動画編集 2024.05.27(月)

動画編集の案件の料金相場は?作業別の相場や案件獲得のコツを解説

動画編集の案件相場はいくら?案件の取り方も徹底解説!

動画編集における料金の相場は、案件ごとに異なってきます。

「動画編集でしっかり稼いでいきたい」と考えているのであれば、それぞれの動画編集の案件相場を把握しておく必要があります。

今回は動画編集の案件において、編集案件ごとの料金相場を紹介していきます。これからフリーランスとして動画編集の案件を請け負う方は、ぜひチェックしておきましょう。

動画編集の案件別の料金相場を紹介

相場

動画編集の案件別に、それぞれの料金相場を紹介します。あくまで相場なので、各案件の編集内容によって相場は変わってきます。

案件 相場 作業内容
YouTube 5,000~50,000円 カット/テロップ挿入/サムネイル作成
ショート動画 1,000~5,000円 カット/テロップ挿入/エフェクト挿入
PR動画 150,000~1,000,000円 カット/テロップ挿入/インタビュー/撮影
サービス紹介動画 150,000~1,000,000円 カット/テロップ挿入/アニメーション制作

 YouTube動画編集の案件相場

YouTube動画編集の案件の料金相場は、下記の通りです。

案件 相場 作業項目 作業内容
YouTube 5,000~50,000円 カット/テロップ挿入/サムネイル作成 ・動画の不要な個所の削除
・動画素材をつなげる
・字幕を付ける
・サムネイルの作成・修正

YouTube動画の編集案件の相場は、5,000円~50,000円となります。
動画の時間によっても金額が上下しますが、3分程度の動画であれば、上記の金額が相場と言えるでしょう。
納期はおおよそ1週間程度と設定されていることが多いです。
YouTube動画の編集案件の場合、案件数が豊富にあるのも魅力の一つです。
しかしその分、料金相場もピンキリとなっている傾向にあります。

ショート動画編集の案件相場

ショート動画の動画編集案件相場は以下のようになっています。

案件 相場 作業項目 作業内容
ショート動画 1,000~5,000円 カット/テロップ挿入/エフェクト挿入 ・動画の不要な個所の削除
・動画素材をつなげる
・字幕を付ける
・エフェクトの使用(トランジションなど)

ショート動画の編集案件の相場は、1,000円~5,000円となります。
動画の時間によっても金額が上下しますが、1分程度の動画であれば、上記の金額が相場と言えるでしょう。
納期はおおよそ1週間程度と設定されていることが多いです。
ショート動画の編集案件の場合、1つの依頼で、数本同時に依頼されることが多いです。
その分、料金相場もかなり安くなっています。

PR動画編集の案件相場

PR動画の案件相場は以下のようになっています。

案件 相場 作業項目 作業内容
PR動画 150,000~1,000,000円 カット/テロップ挿入/インタビュー/撮影 ・動画の不要な個所の削除
・動画素材をつなげる
・字幕を付ける
・動画素材の撮影
・現地でインタビューをする

PR動画の編集案件の相場は、150,000~300,000円となります。
PR動画の内容によっても金額が大きく上下しますが、簡単なPR動画であれば、上記の金額が相場と言えるでしょう。
納期はおおよそ1か月程度と設定されていることが多いです。
PR動画の編集案件の場合、撮影も同時に依頼されることがあります。
その場合、大きく報酬は上がります。

サービス紹介動画編集の案件相場

サービス紹介動画の案件相場は以下のようになっています。

案件 相場 作業項目 作業内容
サービス紹介動画 150,000~1,000,000円 カット/テロップ挿入/アニメーション制作 ・動画の不要な個所の削除
・動画素材をつなげる
・字幕を付ける
・アニメーションの制作

サービス紹介動画の編集案件の相場も、150,000~300,000円となっています。
サービス紹介動画はアニメーションの使用量によっても金額が大きく上下しますが、簡単なサービス紹介動画であれば、上記の金額が相場と言えるでしょう。
納期はおおよそ1~2か月程度と設定されていることが多いです。
サービス紹介動画の編集案件の場合、アニメーションを多く使用します。
その場合、大きく報酬は上がり、納期も延びます。

相場の高い案件取るには幅広くスキルを付けよう

動画編集において、より高単価の案件を獲得できるようになるためには、対応できる案件の幅を広げることも重要です。
動画クリエイターとして多くのライバルと差をつけるためにも、よりスキルアップをしていきましょう。
より高単価の案件を獲得できるようになるために、あわせて学んでおきたいスキルを解説します。

  • 動画編集の基礎スキル
  • デザインスキル
  • 企画力
  • 撮影スキル

動画編集の基礎スキル

案件を取るためには動画編集の基礎スキルを身に付けましょう。
動画編集の基礎スキルが無いと、そもそも案件を獲得することができません。
最初の内は、簡単な所ばかりで飽きてしまうかもしれませんが、案件を取るために学習を行いましょう。
以下は、動画編集者として、最低限おさえておきたいものです。
これができないと、動画編集の案件を獲得するのは難しいでしょう。

  • カット編集
  • テロップ挿入
  • BGM・効果音の挿入

これらができるようになれば、YouTubeやショート動画などの動画編集は行うことができます。
比較的案件も取りやすいので、募集があったら積極的に応募しましょう。

サムネイルのデザインスキル

サムネイルのデザインスキルを付けることにより、動画編集以外の仕事を獲得できます。
サムネイルを作ったことがないという方でも「Canva」というデザインツールを使うことで、プロ顔負けのサムネイルを作ることが可能です。
慣れてきたら、「PhotoShop」や「Illustrater」などを使って、さらにクオリティーの高いサムネイルをデザインすると良いでしょう。

企画力

動画の企画をできるようになることも、高単価の案件の獲得に非常に重要なポイントです。理由としては、企画から編集まで一貫して対応できる動画編集は貴重なためです。
企画や編集、それぞれの担当者を設けるより、全部わかってくれる人はいるとやりやすくなります。編集から企画までを行った場合の報酬の違いを以下の表で紹介します。

案件 相場
編集のみ 5,000~30,000円
企画から編集 50,000~100,000円

撮影スキル

動画編集の仕事において、撮影スキルがあれば撮影から編集作業まで一括で請け負えるようになるため、かなり市場価値が高まります。
さらに報酬も大きく向上させることができます。
撮影スキルを持つことで、今までできなかった仕事を受けることができるので、今までになかった繋がりも作ることができます。
動画編集者は撮影スキルも兼ね備えてる人が多いというイメージをお持ちの方は多いと現状そこまで多くはありません。
そのため、動画編集・撮影スキルを両方持っている方は異常に貴重です。
両方のスキルをお持ちの方は、ぜひ様々な案件に挑戦してみて下さい。

アニメーションを使った動画編集

アニメーションを使った動画編集スキル絵を身に付けることで、案件相場の高い仕事に応募することができるようになります。
動画編集の基礎スキルでは、YouTubeの動画編集やショート動画の動画編集しか行えません。
ですが、アニメーションを使った動画編集を覚えることで、対応できる案件の幅が大幅に広がります。
アニメーションを使った動画編集のスキルを習得するには最低でも3ヶ月ほど時間がかかります。
短期間で身に付けたい!という方は動画編集スクールを検討してみて下さい。

動画編集スキルを付けるための勉強方法

勉強

動画編集の学習にはどのようなものがあるのでしょうか?以下では、動画編集をするにあたっての勉強方法を紹介します。自分に合った勉強方法を見つけてみてください。

  1. 動画編集スクールで学習する
  2. YouTubeなどの動画で学習する
  3. 本や記事などで学習する

動画編集スクールで学習する

動画編集スクールでは、初心者からプロフェッショナルになるまで、段階に合わせたカリキュラムが提供されます。専門の講師から直接指導を受けることができ、具体的な技術や業界のノウハウを学ぶことが可能です。また、実際のプロジェクトを通じて、実践的な経験を積むことができるため、スキルアップに直結します。同じ目標を持つ仲間との交流も、モチベーションの維持に役立ちます。

YouTubeなどの動画で学習する

YouTubeには多数の動画編集チュートリアルが無料で提供されています。これらの動画は、基本的なカットの仕方から複雑なエフェクトの使い方まで、幅広いテクニックをカバーしており、自分のペースで学べるのが最大のメリットです。また、世界中の編集者が作成したコンテンツにアクセスできるため、多様なスタイルと技術を学ぶことが可能です。自宅で手軽に始められる学習方法として非常に人気があります。

本や記事などで学習する

動画編集に関する本やオンライン記事は、ソフトウェアの使い方や編集技術について詳細な説明を提供しています。本は技術だけでなく、編集の理論や動画編集に対する理解を深めるのに役立ちます。また記事では、最新のトレンドや業界ニュースを追いかけるためにも役立ち、高度な編集者としての知識の幅を広げるために重要です。

動画編集で案件獲得までのロードマップ

道のり

動画編集は年々需要が増加しており、副業としても多くの人々の注目を集めています。しかし、未経験から始める場合、どのように進めて良いか戸惑うことが一般的です。この記事では、動画編集を始めたいけれど未経験の方が効率的にスキルを身につけ、稼げるようになるまでの具体的なステップを解説します。

  1. 動画編集ソフトの操作を身につける
  2. 動画編集の実践的スキルを磨く
  3. ポートフォリオを作成する
  4. 副業として稼ぐための準備を整える
  5. クライアントとのコミュニケーションスキルを付ける
  6. 案件獲得のために営業活動を行う
  7. クライアントが満足する動画を提供する

上記の順にロードマップをまとめています。 以下内容を読むことで、動画編集を副業として稼げるようになるでしょう。

動画編集ソフトの操作を身につける

動画編集のスキルを習得する第一歩として、動画編集ソフトウェアの基本操作をマスターすることが重要です。YouTubeやUdemyのようなオンラインプラットフォームを活用して、週に最低2〜3時間は動画編集の学習に時間を割りましょう。具体的な学習内容は以下の通りです。

動画編集ソフトの使い方 ビデオのカット/エフェクトの適用/トランジションの挿入/基本的な編集技術
動画ファイルの種類と管理方法

異なるフォーマットの理解/効率的なファイル管理技術

学んだことを忘れないように、学習内容をメモすることが役立ちます。さらに、座学だけでなく、実際にソフトウェアを使って編集作業を行う実践を通じて、より効果的に技術を身につけることができます。この実践的なアプローチにより、基本的な操作から複雑な編集技術まで、幅広い知識とスキルが確実に定着します。

動画編集の実践的スキルを磨く

基本的な動画編集ソフトの操作を学んだ後は、次に実践的なスキルの向上させましょう。オンライン学習プラットフォームは、より高度な技術を身につけるのに便利なツールです。以下のスキルを中心に学ぶといいでしょう。

カット編集とトランジションの使い方 シーンの切り替え/スムーズかつ効果的に行う方法
アニメーションの使い方 アニメーションの基本操作/応用
タイトルとテキストの追加 視覚的に魅力的なテキスト要素を動画に組み込む技術
書き出しと動画ファイルの最適化 様々なプラットフォームに合わせたファイル形式で効率的に出力する方法

これらのスキルを学ぶことで、動画の質を格段に向上させることができます。また、学習スケジュールを計画的に設定し、定期的に練習することで、獲得した技術が自然と身に付き、より多くのクライアントから評価される動画編集を行えるようになります。

ポートフォリオを作成する

案件獲得には、自分のスキルを示すポートフォリオが必ず必要です。ポートフォリオには、自らが編集した動画を多く含めることが重要です。これにより、潜在的なクライアントに自分の技術を効果的にアピールすることができます。さらに、異なるジャンルの動画をポートフォリオに加えることで、様々なタイプのプロジェクトに対応できる幅広いスキルセットを示すことができます。

特に初期段階では、定期的にポートフォリオを更新することが重要です。例えば、週に1本の動画を追加する目標を設定することがお勧めです。この習慣を通じて、ポートフォリオは徐々に充実させていきます。さまざまな案件に対応可能な実績を示す貴重な資源となります。ポートフォリオが充実すればするほど、より多くのクライアントからの関心を引くことができ、案件獲得のチャンスが増えます。

副業として稼ぐための準備を整える

副業

ポートフォリオの作成に加え、副業として動画編集で成功するためには、サービス資料の準備も必要です。サービス資料には、料金形態を始め、提供するサービスの条件や対応範囲などを明確に記載します。これにより、クライアントとの打ち合わせがスムーズに進み、事前にサービス内容を理解してもらうことができます。

サービス資料には以下のようなポイントを含めることが効果的です。

料金体系 基本的料金/オプションサービス料金
提供サービスの範囲 動画編集/音声編集/字幕追加
作業条件 納期目安/修正回数/ソフトウェアの種類

これらの情報を予め提示しておくことで、クライアントとのコミュニケーションが円滑になり、契約に至る確率を高めることができます。また、クライアントにとっても、安心してサービスを依頼できる基盤が整うため、信頼関係を作る事ができます。

クライアントとのコミュニケーションスキルを付ける

副業で成功を収めるためには、クライアントと効果的にコミュニケーションを取る能力が非常に重要です。特に以下のスキルを重点的に、磨くことをおすすめします。

要件のヒアリングと質問の仕方 的確な質問/詳細を明確に把握するスキル
進捗報告とフィードバックの受け取り方 プロジェクトの進行状況を定期的に報告/フィードバックを受け入れ修正・反映
修正対応 修正を迅速かつ正確に行う/期待を満たす結果を提供

これらのコミュニケーションスキルを身につけることで、クライアントとの信頼関係を築き、より長期的な業務関係を構築することが可能になります。また、スムーズなコミュニケーションは、仕事の品質を高め、クライアントからの満足度を向上させることに直結します。

案件獲得のために営業活動を行う

営業活動は、副業としての動画編集で成功するための重要なステップになります。効果的な営業方法として以下のアプローチをおすすめします。

クラウドソーシングサイトへの登録

クラウドワークス/ランサーズなど

知人への宣伝 サービスを知人に紹介
企業や個人への直接連絡 電話/メール

特に自信がない場合は、身近な知人から営業活動を始めることをおすすめします。これにより、最初の実績を積む事ができます。その後クラウドソーシングサイトでより多くの案件に応募する準備を行いましょう。地道な努力と継続的な営業活動が、徐々にクライアントを拡大し、案件が取りやすくなります。

クライアントが満足する動画を提供する

クライアントから動画編集の依頼を受けた際は、クライアントの要望に応える高品質な動画を提供することを心掛けましょう。納品後にはクライアントからのフィードバックを真摯に受け止め、改善点を速やかに対応することがリピート受注に繋がります。これにより、クライアントとの信頼関係を深め、安定した収入源を築くことが可能になります。

最初は相場より低い案件でも積極的に獲得しよう

  • 企業・公共団体の電話・メール営業
  • クラウドソーシングへの応募
  • SNSでの発信
  • 知人などへの営業

企業・公共団体の電話・メール営業

企業や公共団体に対して直接電話やメールで営業を行うことは、新しい案件を獲得するための一般的な方法です。特に地元の企業や自治体に対して自らをアピールすることで、地域に根差した案件を受注するチャンスがあります。初回から高額な案件を期待するよりも、小規模なプロジェクトから信頼関係を築き、徐々に大きな案件につなげることが重要です。

クラウドソーシングへの応募

クラウドソーシングプラットフォームは、様々な動画編集案件が集まる場であり、初心者にとって案件を獲得しやすい方法の一つです。これらのプラットフォームでは、案件の種類や難易度が幅広く、自分のスキルレベルや興味に合わせて案件を選ぶことができます。低い予算の案件でも多くこなすことで、経験を積み重ね、ポートフォリオを充実させることができます。

SNSでの発信

自分の動画編集作品をSNSに投稿することで、広い潜在的なクライアントにアピールすることができます。InstagramやFacebook、Twitterなどのプラットフォームを活用し、定期的に作品を公開することで、フォロワーを増やし、直接案件のオファーを受ける機会を作ることが可能です。また、特定のハッシュタグを用いることで、興味を持つクライアントにリーチしやすくなります。

知人などへの営業

身の回りの知人や友人、家族を通じて動画編集の案件を獲得することも有効な方法です。個人的な繋がりを利用して初めての案件を受けることで、リスクを抑えつつ経験を積むことができます。また、成功したプロジェクトは口コミで新たなクライアントにつながることも多く、信頼の構築に役立ちます。

高い相場で動画編集の案件を獲得したいなら動画編集スクールを検討しよう

動画編集者として案件を獲得したい方には動画編集スクールがおすすめです。動画編集スクールでは短期間でプロの動画編集スキルを手に入れることができます。
多くの動画編集スクールでは、動画編集技術以外にも営業など様々なことを教えているところが多いです。
以下では、そんな中でも一番おすすめのスクールを紹介します。

実践的な動画編集スキルが身に付く|ChapterTwo

CT

「Chapter Two」の魅力は、「After Effects」に特化したスクールであることです。

以下ではChapterTwoの特徴を紹介します。

  • 「After Effects」を使ったアニメーション動画制作が学べる
  • 高単価案件に対応できるスキルがつく
  • 案件を獲得できる営業力がつく

また、3か月間で稼げる動画クリエイターになれるカリキュラム設定になっています。そのため、短い期間で凝縮して動画編集のスキルを付けたい方には非常にぴったりです。

さらに卒業後はChapter Twoが運営しているオンラインサロンに入ることができ、月額1,000円で以下のサポートが受けられます。

  • ポートフォリオ•課題の添削
  • 営業講義
  • 補講会

また、実際に獲得した案件の添削なども行えるため、自身をもってクライアントに提出することができます。
短い期間で、動画クリエイターになりたい方はぜひチェックしてみて下さい。

概要

内容

コース

グループコース

マンツーマンコース

受講料金

グループコース:398,000円

マンツーマンコース:598,000円

受講期間 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ制作期間)
受講方法 オンライン
学べるスキル After Effects/Premiere Pro/Photoshop/営業/書類作成等
サポート内容 営業サポート/打合せ同席サポート/案件紹介サポート/チャットサポート/添削サポート/オンラインサロン
運営会社 株式会社Chapter Two
公式サイト Chapter Two
動画コース申し込みはこちら

動画編集の案件相場に関するよくある質問

FAQ

以下では動画編集の仕事をする際、適切な相場を見極めたり、高い相場で案件を獲得する方法、そして低い案件相場での対処法などを紹介します。

案件の相場はどのように見分けたらいいですか?

動画編集の案件相場を見分けるには、まず市場の動向を把握することが重要です。業界内のフォーラムやSNS、フリーランス向けの求人サイトを活用して、同様のスキルや経験を要する案件の報酬範囲を調査しましょう。さらに、自身のスキルレベルや提供するサービスの質を考慮に入れて、相場を判断することが求められます。これにより、適正価格で仕事を引き受けたり、提案することができます。

高い相場で案件を獲得するにはどうすればいいですか?

高い相場で動画編集の案件を獲得するためには、まず自分のスキルとポートフォリオを磨くことが重要です。高品質な作品を提供することで、クライアントに対して価値を証明し、高額な案件を獲得する事ができます。また、専門性を高めることによって、競合よりも優位に立てる分野を確立し、アピールすることでもより高い案件を獲得する事が可能です。が重要です。

低い案件相場でしか仕事が取れない場合はどうすればいいですか?

相場が低い案件ばかりの場合、まずは短期的にはこれを受け入れる用にしましょう。多くの場合スキルが足りない事が多いです。時間の無駄と思ってしまう方もいると思いますが、無料または低価格で高品質なサービスを提供することが非常に重要です。理由としては、クライアントからの評価を高める事ができるためです。そうすることで、リピート・新規依頼を受けやすくなります。クライアントに信用してもらったら、単価交渉を行うといいでしょう。そうすることで、将来的により高い相場の案件を獲得できるようになります。

高い案件相場で仕事を獲得できれば月収100万円は夢じゃない

夢

高い案件をウバで仕事を獲得することで、夢である月収100万円も超える事ができます。最初は低い相場感で仕事をこなしつつ、実績とスキルを身につけるといいでしょう。稼げなくて辛い時期もあるとは思いますが、継続して動画編集を行うことで、稼げるようになってきます。諦めない事が非常に大切です。

Related Article
関連記事