動画編集 WEBデザイン ライティング

レシピ動画の制作方法とは?作り方の流れや編集のコツも紹介!

現在、料理のレシピを紹介する方法として動画が用いられています。
ただ、どのようにしてレシピ動画を作ればよいのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、レシピを動画にするメリットや作り方、作る際のコツを紹介します
気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

そもそもレシピを動画にするメリットとは?

レシピは文章や画像でも説明できますが、それでも動画を使って説明する理由としてさまざまなメリットがあることを挙げられます。
簡単にまとめると次のとおりです。

  • 調理手順をわかりやすく伝えられる
  • 美味しそうに見せられる
  • 幅広い層に視聴してもらえる
  • SNSで拡散されやすい

それぞれどのようなメリットなのか、1つずつ見ていきましょう。
すべてのメリットを読むことで、すぐにでもレシピ動画を作りたくなるかもしれません。

メリット1.調理手順をわかりやすく伝えられる

1つ目は、調理手順をわかりやすく伝えられることです。
文章の場合、「少々」や「適宜」といった表現がわかりにくく、料理初心者の方だと具体的にどのくらいなのか知りたくなるでしょう。

動画の場合は実際にどのくらい調味料や具材を入れているのか把握できるため、料理初心者でも理解しやすくなっています。
また、動画の真似をすれば料理を成功しやすくなるという利点もあり、料理に慣れていない方にとってはなおさら動画の方がありがたいでしょう

メリット2.美味しそうに見せられる

2つ目のメリットは、美味しそうに見せられるためです。
動画の場合、料理の湯気や色彩などをうまく見せることができ、視聴者に対して美味しい料理が作れることをアピールできます

美味しい料理が作れることを伝えることで、視聴者に「この料理を作ってみたい!」と思わせられます。
そうなれば、最後まで動画を見てもらえるようになる上に、内容に沿って実際に料理を作ってくれるでしょう。

メリット3.幅広い層に視聴してもらえる

3つ目は、幅広い層に動画を視聴してもらえることです。
レシピ動画は普段から料理を行う人はもちろんのこと、料理が苦手な人に対しても魅力を伝えやすいというメリットがあります。
子どもから大人まで幅広い年齢層に届けることができるからこそ、多くの人に見てもらえるようなレシピ情報を伝えたい場合にもおすすめです。

メリット4.SNSで拡散されやすい

4つ目は、SNSで拡散されやすいことです。
動画をさまざまな人に届ける方法は数種類ありますが、その中の1つとしてSNSの活用が挙げられます。
SNSは拡散力が高い上に動画となれば、なおさら多くの人に見てもらいやすくなります。

レシピ動画の作り方

実際にレシピ動画を作ろうと思っても、どのような流れで作れば良いかわからないかもしれません。
もしそうであるならば、以下の手順に沿って作ってみましょう。

1.撮影する上で必要な機材や道具を集めましょう。

まずはレシピ動画を撮影する上で欠かせない機材や道具を集めましょう。
主なものとしてはカメラや調理器具、食材などが挙げられます
カメラに関してはスマホでも問題ないとはいえ、ビジネス向けに動画を作る場合にはビデオカメラといった本格的なものを利用するのがおすすめです。

また、撮影場所の準備も忘れずにしておきましょう。
撮影場所は清潔さが重要で、汚い場所で撮影すると視聴者が衛生面を心配してしまう恐れがあります。

2.レシピ動画全体の流れを決めて撮影する

実際に撮影する際は、どのような流れで撮影するのか考えておきましょう。
闇雲に撮影しても、思うような動画を撮影できなかったり、編集素材が足りなくて質の高い動画を作れなかったりといったトラブルが起きてしまう可能性があります。

また、レシピ動画は実際に料理を作っていくシーンを撮影していくため、何度も失敗できません。
そのことから、撮影前に簡単なシミュレーションをしておくのがおすすめです。
シミュレーションをしておけば、どのような流れで撮影するのかある程度把握できるようになり、失敗も防ぎやすくなるでしょう。

3.撮影した動画素材を編集する

動画を撮影し終えたら、編集作業です。
編集する際には専用のソフトが必要であり、主なものとして以下のようなソフトが挙げられます。

  • Premiere Pro
  • After Effects
  • Final Cut Pro
  • Filmora
  • PowerDirector

動画編集ソフトの中にはiMovieやAviUtlといった無料のソフトもありますが、ビジネス目的の場合はおすすめできません。
無料ソフトは有料ソフトと比べて機能性が少なく、思うようなハイクオリティの動画を作れないでしょう。
視聴者を満足させられる質の高い動画を作るためにも、Premiere ProやFinal Cut Pro、Filmoraのような機能性が優れた有料ソフトを使うのがおすすめです。

4.WebサイトやSNSで公開する

動画が完成したら、WebサイトやSNSで公開しましょう。
もしWebサイトに投稿するのであれば、投稿したことをSNSを通じて情報発信するのがおすすめです。
別の項目で述べたように、SNSは情報の拡散に優れています。
そのため、SNSを通じてWebサイトにアクセスしてもらいやすくなり、多くの人がレシピ動画を見てくれるでしょう。

 

レシピ動画を制作する際のコツ

実際にレシピ動画を作る際には、以下のようなコツが挙げられます。

  • 動画は3分以内に短くまとめる
  • 複数のカットを用意する
  • できあがった料理もしっかりと撮影する
  • 必要に応じてテロップを入れる
  • 照明にこだわる
  • 他のレシピ動画を参考にする
  • 詳細を文章でまとめる
  • 動画制作に関するスキルをあらかじめ持っておく

それぞれどのようなコツなのか、1つずつ解説します。

動画は3分以内に短くまとめる

レシピ動画は簡潔にまとめたほうが、多くの人に最後まで見てもらえます
そのため、できる限り3分以内にまとめるような構成にしましょう。

短くまとめる理由としては多くの人に最後まで見てもらえるようになるだけではなく、ショート動画ブームの波に乗れることも挙げられます。
現在、TikTokやYouTubeのショート動画など、短い尺の動画が人気です。
レシピ動画もショート動画として説明することで気軽に多くの人に見てもらいやすくなり、実際に動画を参考とした料理を作ってもらいやすくなるでしょう。

複数のカットを用意する

レシピ動画と聞くと調理の真上から撮影するイメージがあるかもしれません。
確かに真上から撮影することでどのように調理しているのか把握しやすくなりますが、それだけしか撮影しないのはもったいないです。
それどころか、単調な動画と思われて途中で視聴をやめてしまう恐れもあります。

そのことから、レシピ動画を撮影する際は複数のカットを用意しておくのがおすすめです。
さまざまな映像があれば、魅力的な動画を作りやすくなる上に、編集の幅も広がります

できあがった料理もしっかりと撮影する

レシピ動画ということもあって調理工程だけ撮影してしまうかもしれませんが、できあがった動画の撮影も大切です。
どのような料理ができあがったのかまで撮影することにより、実際に作ってみたいと視聴者に思わせることができます。

基本的に完成した料理の動画は、レシピ動画の最初に持っていくのがおすすめです。
最初から完成した料理を見せることで、「美味しそうだから最後まで見てレシピを覚えたい!」と思ってもらいやすくなります。

必要に応じてテロップを入れる

現在では通勤通学や仕事の休憩中に動画を見る方も多いため、必要に応じてテロップを入れるのがおすすめです。
テロップがあると、音を出せない環境でも動画の内容が把握しやすくなります

動画のテロップに関しては、Vrewというソフトがおすすめです。
自動で文字起こしをしてくれるソフトであり、簡単な編集も備わっています。
また、DemoCreatorという画面録画・動画編集ソフトにも自動文字起こし機能が搭載されています。

照明にこだわる

魅力的なレシピ動画を作るためには、照明が重要です。
照明次第で料理を美味しそうに見せられます
そのため、レシピ動画を撮影する際には照明も用意しておき、影が出ないような映像を撮影しましょう。

他のレシピ動画を参考にする

もしどのようなレシピ動画を撮影すればよいかわからない場合には、他社が行っているレシピ動画を参考にしてみるのがおすすめです。
真似するのはNGですが、さまざまなレシピ動画をチェックすることで、レシピ動画を作る際のヒントが得られるかもしれません

詳細を文章でまとめる

レシピ動画を作る際には、動画を掲載するページや動画共有サイトの概要欄に使用した食材やレシピの流れなどを、文章で記載しておきましょう。
レシピの詳細を文章でまとめておくことで、サッと必要な情報をチェックできます

動画はレシピの流れを把握したいときには活用できますが、必要な情報だけを知りたいときには文章のほうが勝ります。
そのため、動画だけで伝えるのではなく、文章も活用しましょう。

動画制作に関するスキルをあらかじめ持っておく

もし自分の手でレシピ動画を作りたいのであれば、Chapter Twoで学ぶのがおすすめです
Chapter Twoでは、ソフトの基本操作や営業スキルなど動画クリエイターとして自立するためのさまざまなスキルを学べます。
スキルアップ目的でも問題ないため、気になる方は一度無料相談会で気になることを聞いてみると良いでしょう。

Chapter Two – クリエイター人材育成スクール

レシピ動画でわかりやすく料理の作り方を紹介しよう!

今回は、レシピを動画にするメリットや作り方、作る際のコツを紹介しました。
レシピ動画はさまざまなメリットがあり、作る上のコツもあります
そのため、レシピ動画を作ってみたいのであれば、今回紹介した作り方やコツを参考にして制作してみましょう。