動画編集 WEBデザイン ライティング

【初心者必見】動画編集の仕事の取り方|案件を取れない人の特徴は?

動画編集を仕事とするうえで初心者が最もつまずく悩みの種が、”仕事の取り方”です。

「動画編集スキルを磨いたものの仕事の取り方が分からない」「頑張っても仕事を受注できずなかなか稼げない」といった人を、実際に多く見かけます。

そこでこの記事では、動画編集初心者に向けて、以下の内容をご紹介します。

  • 動画編集の仕事の取り方
  • 動画編集の仕事を取れない人の特徴
  • 動画編集の仕事を取るポイント
  • 動画編集の仕事の具体的な流れ

動画編集の仕事の取り方を学んで稼いでいきたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

【未経験者におすすめ!】動画編集の仕事の取り方

動画編集の仕事の取り方は、主に以下の4つを挙げられます。

  • クラウドソーシングを活用する
  • マッチングサイトを活用する
  • 案件サイトを活用する
  • SNSを活用する

動画編集未経験者でもこれらを活用すれば、動画編集の仕事を獲得できる可能性は十分あります。

では、順に見ていきましょう。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングとは、クライアントが不特定多数の人に案件を発注しているサービスです。

「発注されている案件に提案文を送り、複数人から選ばれたら仕事を獲得できる」という流れが基本的で、主にYouTubeの動画編集やネット通販の広告動画の編集といった仕事を取り扱っています。

初心者でも受け付けている仕事が多く、インターネット上で全てのやり取りを行えるため、すぐに動画編集の仕事を取りたいときに便利です。

実際、多くの動画編者がクラウドソーシングを活用して仕事を取っています。

クラウドソーシングで動画編集の仕事を取る際は、認知度と使用頻度の高い以下のサイトの利用をおすすめします。

動画編集初心者でもできる仕事が多くて獲得しやすいメリットがある反面、単価はやや低く、手数料を取られるデメリットがあります。

クラウドソーシングは、「動画編集の仕事がない」「動画編集の実績が少ない」といった動画編集未経験者におすすめです。

マッチングサイトを活用する

マッチングサイトとは、クライアントと動画編集者をつなげるサービスです。

動画編集者側が提供できるサービスを紹介し、それを見たクライアントが依頼する流れで仕事を受注します。

自分が磨いたスキル・知識を提供する仕様上、営業時間をかけずに効率よく仕事を獲得できますし、うまくいけば不労所得に近い労働形態も実現可能です。

効率的な仕事の獲得を目指している人は、マッチングサイトの利用をおすすめします。

多くの動画編集者は、以下のマッチングサイトを利用しています。

利用者が多い分、訪れるクライアント数も多いです。
他の動画編集者に負けないようにサービス内容の見せ方や価格設定などを工夫して、マッチングサイトで稼ぎましょう。

ただし、利用する際は実績の有無が重要です。
実績がないとクライアントが依頼する可能性が低く、仕事を取れません。

クラウドソーシングなどで実績を作ったあとに、マッチングサイトを利用するといいでしょう。

案件サイトを活用する

動画編集の仕事の取り方として、案件サイトを活用する方法もあります。

案件サイトは他の仕事の取り方より高単価な案件が多く、案件の詳細が丁寧に記載されているため、高収入を狙えつつ自分に合った仕事が選びやすいところが魅力的です。

また、仲介者がいる案件サイトも見かけます。
クライアントと動画編集者の間に立ってくれるため、単価交渉や営業がスムーズに行え、トラブルを未然に防げます。

基本的には実績を求められますが、中には未経験を応募している案件サイトもあり、動画編集初心者でも利用する価値は十分あるでしょう。

多岐にわたる案件サイトでも、特に以下の4つがおすすめです。

唯一のデメリットは、利用した際に手数料がかかる案件サイトがあることです。

SNSを活用する

最近では、SNSで仕事を発注しているクライアントを見かけることが多くなりました。

特に利用されるケースが多いSNSは、以下の3つです。

SNSを活用しているクライアントはやる気と熱量を重要視していることがよくあるため、未経験でも意外とSNS経由で仕事を取れる可能性があります。

また、「SNSを運用して見込み顧客を獲得して仕事を得る」という仕事の取り方も代表的です。

SNSで動画編集に関する情報やノウハウを発信してクライアントをフォロワーにすることで、こちらから営業をかけずに安定して案件を取れるようになります。

SNSの利用料は無料です。
仕事を取れるほどのアカウントに育てるまで時間がかかるものの、やっておいて損はありません。

動画編集の仕事を取れない人の特徴

先ほどご紹介した仕事の取り方を活用しても、以下の特徴がある人はなかなか動画編集の仕事を取れません。

  • 求められているスキルを習得できていない
  • 提供できる実績がない
  • 案件内容をしっかり読んでいない
  • 営業数が少ない
  • 同じ内容の提案文を送っている

仕事の取り方を知っていても、工夫しないと他の動画編集者に負けてしまい、仕事を取るのは困難です。

求められているスキルを習得できていない

どれだけ営業を頑張っても、クライアントが求めているスキルを習得できていないと、仕事は取れません。

これは独学で動画編集を学んだ人に多い特徴で、自己流の基本スキルだと低クオリティなりやすい傾向があります。

クライアントは、対価としてお金を支払っています。
その対価に見合わないクオリティ、つまり求めている動画作成に必要なスキルがない動画編集者を雇いたくないと考えるのは当然です。

動画編集の仕事を取る際は、最低限クライアントが求めているスキルはマスターしている状態にしておきましょう。

提供できる実績がない

実績は、動画編集者の信頼を示す武器です。
その実績がないと、クライアントは「雇いたいけど求めている動画を納品してくれるか不安だ」と考えるようになり、案件獲得につながりにくくなります。

口であれこれ言っても説得力はありません。
仕事を取るためには、営業で自分が伝えた内容を証明できる実績を用意することが重要です。

動画編集の基礎スキルをある程度磨いた人によくある特徴といえます。

案件内容をしっかり読んでいない

案件内容をしっかり読んでいない人も、動画編集の仕事をなかなか取れません。

仕事を発注しているクライアントの中には、「こちらは必ず記載してください」「こちらをコピペして提案してください」など、指定していることがよくあります。

指定しているのは、クライアントが動画編集者の提案文を見やすくするだけでなく、動画編集者の注意力も同時に確認して選定するためです。

案件をよく読んでいないと、指定された方法で営業できず「注意力がない」と判断されるため、案件獲得につながりにくくなります。

動画編集スキルや実績があるにも関わらず仕事を取れない人は、おそらく案件内容をしっかり読んでいないことが原因でしょう。

営業数が少ない

動画編集初心者によくある特徴です。
「初心者だから」「怖くて営業できない」と遠慮して営業数を抑えてしまうと、当然仕事を請け負える可能性が低くなります。

動画編集初心者が仕事を取れないのは当たり前です。
20件~30件ほど営業をして数件獲得できれば良いほどで、営業数を増やさないと仕事をなかなか獲得できません。

仕事を得られる可能性をつぶしている、非常にもったいない特徴です。

同じ内容の提案文を送っている

営業数を増やしても、各クライアントに同じ内容の提案文を送っていては意味がありません。

例えば、「テロップ挿入が得意でアイキャッチ画像が作れる」と提案した場合、テロップ挿入やアイキャッチ画像の作成が得意な動画編集者を求めているクライアントには有効的です。

しかし、カット編集や納期の早さなど、別の要素を重要視しているクライアントに対して同じ提案文を送っても、クライアントの心に刺さらず高確率で見送られるでしょう。

クライアントによって、動画編集者に求めているものは異なります。

求められている要素に合わせて、クライアントに提案文を送るようにしましょう。

未経験者が動画編集の仕事を取る際のポイント

未経験者が動画編集の仕事を取る際のポイントは、主に以下の4つです。

  • クライアントに沿った提案文を作る
  • YouTubeやTikTokなどで実績を作る
  • ポートフォリオを作る
  • できそうな案件をとにかく受ける

これらのポイントを押さえることで、未経験者でも動画編集の仕事を取れるようになります。

クライアントに沿った提案文を作る

動画編集の仕事を取る際、クライアントに沿った提案文を作ることでクライアントとのマッチ精度が向上し、案件を受注できる確率が高くなります。

例えば、カット編集ができる人材を重要視しているならカット編集に関する内容を、アイキャッチ画像を作成できる人材を優遇しているならアイキャッチ画像に関する情報を追記するなどです。

クライアントが良いと思ってくれるように提案文を作ることで、初心者でも動画編集の仕事を取れる可能性は十分あります。

1人のクライアントに対して、丁寧な提案文を作ることを心がけましょう。

YouTubeやTikTokなどで実績を作る

YouTubeやTikTokなどで実績を作ることも、未経験者が動画編集の仕事を取る際のポイントの1つです。

提示できる実績のあるなしではクライアントの信頼度が大きく異なるため、仕事を取れる確率に差が生じます。

提案文と一緒に提示できる実績を作成することで、クライアントに信頼度を与えられ、動画編集の仕事を獲得しやすくなります。

実績の作り方は、人それぞれです。
具体的には、散歩の風景や企画もの、ゲーム実況などが挙げられます。

とはいえ、雑な動画は実績になりません。
むしろ、実績として提示した動画のクオリティが低いと、クライアントにそっぽを向かれる恐れがあります。

自分がもっているスキルや知識をフルに活かした、自信をもって提示できる動画を作成しましょう。

ポートフォリオを作る

ポートフォリオとは、自分がもっているスキルや知識、実績などをまとめたものです。

提示できるポートフォリオがあると、クライアントに安心感や信頼感を与えられます。

特に重要なのは実績です。
受注した仕事の実績が好ましいですが、未経験者は自分で作成した動画を実績として掲載しておきましょう。

1つの判断材料となるポートフォリオは、動画編集の仕事を取る際に便利な営業ツールです。

できそうな案件をとにかく受ける

未経験者が動画編集の仕事を取る際、「これならできそうだ」と判断した案件をとにかく受けることが大切です。

できそうな仕事に営業しまくることで仕事を取れる確率を少しでも高められますし、失敗した営業経験から営業ノウハウを磨けるいい機会にもなります。

動画編集未経験者の最初は、実績作りが重要です。
実績があればあるほどクライアントに信頼感を与えられ、より動画編集の仕事を獲得しやすくなります。

ちなみに、領域を絞って専門動画クリエイターとして案件を受注する作戦もありますが、これが通用するのは「狙っている領域の実績をすでにもっている人」だけです。

実際、大半の動画編集者は「案件を大量にこなして実績を作ってそこから自分の得意分野で勝負する」というステップを踏んでいます。

実績作りや今後の動画作成の方向性を考える意味でも、できそうな案件をとにかく受ける方が汎用性が高く、おすすめです。

動画編集の仕事の具体的な取り方・流れ【基本これでOK】

動画編集の仕事を取るまでの具体的な流れは、以下の通りです。

  1. 動画編集スキルを学ぶ
  2. 実績を作りつつポートフォリオを作成する
  3. クラウドソーシングで案件を受注する

こちらの手順に沿って、動画編集の仕事を取りましょう。

ステップ1.動画編集スキルを学ぶ

まずは、動画編集を仕事とするために必要なスキルを学びましょう。

動画編集スキルは様々ありますが、最低限必要なのは以下の4つです。

  • カット編集
  • テロップ挿入
  • BGM・効果音の挿入
  • 動画編集ソフトの操作方法

これらのスキルを身につけるには、「参考書やネット記事などで独学するか」「スクールに通うか」の2パターンが挙げられます。

独学はお金をかけずに自分の好きなペースで学習できますが、時間がかかりすぎたりモチベーションを維持しにくかったりといったデメリットもあります。

スクールは、逆に費用がかかります。
ただその分、独学以上に効率的な学習が見込め、短期間で動画編集スキルの習得が可能です。

自分に合った方法で動画編集スキルを学んでみてください。

ステップ2.実績を作りつつポートフォリオを作成する

次に、実績を作りつつポートフォリオを作成しましょう。

先ほどご紹介した最低限必要な動画編集スキルをある程度身につけられれば、YouTubeやTikTokなどの動画を作成できるようになっています。

動画を作成することで実績作りとなって効率的に仕事を獲得できるようになるだけでなく、身につけた動画編集スキルのレベルアップにもつながりる、まさに一石二鳥な作業です。

実績として作った動画や習得した動画編集スキル、得意分野などをまとめて、営業をスムーズに行えるようにポートフォリオを作成しておきましょう。

ちなみに、ポートフォリオは『PORTFOLIOBOX』や『Jimdo』といった無料サービスを活用すれば簡単に作成可能です。

ステップ3.クラウドソーシングで案件を受注する

ポートフォリオをある程度作成できたあとは、クラウドソーシングで営業して案件を受注しましょう。

実績やポートフォリオを作っても、まだ未経験者です。
仕事をした経験のある動画編集者と比べると、仕事は取りにくいでしょう。

そのため、できそうな案件があれば遠慮せず提案文を送ることが仕事獲得への近道です。

また、提案文を送る際は「クライアントに沿った提案文になっているか」「クライアントの指定している方法で提案できているか」などの確認を怠らないようにしましょう。

挑戦しては問題を改善して再度挑戦することを繰り返せば、案件を受注できる可能性が高まります。

一度仕事の取り方が分かると、その後の営業はさほど難しくありません。

仕事の実績を複数作れたあとは、クラウドソーシングで案件を探しつつ、求人サイトやビジネスSNSなどを活用して企業との直接契約を狙ってみましょう。

動画編集の仕事の取り方はコツさえ掴めば難しくない

今回は、動画編集の仕事の取り方や仕事を取る際のポイント、仕事を取るまでの具体的な流れなどをご紹介しました。

動画編集の仕事の取り方をおさらいしましょう。

  • クラウドソーシングを活用する
  • マッチングサイトを活用する
  • 案件サイトを活用する
  • SNSを活用する

中でも、未経験者でもできる案件が多いクラウドソーシングが動画編集未経験者におすすめです。

一度仕事の取り方のコツさえ掴めば、その後は難しく感じることなく案件を獲得できるようになります。

本記事でご紹介した仕事を取る際のポイントや流れを押さえつつ、クラウドソーシングを活用して動画編集の仕事を取ってみてください。

動画編集スキルをスクールで習得しようと考えてる人は、ぜひ『Chapter Two』の利用をご検討ください。

Chapter Twoは「動画編集スキル」と「営業ノウハウ」の2つを学べる唯一のスクールで、卒業する頃には動画編集者として自立できるレベルにまで成長できます。

ZOOM授業とビデオ授業の繰り返しによる効率的な学習方法に加えて、専用コミュニティで他生徒と交流できる環境も整っています。

「動画編集者として食っていきたい」
「自立できる力を身につけたい」

上記のような人は、『Chapter Two』のご利用をおすすめします。

動画編集に関するご質問も無料で承っているので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

>>Chapter Twoの詳細はこちらから