ライティング

ホームページリニューアルの注意点・成功ポイントを解説!

ホームページ制作は、企業や個人にとっても売上や集客に大きく影響するコンテンツです。

そのため、無計画にホームページのリニューアルを進めてしまうと、サイトパフォーマンスを落としてしまうリスクを考える方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ホームページのリニューアルが失敗する理由や注意点を解説します。

ホームページリニューアルを成功させる方法も順序立てて解説しているため、これからサイト運営をしたい方はぜひ参考にしてみてください。

ホームページリニューアルが失敗する理由

ホームページのリニューアルに失敗する理由は、目的がない場合と準備する段階で間違ってしまっている場合の2通りがあります。

まずは、ホームページ制作に失敗する理由を知ることからはじめていきましょう。

理由1.ホームページに明確な目的がない

ホームページ制作は、明確な目的がないと失敗します。

ホームページを制作する目的は、いくつかありますが具体的には以下のとおりです。

  • 集客を目的にしているのか
  • コンテンツをまとめ直したいのか
  • ホームページをアップデートしたいのか

目的によって、ホームページのデザインや費用が変わってきます。

どのような理由で、ホームページを制作したいのか明確にしましょう。

理由2.間違ったデザインを依頼してしまう【ホームページの失敗例】

間違ったデザインを依頼してしまうケースにも気をつけましょう。

デザインの方向性が決まっていない状態で依頼をしてしまうと、想像していた出来上がりのイメージと違うことがあります。

そうなってしまうと、再び依頼することになり、時間だけでなく費用もかかります。

目的に合ったデザインをお願いできるように、ホームページを制作する目的を明確にしましょう。

理由3.前のホームページを活かして作ろうとしている

前のホームページを活かしてリニューアルするのは失敗する原因です。

多くの場合、前のホームページはページ数が多いため、修正したり新しいホームページに移したりするのは時間や費用がかかってしまいます。

それを防ぐには、既存のページでアクセスや集客できているページを、新しいホームページに追加することです。

ページ数も少ないため、費用も時間も抑えられます。

理由4.参考にするサイトを間違っている

ホームページをリニューアルする際、参考にするサイトを間違ってしまうのは危険です。

とくに個人で制作する場合は注意が必要です。

たとえば、コーポレートサイトを作りたいと考えているのにもかかわらず、ランディングページをイメージしていては、方向性が変わってしまいます。

また、ネットで顧客を集めたいと考えている方が、コーポレートサイトを参考にしてしまうと集客に失敗するでしょう。

目的や目標が明確でないと、このような事態が起こってしまいます。

オススメ!ホームページをリニューアルする3つのタイミング

ホームページをリニューアルするタイミングは、大きく分けて3つあります。

  1. ホームページのデザインが古くなった
  2. サイトパフォーマンスが落ちた
  3. ホームページのアクセスが落ちた

それぞれ詳しくみていきましょう。

タイミング1.ホームページのデザインが古くなってきたとき

ホームページのデザインが古くなった場合、リニューアルするタイミングです。

ホームページのデザインが古いと、ユーザーがサイトで比較した際に選ばれない可能性があります。

企業が運営するホームページであれば、売上やイメージダウンにも影響してしまいます。

色合いが地味・少し古いと感じた場合は、サイトデザイン変更を検討すると良いでしょう。

タイミング2.サイトのパフォーマンスが落ちてきたとき

サイトのパフォーマンスが落ちてきたときは、ホームページのリニューアルを検討してください。

とくに以下のようなパフォーマンスの低下が起きたときは注意しましょう。

  • 読み込みに時間がかかる
  • バージョンアップに対応できない
  • 遷移ページがわかりづらい

ホームページを何年も運営していると、ページや写真・動画の数が増え、容量が重くなってしまいます。

また、iPhoneやAndroidの大幅アップデートがあったときは、ホームページがアップデートに対応しているかチェックしましょう。

ホームページがアップデートに対応しきれず、表示できない画面があったりデザインが崩れていたりした場合は、ホームページをリニューアルしましょう。

また、何年も使用していてカテゴリーがバラバラになってしまい、ユーザーがどの画面から見たいページに飛べばいいかわからなくなっている場合も、リニューアルをオススメします。

なぜなら、ユーザーの離脱につながるためです。

タイミング3.ホームページのアクセスが落ちてきたとき

ホームページのアクセスが落ちてきているときは、リニューアルのタイミングです。

ホームページ設計はSEOに関わるためです。

ホームページのアクセスが落ちているということは、コンテンツの問題か、Googleが評価しにくいサイト設計になっている可能性があります。

コンテンツを見直すのと同時に、ホームページの設計ごと変えるのも一つの手段です。

気をつけよう!ホームページをリニューアルするときの問題点と対策

ホームページをリニューアルするときの問題は、ホームページの継続性と費用面です。

完全に新規で作成するのであれば問題ないですが、継続して残すのであればいくつか確認することがあります。

ここからは、ホームページをリニューアルするときの問題点と対策を解説します。

ホームページをリニューアル後も残せるか

ホームページをリニューアル後も残せるのか確認しましょう。

デザインの変更程度であれば残せますが、修正具合によっては残せないこともあります。

残さないで新しく作ってしまった方が費用が安く済むことも考えられます。

そのため、ホームページをリニューアルする際は、サイト制作をする方としっかりと打ち合わせしましょう。

個人でホームページを作成する場合は、契約しているサーバー会社に確認するといいでしょう。

ホームページのドメインを引き継げるか確認する

制作会社が変わった場合にドメイン(URL)を引き継げるかの確認をしておきましょう。

基本的にはホームページをリニューアルすることで、ドメイン(URL)が使用できなくなることはありません。

ホームページのドメイン(URL)は、利用者の所有物のためです。

しかし、制作会社側がリース契約をしていたり会員登録時の無料で使えるドメインを使用していたりする場合は、引き継げない可能性もあります。

また、ドメインの移管は少々複雑な作業なため、経験が浅い制作会社は対応していない可能性があるため気をつけましょう。

個人で行う場合はドメインの移管手続きをよく確認してから行うのをオススメします。

失敗してしまうと、ドメインが引き継げなくなるためです。

サーバー会社を変更するか考える

ホームページをリニューアルする前に、サーバー会社を変更するか検討してみてください。

現在ホームページの運営費用が高い場合は、サーバー会社を変更する余地があるでしょう。

ホームページのアクセス数が増えた上でのリニューアルは、サーバーを今よりも大きい容量が選べる会社を選択する必要があります。

サーバー代は、ホームページを運営する上で大きな割合を占めているため、ぜひ検討してみてください。

変更する際は、今後のためにもサポートが充実しているサーバー会社をオススメします。

ホームページのリニューアルを成功させるための順序3つ

ホームページを制作するときの注意点を解説しました。

ここからは、ホームページのリニューアルを成功させるための順序を解説します。

大きく分けて3つあります。

  1. 問題点を洗い出す
  2. ホームページに来てもらいたい人を明確にする
  3. 目的や目標を決める

それぞれ具体的にみていきましょう。

順序1.問題点を洗い出す

現在のホームページの問題点を洗い出しましょう。

何年も運営していると、ページ数や写真も増えて重くなってしまいます。

また、当初ホームページに呼び込みたかった顧客のイメージと大きく変わっていることがあります。

問題点を書き出して、整理してからホームページ制作をしましょう。

順序2.ホームページに来てもらう人を明確にする

ホームページに来てもらいたい人を明確にしましょう。

そのためには、ペルソナ設定が重要です。

ペルソナ設定とは、集客したい顧客の具体的なイメージです。

顧客の年齢や性別などを明確にします。

ホームページを作った頃とペルソナを変えていくのか、今のままでいくのかを決めていきましょう。

順序3.目的や目標を決める

具体的な顧客を明確にし、ホームページを運営する目的を決めていきます。

目的はコンセプトとデザインの2つから考えていくといいでしょう。

たとえば、30代の健康意識が高い女性をターゲットにしたホームページを作る場合は、以下のような点に配慮してホームページを作成します。

  • 仕事や家事をしながらでもできる健康法があるとアピールする
  • 木目や緑を取り入れたナチュラルなイメージのサイトデザインにする
  • スマホで見たときでもわかりやすい設計にする

このように、集客したいターゲット層が求めていそうな文言やイメージをもとにホームページを作成していきます。

前回ホームページを作ったときとは優先順位も変わっている場合があるため、目的や目標をもう一度明確にしましょう。

ホームページをリニューアルしてサイトをパワーアップしよう

ホームページのリニューアルをする際の問題点や注意点を解説しました。

ホームページをリニューアルする際のポイントは以下です。

  • 明確なイメージやコンセプトがないと失敗する
  • サイトのデザインやパフォーマンスの低下を感じたときはホームページを変更する
  • ホームページを変更する際は、変更後の対応もきちんと考えておく
  • ユーザーを再度見直して、それに沿ったコンセプトやデザインの目的を決める

ホームページのリニューアルは、集客やマーケティングを大きく変える可能性があります。

ぜひ、計画的に進めてみてください。