動画編集 2024.01.09(火)

動画編集スクールは無駄・意味ないって本当?やめとけと言われる理由と無駄にならない対策!

動画編集スクールは無駄・意味ないって本当?やめとけと言われる理由と無駄にならない選び方

動画編集スクールと検索すると「無駄」という記事が多くみられますよね…。

そこで今回の記事では無駄といわれる理由を徹底的に深堀して分かりやすく解説します。

今動画編集スクールに入るか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

動画編集スクールが無駄といわれる理由

動画編集スクールが無駄とされる理由にはいくつかの原因が挙げられます。

これらをしっかり理解することで、動画編集スクール受講の際により良い判断ができます。

基礎的な学習内容が多すぎる

多くの動画編集スクールでは基礎的な学習内容が中心であり、実践的なスキル獲得が難しいとの意見が多くあります。

初心者の方や未経験の方はしっかりと基礎を身につけられ、今後に生かせていけますが、すでに学習を始めている方やスキルアップを求めている人、新しい知識をどんどん取り入れていきたい方は復習が多くなってしまい、満足できない可能性があります。

その為、動画編集経験者の方は時間と受講料を無駄にしてしまう可能性があります。

動画編集の経験がある方は自分のスキルにあった動画編集スクールを選ぶことによって満足のいくスキルを学ぶことができます。

Youtubeなどで独学で学習できてしまう

結論、動画編集のスキルは独学でも身につきます。

動画編集に関する情報やチュートリアルはオンライン上で無料で入手できるため、一部の人々はスクールを受講するよりも独学を選択しています。

特に、Youtubeなどのプラットフォームではプロの技術や手法を学ぶことができ、十分稼げるスキルを習得することができる為、これがスクールの必要性を問う理由となっています。

Youtubeなどのプラットフォーム以外には、本や記事などからも学習することが可能です。

情報収集の手段として、Xやインスタグラムからリアルタイムの情報を入手し学習に役立てることも有効です。

受講コストが高すぎる

多くの動画編集スクールは高額な受講コストがかかります。

このため、一部の人々は他の手段で同じスキルを身につける方が経済的に優しいと感じます。

受講コストが高すぎると、それに見合った収入をなかなか得られない可能性があり、収入があったとしても回収するまでに膨大な時間を要してしまいます。

その為、動画編集スクールを選ぶ際は回収期間も意識して選定するのも、1つの手でもあります。

これらの理由から、動画編集スクールが無駄と言われることがあります。

ただし、個々の状況や目標によってはスクールが有益である場合もありますので、一概に無駄とは言い切ることはできません。

動画編集スクール受講の際には慎重な検討が必要です。

受講したからと言って必ずスキルが付くことはない

動画編集スクールを受講しただけでスキルが付くとは限りません。

スキルをしっかり身に着けるには、動画編集スクールで習ったことをしっかり復習していかなければスキルは身につきません。

身についたとしても一時的に身につきはしますが時間がたつと忘れてしまうことがほとんどです。

忘れない為にも授業以外の時間でもしっかり学習を行いましょう。

動画編集スクール卒業後もサポートがあるスクールを選べば学習のモチベーションを保てるのでおすすめです。

受講=クリエイターにはなれない

単に動画編集スクールに受講したからと言って、即座に動画クリエイターになれるわけではありません。

動画編集スクールはあくまで学びの場であり、その後の実践や自分自身の努力が必要です。

クリエイターになるには、スクールだけでなくそれ以外の様々な経験が必要です。

例えば、知り合いの結婚式の動画編集、お店の紹介動画作成など、経験出来る場所はたくさんあります。

チャンスがある場合にはどんどん経験を積んでいき、クリエイターに近づきましょう。

動画編集は甘くない?動画編集で稼ぐ方法

受講期間中は積極的に学習をしよう

スクール期間中は積極的な学習姿勢がとても重要です。

単に受講しているだけでは大きな成果は得られません。

授業だけでなく、出題された課題や実践練習を通じて実践的なスキルを養いましょう。

受講期間中の積極的な学習は将来のクリエイターとしての成功につながります。

受講後も継続して学習を進めよう

受講が終わった後も学習を継続することが必要不可欠です。
技術は日々進化していますので、常に新しい知識や技術を取り入れていくことがとても重要です。

SNSなどで情報収集をすると効率よく最新の情報を入手できます。
受講後も継続的に学習する姿勢を持ち、自分のスキルを向上させていくことが動画クリエイターになる鍵です。

カリキュラムの復習

受講中に学んだ内容を定期的に復習することで、確実にスキルを定着させることが可能です。
カリキュラムの復習を通じて、今まで行ったカリキュラムの知識を深め、より高い技術を身につけることが出来ます。

カリキュラムに物足りなくなったら成長した証で、次のステップに行く準備が必要です!

Youtubeなどのプラットフォームでの学習

動画編集の分野は常に進化しています!
Youtubeや他のオンラインプラットフォームには新しい技術や手法に関する貴重な情報が溢れています。

これらのプラットフォームを活用して、最新の動向やトレンドを把握し、自身のスキルを向上させましょう。

海外のチュートリアル動画はレベルが高くておススメ!

海外の動画編集に関するチュートリアルは、高いクオリティと先進的なテクニックが詰まっています。

自身のスキルを拡張することで、仕事の幅が広がります様々なジャンルの仕事を獲得することが可能になります。

積極的に海外の動画クリエイターのチュートリアルを参考にし、新たな視点を取り入れましょう。

これらを組み合わせることで、受講後も常に成長し続ける動画編集者となることができます。

動画編集スクールに通うメリット

動画編集スクールに通うことで、専門的な知識やスキルを効果的に獲得できます。

講師の指導のもと、基礎から応用までを学ぶことができ、プロの動画編集者としてのスキルを身に付けられます。

また、同じ志を持つ仲間との出会いやコミュニティ形成があり、フリーランスとして大事な横のつながりができます。

上記メリットを活かし、動画クリエイターとしてのスキルと人脈を築くことができます。

初心者の方は安心して学習をすることができる

動画編集スクールでは、基礎から応用まで段階的なカリキュラムが提供され、初心者でも安心して学習できます。

初心者の方も、プロの講師の指導のもと、スキルを身につけることができます。

個別のサポートも受けられ、自分のペースで学習できる環境が整っています。

個別サポートが受けられる点が、独学との大きな違いです!

転職やフリーランスになるなど、人生の選択肢が広がる

動画編集スクールを卒業することで、動画制作のスキルを身につけ、副業、転職やフリーランスとして人生の選択肢として広がります。

動画編集は様々な分野で需要があり、自らのスキルを活かして新たなキャリアを選択することが可能です。

動画編集スクールにくるほとんどの方が人生の選択肢を広げたい方です。

スクール入学前にカウンセリングをしてくれるスクールも多いので、スクールに入る目的をしっかり伝えましょう。

そのうえで自分に合ったスクールなのかをしっかり見極めることが重要です。

プロにいつでも質問することができ、解決までのスピードが速い

スクールではプロの講師が常駐しており、生徒はいつでも質問や疑問を解決するためのサポートを受けることができます。

これにより、学習中に生じた疑問点が素早くにクリアされ、効率的かつ確実にスキルを向上させることができます。

すぐにプロに聞けるというのは学習する上でとても頼りになるので、分からない場合は接触的に質問して、解決につなげましょう。

分からないことをそのまま放置していると学習が進むにつれて分からないことがどんどん増えてしまい結果的に、分からない為、モチベーションの低下にもつながってしまいます。

動画編集スクールに通うデメリット

動画編集スクールでは周りに合わせて学習を進めていったり、新しい技術を取り入れていくので、そこについていけなくなってしまうと、ついていけなくなってしまいます。

以下ではどうしたらデメリットを解消できるのかを解説しているのでしっかり確認しておきましょう。

自分のペースだと周りに置いて行かれてしまう

動画編集スクールは一定のスケジュールに基づいて進行されるため、自分のペースで進めることが難しいことがあります。

個々の進捗差が出やすく、適切なサポートがない場合、周りに置いていかれてしまうことがあり、挫折してしまう人もいます。

そのため、時間管理とスケジュール調整が求められます。

グループでの講義のほかにマンツーマンの講義を用意している動画編集スクールなどもあるので、自分に合わせたクラスを選ぶと挫折も少なくなります。

補足:マンツーマンの場合受講料がさらに高額になるので、受講の際は金額面も考えて慎重に選定しましょう。

新しい技術やソフトに対応できないとついていけなくなってしまう

動画編集は技術が急速に進化している分野です。

特に最近は動画編集業界にもAIなども参入しており、今まで以上に進化が加速しています。

スクールのカリキュラムがアップデートされていない場合、最新の技術やソフトに対応できないという課題が発生します。

その場合は常に自分で新しい情報を取り入れ、学習をしなければなりません。

最新の情報を素早く簡単に取り入れるためにSNSを活用していきましょう!

最新情報を発信している人をフォローすれば常に情報が入ってくるようになります。

おすすめのSNSはXです。

長時間のPC作業で体が疲れてしまう

動画編集作業は長時間PCを使用することが多く、これが体への負担となります。

休憩を行わないと体がリラックス出来ず、疲れやすくなります。

疲れをを軽減するためには、適度な運動や休憩を取り入れることが大切です。

休憩するときはラムネやチョコレートなどを食べると、休憩が終わった後に頭がすっきりするので、スッキリしたいときに食べてみてください。

動画編集スクールを選ぶコツ

料金設定の理由

動画編集スクールは高額なものからお手頃のものと幅広いです。

 

安いスクール=質が良くないということはありません。

 

安い理由には必ず理由があります。

 

例)

完全オンラインで行うことによってコストを下げている

広告費をあまりかけていない

動画学習のみにしている(講師はいないが、添削担当はいる場合が多い)

 

安いスクールを選ぶ場合には、なぜ安いのかをしっかり確認してから入学するようにしましょう。

 

カリキュラム内容

動画編集スクールを選ぶ際は必ず自分が習得したいスキルをカリキュラムに組んでいるところを探しましょう。

 

動画編集といってもYoutubeの編集や3Dアニメーションを使った動画など多岐にわたります。

 

そのため各動画編集スクールによって教えている内容は変わってきます。

 

どんな動画が作りたいのか決まっていない方はまずは無料説明会などを受けてみましょう。

 

受けることによって大まかに考えていたことが明確になります。

学習方法は自分に合っているのか

動画編集スクールには大きく分けて3つの受講方法があります。

 

1つ目が通学して動画編集を学ぶコースです。

通学の場合は目の前に先生がいるのでわからないことがあったら画面を見てもらいすぐに質問でき解決することができます。

 

オンラインだと自分の分からないことを言語化することが難しいことがあります。

その為、質問しづらくなってしまう場合がありますが、通学コースはその心配が少ないです。

 

通学コースのデメリットとしては、通学が大変になってしまう点です。

近ければいいですが、少し遠かったりすると続かなくなってしまう場合があります。

 

そんな問題を解決できる通学・オンラインコースがあるところがあるので、心配な方はこちらもおすすめです。

 

2つ目は、オンラインで学ぶコースです。

 

オンラインで学ぶ場合は場所を選ばずに学習できることが魅力的です。

オンライン講義に出れない場合でもアーカイブを視聴することができるので、時間も自由に学ぶことができます。

 

アーカイブで学習する場合はすぐに質問して解決することができないのでその点は注意が必要です。

 

3つ目はオンライン(動画教材のみ)のコースです。

先ほど紹介したオンラインコースは講師にリアルタイムで教えてもらうコースですが、こちらは動画教材を自分で見て学習するコースです。

 

動画教材のみの場合は受講料金がほかのコースに比べてとてもリーズナブルです。

 

自分で学習は進めていきますが、課題などの添削を行ってくれるスクールは多いです。

 

一人で黙々と勉強するので、モチベーションを保つことが難しいことが注意ポイントです。

カリキュラム内容はあっているのか

動画編集スクールを選ぶ際は必ず自分が習得したいスキルをカリキュラムに組んでいるところを探しましょう。

 

動画編集といってもYoutubeの編集や3Dアニメーションを使った動画など多岐にわたります。

 

そのため各動画編集スクールによって教えている内容は変わってきます。

 

どんな動画が作りたいのか決まっていない方はまずは無料説明会などを受けてみましょう。

 

受けることによって大まかに考えていたことが明確になります。

サポート体制は充実しているのか

サポート体制は学習をするにあたってとても大切です。

 

動画編集スクールのサポートは以下のようなものがあります。

 

例)

添削サポート

質問サポート

案件紹介サポート

メンタリングサポート

 

添削サポート・質問サポート・メンタリングサポート

上記サポートは必須なので必ずある動画編集スクールを選びましょう。

 

案件紹介サポートは実際の案件を紹介してくれるサポートですが条件があることが多いので、必ず必要というわけではありません。

 

大体のスクールではあるサポートなので+αで自分がこのサポートを受けたいと思う動画編集スクールに入学しましょう。

せっかくの動画編集スクールライフを無駄にしないポイント!

動画編集スクールに入ったからにはスキルを付けて活躍していきたいですよね!

無駄にしないポイントを3つにかけて解説します!

自分に合った動画編集スクールを探す

最初に重要なのは、自分に合った動画編集スクールを選ぶことです。

カリキュラムや教育スタイル、講師の質などを比較検討し、自分の学習スタイルや目標に合致するスクールを見つけることが大切です。

これにより、モチベーションを保ちながら学ぶことができます。

卒業後のサポートが充実している動画編集スクールの選定

卒業後のサポートが充実しているスクールを選ぶことで、学習したスキルを実践に移しやすくなります。

就業支援やキャリア相談など、卒業後のキャリアをサポートしてくれるスクールは、無駄なくスキルを活かすために有益です。

今後のビジョンを一緒に考えてくれる動画編集スクールを選ぶ

将来のビジョンや目標に向けて、スクールがサポートしてくれることも重要です。

カリキュラムやプロジェクトによって将来の方向性を見据えることができるスクールであれば、学びがより意味深いものになるでしょう。

自分に合った動画編集スクールを見つけられれば無駄にはならない!

結論自分に合ったスクールを選んで、学習を行えば無駄になることはないです。

スクールを選ぶ際はスクールに入ってやりたい事、卒業後にやりたいことを明確にし、いろいろなスクールのカウンセリングを受け慎重に検討しましょう。

何となくやりたいでスクールに入ってしまうと、やっぱり無駄だったなとなりかねないです。

好きなくとも3社ほどスクールを見て検討しましょう。

無料受講できる動画編集スクールはある?無料学習の方法も解説

2023年確定版!動画編集スクールおすすめ11選|人気ランキングと動画編集スクールの選び方

Related Article
関連記事