TikTok 2024.02.15(木)

企業がTikTokを活用する方法は?活用事例も紹介!

最近流行りのTikTok、どうやって活用すればいいのか分からないですよね。
本記事では、企業がTikTokを活用できる場面や活用事例などを紹介していきます。
また広告の種類なども沢山あるので自分に合った広告を見つけていただければと思います。
いきなりTikTokを活用して何かしてくれと言われても全く分からないと思いますので、本記事を参考にしていただければ幸いです。

企業がTikTokを活用した方が良い理由

以下では企業がTikTokを活用すべき理由を解説します。
現状TikTokを活用している企業はそこまで多くはないですが、実際活用して成功している企業は多くあります。
TikTokを活用することで大きな反響を得ることができる可能性がありますので、TikTokの活用を検討してみて下さい。

ターゲットを絞ってアプローチできる

TikTokではターゲットを絞ってユーザーにアプローチすることができます。
性別、年齢、地域、デバイス、興味、行動、通信環境、デバイスetc…などかなり細かく設定することができます。
そのため、自社製品のターゲット層をしっかりと把握することができれば、質の高いユーザーにアプローチすることができます。
闇雲に広告を出しても成果は出づらいので必ず自社製品を分析しつくしましょう。

広告感を減らしてアプローチすることができる

流行りの編集などを活用することによって、広告感を少なくすることができます。
広告感を少なくすることによって、ユーザーと近い距離で接することができます。
ユーザーとの距離が近くなることによって、商品を購入してくれる確率が増えます。
中にはインフルエンサーの様な企業アカウントも存在します。
いかに広告感をなくしてファンを増やすかがとても重要です。

未開拓な分野の為、先行利益を得ることができる

 

現状そこまで多くの企業はTikTokを活用していません。
そのため、TikTokを活用することによって先行利益を得ることができます。
企業が活用しない理由として、個人情報・企業情報の流出が目稔されている為だと考えられます。
中国には「国家情報法」というものがあり、中国から要請があれば情報収集に応じることを企業に義務付けられています。
多くの企業が参入していないからこそ、競合がいない環境で自社製品をアピールすることができます。

TikTok For businessとはどんなサービス?

企業でTikTokを活用する場合はTikTok For businessを使用しましょう。
TikTok For Businessは誰でも簡単にTikTokで広告運用ができるサービスです。
これまでのTikTok広告は広告代理店などに頼まないと出稿ができませんでした。
ですが、TikTok For businessが始まったことにより、個人でも広告を出稿し運用できるようになりました。

TikTok For businessの広告の種類

以下ではTikTok For businessの広告の種類を紹介します。

アプリ起動時の広告

予約型メニュー(Top View)

インフィード広告

予約型インフィード広告(Reach Frequency)
オークション型インフィード広告(Brand Auction Performance Auction)

TikTokオリジナル広告

予約型メニュー(Branded Mission Branded Effect)

TikTok For businessの広告配信の種類

TikTok For businessの広告配信の種類を紹介します。

TikTok内への投稿

TikTokのおすすめ欄に表示される広告です。
通常のおすすめ欄に乗る広告なので、自然に広告を見てくれることが多いです。

キュレーションApp

キュレーションAppはキュレーションアプリやニュースサイトに配信される広告です。

Pangle

PangleはTikTok以外の様々なジャンルのアプリに広告を配信することのできるプラットフォームです。
Pangleには以下4つの強みがあります。

  • 規模 オールジャンルの広告があり、様々な見込み客にリーチすることができます。
  • マッチング精度 見込みの高い顧客とマッチングさせるための高い予想精度と入札機能が搭載されています。
  • トラフィック品質 良質なアプリパブリッシャーと密に連携することができます。
    また、良質なトラフィックを確保することもできます。
  • 独自フォーマット 動画リワードやプえいあぶる広告などの没入感のあるフルスクーリーン広告を作成できます。

料金形態の種類

CPM(インプレッション課金)

CPM(インプレッション課金)の場合、広告が1,000回表示されるごとに課金されます。
1,000回表示の相場は100~1,000円ほどと言われており、「起動画面広告」と「運用型広告」に多く利用されます。

CPV(再生課金)

CPV(再生課金)は一定時間以上動画が再生された場合に課金されます。
再生されてすぐにユーザーが「スキップ」を押せば、課金は発生しません。
1再生当たりの相場は5~60円程度と言われています。

CPC(クリック課金)

CPC(クリック課金)は広告がクリックされるごとに課金されます。
クリックが発生するごとに課金されるため、コストを抑えることができます。
クリックした人は気になってクリックをするので、見込み顧客にすることができます。
1クリック当たりの相場は30~100円程度と言われています。

oCPC(最適化クリック課金)

oCPC(最適化クリック課金)は目標のCPAに応じて課金額を最適化してくれる。

期間契約型

期間契約型は一定期間ごとに課金されます。
再生時間やクリックはいくらされても課金額は変動しません。
1ヶ月あたりの相場は500万円ほどとなっています。
ですが同大なに人に広告を見てもらうことができるので、認知拡大しやすいです。

TikTok For businessを利用するメリット

ターゲットを細かく設定できる

  • 性別、年齢、地域、デバイス、興味、行動、通信環境、デバイスetc…

気軽に広告運用を行うことができる

TikTok For businessは企業でも個人でも気軽に広告を出稿し運用することができます。
広告費も自分で決めることができるので、予算内で気軽に広告を出稿することが可能です。

企業がTikTokを活用する場面

以下では企業がTikTokを活用する場面を紹介します。
紹介する場面はとてもメジャーなので、TikTokの活用を検討している方は参考にしていただければ幸いです。

商品PR時

商品PRは企業が最も活用する場面です。
TikTokは多くのユーザーが使っているので、自社の商品をPRするには絶好の場所です。
ターゲットも選定して商品をPRできるため、見込み客を増やすことができます。
TikTokには様々な広告があるため、自社に合った広告を試すことができることも魅力的です。
予算を決めて広告を運用することもできるので、参入障壁も低いです。

採用活動時

採用活動時にはTikTokの活用は大いに役立ちます。
社内の雰囲気や福利厚生を動画にして投稿することで、HPなどで見る内容よりもより深い内容をユーザーに伝えることができます。
実際に採用活動にTikTokを活用している企業にはコメント欄などでこんな企業で働いてみたいなどのコメントが多く寄せられている時があります。
採用活動でTikTokを使うデメリットもあります。
基本的にTikTokを見ているユーザーは若年層が多いです。
そのため、厳しい様子を出すことによって逆効果になってしまう時もあります。
最近多いのは新入社員にTikTokを躍らせるなどは逆効果です。
コメント欄では、こんな会社で働きたくないなど批判的な内容が多くみられます。
採用活動にTikTokを使う場合はそういった面も考慮していきましょう。

企業がTikTokを活用した事例3選

以下では企業がTikTokを活用した事例を3つ紹介します。
大企業もTikTokを活用している為、TikTokを活用するか迷っている場合は事例を確認して検討してみて下さい。

ドミノピザ

ドミノピザは人気インフルエンサーを使って「ウルトラチーズ」の発売に伴うキャンペーン「求ム!ドミノ最高チーズ責任者」を開催しました。
伸びたチーズを撮影して、「#ドミノチーズ100万」を付けて、応募できるキャンペーンです。
TikTokではキャンペーンとして開催される広告が多くみられます。

ロート製薬

ロート製薬は企業が運営しているチャンネルとは思えないほどユニークな編集をすることが特徴です。
動画自体も非常に個性的な動画が多く、見ていて飽きない動画となっています。
他には、製造工程や商品開発者にインタビューする動画もあります。

キレイモ

キレイモは「いいね数」で割引を決める「#キレイモいいね割チャレンジ」というハッシュタグチャレンジ広告を行いました。
このチャレンジには合計で8万人もの参加がありました。
広告の種類は先ほど紹介した、期間契約型の広告になります。

多くのユーザーに投稿を見てもらうコツ5選

TikTokのアルゴリズムを把握する

TikTokには2つのアルゴリズムが採用されています。
以下は採用されている2つのアルゴリズムです。

  • 加算式アルゴリズム
  • 減算式アルゴリズム

以下では2つのアルゴリズムについて詳しく解説します。
2つのアルゴリズムを理解することによって、効果的に投稿を作成し、運用することができます。

加算式アルゴリズム

以下では加算式アルゴリズムの項目を紹介します。
加算式アルゴリズムは簡単に説明すると良いアクションが起こっている場合に働きます。
例えば、いいねやコメント・保存されたときは良いアクションなので、加算アルゴリズムが働きます。
良いアクションが増えれば増えるほど加算アルゴリズムが大きく働き、おすすめに乗ったりバズったりします。
多くの人に投稿を見てもらいたい場合は、いいねやコメント・保存を多く獲得して加算アルゴリズムを働かせましょう。

以下は加算アルゴリズムの項目ですので覚えておきましょう。

  • いいね数
  • コメント数
  • 保存数
  • 再生数
  • 視聴維持率
  • シェア率
  • プロフィール閲覧数

減算式アルゴリズム

以下では減算式アルゴリズムの項目を紹介します。
減算式アルゴリズムは簡単に説明すると悪いアクションが起こっている場合に働きます。
例えば、興味が無いを押されてしまった時や、視聴時間が顕著に短い時などは悪いアクションなので、減産アルゴリズムが働きます。
悪いアクションが増えれば増えるほど減算アルゴリズムが大きく働き、おすすめに乗ったりバズったりすることが無くなってしまいます。
多くの人に投稿を見てもらいたい場合は、加算アルゴリズムと減産アルゴリズムの両方を頭に入れておきましょう。

投稿するジャンルを統一する

投稿するジャンルを統一することでこんな商品を売っているアカウントだとユーザーに伝えることができます。
そのため、全く別の商品を売りたい場合などは別のアカウントで運用することをおすすめします。
企業で例えると部署ごとにアカウントを分けるイメージです。

流行に乗る

投稿する動画に流行を取り入れることによって、多くの方から投稿を見てもらえる確率が上がります。
理由は流行している投稿はバズっているものが比較的多いため、流れに乗ってバズる可能性があるためです。
流行といってもどんな流行を取り入れたらいいのかわからないですよね。
以下では流行の一例を簡単に紹介します。

  • BGM
  • 編集スタイル
  • 動画内容(自社にあてはめられる内容であった場合取り入れましょう)

これらを投稿に取り込むことによって、流行に乗ることができます。
TikTokやYouTubeショートなど、別の媒体でも同じBGMをよく聞くことがありますよね。
これは流行しているためです。
多くの方に動画を見てもらいたい場合は流行に乗った投稿を意識し、自社で企画した強みを加えてみると良いでしょう。

適切なハッシュタグを付ける

投稿した動画には適切なハッシュタグを付けることを意識しましょう。
適切なハッシュタグを付けることによって、届けたいユーザーに投稿を届けることができます。
投稿のハッシュタグには、自社で考えたハッシュタグを付けることも検討してみましょう。
TikTokを活用している企業にはユニークなハッシュタグを使っている企業もあります。
堅苦しいハッシュタグではなく、ユニークなハッシュタグを作ってみましょう。
ハッシュタグを付けることはとても簡単なので必ず行いましょう。

以下では関連性のあるハッシュタグの見つけ方を紹介します。

適切なハッシュタグの見つけ方

適切なハッシュタグを見つけるには自社のサービスに近い投稿を参考にしましょう。
参考にする際はある程度再生数が回っている投稿にしましょう、
バズらせたい場合はバズっている投稿のハッシュタグで、かつ自社の投稿に入れても違和感のないハッシュタグを選定するようにしましょう。
上記方法でハッシュタグを探すことによって、効率よくハッシュタグを探すことができます。

投稿した広告を分析する

TikTok For businessでは投稿した広告を分析することができます。
主に以下の数値を確認することができます。

概要欄から確認できる数値

  • フォロワー数
  • リーチ数
  • エンゲージメント数
  • コンバージョン数

オーディエンスから確認できる数値

  • 総フォロワー数
  • 新規フォロワー数
  • 視聴者リーチ数
  • エンゲージメントを行ったオーディエンス数

フォロワー100人以上の場合に確認できる数値

  • 都市
  • 性別
  • 年齢
  • フォロワーのアクティビティ

これらの数値を分析することによってどの年代のユーザーが一番見てくれているのかなどを把握することができます。
把握することによって狙ったユーザー層に投稿を届けることができます。

TikTokでおすすめに乗る方法を?|おすすめに載らない場合の原因やコツも紹介

TikTokでバズる方法を徹底解説!おすすめジャンルも紹介!

TikTokの動画制作におすすめCap Cut

Cup CutはTikTokを運営しているbyte danceが開発している動画編集ツールです。
そのため、TikTokとCap Cutはとても相性がいいです。
Cap Cutで編集した動画をすぐにTikTokへアップロードできたり、TikTokで人気なエフェクトやアニメーションを使用することができます。
Cap CutはIOS/Android/pc/webと幅広いプラットフォームで無料で利用可能です。
一部有料のプランもありますがほとんどの機能は無料版で利用できます。
Cap CutにはたくさんのBGMがあるので、自分でBGMを探す手間を省くことができます。
Cap Cutでは自動で字幕を入れることもできるため、面倒な字幕入力作業が無くなるため、編集作業を効率化することができます。

Aiを使ってTikTokで稼ぐ方法を徹底解説!

項目 内容
【料金】 無料(一部有料)
【公式サイト】 Cup Cut

企業がTikTokを活用する際の3つの注意点

以下では企業がTikTokを活用する際の3つの注意ポイントを解説します。
非常に重要なポイントですので、必ず確認しましょう。

著作権を侵害しないように注意する

TikTokを活用する際は著作権の侵害には十分注意しましょう。
著作権を侵害してしまった場合は以下のペナルティーが科せられる場合があります。

投稿の削除

TikTokで著作権違反をした場合、投稿した広告が削除される可能性があります。
著作権に関しては基準を緩くしたりすることは絶対にできないため、厳正に対処されます。

アカウントの凍結

TikTokで著作権違反をした場合、アカウントが凍結される可能性があります。
著作権違反をした場合、必ずアカウントが凍結されるわけではないですが、著作権の扱いには十分注意しましょう。
アカウントが凍結されると、新しいアカウントを作成する以外対処法がありません。
フォロワーや投稿した動画も全て失われ、企業の信用問題にもかかわってしまいます。

法的処置

この中で最も重いペナルティーは法的措置です。
法的処置について詳しく解説します。

TikTokでの著作権違反が極めて悪質な場合、法的処置が取られる可能性があります。
たとえば、著作権を悪用して収益化を行ったり、誹謗中傷を行ったりした場合です。
法人の場合は個人に比べてペナルティーも大きくなり、企業としての信用力もなくなってしまいます。

著作権違反は重大な「犯罪」のため、以下の罰則が科せられます。
個人の場合:10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科される場合があります。
法人の場合:3億円以下の罰金が科せられます。
重いペナルティーを受けてしまうので著作権違反は絶対に行わないようにしましょう。

著作権に関しては知らなかったでは済まされません。
著作権の扱いに関しては慎重に確認しましょう。

炎上しないように注意する

過激な投稿内容だと投稿が炎上してしまう可能性があります。
炎上してしまうと信用どころか、事件に発展してしまう場合があります。
目立たせたいがために過激な投稿を作成することは避けましょう。
また、センシティブな内容と疑われるような投稿も避けましょう。
ターゲットにしたユーザーに魅力を伝えるための広告等いうことを意識しましょう。

企業がTikTokを使った活用まとめ

企業がTikTokを使った活用についていかがだったでしょうか?
TikTokはここ最近急激に成長していて、大企業もその波に乗って商品や採用活動をアピールしています。
TikTokの活用はかなり低いコストで始めることができるので、気になっている方は一度行ってみて下さい。
最後まで見ていただきありがとうございました。

Related Article
関連記事