動画編集 2024.05.10(金)

動画編集の案件の取り方8選!案件を取るまでのStepも解説!

「動画編集の案件を取りたいけど、どうやって案件を取ればいいの?」そう思う方も多いのではないでしょうか?案件を取るためには、正しい案件の獲得方法を知る必要があります。本記事では、動画編集の案件の取り方を8つの選択肢とともに、案件を確実に取るための具体的なステップについても詳しく解説していきます。

動画編集の案件の取り方8選

 案件

動画編集の案件の取り方は以下になります。それぞれ大きく違うので、自分に合った案件の取り方を見つけてみて下さい。以下では案件の取り方を詳しく解説していきます。

  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • 企業などにメール・電話で営業をかける
  • 案件を紹介してくれるエージェントを使用する
  • 知人や友人に紹介してもらう
  • ブログ・SNS経由で仕事を受ける
  • オンライン・オフラインイベントに参加する
  • 海外のクラウドソーシングを利用する
  • 動画編集スクールに案件を紹介してもらう

クラウドソーシングサイトを活用する

クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼する人と仕事を受注したい人とをマッチングさせるサービスです。クラウドソーシングサイトの主な特徴は以下の通りです。

  • 無料で利用できます
  • 未経験者でも案件に応募可能
  • 自分で営業する必要がないので負担が軽い

初めてフリーランスを目指す方にとって、クラウドソーシングサイトは最初の一歩として最適なプラットフォームと言えます。

おすすめのクラウドソーシングサイトは以下の通りです。

  • CloudWorks(クラウドワークス)
  • Lancers(ランサーズ)
  • coconala(ココナラ)

これらのサイトはユーザー数が多く、豊富な案件が用意されています。まずは登録して、どのような案件があるのか確認してみることをおすすめします。クラウドソーシングサイトを上手に活用することで、スムーズに案件と取ることができるでしょう。

企業などにメール・電話で直接営業をかける

企業などにメールや電話で営業をかけることで、企業と直接案件のやり取りをすることができるようになります。企業と直接やり取りをするメリットは仲介手数料などを取られないことです。仲介手数料は多いところで3割ほど取られてしまうので、直接取引できるだけでも報酬はかなり変わってきます。企業への直接の営業はとても大変ですが、必ず行っておくことをおすすめします。企業へ直接メールや電話で営業を行うことで、クラウドソーシングサイトを介さずに企業と直接取引できるというメリットがあります。直接取引のメリットは以下の通りです。

  • 仲介手数料が発生しない
  • 直接取引なら手数料分の収入アップが見込める
  • 要件の細かな調整がしやすい

一方で、直接営業には以下のようなデメリットもあります。

  • 営業活動に多大な労力がかかる
  • 企業への信用力が問われる
  • 案件獲得までに時間がかかる

このように企業への直接営業にはメリット・デメリットがありますが、長期的な収入アップを目指す上では必要不可欠な活動です。直接営業は労力がかかりますが、着実に実績を重ねていけば、安定して案件をを手に入れられるようになります。

案件を紹介してくれるエージェントを使用する

エージェント

エージェントを利用することによって、クラウドソーシングサイトなどよりも高単価な案件に挑戦することができます。まだ案件を取ったことが無い方にはハードルが高いので、まず最初はクラウドソーシングサイトで案件を取ってみることをおすすめします。クラウドソーシングサイトなどで実績を積んでおくことで、エージェントでも案件が取りやすくなります。案件を獲得するための手段として、エージェントを活用することが挙げられます。エージェントを活用するメリットは以下の通りです。

  • クラウドソーシングサイトよりも高単価の案件を紹介してくれる
  • 自身に合った案件を選別して提案してくれる
  • 交渉の手間が省ける

一方で、エージェントを活用する上での注意点は次のようなものがあります。

  • 一定の実績が必要とされる場合が多い
  • 手数料が発生する(通常10~20%)
  • 希望の案件が来るまで時間がかかる可能性がある

そのため、初めてフリーランスを始める方は、まずはクラウドソーシングサイトで以下のように経験を積むことをおすすめします。具体的には以下のようなStepとなります。

  1. クラウドソーシングサイトに登録し、低単価からでも案件に挑戦する
  2. 徐々に実績とスキルを積み上げていく
  3. 一定の実績ができた段階でエージェントに登録する

このように、最初はクラウドソーシングサイトで経験を積み、徐々にステップアップしていくのが一番無難なやり方と言えます。エージェントは、フリーランスとしての経験が一定程度積み重なってきた方が、効果的に活用できる選択肢の一つでもあります。そのため状況に合わせて、上手に組み合わせながら案件を取ることをおすすめします。

知人や友人に紹介してもらう

案件獲得の手段として、知人や友人に紹介してもらうことは最もハードルが低い方法の一つです。身近な人脈を活用することで、スムーズに案件を獲得できる機会が生まれます。最初は知人や友人を頼りにしながら、並行して以下のような取り組みも心がける必要があります。

  • 無料でも構わないので、できる限り実績作りに励む
  • クラウドソーシングサイトなどで幅広く案件を探す
  • SNSなどで自身のスキルや実績をアピールする

このように、知人や友人からの案件と併せて、様々な案件獲得の機会を作り出すことが重要です。徐々に実績を積み重ね、案件を取っていきましょう。

ブログ・SNS経由で仕事を受ける

ブログやSNSで自身の作品やスキルを積極的に発信することは、フリーランスとして案件を獲得する有効な手段の一つです。発信を続けることで、自分が営業活動を行うことなく、案件の依頼が届くようになります。発信の内容としては、完成した作品の紹介はもちろん、制作過程の公開やノウハウ共有、コラムなども非常に有効的です。SNSでは関連する投稿にハッシュタグを付けるなど、多くに人に見てもらうための工夫も必要です。

オンライン・オフラインイベントに参加する

イベントに参加することは、新たな人脈を構築し、案件獲得のチャンスを広げるための非常に有効な手段です。特にオフラインイベントでは、対面での交流を通じて深い人間関係を築くことができます。

オフラインイベントへの参加のメリットは以下の通りです。

  • 直接的な対話により、より質の高い人間関係を築ける
  • 参加者の実際の雰囲気を感じ取れる
  • 自身のスキルや実績を直接アピールできる
  • 偶発的な出会いから新たな機会が生まれる可能性がある

動画編集の案件を取るには、幅広い人脈作りに取り組むことが重要です。その中でイベントは案件獲得の絶好の機会です。積極的に参加し、人とのつながりを大切にしましょう。

海外のクラウドソーシングを利用する

英語力のある方であれば、海外のクラウドソーシングサイトを利用することで、より高単価の案件を獲得できる可能性があります。

海外クラウドソーシングを活用するメリットは以下の通りです。

  • 日本国内よりも高い報酬水準が期待できる
  • 為替レートの影響で、実質的な収入がさらに高くなる可能性がある
  • 例: 100ドルの案件なら、1ドル=150円とすると15,000円相当

一方で、デメリットもいくつか存在します。

  • 言語の壁があり、コミュニケーションは英語が喋れても難しい場合がある
  • 文化の違いから要件のズレが生じる可能性がある
  • 支払い方法や納期のズレなどのトラブルリスクがある

英語力さえ備えていれば、海外クラウドソーシングは高収入を得る有力な選択肢となります。リスクを十分に理解した上で、グローバル展開することで、更なる飛躍のチャンスが広がります。

動画編集スクールに案件を紹介してもらう

動画編集の実務経験がない方にとって、動画編集スクールは実践的な技術習得と実績作りの絶好の場所となります。中にはスクール卒業生に案件を紹介してくれるところもあります。動画編集スクールに入学する際は、以下の点を心がけましょう。

  • 授業に熱心に取り組み、積極的に質問をする
  • 課題作品はこだわりを持って制作に取り組む
  • 提出作品のクオリティを高め、フィードバックを活かす
  • スクール側との信頼関係を構築する

動画編集スクールは、実践的なスキルを身につけつつ、確実に案件の獲得につなげられる大きなチャンスです。熱心に取り組めば、卒業後すぐに動画編集の仕事を始められるところが多くあります。本記事の最後ではおすすめの動画編集スクールを紹介しておりますので、ぜひ見てみて下さい。

動画編集の案件を取ることができない原因5選

悲しい

案件を取ることができない原因は様々ですが、ここでは主な5つの原因と対策について解説します。案件獲得に苦戦している方は、自身の状況を照らし合わせながら、適切な対応を行うことが重要です。

  • 動画編集の実力が足りていない
  • プロフィールを充実させる
  • ポートフォリオが充実していない
  • 営業数が足りない
  • 応募・営業文章を見直す

動画編集の案件に対し実力が足りていない

案件を取れない大きな理由の1つが、動画編集の実力不足です。初心者の方は、まだ実力が足りないことがかなり多いです。特に動画編集スクールに通っていた方は動画編集スクールを卒業したから実力が付いていると勘違いしてしまう方がいます。実力がどの程度か確認する方法は以下の通りです。

  • 他の人の編集作品を見て、自分の作品と比較する
  • 案件に添付されている参考動画を見て、求められるレベルを理解する

自分の実力が足りないと感じたら、ひたすら練習を行うしかないです。動画編集ソフトを使ってコツコツ練習を重ね、少しずつでも実力をアップさせていきましょう。未経験からスタートするため実力不足は当然です。焦らずに地道に練習を続け、徐々に経験と実績を積み重ねていけば、いずれは報酬が得られる実力は付きます。あきらめずに頑張っていきましょう。

プロフィールを充実させる

案件を獲得するうえで、プロフィールの内容は極めて重要です。適当なプロフィールでは、発注者から信頼を得ることができません。発注者は同等の実力でも、プロフィールを丁寧に作成している編集者を選ぶことが多いです。プロフィールを充実させるためのポイントは以下の通りです。

  • 自己紹介を分かりやすく書く
  • 実績やポートフォリオを掲載する
  • スキルやソフト習熟度を正確に記載する
  • 写真やアイコンで好印象を与える

発注者は、プロフィールからあなたの姿勢や熱意、実力をよく見ています。内容を充実させることで、確実に案件獲得の確率は高まります。

ポートフォリオが充実していない

ポートフォリオ

ポートフォリオは、動画編集者の実力を最もよく示す指標となります。ポートフォリオが不十分だと、発注者は応募者の編集能力を適切に判断できません。そのため、ポートフリオを充実させることが、案件獲得への重要な鍵となります。ポートフォリオを魅力的にするためのポイントは以下の通りです。

  • 作品の質を重視する
  • 様々なジャンルの作品を用意する
  • 作品紹介文を分かりやすく記載する
  • 常に最新の作品を追加していく

発注者は、ポートフォリオから編集力を確認し、応募者を厳選します。魅力的なポートフォリオを構築することで、格段に案件獲得の可能性が高まります。ポートフォリオ作りに力を注ぎ、自身の武器を強化しましょう。

応募・営業数が足りない

案件を獲得できない最大の理由の一つに、応募・営業活動の量が足りないことが挙げられます。応募数や営業回数を増やせば、必然的に案件を受注するチャンスも高まります。まずはクラウドソーシングサイトへの応募数を増やすことが重要です。クラウドソーシングは24時間応募可能なので、無理なく多くの案件に応募しましょう。

一方で直接営業をする場合は、時間的制約があるため工夫が必要です。効率的に多くの企業にアプローチできるように、メール営業の代行サービスなどをを利用してみるのも一つの手です。メール営業の場合1件当たり数円~数十円で利用することが可能です。応募・営業活動の量を増やすことは、案件獲得への最短ルートです。焦らず地道に取り組むことで、案件を取れるチャンスが広がっていきます。

応募・営業文章を見直す

案件応募や営業活動で、なかなか返信が得られない場合、その原因として応募・営業文の内容が適切でない可能性があります。効果的な文章であれば、確実に反応率は高まります。応募・営業文を改善するためのポイントは以下の通りです。

  • 複数のパターンを用意する
  • 分かりやすく簡潔に要点をまとめる
  • 読み手の視点に立った文章を心がける
  • 信頼性と熱意が伝わる内容にする
  • 件名はインパクトのある文章にする

応募・営業文は、自身の第一印象を決める大切な要素です。しっかりと分析を行い、最適な文章を見つけ出すことが非常に重要です。

動画編集は未経験でもOK?仕事の始め方や必要スキルを紹介

動画編集の案件を確実に獲得する5つの取り方

案件を獲得するためのコツは様々ありますが、以下では5つのコツを紹介します。

  • 動画編集スキルを身に付ける
  • 魅力的なプロフィールを作成する
  • 様々なジャンルのポートフォリオを作成する
  • 営業スキルを身に付ける
  • 応募・営業文章を丁寧に作成する

これらのコツを押さえることで、案件を取ることのできる機会が広がります。

動画編集スキルを身に付ける

案件を取るためには、動画編集スキルが必須となります。高度な編集技術を身につけることで、高品質な仕上がりと効率的な作業が可能になり、クライアントの満足度を大きく高めることができます。

具体的には、以下の点を意識した編集スキルの向上が求められます。

  • 基本操作から高度な機能までを幅広く習得する
  • スピーディーかつ高品質な編集を実現する
  • クライアントの要望を上回る提案ができるよう心がける

動画編集の技術は日々進化を遂げています。圧倒的な編集力を身につけるためには、常に学習する必要があります。高いスキルを武器に、確実に案件を取れる動画編集者を目指しましょう。

魅力的なプロフィールを作成する

プロフィール

自分自身をアピールするプロフィール文章は必須です。編集の力を存分に発揮し、自分の長所や個性が伝わる魅力的な作品を制作しましょう。

プロフィール文章は、クライアントに自身の存在をアピールする上で非常に重要な役割を果たします。自己紹介と共に、自分の強みや魅力的な面を効果的に伝えることがクライアントに求められます。

良いプロフィール文章を作成するためのポイントは以下の通りです。

  • 簡潔で分かりやすい文章構成にする
  • 動画編集歴や実績、スキルなどを具体的に記載する
  • 専門分野や得意ジャンルを明確に示す

プロフィール文章は、動画編集者として最初の入り口となる重要な要素です。自身の魅力を最大限アピールした、簡潔かつ印象的な内容を心がけましょう。そうすれば確実に、クライアントの目に留まり、案件獲得の大きなチャンスが広がるはずです。

様々なジャンルのポートフォリオを作成する

クライアントのニーズに応えられるよう、広範なジャンルの動画を用意することが非常に重要です。ポートフォリオを通して自分のスキルの幅広さをアピールできます。

ポートフォリオには様々なジャンルの動画を取り揃えることが求められます。単一のジャンルに特化するのではなく、幅広い編集スキルを持ち合わせていることを示すことが非常に重要です。クライアントのニーズは多岐に渡るため、様々なジャンルの動画制作能力を備えていることをアピールできるポートフォリオが不可欠となります。さらに、単に動画ファイルを並べるだけでなく、各作品の概要やこだわりポイントを簡潔に説明することで、クライアントに確実に自身の編集力を印象づけることができます。ポートフォリオは編集者の実力を最もよく表す「名刺」みたいなものです。今出せる全力でポートフォリオを作成しましょう。

営業スキルを身に付ける

動画編集の案件取るには、動画編集スキルと営業力が非常に重要な要素となります。クライアントのニーズを的確に捉え、自身の強みを分かりやすく伝えられるコミュニケーション能力が求められます。また、単発の営業活動ではなく、継続的で地道なアプローチを心がける必要があります。動画編集技術はもちろん重要ですが、それだけでは案件獲得は難しくなっています。コミュニケーション能力と継続した地道な営業活動の両方を行わなくてはなりません。クライアントの本音を聞き取り、的確な提案ができる力がなければ案件を取ることができません。また、一度きりの営業では難しいため、フォローアップが重要です。

応募・営業文章を丁寧に作成する

応募書類や営業文書の内容が案件獲得に繋がります。分かりやすく丁寧な文章で、自身の経歴やスキルをアピールし、要件を踏まえた具体的な提案をすることで、案件を獲得できる可能性が高まります。

動画編集の案件を取るためには、応募文章や営業文章の内容が非常に重要になります。クライアントに確実に選んでもらうためには、分かりやすく丁寧な文章作りと、的確な自己アピール、さらに具体的な提案をする必要があります。

文章作りのポイントとしては、以下の点に注意する必要があります。

  • 簡潔で分かりやすい文章構成
  • 誤字脱字のないきれいな文章
  • 丁寧かつ柔らかい語り口調

応募・営業文書は、クライアントに対する第一印象を決める大切な機会です。丁寧な文章で自身の魅力を存分にアピールし、クライアントの本音を聞き取った具体的な提案を行うことで、確実に案件を取ることができます。

動画編集の副業で稼ぐ方法を徹底解説!

動画編集の案件を取る際の注意点

 注意

ここでは動画編集の案件を受ける際の注意点を解説します。以下で紹介する注意点を知っておくことで、事前にトラブルを避けることができます。

  • 実績に掲載できるかを確認する
  • 自分の時給単価に見合っているか確認する
  • 案件の納期は必ず守る

実績に掲載できるかを確認する

案件を行う際には必ず実績に掲載してもいいか確認するよう心がけましょう。せっかく案件を行うのであればポートフォリオに実績を掲載したいですよね。クライアントによっては実績掲載NGのところもあります。最初の内はポートフォリオを充実させるためにも実績掲載は非常に重要となってきます。実績を掲載することによって次の案件にもつながりやすいです。

自分の時給単価に見合っているか確認する

自分の時給単価に見合っていない案件はできるだけ行わないようにしましょう。ですが、実績を積む段階であれば自分の時給単価関係なく案件をどんどん受けていきましょう。実績を積むことができてある程度案件が安定してくるようになってきたら、しっかりと自分の時給単価を意識して案件を受けるようにしましょう。クラウドソーシングなどはかなり単価が低いことが多いので、エージェントなどを使うことをおすすめします。エージェントはクラウドソーシングよりも高単価で案件を受けることができます。副業ではなくフリーランスとして独立した場合は必ず登録しておきましょう。

案件の納期は必ず守る

案件を獲得したら、クライアントから提示された納期には必ず間に合うように動画を作りあげましょう。納期に遅れてしまうと、クライアントからの信頼を失ってしまいます。一度失ってしまった信頼は回復させるには大きな時間と労力がかかってしまいます。もしも、納期に間に合わないとなってしまったら、間に合わないとわかった時点で、クライアントに連絡を入れましょう。早めに連絡を折れることで、多少は信頼を失うかもしれませんが、当日間に合わないよりは全然いいです。

動画編集の案件を取り方5Step

以下では動画編集者として、案件を獲得するまでの5Stepを解説します。このステップを着実に踏むことで、案件を獲得することができます。

  • Step1.動画編集の基礎スキルを身に付ける
  • Step2.動画編集の実践的なスキルを身に付ける
  • Step3.ポートフォリオの作成を行う
  • Step4.応募・営業を行う
  • Step5.案件獲得

Step1.動画編集の基礎スキルを身に付ける

動画編集を仕事として行うときに重要なのが、基礎的なスキルを確実に身につけることです。動画編集ソフトの操作方法、カット編集、トランジション、タイトル加工などの基本技術を徹底的に学びましょう。単に技術を使えるようになるだけでなく、動画の構成力や編集のキレを磨くことが非常に重要です。基礎があってこそ、高度な編集技術を身につけられます。基礎を抑えることで、クライアントの要望に的確に応えられるようになり、クオリティの高い作品作りができるようになります。

Step2. 動画編集の実践的なスキルを身に付ける

基礎スキルを身に付けたら次は、実践的な編集力を磨く段階に入ります。実際の案件を想定し、様々なジャンルの動画を様々な視点から編集する練習を行います。効果的な動画編集技術を習得することで、クオリティの高い作品を作れるようになります。なかなか一人で高度なスキルを身につけられない場合は、動画編集スクールに通うことも検討してみてはいかがでしょうか。理由としては、プロの講師から指導を受けながら、着実にスキルアップできるためです。

Step3. ポートフォリオの作成を行う

動画編集者として案件を取るためには、自身の実力を示すポートフォリオの作成が必要不可欠です。スキルアップの過程から、クオリティの高い作品を幅広く収録し、様々な動画編集力をアピールする必要があります。ポートフォリオには、様々なジャンルの作品を組み込むことが非常に重要です。作品の質はもちろん、編集のこだわりや工夫した点なども分かりやすく伝えましょう。一度作成しただけでは不十分で、随時更新を行っていきましょう。最新の作品を追加し、スキルアップしたことを示すことで、信頼性も高まります。ポートフォリオは動画編集者の「名刺」です。営業活動の際に必ず問われるので、質の高いポートフォリオ作りに早くから行い準備しておきましょう。

Step4. 応募・営業を行う

動画編集力を身に付け、魅力的なポートフォリオを作成できたら、いよいよ実際の案件獲得に向けた活動に移ります。まずは自身の動画編集力を最大限に活かせる案件を探しましょう。そして、応募書類や営業文章を丁寧に作成しましょう。応募文章では、経歴やスキルを分かりやすくアピールするとともに、クライアントの要望を踏まえた具体的な提案を心がけましょう。営業文章も同様に、簡潔且つ丁寧な文章で自身の魅力を伝え、ニーズにマッチした内容にしましょう。そしてポートフォリオを効果的に活用しながら、積極的に応募・営業活動を行っていくことが重要です。

Step5. 案件獲得

案件を取ることができたらスケジュール管理を徹底し、クライアントとの緊密なコミュニケーションを心がけましょう。要望を的確に聞き取り、提案を加えながら、満足度の高い動画作品を仕上げましょう。品質はもちろん、納期やクライアントの信頼に応えられる作業姿勢も非常に重要です。一つの案件を確実にこなすことで、次の案件へとつながる好循環が生まれるためです。プロの動画編集者として、常に責任感を持ちましょう。クオリティの高い作品を提供し続けることで、実績を積み上げ、更なるステップアップを目指すことができるはずです。

安い動画編集スクール9選!質が高い講義を徹底比較!

案件を獲得したいなら動画編集スクールがおすすめ

動画編集で案件を取りたいのであれば、動画編集スクールがおすすめです。動画編集スクールは案件を取る(稼ぐ)ためのものなので、独学よりも早く案件を取ることができます。また、動画編集スクールに通うことで様々なつながりができ、そこから案件を取れることもあります。ほかにも学習を継続するためのサービスが整っているところも多いため、独学で学習する自信がない方にもおすすめです。以下では、おすすめの動画編集スクールを紹介します。

最短3ヶ月で案件獲得出来るChapterTwo

CT

「Chapter Two」の魅力は、「案件獲得」に特化したスクールであることです。

以下ではChapterTwoの特徴を紹介します。

  • 「After Effects」を使ったアニメーション動画制作が学べる
  • 高単価案件に対応できるスキルがつく
  • 案件を獲得できる営業力がつく

また、3か月間で案件を取ることができる動画クリエイターになれるカリキュラムが組まれています。そのため、短い期間で凝縮して動画編集のスキルを付けたい方には非常におすすめです。また、卒業後はChapter Twoが運営しているオンラインサロンに入ることができ、月額1,000円で以下の学習サポートが受けられます。

  • ポートフォリオ•課題の添削
  • 営業講義
  • 補講会

また、実際に獲得した案件の添削なども行えるため、完璧な状態でクライアントに提出することができます。短い期間で案件を取りたい!という方はぜひチェックしてみて下さい。

概要

内容

コース

グループコース

マンツーマンコース

受講料金

グループコース:398,000円

マンツーマンコース:598,000円

受講期間 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ制作期間)
受講方法 オンライン
学べるスキル After Effects/Premiere Pro/Photoshop/営業/書類作成等
サポート内容 営業サポート/打合せ同席サポート/案件紹介サポート/チャットサポート/添削サポート/オンラインサロン
運営会社 株式会社ChapterTwo
動画コース申し込みはこちら

動画編集の案件の取り方に関する質問

ここでは層が編集の案件の取り方に関する質問を紹介します。多くの方が抱く疑問なので、本記事で解決しておきましょう。

未経験からでも案件は取れますか?

未経験からでも案件を獲得することは可能です。しっかりと基礎から学び、ポートフォリオを作成すれば、小さな案件から徐々に経験を積むことができます。動画編集スキルと根性さえあれば、未経験者でも案件獲得のチャンスは十分にあります。

どれくらいで案件を取れるようになりますか?

個人の努力次第ですが、動画編集の基礎を身に付け、ポートフォリオを作成するまでに数ヶ月は必要でしょう。その後、着実に営業活動を続け実績を重ねていけば、半年から1年程度で一定の案件を安定して受注できるようになります。動画編集スクールなどに通うことによって、この期間を短縮することは可能です。

案件を取るのは難しいですか?

案件を取ることは難しいのが現状です。理由としては動画編集の案件は競争が激しく、良質な案件は限られているためです。しかし、高い編集力と営業力、根性があれば、着実に案件を獲得できる可能性は十分にあります。地道な努力を継続することが非常に重要です。低単価な案件は比較的取りやすいですが、なかなか稼ぐことが難しいです。そのため、低単価な案件で実績を積みつつ、良質な高単価案件を探すことをおすすめします。

動画編集の案件の取り方はたくさんある

ガッツ

案件を獲得する方法は沢山あります、その中で自分に合っているものを探すことが案件を取るの非常に重要になってきます。一度一通り行ってみて、急がずにゆっくりと選定していくと良いでしょう。また、今回紹介したコツもしっかりと覚えて実践してみて下さい。まずは最初の案件を取れるまで頑張りましょう。最初の案件を取ることができれば、自分に自信が出てくるはずです。

動画編集スクールおすすめ17選!人気ランキングと動画編集スクールの選び方

Related Article
関連記事