MOVIE 2022.07.31(日)

動画広告の作り方とは?失敗しない制作のコツを紹介

動画広告を作りたい!動画広告を出稿して売上アップを実現したい!といった悩みを抱える人も多いでしょう。

動画広告を上手く活用すれば問い合わせ件数やCVを増やすことができ、売上アップに繋がります。

そこで、今回は動画広告の作り方や初めての動画広告制作で失敗しないコツなどについて詳しく紹介していきます。

 

動画広告の作り方 6ステップ

まずは動画広告を作り方について紹介していきます。

動画広告は簡単なステップで作成可能ですので、これを機に動画広告を作り方を覚えましょう。

  1. 目的や成果を明確にする
  2. ペルソナを設定する
  3. 広告素材を作成する
  4. 動画の構成を考える
  5. 動画サイズを複数作成する
  6. PDCAを回す

それでは、それぞれ順番に解説していきます。

 

STEP1.目的や成果を明確にする

動画広告を作るときは、まずは目的や成果を明確にすることから始めましょう。

この軸がブレてしまうと、動画広告で何がしたいのか、消費者に何を伝えたいのかがわからなくなり、なかなか成果が出ずに終わってしまいます。

具体的には、認知度向上を目的とするのか、指名検索からの流入を増やすのか、サイトからの問い合わせ件数を増やしたいのかなどです。

ここで決めた軸は動画広告を実際に作る時にも役立ちますので、より明確な目標と成果を決めるようにしてください。

 

STEP2.ペルソナを設定する

目的や成果を明確にしたら、ペルソナを設定します。

ペルソナとは、自社が狙うターゲット層をより具体的なユーザー層を作り上げることです。

例えば、ダイエット食品を販売する会社であれば以下のようにペルソナを設定します。

  • もう少しや得たいをいう願望を持った20代女性
  • これなら私でも続けられそう!と思い検索した
  • 東京都在住25歳女性(独身)
  • 154cm、55kg
  • じぶんでは太っている認識はないが、最近顔が丸くなってきた
  • いろんなダイエットに挑戦してきたがこれまで続いたことはない
  • 仕事が忙しく、日々コンビニのご飯で済ませている

このように、ペルソナを細かく設定することでよりターゲット層が明確になり、どんな訴求をすればユーザーに伝わりやすいのかなどの戦略が立てやすくなります。

 

STEP3.広告素材を作成する

次に、実際に制作する広告素材を作成しましょう。

訴求メッセージと動画素材のテイスト合わせることで、より動画の内容をユーザーにイメージしてもらいやすくなります。

ただ動画広告を作成するだけでなく、ユーザーのイメージやユーザー目線で作成するのがポイントです。

例えば、キャンペーンや割引、商品やサービスの値段の安さを訴求するのであればユーザーが目を引きやすい派手なデザインやイラストを使用するのが良いでしょう。

このように、ただ素材を組み合わせるというよりも、しっかり戦略を立てて作成することがポイントです。

 

STEP4.動画の構成を考える

ある程度イメージを掴めたら、次に動画の構成を考えます。

動画の構成は「冒頭」「中間」「エンド」の3つのパーツに分かれます。

冒頭にはアテンションや訴求軸、中間にはサブ訴求、エンドにはアクション誘導のコンテンツを入れるとユーザーの心を掴む動画広告が作れます。

動画広告は実際に動画を視聴した視聴者が商品やサービスの購入までのアクションをして初めて利益に繋がります。

そのため、商品やサービスの宣伝ポイントを入れつつ、訴求への導線を上手く誘導してあげることもポイントです。

 

STEP5.動画サイズを複数作成する

動画を作り終えたら、配信する動画広告媒体に合わせて画面サイズを複数作成します。

YouTubeは横型の動画フォーマットですが、インスタグラムなどのSNS広告は基本的に縦型のフォーマットになります。

動画広告は配信するフォーマットに広告媒体によってもサイズが異なるため、横型と縦型の動画は最低限作成しておくと便利です。

 

STEP6.PDCAを回す

動画広告を実際に配信し始めましたら、PDCAを回しましょう。

レスポンス数が気になる場合は動画広告そのものに問題がある可能性があります。

一方で、リーチ数が気になる場合はターゲットを変えることで改善する可能性があります。

PDCAを回さないとこのような改善策に気づかずにコンバージョンの改善ができませんので、定期的にPDCAを回して原因を改善していくことが大切です。

 

初めての動画広告制作で失敗しないコツ

 

続いて、初めての動画広告作成で失敗しないコツについて紹介していきます。

始めての動画広告制作で失敗しないコツは以下のとおりです。

それでは、それぞれ解説していきます。

 

目的を明確にする

動画広告は企業のブランディングや認知度アップ、コンバージョンアップなどに期待ができます。

ブランディングや認知度の向上が目的であればサービスの世界観や会社のブランド名、他に販売されている商品やサービスなどを重点的に伝えると良いでしょう。

一方で、コンバージョンを意識した動画広告の場合はメッセージ性やユーザーが興味を引く動画作成が重要です。

「無料」「期間限定」といったユーザーの目に留まりそうな表現に変えるだけでもコンバージョンをアップさせることができ、集客アップにも期待ができます。

 

最初の5秒を意識する

動画広告を制作する時は最初の5秒でユーザーの興味を引く必要があると言われています。

動画広告は5秒後にスキップできる仕様になっていることが多く、興味のない広告だとすぐにスキップされてしまいます。

そのため、大切ことは最初の5秒に伝えて、ユーザーの興味を引き動画をスキップされることなく最後まで動画広告を視聴してもらうことができれば、その分認知度アップや売上アップに期待ができるでしょう。

 

ストーリー仕立てを意識する

動画広告を制作する時はストーリー仕立てを意識することもポイントです。

親和性の高い動画や映像美を追求された動画はユーザーの興味を引き、飽きることなく視聴することができます。

たとえ広告と分かっていても動画のコンテンツとしても質が竹蹴れば視聴率は高くなります。

また、ストーリー仕立てで映像美を追求すればSNSで拡散されやすく、広告費をかけずとも多くのユーザーに情報を届けることも可能です。

 

ターゲットを明確にする

動画広告を配信するときはターゲットを明確にすることが大切です。

例えば、動画の冒頭で「クレジットカードを作れなくて困っている人必見!」「20代の男性脱毛をしたい人必見!」などと分かりやすくユーザーに伝えることで、クレジットカードが作れなくて困っている人や20代で脱毛に興味がある人に直接アプローチできます。

初めにターゲットを明確にすれば非ターゲットを除外してターゲットだけに費用をかけて広告配信ができるため分析や改善にも役立てます。

 

動画広告制作は外注すべき?

動画広告を1から作るとなると、手間や時間がどうしてもかかってしまいます。
そのため、別の業務に支障が出てしまい外注して作成しようか考える人も多いでしょう。
そこで、ここでは動画広告制作を外注すべきか否かについて紹介していきます。

それでは、それぞれ解説していきます。

 

費用がかかる

動画広告制作を外注する場合、当たり前ですが費用がかかります。

制作会社に依頼する場合は10万円~300万円と幅広く、動画の質にこだわるほど費用は高くなります。

動画広告はただお金をかければ効率良く集客できるというわけではありませんので、値段で決めることは避けて制作会社の実績や口コミ評判などを考慮して依頼先を決めることをおすすめします。

また、新しく事業を立ち上げたばかりの場合は、それだけで費用がかさんでしまうケースもあるため、コストを抑えたいなら自分で動画広告を制作するのがおすすめです。

 

会社選ぶに時間がかかる

動画広告を制作会社に依頼する場合、会社選びに時間がかかるというデメリットがあります。

制作会社はたくさんあり、どの会社に依頼すればいいか悩んでしまいます。

制作会社選びに悩んでいる時間は非常に無駄な時間となるため、自分で作成することをおすすめします。

自分で動画広告を作ることができれば、さまざまな仕事の幅が広がることでしょう。

 

動画広告制作をマスターすれば仕事の幅が広がる

動画広告制作をマスターすれば、これまで以上に仕事の幅が広がります。

フリーランス

動画広告制作ができればフリーランスとして活動することができます。

クラウドソーシングやSNSで自分で仕事を探したり、企業に直接営業することで仕事を獲得できます。

近年では、YouTubeやInstagram、Twitter、TikTokなどのコンテンツの普及で動画広告制作の需要は非常に高いです。

そのため、仕事に困ることなく長期間安定した収益に期待ができるでしょう。

転職

現在会社員として働いている場合、動画広告制作のスキルや経験があれば制作会社へ転職することも可能です。

世間では転職=悪いイメージを持つ人も多いですが、転職をすれば今よりも働きやすい環境で、年収もアップし、自分のスキルや経験を活かしてやりがいを感じながら働くこともできます。

起業

動画広告制作をマスターすれば、自分で動画制作会社を立ち上げることもできます。

フリーランスや副業として始めたビジネスが軌道に乗り、実際に自分で起業する人は多く、自分の将来の可能性を広げることができます。

 

動画広告の制作スキルを身につけるならChapter Two

動画広告の政策スキルを身に着けるならChapter Twoがおすすめです。

Chapter Two映像受託事業や映像クリエイター育成サービスを提供しているスクールで、動画広告制作スキルを1から学ぶことができます。

また、Chapter Twoでは卒業後に独立できることを考えたカリキュラム内容で高い映像・営業技術を学ぶことができるため案件の獲得方法や商談のコツなどを学べるためフリーランスや起業に興味がある人には特におすすめです。

少しでも興味がある人は、無料説明会の参加や資料請求から始めてみてはいかがでしょうか。

Related Article
関連記事