動画編集 2024.01.29(月)

動画編集は甘くない?動画編集で稼ぐ方法

動画編集で稼ぎたいけど、甘くないのではと不安を感じている人は多いです。
しかし、やり方をしっかり身に着ければ動画編集で十分稼げます!

 

動画編集は甘くないと心配に感じている人向けに、動画編集での稼ぎ方をまとめました。

動画編集が甘くないといわれている理由

 

動画編集は甘くないと、世間でよくいわれています。
なぜ動画編集は甘くないのでしょうか。

 

その理由を、以下で解説します。

  • 労力がかかる割に報酬が低い
  • 良い案件を見つけるのが難しい
  • 収益化までに時間がかかる
  • 案件の報酬単価が下がっている
  • 動画編集者が増加している
  • 副業で行うには限界がある

労力がかかる割に報酬が低い

動画編集はただ動画を撮影するのとは違い、労力がかかります。
編集作業に慣れていないと、パソコンやソフトの使い方にとまどって余計に時間がかかってしまいます。

 

またこだわろうと思えばいくらでも付け足せるので、編集が得意な人でも手間取ってしまうことが多いです。
凝り性の人にとっては、体力も時間もかなり費やす作業といえます。

 

渾身の動画が出来上がっても、一本当たりの成果報酬が低いのも甘くないポイントです。
休日や深夜まで作業をした動画が低い評価をされると、精神的につらい思いをする人もいます。

 

労力と報酬が見合わないのが、動画編集が甘くないといわれる理由の一つです。

良い案件を見つけるのが難しい

動画編集者の仕事として、案件が来るのを待つのではなく自分から取りに行かなければなりません。
一方で、条件の良い案件を見つけるのは簡単ではないです。

 

人気案件はライバルも多く、編集スキルやクライアントへの忠実さで差別化する必要があります。
また継続して依頼をもらえる案件は、なかなか見つけづらいです。

 

動画編集を始めたばかりの人は、そもそもどれがいい案件なのかよく分からないということも起こり得ます。
ただ動画編集スキルを磨けばいいわけではなく、自分に都合の良い案件を探す難しさが、動画編集は甘くないといわれる一つの要因です。

収益化までに時間がかかる

動画編集は、すぐにうまくなるわけではありません。

 

スキルの習得はもちろん、パソコンの使い方を覚えたり編集ソフトに慣れたりとやることがたくさんあります。
動画編集で収益化するにも、良い動画を連続で作れるようにならなければなりません。

 

そのため、即収益を出したい人には向かないといえます。
地道に動画編集を覚え、収益を伸ばしましょう。

 

 

動画編集で稼げるようになるにはどれくらいかかる?最短で稼げるルートも紹介!

案件の報酬単価が下がっている

かつては動画編集者がもてはやされていましたが、現在では動画編集はメジャーなものとなり待遇も期待できなくなってきました。
動画編集案件の報酬単価は、昔より下がっています。

 

またフリーランスとしてではなく、社内で動画作成ができる会社が増えてきました。

 

そのため動画編集者への依頼も、昔に比べると伸び悩んでいます。
誰でも稼げるわけではないのが、動画編集が甘くないといわれる結果を招きました。

動画編集者が増加している

ここ10年ほどで、動画需要は大きく増加しました。

 

情報の入手源がかつてはテレビだったのが、YouTubeなどSNSでの手軽な動画へと変化したためです。
今まで動画編集をしたことがない一般人が、こぞって動画編集を学ぶようになりました。

 

副業やフリーランスで動画編集を職業にする人も生まれ、動画編集者は今も増加しています。

 

そのため、動画編集者は現在飽和状態になっています。
動画編集で生計を立てるには、大勢のライバルに勝たなければならなりません。

副業で行うには限界がある

動画編集は、時間も労力もかかる作業です。

 

副業で動画編集を行う人は、本業が終わった後の時間や休日を使って作業を行う必要があります。
休める暇がなくなるので、体力的にも厳しい作業です。

 

それが悪循環を招き、動画編集効率やクオリティが落ちたり、本業に支障をきたしたりする恐れもあります。
またフリーランスで動画編集を行っている人に加えて作業時間が短いので、クライアントからの依頼もされにくいです。

 

副業での生産性の低さが、動画編集は甘くないといわれる結果につながります。

 

 

動画編集の副業で稼ぐには?最初のステップを解説!

動画編集で稼ぐ方法

 

動画編集が甘くないといわれる理由を、ここまで説明しました。
では、動画編集で稼ぐためにはどうしたらいのでしょうか。

 

以下で解説します。

  • クライアントから依頼をもらう
  • クライアントとのコミュニケーションを密にする
  • 自分で編集した動画をサービスとして売る

クライアントから依頼をもらう

動画編集者はほとんどの場合、このやり方で生計を立てます。
動画編集依頼を出している企業や事業者を探し、連絡を取りましょう。

 

おすすめは、YouTubeやTikTokの動画編集案件です。
この二つは編集に特別な機材なども必要なく、未経験でもある程度完成させられます。

 

慣れてきたら、結婚式や打ち上げなどパーティー用の動画編集もおすすめです。

クライアントとのコミュニケーションを密にする

クライアントから依頼をもらって稼ぐ場合、クライアントファーストを心がけましょう。

 

自分のこだわりをいれるのではなく、クライアントからの要望に忠実に応えることが大切です。
依頼内容をよく理解し、ニーズを正確に把握しましょう。

 

編集スキルを磨くだけでなく、コミュニケーションの取り方もポイントです。
メッセージは基本即レスで、失礼のない態度が求められます。

 

また指定された納品日より早く仕上げれば、クライアントからの評価も期待できます。
継続して案件をもらえる可能性もあるので、依頼で稼ぎたい人は意識してみてください。

自分で編集した動画をサービスとして売る

自分でYouTubeチャンネルを作り、配信することも稼ぎ方の一つです。

 

YouTubeはアカウントを登録するだけで始めやすく、動画編集初心者の人にもおすすめです。
またクライアントからの依頼に応じるのとは違い、自分の趣味や好きなネタで動画を作れます。

 

自由に好きなことを発信したい人は、楽しみながら稼げます。
YouTubeの場合、登録者数が数万人になると大きな稼ぎ口としても期待ができます。

 

地道な動画編集と投稿を継続できる人は、チャレンジしてみてください。
YouTubeのほかにも、動画編集を教える側として稼ぐ方法もあります。

 

動画編集教材を作ったり、講師として動画編集スクールに登録したりしている人もいます。
自分の動画編集スキルに自信がある人におすすめです。 

動画編集で稼げる人の特徴

 

動画編集は甘くないといわれていますが、稼ぐ方法はあることを解説しました。
では、動画編集で稼げる人にはどんな特徴があるのでしょうか。

 

以下で解説します。

  • 対応できる業務領域が広い
  • 動画編集スキルを磨いている
  • ニーズを理解している
  • クラウドソーシングを活用している
  • 営業スキルが身についている
  • クライアントとの関係性を構築している

対応できる業務領域が広い

動画編集以外にも、できることが多い人は稼げます。

 

特にWEBマーケティングスキルがあると、視聴者に求められる動画の提供が可能です。
YouTubeやTikTokの動画編集をしたいと考えている人は、マーケティングスキルを学ぶことをおすすめします。

 

ほかの動画編集者と差別化できるので、案件ももらいやすくクライアントから重宝されます。
自分でYouTubeチャンネルを運営する場合も、役に立つスキルです。

動画編集スキルを磨いている

動画編集は年々新しいソフトが開発され、技術が進歩しています。

 

現状の動画編集スキルに満足するのではなく、常にスキルを磨くことに尽力しましょう。
動画編集スキルをブラッシュアップするのに、動画編集スクールに通うのもおすすめです。

 

動画編集プロの講師が丁寧に教えてくれるので、初心者の人も安心して学べます。
経験者の人も苦手な部分を改善したり、新しい技を身に着けたりと成長が期待できます。

ニーズを理解している

動画にもトレンドがあります。

 

特にYouTubeやTikTokなどSNSでは流行りが変わりやすく、常にトレンドを追いかけて取り入れる必要があります。

 

編集スキルはそれほどなくても、世間のニーズを理解した動画を作れれば稼げます。
世間の動向にアンテナを張り、視聴者に刺さる動画を追求しましょう。

クラウドソーシングを活用している

クラウドソーシングは、仕事の依頼者と求人者を繋ぐマッチングサービスです。

 

動画作成を依頼する業者や事業主もたくさん登録しているので、案件を探している人にはぴったりのサービスです。

 

仕事依頼をもらうコツは、自分のプロフィールを充実させることです。
面倒がらず、経歴やできることを詳細に書いて自分をアピールしましょう。
ポートフォリオの質を上げることもポイントです。

 

アウトソーシングでは、依頼を待つのではなく仕事をもらいに行く姿勢が求められます。
動画編集で稼ぐ人は、自ら積極的に案件を探しています。

営業スキルが身についている

クライアントからの依頼で動画編集をする人にとって、営業スキルは欠かせません。
自分をうまくアピールし、良い案件を獲得しましょう。

 

メッセージ一つでも印象は変わってくるので、営業のうまい人を観察してみてください。
営業スキルを磨くことでクライアントからの信頼を得られ、稼げます。

クライアントとの関係性を構築している

動画編集依頼をしてくれるクライアントとは、良い関係値を築きましょう。
クライアントからの信頼を得られれば、継続して案件をもらえたり、単価の報酬をあげてもらえたりが可能です。

 

そのためには自分の動画編集スキルを磨くことはもちろん、納品の期日を守ることや、メッセージに即レスすることが求められます。
一つ一つの行いが、クライアントとの信頼関係につながります。

 

関係性が出来上がれば、自分から単価アップを交渉することも可能です。
動画編集で稼ぐ人は、クライアントファーストを心がけています。

動画編集として稼いで行きたい場合は動画編集スクールを検討しよう

動画編集者として稼いでいきたい場合は、動画編集スクールで学習することをおすすめします。

 

動画編集スクールの場合、稼ぐまでの道のりに無駄な個所がありません。
そのため、稼ぐまでの道のりを縮めることができます。

 

以下では動画編集スキルと営業スキルの両方を付けることができるChapterTwoについて紹介します。

動画編集スキルから営業スキルまですべてを網羅|ChapterTwo

 

「Chapter Two」の魅力は、「After Effects」に特化したスクールであることです。

 

他のスクールだと動画クリエイターを学ぶ一環として「After Effects」の授業を組み込んでいますが、「Chapter Two」の場合は「After Effects」をメインとしています。

 

3か月間で「After Effects」を使って稼げるカリキュラムが組まれています。
最短で動画編集者として稼ぎたい方にはぴったりな動画編集スクールです。

 

カリキュラムは卒業後も見ることができるので、いつでも復習を行うことが出来ます。

 

また、Chapter Twoでは多くの方が苦手としている営業の力をつけるカリキュラムも用意しています。

 

Chapter Twoが運営しているオンラインサロンでは月額1,000円で学習をサポートしています。
在学中に終わらなかった課題やポートフォリオもオンラインサロンに入会していればいつまでも、サポートを受けることが可能です。

 

After Effects・営業に学習を行い、稼げるクリエイターになりたい方におすすめです。

 

コース グループコース
マンツーマンコース
受講料金 グループコース:398,000円
マンツーマンコース:598,000円
受講期間 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ制作期間)
受講方法 オンライン
学べるスキル After Effects/Premiere Pro/Photoshop/営業/書類作成等
サポート内容 営業サポート/打合せ同席サポート/案件紹介サポート/チャットサポート/添削サポート/オンラインサロン
運営会社 株式会社Chapter Two
公式サイト Chapter Two

動画編集スクールに通うメリット・デメリット

以下では動画編集スクールのメリット・デメリットを解説します。

 

メリット・デメリットを知っておくことによって動画編集スクールは自分に合っているのかが分かりますので、しっかりと確認しましょう。

動画編集スクールに通うメリット

最速で動画編集スキルをつけることができる。

動画編集スクールでは動画編集のスキルを最速で身に付けることができます。

 

独学の場合ですとどこを勉強すればいいのか分からないため、勉強しなくてもいい部分も勉強してしまう場合があります。
動画編集スクールの場合その心配はありません。

 

すぐに質問できる環境がある。

動画編集スクールに通っている場合はすぐに講師に聞ける環境があるので、足踏みする必要がありません。

 

独学で学習をする場合はほとんど聞ける環境が無いため、そこで止まってしまい学習意欲がなくなってしまう場合があります。

 

学習継続が難しい方などは動画編集スクールに入ることによってモチベーションも保つことができます。

 

クリエイター仲間ができる。

動画編集スクールにはたくさんの卒業生や講師の方がいるので、交流していくことによってクリエイター仲間ができます。

 

クリエイター仲間ができることによってモチベーションも上げることができたり、情報共有なども盛んになります。
ゆくゆくはチームを組んで一緒に仕事を行っていく仲間になったりもします。

 

独学の場合はそういった機会があまりありませんが、動画編集スクールの場合はチャンスが多いです。

 

動画編集スクールに通うデメリット

多くのお金がかかってしまう。

動画編集スクールに入って学習するには多くのお金がかかってしまいます。

 

3ヶ月学ぶスクールで平均で30万円ほどするので大きな出費となってしまいます。

 

動画編集スクールへの入会を迷っている方はこの出費を回収してやる!という気持ちで頑張ってみてください。

 

自分のペースで学習できない。

動画編集スクールは基本的にグループで学習を行うため、ついて行けなくなってしまう場合があります。

 

周りが進んでいて自分は躓いてしまっていると、必然的に学習するモチベーションが下がってしまいますよね…。

 

動画編集スクール「ChapterTwo」では講義について行けない方向けに補講会などを開催していますので、安心して学習を進めることができます。
ついて行けるのか心配な方にはおすすめです。

 

動画編集スクールに入ったからと言って動画編集スキルは付かない。

動画編集スクールに入ったからと言って動画編集のスキルが勝手につくということはありません。

 

しっかりと講義を聞いたり、課題を行ったりしないと動画編集スキルは付きません。
+α自主的学習も行いましょう。

 

動画編集スクールに入って満足せずに、しっかりと学習を行いましょう。

まとめ 動画編集は十分稼ぐことができます

 

動画編集は甘くないのではと不安に感じている人は、たくさんいます。

 

しかし今回紹介したように、やり方さえ覚えれば動画編集でも十分稼げます!
動画編集はもちろんそれ以外のスキルも磨いて、動画編集で稼ぎましょう。

 

2023年確定版!動画編集スクールおすすめ11選|人気ランキングと動画編集スクールの選び方

Related Article
関連記事