動画編集 2024.01.11(木)

動画編集で稼げるようになるにはどれくらいかかる?最短で稼げるルートも紹介!

皆さん動画編集の学習を始めてどれくらいで稼げるようになるのか、、、とても気になりますよね!

 

動画編集の市場規模はどんどん拡大中なので動画編集の学習をして、
稼ぐ動画編集者になりましょう!

 

今回の記事では気になる学習期間や稼ぐまでの流れを詳しく解説しますので是非参考にしてください!

どれくらい動画編集の学習をしたら稼げるのか?

大体1~3ヶ月

動画編集の学習を始めて平均3ヶ月目以降に案件を獲得する人が多いです。
早い人では1ヶ月ほどで獲得する人もいます。

 

YoutubeやTikTokの編集案件初心者でも案件は取りやすいです。

勉強時間にしたらどれくらいなのか?

100時間~300時間の学習が必要

動画編集者として稼げるようになるには、100時間から300時間の学習が必要となります。
FP2級やITパスポートの学習時間に近い勉強時間です。

 

1日に1時間半の学習を3ヶ月続けると150時間ほどになります。

学習目安は3ヶ月から6カ月とみておくといいでしょう!

動画編集スクールに通いながら稼ぐことはできるのか?

結論、動画編集スクールに通いながら稼ぐことは可能です。

実際在学中に案件を取って稼ぐ方は一定数いらっしゃいます。

 

案件は獲得できなくとも、商談にこぎつくことができる方もいます。

多くの方は知り合いから動画編集の案件をいただくことが多いです。

 

動画編集スクールによっては案件紹介というものがあるので、案件紹介を利用して稼ぐ方もいます。

案件紹介は各動画編集スクールの基準に達した場合に紹介していただけることが多いです。

 

動画編集スクールに通いながら報酬を得ることは可能です。

自身のある方は積極的に営業を行っていきましょう。

動画編集で稼ぐまでの流れ

 

動画編集で稼ぐまでの流れは主に3つあります。
以下では3つの内容を詳しく解説いたします。

動画編集の基礎スキルを学習しよう

動画編集でお金を稼ぐには最初から難しいスキルなどは必要ありません。
まずは動画編集の基礎をしっかりと身につけましょう。

 

基礎を覚えるのは最初は地味でやる気が出なくなってしまいますが、
基礎をきちんと固めることによって応用を聞かせられる幅が広がります。

 

応用を聞かせられることによって案件の単価アップも期待できます。

ポートフォリオを作成しよう

営業を行う前にポートフォリオは作成しておきましょう。
動画編集者にとってポートフォリオは自分の実力証明できるものです。

 

最初はポートフォリオに乗せる動画はあまりないと思いますので、
自主制作として作った作品をポートフォリオに入れるといいでしょう。

 

動画編集スクールの場合だと卒業制作としてポートフォリオ制作があるスクールも多いです。

案件を受注するためにアクションを起こそう

案件を獲得するのに一般的なものはクラウドソーシングサービスです。
クラウドソーシングサービスでは様々な動画編集の案件があります。

 

まずはクラウドワークスやランサーズなどいろいろな媒体があるので必ず1つは登録してみよう。

まだクラウドソーシングサービスで受注できる自信が無いという方は、以下のアクションを起こしましょう。

 

1.自分の知り合いへの営業

自分の行きつけのお店や友達がやっているお店、友達の結婚式など、案件獲得のハードルは下がるので積極的に案件を取りに行きましょう。

 

案件を取りに行くときは報酬を得るという目的よりも、実績を作るという認識の方が良いです。

 

実際の実績を積み重ねることによって次第に報酬を得ることができます。
最初の内は下積み期間だと思って、報酬<実績を意識していきましょう!

 

2.SNSに制作物投稿
自主制作の動画をSNSに投稿しましょう。

 

SNSに投稿する際には必ず動画編集に関連したハッシュタグをつけましょう。
ハッシュタグをつけることによって、動画編集業界の方が自分の作品を見てくれます。

 

 

動画編集スクールは無駄・意味がないって本当?稼げるフリーランスになるには?

動画編集を学習しても稼げない人の特徴

途中であきらめてしまう人

学習を途中であきらめてしまう人は少しの知識多少残ります。
ですが、その知識も学習しないうちに忘れていってしまいます。

動画業界は新しい技術が日々生まれてくるので学習していないと全くついていけなくなります。

日々のキャッチアップを欠かさず行わなければいけません。

アクションを起こさない人

中々営業などを行わない方は稼ぐことはできません。
営業は苦手だという方は多いかもしれませんが、営業を行わないと案件は獲得できません。

 

最初は難しい営業ですが、やったことが無い方は失敗してもいいので一度挑戦してみましょう。

おすすめな学習方法は?

勉強する男性

動画編集スクールに通って学習する

動画編集のスキルを身に着けるのに一番早い方法は動画編集スクールに通うことです。

 

動画編集スクールで最短は稼げるまでのカリキュラムが組まれているので、
カリキュラムをこなすことによって、最速で学習を進められます。

 

他にはプロの講師からのフィードバックなどもあり、修正点が明確になるのでおすすめするします。

 

分からないところなどもすぐに質問できる環境になっているので、疑問点を抱えたままということはありません。

 

動画編集スクールの中には実際の案件を行うことのできるところもあります。
作った動画はポートフォリオは乗せることもできます。
その為、動画編集スクール卒業後にはすぐに営業に出ることができます。

 

動画編集スクールへの入校を検討している方は、必ず動画編集スクールの無料説明会などを受けましょう。
また受ける際には今後自分がどうなっていきたいのかをしっかり説明しましょう。

 

無料説明会は最低でも3社は回りましょう。
3社回ってもいいところが無かったら、見つかるまで探しましょう。

自分に合ったスクールでないとスムーズに学習を進めることが出来なくなってしまい、お金を無駄にしてしまう可能があります。

 

体験会を開催しているスクールも多くありますので、積極的に参加しましょう!

 

最短で動画編集を覚えて稼ぎたいという方は動画編集スクールがおすすめです!

有料教材を使ってサポートも受けつつ独学で学習する

動画編集の学習に予算をあまりかけられないという方は、有料教材をおすすめします。

 

有料教材と動画編集スクールの違いは、自分で学習するか、講師に教えてもらうかです。

 

有料教材の場合は基本的に自分で学習を進めていきます。
有料教材によっては添削などのサポートが受けられるところもあります。

 

カリキュラムも学習の順番が決まっているので学習しやすいのもおすすめポイントです。
おすすめの有料教材はUdemyです。

 

Udemyでは動画編集の中でも様々な教材があり、自分に合った教材を選ぶことができます。

Udemyは通常3万円程度の教材が多いですが、セール時は1000円程度で購入可能です。

 

セールは頻繁に行っているのでチャンスはかなり多いです。

セール時に気になっている教材をまとめて購入するのも一つの手ですね!

動画編集を学習したいけど予算を抑えたいという方にはかなりおすすめです!

無料教材を使って完全独学で学習をする

最後は完全無料で行う独学についてです!

結論、自分で学習計画を決めて動画編集の学習を行える方であれば、
お金もかからないのでおすすめです。

 

逆をいうと自分で学習計画を決めたり、一人で勉強することが苦手だ、、、
という方にはあまりおすすめしません。

 

独学では学習計画を整えていないと動画編集スキルを習得するまでに大きな時間がかかってしまいます。

 

サポートもないのでかなり挫折しやすくなってしまいます。

 

ですが、一度独学でやってみるのはいいです。
一度独学で勉強することによって、自分には独学が本当にあっているのかが、
明確になり、次の選択肢が生まれるためです。

 

動画編集スクールや有料教材の購入に迷ったら、一度独学で学習してみましょう!

おすすめ動画編集スクール5選

以下ではおすすめの動画編集スクールを5つ紹介します。
どこの動画編集スクールも魅力的ですので動画編集スクール選びの参考にしていただければ幸いです。

3ヶ月で稼げる動画クリエイターへ|ChapterTwo

 

「Chapter Two」の魅力は、「After Effects」に特化したスクールであることです。

他のスクールだと動画クリエイターを学ぶ一環として「After Effects」の授業を組み込んでいますが、「Chapter Two」の場合は「After Effects」をメインとしています。

 

3か月間で「After Effects」を使って稼げるカリキュラムが組まれています。
そのため、最短で動画編集者として稼ぎたい方にはぴったりな動画編集スクールです。

 

カリキュラムは卒業後も見ることができるので、いつでも復習を行うことが出来ます。

また、Chapter Twoでは多くの方が苦手としている営業の力をつけるカリキュラムも用意しています。
動画編集スキルと営業スキルを付けることで最短で稼ぐ力が身につきます。

 

Chapter Twoが運営しているオンラインサロンでは月額1,000円で学習のサポートをしています。
在学中に終わらなかった課題やポートフォリオもオンラインサロンに入会していればいつまでも、サポートを受けることが可能です。
案件の添削なども行っていただけるため、クオリティーを担保し納品することができます。

 

After Effects・営業スキルを付け、最速で稼げるクリエイターになりたい方におすすめです。

 

コース グループコース
マンツーマンコース
受講料金 グループコース:398,000円
マンツーマンコース:598,000円
受講期間 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ制作期間)
受講方法 オンライン
学べるスキル After Effects/Premiere Pro/Photoshop/営業/書類作成等
サポート内容 営業サポート/打合せ同席サポート/案件紹介サポート/チャットサポート/添削サポート/オンラインサロン
運営会社 株式会社Chapter Two
公式サイト Chapter Two

オンライン・通学どちらでも学習可能|デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは大手クリエイタースクールのデジタルハリウッドとLIGがコラボしたスクールです。

 

デジタルハリウッドLIGは通学コースとオンラインコースどちらでも学ぶことが可能です。
首都圏に住んでいて通学を希望される方は、東京(池袋・上野・北千住・)、埼玉(大宮)、神奈川(川崎・町田)の教室に通うことが基本となります。

 

デジタルハリウッドでは企業とデジタルハリウッドLIGの受講生をマッチングさせるためのイベントが開催されています。
就職を目的としている人にとってはかなりおすすめなスクールです!

 

デジタルハリウッドLIGは経済産業省が認定したリスキリングをキャリアアップ支援事業の対象となっています。

受講料は最大70%キャッシュバックとなっています。

 

 

補助内容
対象コースの受講を終了した方に受講料(入学金+コース料金)の50%が補助されます。

さらに受講終了後に指定転職エージェントもしくはLIGの職業斡旋において転職を成功された方は、追加で受講料の20%を補助。

 

対象者

  • 転職やキャリアチェンジを目座際ている方
  • 企業等と雇用契約を締結している方
  • ※その他提出書類やキャリア面談への参加等の条件があります。
コース ネット動画クリエイター専攻コース
ネット動画ディレクター専攻コース
受講料金 ネット動画クリエイター専攻コース:385,000円
ネット動画ディレクター専攻コース:330,000円
受講期間 4~6カ月
受講方法 オンラインまたは通学
学べるスキル Premiere Pro/After Effects/Illustrator/Photoshop/動画撮影/マーケティング等
サポート内容 案件紹介/卒業生コミュニティ/コワーキングスペース無料利用/イベントが豊富
運営会社 デジタルハリウッド株式会社・株式会社LIG
公式サイト デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

動画編集スクール業界最安級|STUDIO US

 

STUDIO USは完全オンラインで自分で学習を進めていく動画編集スクールです。

自主学習のため、24時間好きな時間・場所で学習を行うことが出来ます。

 

STUDIO USでは900本の学習教材を用意しているため、幅広い内容を学習することができます。
さらに動画教材は毎月新しい動画がアップされます。

 

STUDIO USでは在学中に平均15~20本の動画制作を行います。
最大で50本の動画制作を経験することが出来ます。

沢山動画を制作したい方にはぴったりです。

 

価格も自主学習ということもあり比較的リーズナブルです。
価格を抑えつつ動画制作の経験を積みたい方におすすめです。

 

コース 動画編集コース
動画クリエイターコース
動画クリエイター総合コース
受講料金 動画編集コース:55,000円
動画クリエイターコース:99,000円
動画クリエイター総合コース:165,000円
買い切り:+55,000円
受講期間 2か月
※買い切りの場合は半永久的に受講可能
受講方法 オンライン
学べるスキル Premiere Pro/After Effects/Photoshop/cinema 4D/ディレクション/営業
サポート内容 チャットでの質問サポート/添削サポート/案件紹介/ポートフォリオ制作支援/新教材アップ
運営会社 株式会社AHGS
公式サイト STUDIO US

カリキュラム永続アップデート|デジハク

 

デジハクは自分で稼ぐ力を育てる実践型の動画編集スクールです。

 

講師陣は未経験から独学でプロになった経験のある講師です。
独学で遠回りした講師だからこそ分かる稼ぐまでの最短距離を教えてくれます。

 

デジハクは卒業後も半永久的にアップデートされた教材で学習を進められます。
そのため、常に最新の動画編集スキルを学習し身に着けることができます。

 

学習システムの中には300本以上の動画教材が格納されています。

 

デジハクでは専属講師・テクニカル・添削のサポートの3つのサポートを受けることができます。
ディスコードでは受講生のコミュニティがあり、イベントなども開催されています。

 

最新のカリキュラムで学習し充実したサポートを受けたい方におすすめです。

 

コース デジハクコースREG
デジハクコースPRO
受講料金 デジハクコースREG:148,000円
デジハクコースPRO:248,000円
受講期間 デジハクコースREG:90日
デジハクコースPRO:180日
受講方法 オンライン
学べるスキル Premiere Pro/After Effects/Photoshop/Illustrator/YouTube編集/サムネ制作
サポート内容 コミュニティ/有料イベント//閲覧制限のない学習教材
運営会社 UNIT BASE株式会社
公式サイト デジハク

全国23か所に校舎あり|ヒューマンアカデミー

 

ヒューマンアカデミーは通学とオンライン両方組み合わせて学ぶことができる珍しい動画編集スクールです。 
ポートフォリオの作成を受講期間中に行うため、すぐに営業活動を行うことができます。

 

ヒューマンアカデミーは専任カウンセラーがサポートしてくれます。
そのため、学習の挫折を防ぐことができます。

 

またアドビプラチナスクールパートナーの認定スクールなので、Adobe CCを学割で利用することが可能です。
通常の半額近い値段でAdobe CCを使用することが可能なのでかなりお得に学習することができます。

 

コース 動画クリエイターコース
動画クリエイター総合コース
Web動画クリエイター総合コース
受講料金 入学金:11,000円
動画クリエイターコース:267,168円
動画クリエイター総合コース:465,692円
Web動画クリエイター総合コース:1,009,563円
受講期間 動画クリエイターコース:180日間
動画クリエイター総合コース:180日間
Web動画クリエイター総合コース:1年間
受講方法 通学&オンライン
学べるスキル Premiere Pro/After Effects/Photoshop/Illustrator
サポート内容 転職サポート/動画教材見放題/質問し放題/Adobe学割
運営会社 ヒューマンアカデミー株式会社
公式サイト ヒューマンアカデミー

 

2023年確定版!動画編集スクールおすすめ11選|人気ランキングと動画編集スクールの選び方

動画編集の学習に必要なもの

動画編集の学習を行う場合には動画編集に適したパソコンと動画編集ソフトが必要になります。

以下では動画編集に適したパソコンのスペック、おすすめの動画編集ソフトを解説します。
是非参考にしてください!

動画編集用パソコン

パソコン

 

動画編集を行う際のパソコンは通常使っているパソコンなどでは行うことができません。
行えたとしても、パソコンが落ちてしまったり、途中で止まったりしてまともに使うことはできません。

 

動画編集を行うために必要なパソコンは通常のパソコンより、スペックが良いものを使わなければいけないと頭の片隅には入れておいてください。

以下では動画編集を行うにあたって必要なスペックを紹介します。
まだパソコンを買っていなくて、迷っている方は参考にしてください。

 

【最低スペック】

CPU Core i7以上
メモリ 16GB以上
GPU GTX1650以上
ストレージ SSD512GB以上

【推奨スペック】

CPU Core i9
メモリ 32GB
ストレージ SSD1TB
GPU RTX3060

ストレージが足りない場合には外付けのSSDまたはHDDを取り付けることによってカバーできます。

 

上記最低スペック以下の場合は動画編集をするにあたって十分なスペックではありません。

 

スペックに気を付けてパソコンを買わないと、せっかく買ったのに動かないと後悔してしまうことになります。
パソコンを購入する際にはインターネットで調べたり、知識のある方に聞いてから購入しましょう。

【2023年】動画編集用デスクトップパソコンの選び方とおすすめ5選

動画編集ソフト

 

続いて動画編集におすすめなソフトを紹介します。
動画編集業界の業界標準ソフトであるアフターエフェクトとプレミアプロをおすすめします。

 

まず2つをおすすめした理由ですが、ほとんどの動画編集スクールではアフターエフェクトとプレミアプロの学習を行うためです。

他にもたくさんのソフトがありますが、アフターエフェクトとプレミアプロを使えるようになれば困ることはありません。

 

動画編集のソフトではないのですが、フォトショップというソフトも使ったりします。
フォトショップもアフターエフェクトとプレミアプロと同じアドビ製品です。

 

合わせて使いたい場合は、アドビコンプリートプランに契約することをおすすめします。
アドビコンプリートプランではほかにも様々なアドビ製品ソフトを使うことができます。

紹介したソフトを簡単に紹介します!

 

【アフターエフェクト】

 

アフターエフェクトはニメーションなどを使用する動画を制作することに特化したソフトです。
アニメーションを使用した動画は単価が高い案件が多くみられます。
単価には大きな幅はありますが、最初は3万円から5万円ほどの単価が期待されます。

 

副業の方でもアフターエフェクトの学習をすることによって、単価の高い案件を獲得することが可能です。

 

単価が高い分動画編集自体の難易度は高いのでしっかりと学習を行わなければいけません。

最低でも3ヶ月は学習を行わなければ案件を取れるスキルは付かないので、しっかりと学習しましょう。

 

After Effects(アフターエフェクト) 初心者が身につけておくべき基本操作と勉強方法

 

【プレミアプロ】

プレミアプロは主にYoutubeなどの動画編集に使われることが多いです。

プレミアプロで編集する動画は比較的操作も簡単な案件が多いです。
未経験の方でも学習しやすく、案件が取りやすいですソフトです。

 

プレミアプロをメインで使った案件ではYoutubeの編集(カットやテロップ挿入)などが多いです。

プレミアプロ単体の案件の場合は比較的単価の低い案件が多くなりますが、アフターエフェクトと組み合わせることによって、幅広い案件に対応できるようになり単価も上がります。

 

After Effects Premiere Pro 違い

 

【フォトショップ】
フォトショップは基本的に画像を加工するソフトとして使用されます。

 

動画編集で使う場合は、画像素材をフォトショップで編集して動画編集で使うといった流れです。

 

最初はあまり使う機会はないと思いますが、使い方をしっておくと使用する際に非常に便利です。

まとめ 自分に合った学習を見つけよう

自分にあった学習方法を見つけなければ、お金を払って動画編集スクール通っても最短で稼ぐことはできません。

 

その為、動画編集スクールに通う場合でも何社も比較して検討しなければいけません。

いかに自分に合った学習方法を見つけるかが大事です。

自分にはどんな学習方法があっているのかしっかりと自己分析を行いましょう!

最後まで見ていただきありがとうございました!

Related Article
関連記事