TikTok 2024.02.16(金)

TikTokの報酬単価は?他プラットフォームとの比較あり!

TikTokで収益化できたはいいが、実際の報酬単価っていくらなんだろうと考えたことはありませんか?
本記事では1再生当たりの単価や企業案件の単価、投げ銭の還元率などTikTokに関する報酬について徹底的に解説します。
また別のプラットフォームとの比較も本記事に取り入れていますので、別のプラットフォームでも活動していきたい方は参考にしてみて下さい。
非常に有益な情報をたくさん載せていますので是非最後まで見ていただければ幸いです。

TikTokの報酬単価・還元率を解説

以下ではTikTokの報酬単価と還元率について解説します。
TikTokでの収益化条件、再生報酬が発生する条件も併せて紹介します。

1再生数当たりの単価

TikTokでは1再生数あたり「0.02~0.08円」の再生報酬を得ることができます。
100万円の報酬を稼ぐには最低単価の場合は5,000万再生が必要となります。
5,000万再生ってかなりの再生数ですよね…。
ですが、TikTokの場合はバズるとそれくらいの再生数になってしまう場合があります。

TikTokの収益化条件

  • フォロワー数:1万人
  • 直近30日間の総再生数:10万回
  • 18歳以上であること
  • コミュニティガイドラインを遵守していること

TikTok公式サイト

報酬発生の条件は?

以下再生報酬が発生する条件です。
再生報酬にも条件が付いており、ただ再生されただけでは報酬にカウントされません。
以下が再生報酬にカウントされる条件です。

  • おすすめ欄から再生された投稿であること
  • 5秒以上再生された投稿であること

企業案件単価

企業案件は再生報酬や投げ銭よりも多くの収益を得ることができます。
企業案件の単価は「フォロワー×1円~5円」が相場となっています。
フォロワーが多ければ多いほど報酬単価が上がってきます。
フォロワー1万人の場合は1投稿当たり単価は「1円」で1万円の報酬ということが多いです。
逆にフォロワー100万人御場合は1投稿当たりの単価は「5円」で500万円ほどの報酬になることが多いです。
トップインフルエンサーの場合、もっと高単価で企業案件を行っている可能性があります。

投げ銭還元率

TikTokではフォロワーが500人程度行くと投げ銭機能を開放することができます。
TikTokでの投げ銭の還元率は約30~50%とと言われています。
1万円の投げ銭をもらうと3,000~5,000円の報酬が配信者に払われることになります。
還元率はTikTok側から公開されていないのであくまで想定の数値となります。
トップインフルエンサーには多くのファンがおり、多くの投げ銭をもらっている方も少なくありません。

TikTokと他プラットフォームの1再生当たりの単価比較

以下では有名ショート動画プラットフォームの単価を紹介します。
各プラットフォームでの収益化条件も併せて紹介します。
TikTokと比較してみましょう。

Youtubeショート

Youtubeショートは1再生当たりおよそ「0.003~0.01円」ほどと言われています。
TikTok比べるとYoutubeショートはかなり単価が低いので、報酬をどんどん得たい方はTikTokの方がおすすめです。

Youtubeショート

の収益化条件

  • 登録者数:1,000人以上
  • 直近90日での総再生回数:1,000万回

Youtubeショート公式サイト

Instagramリール

Instagramリールは報酬単価が公表されていません。
ですが、1再生当たりおよそ0.08円と言われています。
報酬を得る条件も特徴的で、25ドル以上の報酬を得られる再生数を出すことで報酬がアンロックされます。
1万人以上のフォロワーの方がボーナスを受け取ることのできるレベルではないかと言われています。

Instagramリールの収益化条件

  • 1ヶ月の間に25ドル以上の報酬を得ていること

Instagramリール公式サイト

各プラットフォームの1再生当たりの単価比較表

プラットフォーム 報酬
TikTok 0.02~0.08円
Youtubeショート 0.003~0.01円
Instagramリール およそ0.08円

TikTok・Youtube・Instagramの3つを比べてみると1再生当たりの単価はTikTokが高いことがわかりますね。
投稿を行う際は、1再生当たりの単価を確認して活動媒体を決定するようにしましょう。

TikTokと他のSNSの投げ銭還元率比較

以下ではTikTok以外のSNSの投げ銭還元率を紹介しします。
SNSによって還元率は大きく変わってくるので活動する媒体選びの参考にしていただければ幸いです。

Youtube

Youtubeの投げ銭の還元率は70%とと言われています。
そのため、10,000円の投げ銭をした場合は7,000円が配信者の収益となり、30%はYoutube側に手数所yとして取られてしまいます。

Instagram

現状Instagramの投げ銭の還元率は公表されていません。
多くのライブ配信アプリの還元率は17~30%ほどと言われているため、Instagramの還元率もそのくらいだと言われています。

各プラットフォームの還元率比較表

プラットフォーム 報酬
TikTok 30~50%
Youtubeショート 70%
Instagramリール およそ17~30%

TikTok・Youtube・Instagramの3つを比べてみるとYoutubeの還元率がかなり高いことがわかりますね。
ライブ配信を行う際は、還元率を確認して活動媒体を決定するようにしましょう。

年収1,000万円を目指すにはには企業案件を受けよう

企業案件は先ほど紹介した通り、1フォロワー当たりの単価は1~5円のとなっています。
仮に10万人のフォロワーがいる場合は1回の企業案件を受けると最大で50万円ほどの報酬を獲得することができます。
これを月に2件受けることで、年収1,000万円を達成することができますが現実はそんなに甘くはありません。
以下では企業案件を獲得するためのポイントを紹介します。

ジャンルを統一したアカウント運用をする

投稿するジャンルを絞ることで専門性の高いアカウントにすることができます。
専門性の高いアカウントにすることで、アカウントに権威性が出てきます。
専門性があり質の高いコンテンツを提供することによって、おすすめに乗りやすくなります。
おすすめに乗ることによって、既存フォロワー+新規フォロワーに商品をアプローチすることができます。
おすすめに乗るということは、企業側からしても多くの人にPRできるのでもってこいです。

インフルエンサーマッチングサイトに登録する

インフルエンサーマッチングサイトに登録することで、インフルエンサーを探している企業とマッチングすることができます。
先ほど紹介した通り、1つのジャンルに特化していると企業側から依頼されることが多くなります。
他の人よりフォロワー数は劣りますが、1つのジャンルをとことん追求している人なら安心してPRを任せられますよね。
まずはインフルエンサーマッチングサイトに登録してどのような企業がいてどのようなインフルエンサーを求めているのか確かめてみましょう。

フォロワーを増やし認知度を上げる

企業PRを受けるにはフォロワーを増やすことも非常に重要です。
フォロワーを増やす施策は沢山ありますが、いくつかに絞って紹介します。

投稿をおすすめに乗せよう

投稿をおすすめに乗せるためには「いいね」「コメント」「シェア」を増やすことに専念しましょう。
「いいね」「コメント」「シェア」を増やすためには質の高いコンテンツを投稿する必要があります。
他にも、投稿時間をユーザーに合わせたりすることでターゲットユーザーに見てもらうことができ、「いいね」「コメント」「シェア」を獲得するチャンスが増えます。
「いいね」「コメント」「シェア」をもらうには継続的な投稿も大事です。
中々「いいね」「コメント」「シェア」がもらえないからと言ってあきらめてしまいがちですが、頑張って投稿を継続しましょう。
継続した投稿を行っても伸びが無い場合は、投稿の質を向上させましょう。
動向上させたらいいかわからない場合は、同じジャンルで人気のあるアカウントを参考にするようにしましょう。

今まで行ったことのない試みをしてみよう

今まで行ったことのない試みを行うことによって、新たなフォロワーが増える可能性があります。
例えば、ライブ配信を行ってみたり顔出しした動画を投稿してみたりです。
他には新たなジャンルの動画を投稿してみたりなどいろいろあります。
ライブ配信にも顔出し投稿にもリスクがつきものですので、行う際は今後のことも考えて慎重に行うようにしましょう。

フォロワーに向けたコンテンツを充実させよう

フォロワーに向けたコンテンツを充実させることで、フォロワー全体の満足度も向上し新規フォロワーを獲得しやすくなります。
コンテンツを充実させることで、フォロワーが別のユーザーにおすすめするようになります。
コンテンツを充実させることによってフォロワーはどんどん増えていくでしょう。

インフルエンサーなどとコラボしてみよう

インフルエンサーなどとコラボをしてみましょう。
インフルエンサーと言ってもフォロワー1,000人でインフルエンサーと言われている方もいます。
何万人とフォロワーがいるインフルエンサーとコラボしなくてないけないわけではありません。
まずは自分と同じくらいのフォロワーを持っているアカウントとコラボをしてみましょう。
コラボをすることで、コラボ相手のフォロワーを自分のアカウントに流入させることができます。

TikTokでバズる方法を徹底解説!おすすめジャンルも紹介!

TikTokでおすすめに乗る方法を?|おすすめに載らない場合の原因やコツも紹介

TikTokで収益化したいならスクールで学ぼう!

TikTokで収益化を目指すなら、戦略的に学習することが大切です。
そこでおすすめしたいのが、ChapterTwoの「ショート動画運用クリエイター育成スクール」です!
ショート動画スクールは、未経験者から経験者まで幅広く対応したカリキュラム設計になっています。
ショート動画の企画・制作から、投稿後のデータ分析まで、実践的なスキルを身につけることができます!

ショート動画運用クリエイター育成スクールの特徴

  • バズる動画を生み出すための戦略が学べる
  • 企画の基礎から応用まで、高い企画力が身につく
  • 実務経験を積むことで、企業案件にも対応できるスキルが習得できる

TikTokでの収益化には時間がかかると思われがちですが、ショート動画スクールで効率的に学習することで、収益化までの期間を大幅に短縮することができます!
今なら、LINEのお友だち登録で入学金が0円になる特別キャンペーンを実施中です!
この機会に、TikTokでの収益化に向けて一歩踏み出してみませんか?
まずは以下ボタンからスクールの詳細をチェック!
ショート動画コースの申し込みはこちら

TikTokの報酬単価についてまとめ

各プラットフォームでもらえる報酬は大きく異なりましたね。
自分の目的に合わせたプラットフォーム選ぶことが非常に重要です。
今後の報酬額に大きな差が生まれる可能性があります。
収益化出来た方は、自分の活動がプラットフォームとあっているのか確認してみましょう。
再生数で報酬を受け取っている方は、1つのプラットフォームだけではなくいくつものプラットフォームを活用することでより多く収益を上げることができます。
最後まで見ていただきありがとうございました。

TikTokインフルエンサーになる方法は?|フォロワーの増やし方や収入目安は?

Related Article
関連記事