動画編集 2024.01.04(木)

今から動画編集では稼げない?今からでも稼ぐ方法を徹底解説

動画編集を今から始めるのはもう遅いのか

動画編集はオワコンだから今から始めても遅いと聞きますが、

全くそんなことはありません!

 

もちろんオワコンと言われる理由はあります。

それ以上に動画編集業界には成長性があり、今後新しい選択肢を作ってくれる存在でもあります。

 

今始めたから遅いなんてことはありません。

まずは1歩を踏み出し、動画編集に挑戦しましょう!

動画編集がオワコンと言われる理由

動画編集と検索すると「動画編集オワコン」と出てくることがありますよね、、、
出てくると後退りしたくなってしまいますが、この記事を見れば動画編集に対する不安を解消することができます。

 

以下では、動画編集がオワコンと言われる理由を3つのポイントに分けて解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

動画編集者が急増して仕事が取れない

現在、動画編集業界では需要と供給のバランスが崩れてしまっています。

動画編集業界では供給が多くなってしまい、お仕事を取ることが難しくなってしまっています。

動画編集のお仕事は、みんなが取れていないわけではありません。

 

アニメーションを使った動画編集のスキルを持った動画編集者であればお仕事を取ることができ、稼ぐことが可能です。

 

アニメーションを使った動画編集を行える方はそこまで多くない為、お仕事が取りやすいです。

案件の単価も1本あたり10万円〜30万円と非常に高いです。

 

アニメーションを使わない動画のお仕事はたくさんあります。
アニメーションのスキルを必要としない分、多くの方が1つのお仕事に集まるため倍率が高くなってしまいます。

そのため、中々お仕事が取れないということが多くなってしまいます。

 

動画によりますが、Youtubeの動画編集(テロップ挿入・カット)などの単価は、
5,000円〜高くて3万円となっています。

上記が動画編集はオワコンや動画編集は稼げないと言われてしまう大きな理由です。

 

本気で動画編集で稼ぎたい方はアニメーションを使った動画編集を学ぶと良いでしょう。

AIが動画編集の仕事を奪う

近年AIは飛躍的な成長を遂げています。
その中で動画編集もAIが行っていくのではないか?という話が出てきています。

 

確かにAIの成長はかなり早く、1年前と現在では全く景色が異なります。

AIの成長が早いこともあり、動画編集もAIが後々行ってくれるためオワコンになると言われています。

 

実際、すでに動画編集にAIは使われています。
例えば、テロップ生成や文字お越しなどです。

この機能は私も使ったことがあり、非常に便利な機能です。

 

私が思うにAIは動画編集の仕事を奪うのではなく効率化してくれるツールとなると考えています。

 

AIを使いこなせる動画編集者が今後は生き残っていくでしょう。
逆を言えば今からAIを使う前提で動画編集の学習を行っていけば、将来稼げるクリエイターに近づくことができます。

スマホで簡単に編集できるから

今はスマホの動画編集アプリもどんどん進化しており、動画編集者ではなくとも簡単に動画編集が行えてしまいます。

 

そのため動画編集者に仕事を頼む必要はないのでは?と言われてしまいます。
これがオワコンと言われる原因です。

 

ですが実際、動画編集者の仕事がなくなっていないのは需要があるためです。

需要が衰えない理由は、パソコンで行う動画編集はスマホでの編集に比べて高いクオリティーの動画を制作することができるためです。

動画編集はオワコンではない理由

結論動画編集者はオワコンではない。

動画編集がオワコンではない3つの理由を以下で解説しますので是非最後までご覧ください。

年々動画編集の市場は拡大している

現状動画編集の市場規模はどんどん拡大しており、拡大していない年はありません。
サイバーエージェントによると、2021〜2026年では3倍ほど市場が拡大しています。
2026年の市場規模でいうと1兆2000億円の市場となっております。

 

市場規模が大きくなるにつれて仕事は比例して大きくなっていくためまだまだ動画編集で稼ぐチャンスは十分にあります。

 

市場規模とは?・・・業界全体の1年間の売上金額

スキルの高い動画編集者が少ない

市場はどんどん拡大しているが、動画編集者の人数は足りていない状況です。
その中でも高いスキルを持った人材はかなり不足しています。
そのため高い動画編集技術を付けることによって大きく稼げるチャンスが増えてきます。

 

本気で動画編集で稼いでいきたい場合は、高いスキルを身に着けて単価の高い案件を取れるようにしていきましょう。

副業からフリーランスへの道になる

動画編集は副業として行っていても、のちに独立してフリーランスになることもできます。
次につながる技術を見つけるため動画編集は魅力的なものだと私は考えています。

 

フリーランスにならなかったとしても映像制作会社への転職や既存の会社での見られ方が変わってきます。
今後の選択肢を広げていきたい方には動画編集をおすすめします。

動画編集者として稼ぐには?

動画編集者として稼ぐにはどんなスキルが必要なのか?
分からない方は多いと思いますが、ここでは動画編集者として稼ぐにはどのようなスキルが必要なのかを詳しく解説します。

まずはスキルを付ける

大前提として動画編集を行うにあたって動画を作るスキルが無ければ稼ぐことはできないので、まずは動画編集の技術を身につけましょう。

 

動画編集の技術を身に着ける方法は主に2つあります。
1つ目はYoutubeなどを見て独学で学習する方法です。
2つ目は動画編集スクールに通って学習する方法です。

 

自分で学習することが得意でどんどん進めていきたいという方は独学がおすすめですが、先生とカリキュラムに沿ってコツコツと勉強していきたい方は動画編集スクールをおすすめします。

 

動画編集スクールは同期などもいる為、切磋琢磨して動画編集を学ぶことができるのでモチベーション
維持しやすい特徴があります。

 

動画編集スクールの方が稼ぐスキルを最速で身に着けるカリキュラムが整っていることが多いので、すぐにでもスキルを身に着けて稼ぎたいという方にはおすすめです。

 

ですが動画編集スクールは高額であることが多いため、入学を検討されている方はしっかりと自分に合った動画編集スクールを見つけましょう。

自分に合わない動画編集スクールに入るとお金を無駄にしてしまうので妥協せずに選びましょう。

 

選ぶ際には動画編集スクールの説明会や体験授業には必ず参加するようにしましょう。
説明会では自分は何を学びたいのか、どれくらいで重篤したいかなど細かく説明しましょう。

最低でも3社程見ることをおすすめします。

https://chaptertwo-school.com/blog/video-editing-start/

営業力を付ける

案件を取りに行くには案件を取りに行く営業力を付ける必要があります。
営業=営業マンと思っている方も多いと思いますが営業マンになる必要はありません。

営業メールを送信することでも営業になります。
営業メールの送信は手ごろに行うことができるため、おすすめな営業です。

 

でも誰に営業メールを送ったらいいのかわからない方は多いと思います。
そんな方はココナラなどで営業先リストの作成など依頼を行いましょう。

コミュニケーション力を付ける

アポが取れたらそこからはコミュニケーション能力が必要になってきます。
クライアントとのコミュニケーションに違和感があると案件の継続にはつながりずらくなってしまいます。
フリーランスは継続案件がカギになってきますので、スムーズなコミュニケーションを心がけましょう。

ポートフォリオを充実させる

案件を行ったことが無い場合は架空のサービスでも問題ないので、ポートフォリオの作成を行いましょう。
ポートフォリオが無いとどれくらいの実力なのかが不鮮明なため、なかなか案件を受注することが難しいです。

 

様々なジャンルのポートフォリオを作ることによって、幅広いジャンルで案件を獲得することができます。

ポートフォリオが無い方はまずは1つポートフォリオの作成を行いましょう。

どんどん案件を取りに行く

最初はなかなか案件を取れないことが多いと思いますので、まずは知り合いへの声掛けを行います。

 

知り合いから受けた案件をポートフォリオとして掲載してから、クラウドソーシングサイトでの営業活動を行ったほうが良いです。

その方が案件を取れる確率は高くなります。

その為まずは知り合いへの声掛けを行って案件を取ってからクラウドソーシングサイトで案件をっていきましょう。

最短で動画編集者として稼ぐには

以下では動画編集者として最短で稼ぐ方法を解説していますので最後までご覧ください。

https://chaptertwo-school.com/blog/movieschool-kasegeru/

動画編集スクールを検討してみよう

最短で動画編集者として稼ぎたい場合は動画編集スクールを検討しましょう。
動画編集スクールであれば最短で稼げるカリキュラムが用意されているため、独学に比べ稼ぐまでのスパンが短くなります。

 

初学者の場合独学だとどこから勉強したらいいのかわからなく、時間をロスしてしまうことがあります。
それに比べて動画編集スクールはプロが稼げるために必要なカリキュラムを組んであるため、最速で稼ぐことができます。

営業に特化したChapterTwoがおすすめ

ChapterTwoは動画制作スキルを学び自立して稼げるクリエイターを育成するスクールです。

 

受講期間は3ヶ月間で稼げるクリエイターになるカリキュラムが組まれています。
稼げるようになるように注力している為、制作する課題も実践そのものです。

 

3か月間の受講期間が終わった後はポートフォリオの作成を行います。

その後はオンラインサロンの「道場」に入ってまだ終わっていない課題などを行います。

 

道場では獲得した案件の商談同席を行ったり、課題だけではなく実際の案件の添削も行います。
その為、案件を獲得した受講生は自信をもって動画をクライアントに納品することができます。

 

受講者の多くの方に共通しているのが営業が苦手なことです。
「道場では」営業の苦手を克服するために、毎月1回営業講義というものを行っています。

受講期間中にも営業を克服するためのカリキュラムを用意しています。

 

動画編集も営業もマスターしたいという方にはおすすめです!

【受講料金】 グループコース:398,000円
マンツーマンコース:598,000円
【学べるスキル】 Premiere Pro/After Effects/Photoshop/営業
【受講期間】 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ制作期間)
【サポート内容】 営業サポート/打合せ同席/実際に案件を経験できる/チャットサポート/プロによる添削/オンラインサロン/実際の案件を行うことができる

https://chaptertwo-school.com/blog/movie-editing-school-best10/

動画編集は今から始めても遅くない!

動画編集の市場は拡大しており、今からでも十分に稼ぐことができる業界です。

 

今のうちに動画編集のスキルを身に着けて今後の選択肢を増やしていくと良いですね!
今後自分を変えていきたいという方に動画編集はおすすめです。

 

動画編集を少しでもやってみたいと思ったら一歩踏み出して行ってみましょう。
今から始めても遅くはありません、アクションを起こして結果につなげましょう!
1人で学習することは不安な場合は動画編集スクールでの学習も検討しましょう。

Related Article
関連記事