動画編集 WEBデザイン ライティング

Webデザインスクールは無駄?知っておきたいリアルな事情

「これからWebデザインスクールに通うのは無駄なのかな?」
「Webデザインスクールはやめとけという意見が多いけど、どうなんだろう?」

Webデザインスクールに通おうと思っているときに、インターネットにある「行くのは無駄」という意見をみると、スクールに通うべきなのか迷ってしまいますよね。

Webデザインスクールに通うのは本当に無駄なのでしょうか?

そこで今回は、Webデザインスクールが無駄と言われる理由・スクールへ行く必要があるのかを解説します。

この記事を最後まで読めば、Webデザインのスクールに通いながらでも、効率的にスキルを習得し、スクールの経験を無駄にしないで転職や副業に活かせるはずです。

Webデザインスクールが無駄と言われる理由3選

では、インターネット上で見かける「Webデザインスクールが無駄」と言われる理由は何でしょうか?

Webデザインスクールが無駄と言われる理由は、大きく3つあります。

・Webデザインスクールの費用が高額
・Webデザインは独学が可能=スクールいらず
・即戦力のスキルがWebデザインスクールではつかない

詳しく解説していきます。

無駄な理由1.Webデザインスクールの費用が高額

Webデザインスクールの費用は決して安くありません。

Webデザインのスクールは2〜3ヶ月の短期間ですと、約20〜30万円。

半年間で約50万円かかるプランがほとんどです。

数字を見ると高く感じますよね。

また、費用に見合ったサービスが提供されないリスクを考えたうえでも発言の場合もあります。

このような意見は、現役のデザイナーの方が発信している印象です。

無駄な理由2.Webデザインが独学が可能=スクールいらず

Webデザインは独学が可能という意見もあります。

たしかに独学は可能です。

今では、YouTubeにも有益な情報がありますし、書籍でも学習できるでしょう。

独学で2〜3ヶ月間、HTMLやCSSといったサイト設計に必要な言語を学んで、サイトを作れる方もいます。

費用をかけずにスキルを身につけられるというのが独学の良いところですね。

 

独学のデメリットは、体系的にスキルを習得するのが難しい点です。

Webデザインを学び始めた時期は、どのスキルを学んでいけば良いのか、わからなくなってしまうときがあります。

例えば、サイトの骨組みを作るために必要なHTMLを先に学ぶべきなのに、サイトの装飾をするCSSを先に学んでしまうということが起こりがちです。

独学は、結果的に遠回りしてしまい学習に時間がかかってしまう場合もあります。

また、独学だとわからないことがあったときに、すぐに聞けません。

その結果、モチベーションを維持できずにあきらめてしまいます。

独学では、続ける環境を作るのが重要です。

無駄な理由3.即戦力になるスキルがWebデザインスクールではつかない

Webデザインスクールで学ぶ期間は、約2〜3ヶ月から半年です。

短期間で就職先や転職先で活躍できるスキルが身につくのか不安ですよね。

また、Webデザインスクールによっては、内容がひどく実務に活かせるようなスキルが身につかずに卒業させられてしまうという意見も。

一方で、スクールに満足し、卒業後はすぐに身につけたスキルを活かして働いている方もいます。

その違いは、通っているWebデザインスクールの質の高さです。

失敗しないスクールを選ぶには、少なくても以下の点は抑えておくのが良いでしょう。

・質問を無制限で対応しているか
・就職や転職のサポートは充実しているか
・講師の実績やキャリアはどうか

あらかじめ無料体験や相談会に足を運んで確認しておくのもオススメです。

Webデザインスクールに通っても無駄にしてしまう人の特徴

ここからは、Webデザインスクールに通っても無駄にしてしまう人の特徴を解説していきます。

スクールを検討されている方は当てはまらないようにしてみてください。

Webデザインスクールに行けばなんとかなると思っている

「スクールに通ったら、就職も就職もできる」と考えていたら危険です。

就職や転職のサポートをしているWebデザインスクールは、たくさんあります。

しかし、環境を用意しても学ぶ意欲がないとWebデザインのスキルは上達しにくいでしょう。

スポーツと同じく、デザインもスキルなので、初心者のときはとにかく慣れるまで練習が必要です。

「受講して満足」という気持ちだと、どうしてもスキルは身につかないのでお金も時間も無駄にしてしまう可能性があります。

アウトプットをしないため、結局無駄になってしまう

Webデザインスクールで学んだら、すぐにアウトプットするのが重要です。

「知識は人に話すと定着する」と言われていますが、デザインのスキルもどんな小さな作品でも良いので作ってみると、身につくスピードがグンと早くなります。

Webデザインスクールを無駄にしてしまう人は学習して終わりというパターンが多いでしょう。

そのため、学んだスキルは早めにアウトプットするのがオススメです。

そもそもWebデザインに興味がない

Webデザインを学ぶことに興味がないというのも無駄にしてしまう人の特徴の一つ。

Webデザインを始めて約3ヶ月間は壁にぶつかる毎日です。

新しいスキルを学んでいるので、これは当たり前で何の問題もありません。

しかし、 辛い時期でも、デザインに興味がある気持ちがあると乗り越えていきやすいです。

「Webデザインに興味があるかわからない」と思う方は、小さくでも始めてみてはどうでしょうか。

Webデザインに関するYouTubeなどを観て、「ちょっとやってみようかな」と少しでも興味が湧いてきたら始めてみても遅くありません。

本格的に学んでいきたいと思ったWebデザインスクールも視野に入れてみてください。

Webデザインスクールは無駄なのか【結論:行く意味はあります】

Webデザインスクールを無駄にしてしまう人の特徴について解説してきました。

ここからは、Webデザインスクールは本当に無駄なのかを解説してくのですが、結論から言うと、行く意味はあります。

その理由は以下です。

・転職や就職サポートがある
・学習が挫折しづらい

順番に解説していきます。

「転職・就職サポート」があるWebデザインスクールがたくさん

Webデザインスクールには、転職・就職のサポートがあります。

通常の転職・就職サポートとの違いは、Webデザイナーの求人に特化しているところです。

デザインの制作会社や広告代理店の求人が豊富に集まっています。

また、Webデザイナーの転職・就職を支援してくれるアドバイザーの方もいるので、あなたの目指すキャリアに沿ったアドバイスがいただけるでしょう。

未経験からWebデザイナーを目指す人にとっては、強力なサポーターになります。

学習が挫折しづらい!Webデザインスクールは無駄ではない

学習が挫折しづらいのも、Webデザインスクールのメリットです。

独学だと、時間を管理するのが大変だったり周りに同じような気持ちの人がいなかったりして諦めたくなる場面がありますよね。

そのため、Webデザインスクールによっては生徒が途中で挫折しないように、以下のような学習環境を用意してくれます。

・学習の進捗をする
・定期的に課題を提出する
・同期がいる

一定の強制力があると、続けていきやすいですよね。

Webデザインスクールを検討するときは3つのポイントを意識してみてください。

Webデザインスクールを無駄にしない3つの解決策

Webデザインスクールに行く意味について解説しました。

ここからは、Webデザインスクールを無駄にしないための解決策を解説していきます。

「お金をかけたのに無駄にしてしまった」とならないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

解決策1.目的に合ったWebデザインスクールを選ぶ

Webデザインスクールに通う目的が明確にしておくと、時間と費用を無駄にせずに済みます。

Webデザインスクールに通う目的例は、以下です。

・コーディングやグラフィックデザインといったスキルを中心に学びたいのか
・WebマーケティングといったWeb関連の幅広い知識を学んでいきたいのか
・デザインを通してクライアントの悩みを解決していきたいのか

多くのWebデザインスクールでは、目的に合った講座を用意してくれています。

Webデザインを学ぶ目的があれば、講座を迷わずに選べるでしょう。

そうすると、「こんなはずではなかった」ということにはなりにくいはずです。

解決策2.基本的なWebデザインの知識を学んでおく

Webデザインスクールに入る前に、デザインの基礎知識を本や動画で学んでおくのもオススメです。

以下の知識を知っておくとさらに良いでしょう。

・HTMLやCSSとは何かがわかる
・WordPressとは何かがわかる
・JavaScriptとは何かがわかる

使い方までは覚える必要はありません。

用語の意味を少しでも知っていると、Webデザインスクールに通い始めたときに、スムーズに学習に入れます。

解決策3.アウトプットをしながらWebデザインを学ぶ

アウトプットは、スキルの定着を早めるだけではなく、ポートフォリオになります。

ポートフォリオとは、作品集のことです。

Webデザインのようなスキルを武器にして転職や就職をする場合、どのくらいの技術をもっているのかを企業などに見せる必要があります。

ポートフォリオの質が高いと、スクールの在籍中に企業から案件の依頼がくるはずです。

早い段階でWebデザインのスキルを仕事で活かせれば、あなたにとって成功体験になるので、モチベーションの維持にもなります。

在籍中から、案件に関わることで仕事のイメージもつきやすく、Webデザインスクールでの学習期間を無駄にせず卒業できるでしょう。

Webデザインスクールを無駄にせず、効果的に活用しよう

Webデザインスクールを無駄と言われる理由や無駄にしてしまう人の特徴、無駄にしないための解決策を解説しました。

最後にまとめます。

・Webデザインスクールが無駄と言われるのは、学習と価格の費用対効果が悪いから
・Webデザインスクールを無駄にしてしまう人の特徴は自ら考えて学べない人
・Webデザインスクールには転職・就職サポートや挫折しづらい環境が用意してくれるので行く意味はある
・目的と知識・アウトプットをしながら学ぶことでWebデザインスクールを無駄にしない

Webデザインにちょっとでも興味があったり学習目的が見えていたりしたら、ぜひWebデザインスクールを検討してみてください。

Chapter Twoは、動画編集やWebデザインの授業を実施中です。

転職や就職・副業といった、あなたが目指したいキャリアをバックアップさせていただくので、ぜひ一度ご相談ください。