動画編集 WEBデザイン ライティング

Webデザインを独学して就職するのは未経験では難しい?理由も解説

Webデザインを独学しようと考えている方やすでに独学で学んでいる方の中には「このまま続けても就職できるのかな」と疑問に思うでしょう。

少しでも、不安をなくしてWebデザインの学習に集中したいですよね。

本記事では、Webデザインを独学できる理由や就職難易度を解説します。

また、記事後半では独学ではなくスクールに通うメリットもわかります。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

未経験から独学でWebデザイナーになれるの?【結論:なれる】

結論からいうと、未経験からでも独学でWebデザイナーになれます。

その理由は以下の2つです。

  1. Webデザインのスキルは未経験でも独学しやすい
  2. 未経験からのWebデザイナーを採用している企業はある

具体的に解説します。

Webデザインのスキルは未経験でも独学しやすい

Webデザインのスキルは未経験からでも独学できます。

たとえばプログラミングは、習得するのにザッと半年〜1年といわれています。

人によってはもう少しかかる方もいるでしょう。

しかし、Webデザインは違います。

Webデザインは早い人で数ヶ月、長くても半年ほどで簡単なWebサイトのページは作れるようになるでしょう。

Webデザインの継続的な学習は必要ですが、はじめてから基礎的なスキルを習得するまでのハードルは低いです。

未経験からのWebデザイナーを採用している企業はある

未経験でのWebデザイナー就職は経験者が優遇されている現実もありますが、未経験のWebデザイナーを採用している企業もあります。

一番重要なのは、ポートフォリオです。

ポートフォリオとは、過去に制作したWebサイトやデザインを集めて、Webサイトに掲載したり資料にまとめたりした作品集です。

ポートフォリオが充実していることで、未経験からでも企業から採用されるでしょう。

未経験から独学でWebデザイナー就職の難易度は高い!その理由とは?

未経験からWebデザイナーになるのは可能だとお伝えしました。

しかし、実際は未経験からWebデザイナーに就職するには難易度が高いです。

その理由は以下のとおりです。

  1. 就職するには高いデザインスキルや実績が必要
  2. Webデザインを独学で習得するには時間がかかり挫折してしまう
  3. 前提の知識がないため解決できない
  4. Webデザインの就職は年齢が上がれば上がるほど難易度が上がる

それぞれ具体的にみていきましょう。

理由1.就職するには高いデザインスキルや実績が必要

ひとつめは、就職するには高いデザインスキルや実績が必要なためです。

「独学でもポートフォリオが充実していれば採用してもらえるのではないか?」と思うでしょう。

たしかにポートフォリオが充実していれば就職は可能ですが、

独学で高いデザインスキルや実績を身につけるのは、かなりハードルが高い選択になります。

副業ブームもあり、近年ではスキルの高いWebデザイナーが増えたため、企業が求めるデザインスキルも上がっている傾向にあります。

そのため、独学での就職は難しいでしょう。

理由2.Webデザインを独学で習得するには時間がかかり挫折してしまう

ふたつめの理由は、Webデザインを独学で習得するには時間がかかり挫折してしまうためです。

Webデザインスキルは覚えるスキルがたくさんあります。

代表的なのは、Webサイトを構築するための言語や、ロゴのデザインの仕方などが挙げられます。

Webサイトは、多くのスキルが集まってできているため、ひとつのスキルを覚えたから完成とはなりません。

Webデザインの情報をくりかえし調べるのに疲れてしまい、挫折するケースは珍しくありません。

おそらく、10人中9人はWebデザインのスキルが就職できるレベルに達する前に辞めてしまいます。

理由3.前提の知識がないため解決できない

Webデザインを勉強していると、「自走力が大事」と言われる方がいます。

Web業界のいう自走力とは、自分で考えて解決する力のことです。

自走力はもちろん大事ですが、未経験や初心者はそもそも解決策に至るまでの知識が不足している場合もあります。

何がわからないかわからないといくら調べても解決できません。

英語を話せるようになるためにはアルファベットを知る必要があるように、Webデザインのエラーを解決するには、コーディングやWebサイトの基本的な部分を知らなければいけけません。

Webデザインの基本を理解できるようになるまでは、質問できる環境は必要です。

独学ではそのような環境が作りにくいため、挫折している方も多く存在しています。

理由4.Webデザインの就職は年齢が高ければ高いほど難易度が上がる

就職するには年齢が大きく関わるのも事実です。

たとえば、20代からWebデザインを学んできた人と30代でWebデザインを学んできた方が面接にきた場合、企業は若くて体力のある20代の方を採用したいと思います。

Webデザインスキル以外の仕事の吸収力も20代の方が早いでしょう。

30代からでもWebデザイナーに就職はできますが、若い方と相対的に評価されると難易度は高くなります。

効率的にWebデザイナーを目指すには独学よりスクールがオススメ!根拠4選

では、効率的にWebデザイナーを目指すにはどうすればいいのでしょうか。

ここからは、効率的に学習するには独学よりスクールがオススメの理由を4つ解説します。

  1. プロのWebデザイナーから教えてもらえる
  2. 独学ではわからないような内容も質問できる
  3. Webデザインスクールには就職・転職サポートがある
  4. 未経験でもモチベーションを維持して学習できる

それぞれ具体的にみていきましょう。

プロのWebデザイナーから教えてもらえる

スクールでは、プロのWebデザイナーから直接指導をしてもらえます。

プロの講師に直接指導してもらえるメリットは、正しく進められる点です。

独学では、今覚えるべきスキルを習得するのは大変です。

ネットを活用して調べても、情報に飲み込まれてしまう方がいるでしょう。

しかし、スクールであればプロの講師が道しるべとなり効率的に学習できます。

プロの視点から、生徒にとって必要なスキルを必要な時に提供してくれるでしょう。

未経験の方にとってプロの講師は羅針盤になってくれます。

独学ではわからないような内容も質問できる

わからないことや質問したい内容がある時に、独学では調べるのに時間がかかるところをスクールではすぐに解決できます。

そしてすぐに課題や制作に取り組めます。

自分で考える時間も大事ですが、未経験の方にとっては前提の知識が不足していてわからないことが多々あるため、すぐに聞ける環境は重要です。

Webデザインスクールには就職・転職サポートがある

Webデザインスクールには就職や転職支援付きのスクールがあります。

具体的には以下のような支援があります。

  1. 専任のカウンセラーへの相談
  2. ポートフォリオの添削
  3. 履歴書の添削
  4. 模擬面接の実施
  5. 求人紹介

就職・転職支援のあるスクールによっては、全額返金保証があったり年齢が限定されていたりするため、事前に確認しておきましょう。

未経験でもモチベーションを維持して学習できる

独学で学習をしていると、モチベーションの維持が難しいです。

サボっても注意されないですし、課題の提出日がないため「今日はやる気がないから辞めておこう」となってしまうことも。

しかし、スクールなら課題の提出日に間に合わせようと気持ちが働き、サボってしまうことは少なくなります。

また、同じ目標に向かって切磋琢磨できる仲間がいると、モチベーションを維持しながら学習を続けていけます。

独学で続けていく自信がない方はスクールを検討してみるのもいいでしょう。

独学かスクールかお悩みの方へ、Webデザインを就職につなげるための2つのポイント

独学かスクールで悩まれている方に向けて、Webデザインを就職につなげるポイントを解説します。

ポイントは以下の2つです。

  1. Webデザインスクールに通っても独学は必須
  2. 就職のしやすさは、Webデザインスクールに定評あり

Webデザイナーの就職を考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

ポイント1.Webデザインスクールに通っても独学は必須

Webデザインスクールに通っても、個人学習の意味で独学は必須です。

クライアントからサイト制作の依頼があった時に、時代のニーズに合ったデザインの提案を求められる場面もあるでしょう。

普段から自分で勉強をしてWebデザインの流行を追っておく必要があります。

とくに将来独立をしたいと考えている方は、フリーランスはスキル収入に直結するため、個人学習は必須です。

だからこそ、スクールでWebデザインの学習方法を学ぶのもひとつの手段です。

スクールに通うにはお金がかかるため絶対に通うべきだとは言えませんが、スクールに通うことは、スキルを習得する以外にもメリットはあります。

ポイント2.就職のしやすさは、Webデザインスクールに定評あり

スクールには卒業生向けの求人紹介があるほか、就活制度が充実しているところもあります。

未経験からWebデザイナーに就職したい方は、これを利用しない手はないでしょう。

生徒の口コミや転職成功率を公表しているスクールもあります。

金銭面が不安な方は、全額返金制度や、最大56万円の給付金を受け取れる教育訓練給付金制度の対象になっているスクールがオススメです。

一定の条件を満たす必要があるため、対象になっているか確認してみてください。

未経験からWebデザイナー就職するなら、独学よりスクールがオススメ!

未経験からWebデザイナーに就職するなら独学かスクールかを解説しました。

未経験から独学でWebデザイナーになるためのポイントは以下です。

  • Webデザインは未経験からでも学べる
  • 未経験から独学でのWebデザイナー就職はあまりオススメできない
  • スクールには未経験からでもWebデザイナーに就職しやすい制度がある
  • 費用面で不安な方は就職・転職支援付きのスクールに通う

未経験からでも独学でWebデザイナーになることは可能ですが、効率的に学んで就職したいと考えている方にはスクールをオススメします。

Chapter Twoも就職や転職の実績は豊富です。

皆さんのお力になれると思いますので、ぜひ一度無料相談にお越しください。

Chapter twoの公式サイトはこちら