TikTok 2024.02.20(火)

TikTok動画編集の外注相場は?依頼方法なども併せて解説

リソースが足りなくて動画編集を外注したいと思ったことはありませんか?
動画編集を外注することで、リソースは大きく開けることができます。
本記事では動画編集の外注費用から依頼先を紹介します。
またメリット・デメリットについても詳しく解説しますので参考にしていただければ幸いです。

動画編集の外注相場

以下ではTikTokの動画編集の外注相場について紹介しします。
どちらが外注先として自分に合っているか確認しましょう。

フリーランス・個人に依頼する場合

フリーランスや個人の動画編集者へTikTokの動画編集を外注する場合は比較的低価格で外注することが可能です。
動画編集者のスキルや経験には寄りますが、1本あたり1,000~5,000円の間が外注の相場となっています。

フリーランスや個人の方はスキルや経験に大きな差があるので、一定ラインのクオリティを担保したい場合は少し値段は上がってしまいます。
TikTokの投稿を伸ばすにはクオリティを担保したアカウントの方が伸びやすい傾向にあります。
アカウントを伸ばしたい場合は、料金を上げてでもクオリティを上げることをおすすめします。

企業に依頼する場合

企業に依頼する場合は、ハイクオリティな動画を納品してくれますが料金は比較的高くなりやすいです。
動画編集の内容によりますが、1本10,000円となっているところが多いです。
値段も高めなので個人で依頼するというよりは、企業が動画編集を依頼することが多いです。
3Dを使った動画編集の場合は30,000~50,000円ほどが相場となっています。

ハイクオリティで信頼性のあるところにお願いしたい方にはおすすめです。

動画編集の外注するメリット

 

以下では外注をするメリットを3つに分けて解説します。

時間を節約することができる

動画編集の外注する1つ目のメリットは時間を大幅に節約することができることです。
動画編集を外注することによって、その時間別のことに充てられます。
そのため、複数行うことがあって手が回らない方に動画編集の外注はおすすめです。

動画の質が向上する

自分がクリエイターではない場合に限りますが、納品される動画の質が良い場合が多いので投稿するアカウントが伸びやすくなる。
アカウントが伸びる理由は、質の高い動画はTikTokから評価を受けられて、おすすめに乗ったり・バズったりするためです。

客観的な視点で見れる

自分が作った動画は自分で作っているので、良い動画だと思いがちです。
ですが、動画編集を外注で頼んだ場合ここは変えた方が良いなど客観的に見ることで、より良い動画にすることが可能です。

動画編集の外注するデメリット

以下では外注をするデメリットを3つに分けて解説します。

コストが大きくなる可能性がある

動画を定期的に出すと、1本あたりの単価は安いと言え大きなコストとなってしまいます。
コストを抑えて動画を出していきたい場合は、動画を自作するしかありません。
本記事では最短で動画を自作する方法も解説していますので、参考にしていただければ幸いです。

クオリティを担保できない場合がある

クリエイターに動画編集を外注してもクオリティを担保できない場合があります。
担保できない理由としては実力が足りていない場合が多いです。
他には依頼者側からの指示があまりよくないと、クオリティの良い動画を作ることができません。
動画編集を外注する場合はスキルを持っているクリエイターに依頼をし的確な指示を出すようにしましょう。

クリエイターと多くやり取りを行わなくてはいけない場合がある

動画編集を外注する場合はクリエイターとやり取りをしなくてはいけません。
クリエイターからの質問などが多い場合には依頼しているのに、こちらの負担になってしまうなどといったことが起きてしまいます。
このような負担にならないためにも、事前に的確な指示を相手に出しましょう。
指示を出すことが難しい場合は、参考動画をいくつか送ってあげると良いでしょう。

動画編集の外注を依頼する方法

以下では外注を依頼方法を3つに分けて解説します。

クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサイトでは動画編集の外注を行うことができます。
クラウドソーシングサイトには多くの方が登録しているので、クリエイターが見つかりやすいです。
クリエイターの実績なども確認できるので、安心してやり取りすることができます。
初めて動画編集の外注を行う場合はクラウドソーシングサイトをおすすめします。

SNSを利用する

SNSを利用している場合は、検索欄から依頼を待っているクリエイターを探してコンタクトをとってみましょう。
クラウドソーシングサイトは基本的に依頼者を待つ形ですが、SNSの場合は投稿して待っているほかに、自分から連絡をすることもできます。
クラウドソーシングサイトの場合は手数料が取られてしまいますが、SNSの場合は手数料が取られないのも魅力的です。

知り合いに依頼する

知り合いにクリエイターがいる場合は、知り合いに依頼してみると良いでしょう。
知り合いということで、コミュケーションが取りやすいのでおすすめです。

予算が足りない場合は動画を自作しよう

以下では
動画を作りたいのにあきらめのことは非常にもったいないです。
投稿することで何かチャンスが生まれる可能性があります。
以下ではAiを使って動画を最短で自作する流れを解説します。
非常にためになる内容ですので是非最後までご覧ください。

台本生成

Aiを使って動画制作を行う1つ目の工程は台本を作成することです。
台本がもうすでにある場合はこの工程をスキップしていただいて大丈夫です。
台本が無ければどのような動画を制作すればいいのかわからないため、一番最初に台本作成を行います。
Aiを使って台本を作る際には自分の作りたい動画の内容を詳しく伝えましょう。
例えば、怖い話を作りたい場合はそのむねを Aiに伝えましょう。
ただ怖い話を作ってと言ってもジャンルが広すぎるので、日本の妖怪に関する怖い話などカテゴリを絞ってあげると良いです。
あまりマニアックすぎる内容だとAiが学習していない場合があるので、曖昧な回答になることがあります。
他にはセンシティブな内容には答えてくれない場合が多いです。

使用Ai|Gemini Advance

Gemini Advancedはgoogleが提供している生成Aiツールです。
先日のアップデートまではbirdという名称したが、Geminiに名称が変更されました。
Gemini Advanced生成Aiで有名なChatGPTの性能を超えていると言われています。
最初の2か月間は無料で使用することができます。
お試しで2か月間使えるので、是非使用してみて下さい。

項目 内容
【料金】 Gemini:無料
Gemini Advanced:月額2,900円
【公式サイト】 Gemini Advanced

ナレーション生成

Aiを使って動画制作を行う2つ目の工程は台ナレーションを生成することです。
ナレーションがもうすでにある場合や必要ない場合はこの工程をスキップしていただいて大丈夫です。
ナレーションは基本的にAiが生成した内容を元に作成します。
Aiの生成した台本は言い回しがおかしかったりする場合があります。
そのため、ナレーションを生成する場合には一度目を通して、修正があれば修正してからナレーションの生成を行いましょう。
ナレーションを生成する際には、台本に合ったナレーション音声を用意するようにしましょう。
台本に合ったナレーションにすることで大幅に動画のクオリティーを上げることができます。

使用Ai|VOICEBOX

VOICEBOXはヒホが開発した音声合成ツールです。
VOICEBOXは完全無料で利用することができます。
約30種類のキャラクターの音声を利用することができます。
キャラクターの中でもその時の気分の音声を使うことができます。
様々なキャラクターを使って動画を作りたい場合に重宝します。

項目 内容
【料金】 完全無料
【公式サイト】 VOICEBOX

画像生成

Aiを使って動画制作を行う3つ目の工程は画像を生成することです。
画像がもうすでにある場合や必要ない場合はこの工程をスキップしていただいて大丈夫です。
画像は台本に沿って作るようにすることで、組み合わせたときに違和感なk動画を見ることができます。
画像生成はAiを使って動画制作をするときに一番時間のかかる工程であり、一番重要なポイントでもあります。
人は視覚から得る情報が多いので一番重要なポイントと言えます。
画像生成する際は文章ではなく単語で指示する方がより台本に合った画像が生成されます。
Aiに指示する際は英語で指示した方がより伝わりやすくなります。
理由は多くのAiが日本ではなく海外で作られている為です。
画像の生成枚数ですが、1分ほどのショート動画の場合は7~10枚ほどがベストです。
1文1枚を意識していただければいいです。
台本に合った画像を生成することは非常に難しい作業なので、完璧は求めず7割台本の内容に合っている画像が生成されていればOKです。

使用Ai|midjourney

midjourneyはプロンプトに沿った画像を生成してくれる画像生成Aiです。
midjourneyは画像生成Aiの中ではもっとも有名です。
midjourneyは誰でも簡単クオリティーの高い画像を生成することができるためとても人気です。
初心者でもクオリティーの高い画像を作れる理由は、設定する項目が非常に少ないためです。
また、他人のプロンプトを見ることができるため、良い画像があったらそのプロンプトを参考にすることができます。
まだ画像生成Aiに限らず、Aiに振れたことが無い方はmidjourneyの使用をおすすめします。

項目 内容
【料金】 ベーシックプラン:月額10ドル(約1,500円)
スタンダード:月額30ドル(約4,500円)
プロプラン:月額60ドル(約9,000円)
メガプラン:月額120ドル(約18,000円)
【生成枚数】 ベーシックプラン:200枚
スタンダード:無制限
プロプラン:無制限・fastモードでの生成枚数増加
メガプラン:無制限・fastモードがproプランの倍使用可能
【公式サイト】 midjourney

動画生成

Aiを使って動画制作を行う4つ目の工程は動画を生成することです。
動画がもうすでにある場合や必要ない場合はこの工程をスキップしていただいて大丈夫です。
続いて生成した画像をもとに動画の生成を行いましょう。
生成した画像全てを動画にする必要はありません。
画像を10枚生成したら3枚くらいを動画にしてあげるとちょうど良いです。
動画生成も同様で、生成する際は文章ではなく単語で指示しましょう。
また、英語で指示した方がより伝わりやすくなります。
動画生成も同様で、完璧は求めず7割台本の内容に合っている動画が生成されていればOKです。

使用Ai|runway

runwayは画像から動画を生成することができるAiツールです。
midjourneyで作成した画像をrunwayにアップすることで動画を生成することができます。
動画を生成する際には、プロンプトを入力して、どのような動画にしてほしいかを指示することができます。
プロンプトのほかにモーションブラシというものを利用することによってより詳細に動画の動きを指示することができます。
またカメラワークも変えることができるので、より迫力のある動画に仕上げることも可能です。
無料でも使用することができるので是非試してみて下さい。

項目 内容
【料金】 スタンダードプラン:月額12ドル(約1,800円)
プロプラン:月額28ドル(約4,400円)
アンリミテッドプラン:月額76ドル(約11,400円)
【クレジット】 スタンダードプラン:625クレジット
プロプラン:2250クレジット
アンリミテッドプラン:クレジット無制限
【公式サイト】 runway

動画編集(BGM・テロップ・エフェクト・アニメーション入れ等)

Aiを使って動画制作を行う5つ目の工程は動画を編集することです。
最後に生成した素材、または自分で集めた素材をもとに動画編集を行います。
動画編集の最初にナレーションの追加を行います。
その後、ナレーションの音声をもとに自動でテロップを作成します。
自動テロップにはところどころミスがある場合があるので、一度自分で確認するようにしましょう。
テロップを作成したら、画像・動画をナレーションに合わせて配置していきます。
画像やテロップにエフェクトやアニメーションを付けることによって、クオリティの高い動画を作成することができます。
最後にBGMを挿入し、動画を書き出して完了です。

使用Ai|CapCut

CupCutはTikTokを運営しているbytedanceが開発している動画編集ツールです。
無料で動画編集に必要な基本機能は使いことができ、無料とは思えない量のいBGMやエフェクト・アニメーションがあります。
また、便利な機能として自動字幕機能が非常に優秀です。
音声に応じて自動でテロップを付けてくれるため、かなり制作時間を短縮することができます。
また本記事でも少し紹介しましたが、自動字幕入力機能が非常に便利です。
使ったことが無い方はぜひ使ってみて下さい。

項目 内容
【料金】 無料CapCutPro:月額1,200円
【公式サイト】 CupCut

動画編集の外注に関するQ&A

以下では、動画編集の外注に関する質問を紹介します。

納品された動画が満足いかなかった場合はどうすればいいですか?

納品された動画に満足がいかなかった場合は一度修正依頼を出してみましょう。
多くのクリエイターは何回までは無料で修正しますと提示している場合が多いです。
無料の修正回数を超える場合、追加で報酬を支払う必要があります。
追加の報酬は依頼者とクリエイター間で調整します。
まずは一度クリエイターに相談してみましょう。

納品された動画で全然再生数が伸びなかった場合はどうすればいいですか?

納品された動画を投稿して再生数が伸びなかったということは、依頼者がクリエイターからの動画をOKを出しているということです。
クリエイターの納品に依頼者がOKを出している場合、クリエイターに責任を追及することはできません。
クリエイターの仕事はあくまでも動画の納品です、それ以降の責任はクリエイターにはありません。
責任を押し付けはせずに、アカウントの効果的な運用方法を模索しましょう。
アカウントの効果的な運用方法については以下を参照ください。

TikTokでバズる方法を徹底解説!おすすめジャンルも紹介!

TikTokでおすすめに乗る方法を?|おすすめに載らない場合の原因やコツも紹介

複数のクリエイターに依頼しても問題ないですか?

動画のクオリティ・一貫性を担保できるのであれば、複数のクリエイターに依頼しても問題ないです。
複数のクリエイターに依頼するデメリットは、各クリエイターによって納品物の仕上がりに差が出てしまうことです。
納品物の仕上がりに差が出てしまうと投稿した時に一貫性が無く見栄えが悪くなってしまいます。
そのため、できれば1人のクリエイターに継続して依頼することをおすすめします。

TikTokの動画編集外注まとめ

動画編集の外注は少なからずコストがかかってしまいますが、クオリティの高い動画を期待することができます。
複数やることがあって、動画に手が回らない方は外注を検討してみましょう。
動画編集の外注をする際は本記事で紹介したメリット・デメリットも併せて参考にしていただければ幸いです。
最後まで見ていただきありがとうございました。

Related Article
関連記事