動画編集 WEBデザイン ライティング

Webデザイナーはつらい? 大変だと感じる5つの理由と解決策

Webデザイナーはきつい仕事?給料が仕事の割に合わない?ブラックな働き方?という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

専門スキルが必要とされる仕事では、働き方や今後のキャリアプランについての悩みはつきものです。

そこで、本記事では現在Webデザイナーを目指している人や、実際にデザイナーとして働いている人に向けて、どのようにつらいシーンを乗り越えていけるか、解決策をお伝えします。

スキルについて病んでつらい

Webデザインのスキル習得をし、クライアントのことを考えてデザインしたのに、思うように提案が通らず、デザインに対して厳しい指摘を受ける。

上司の指示通りにデザインをしたつもりが、ダメ出しを受ける。

他のWebサイトを見ていて、他のデザイナーのデザインを見て凹む。

Webデザイナーとして仕事をしている方は一度は出会う悩みではないでしょうか。

指摘を受けて修正をしても、クライアントや上司に受け入れられなければ、再び修正することになります。
こうした指摘を重ねるたびに自分のスキルを責め、メンタルにきてしまい、つらいと感じてWebデザイナーを辞めてしまうパターンも多いようです。

また、Web業界では常に学び続ける姿勢も求められます。
もともとWebデザインは覚えるべきことが多いのですが、新しい技術やトレンドに追いつけなければ、魅力的なWebサイトを作ることができません。

常に技術をアップデートし使いこなしていく必要があります。

方向性で悩んでつらい

特にWeb制作会社で働いている場合は、仕事はとにかくクライアントありきとなります。

Webデザインは個性を表す場ではないので、こだわりすぎないように注意しつつ、可能な限りクライアントの要求に応えられるスキルを身につけることが必要です。
自分はかっこいい、使いやすいと思ってデザインをしたのに、クライアントがそれを受け入れられなければ意味がありません。

社内の利益を求めるあまり、営業が理不尽な案件を取ってきた場合でも、対応せざるを得ないシーンもあるでしょう。

プロの視点からは微妙な仕上がりやデザインであっても、それがクライアントにとっての目的に沿っていれば、納期や要望に合わせることがベストな結果となります。

このように、ひたすらクライアントに合わせて仕事をせざるを得ないことに「つらい」と感じる方もいるようです。

働き方がつらい

働き方がつらくなってしまうパターンは主に2パターンあります。
制作に時間がかかってしまい、納期に追われて多忙になる場合と、チームで仕事をすることが多いので、人間関係で消耗してしまう場合です。

Webデザイナーの中には職人気質でこだわりが多く、「いいものを世の中に出したい」と思うあまり、制作に時間がかかってしまう人も少なくありません。

ただ、制作会社としては納期を守ることは必須となり、上司や関係部署からのプレッシャーが多くなることもしばしばです。このとき、Webデザイナーは残業したり時には徹夜をして、納期に間に合わせるように対応します。

また、「人間関係に疲れる」という声もよく聞きます。チームで分担して作業をすることが多いため、人と接することも意外に多いのがWebデザインの仕事です。

コミュニケーション力が乏しいとメンタルにきてしまう人も多く、人間関係が原因で「つらい」と感じてしまうのです。

待遇面がつらい

Webデザインはスキルの習得も、引き続き情報収集していくことも必要なのに、残念ながら労働時間や制作の出来栄えが必ずしも待遇に直結しないパターンも多いのが現状です。

WebデザイナーとしてWeb制作会社で働いている方の悩みとして

残業がつかない

なかなか待遇が上がらない

このような待遇についての問題がよくあります。仕事量に対して待遇が見合わず、つらく感じてしまう人も多いようです。

体力・健康面がつらい

Webデザイナーは、画面に向かって長時間デスクワークをする性質上、姿勢が悪くなってしまう人も多く、肩こり、腰痛、偏頭痛などの症状に悩まされています。

Webデザイナーでなくても、毎日長時間座りっぱなしの仕事を持つ人の多くは、この問題に直面することになります。

できるだけ姿勢に気をつけたり、時間を決めて体を動かすようルーティーン化する、マッサージなどに行ってメンテナンスするなど、健康面での工夫も求められます。

Webデザイナーがつらいとき考えるべきこと

スキルを身につけて解決するのか?

スキルに対して厳しい指摘を受けたり、デザインを否定されてしまってつらい場合は、その問題は自分がスキルを身につけて解決するかに注目してみましょう。

デザインを否定される場合は、クライアントの潜在的な問題を解決する提案ができていないパターンも多くあります。

例えば、サイト制作の目的が売り上げのアップということなら、デザインのクオリティがどんなに良くても、サイトを通しての購入など売り上げに繋がらなければ失敗となります。

一旦転職を考える前に、今の環境でデザインスキルだけでなく、マーケティング、営業力など幅広くスキルを身につけることができるかを検討してみるのはいかがでしょうか。

さらに、キャリアプランについて長期視点で考えてみるとより良い決断ができるでしょう。

キャリアプランを考え他人と比べない

スキルについて悩んでいても、将来のキャリアパスについて見通しが立っている場合は、今の努力も過程のうちだと、下積み期間として考えることができます。

今の会社に残りクリエイターとして制作をし続ける

Webディレクターなどマネジメント職に就く

スキルを身につけフリーランスとして独立する

など、長期的な視点で今後のキャリアについて考えてみましょう

また、他のデザイナーのデザインを見たり、フリーランスとして独立している他のデザイナーを見て、自分と比較して落ち込んでしまうシーンもあるかもしれません。

この時大事なのは、自分の長期視点でのキャリアの目標と、比べる相手の目標が全く違うこともあることです。
自分にとって最適な働き方は、他の人の理想と違うこともあります。

報収集は必要ですが、必要以上に他人と比べないことも大切です。

転職、副業で解決できるか?

Webデザインの勉強をしたものの、なかなか思うような働き方ができず、Webデザイナーとしての道を諦めてしまうというパターンも多いようです。
ただ、この時まだデザイナーとしての活動に未練があるなら、2つの可能性を考えてみるのはいかがでしょうか。

一つは転職、独立など環境を大きく変えること。
もう一つは、今の仕事を続けながら副業としてWebデザインを仕事にしていくことです。

環境はWebデザインの仕事をしていく上で重要な要素となります。特に、チームのメンバーと目指す方向性や感性が合わないと、仕事自体がきついものになってしまうでしょう。

また、営業、企画、エンジニアなどさまざまな部署との連携が必要で、自分の感性と合わないデザインを求められる場面もあります。

他の業界と同じように人間関係に消耗して退職してしまうケースも少なくありません。
自分にとってストレスの少ない環境で働けるかは、デザイナーとしてのキャリアプランを大きく左右することになるでしょう。

そこで、転職をして理念に合った会社で働けるようになったり、フリーランスとして独立して仕事を選んでいくことができれば、これらの環境や人間関係の悩みを解決できることがあります。

今の環境でメンタルにきてしまうほどつらい場合は、Webデザイナーを辞めてしまうのではなく、違う環境に身を置くとまた違った景色が見えてきます。

そうはいっても、思い切って今の仕事を辞めるまではできないし、メンタルにくるほどまでではない、という方も多いのではないでしょうか。
その場合、副業でフリーランスとして収入を得る道を検討してみましょう。

副業としてWebデザインを仕事にしていく場合は、自分が得意とする分野や業界知識、スキルをいかして案件を獲得できるだけでなく、ある程度の選り好みが効きます。

また、本業で安定した収入があることから、精神的にも余裕を持って副業に取り組むことができます。

会社では必ずしも努力に応じて対価が支払われなかったとしても、副業やフリーランスではクライアントが支払った報酬を、対価としてフルに受け取ることができる場面も多く、やりがいを持って仕事に取り組むことができます。

Webデザイナーの仕事がつらい時の解決策まとめ

今、「Webデザイナーとして働いていてつらい」「Webデザイナーの仕事に興味があるけどつらそうで悩んでいる」という方は、色々な分野で活躍するWebデザイナーについて情報収集することがおすすめです。

キャリアについて長期視点で考え、今の自分に必要な活動を時間をとって考えてみましょう。

今の仕事場で活動し続けることが、自分の理想のキャリアプランにとって必要なことかどうかを考え、場合によっては視野を広げて転職や独立、副業をスタートしてみましょう。

Webデザイナーの仕事について調べると、ネット上には「つらい」「ブラック」という情報もありますが、それだけではありません。

ストレスの少ない働き方や、将来的に目指すキャリアプランに向かって、好きなクライアントと契約し、Webデザイナーとしてやりがいを持って活躍している人もたくさんいます。

スキルについて悩んでいる場合は、下積みとしての必要な期間と捉えられるかを考え、将来のキャリアプランについて検討し、色々な働き方を試してみることがおすすめです。

Webデザイナーとして働くことを考える方は、具体的な仕事内容を見て仕事のイメージを深めてみるのはいかがでしょうか。
Chapter Twoでは、高単価な案件を獲得して年収をアップするステップをレクチャーしています。ご興味のある方は公式サイトをご覧ください。

Chapter Two公式サイトはこちら