動画編集 2024.05.14(火)

独学で動画編集学んでも副業で稼げる?稼ぐまでのStepも紹介!

独学で動画編集学んでも副業で稼げる?稼ぐまでのStepも紹介!

独学で動画編集の学習を行って副業で稼ぐことができるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?最近は動画市場が広がりつつあるため、簡単な動画編集の案件なども多く存在まします。そのため、今学習を検討している方は、非常にいいタイミングです。本記事では、動画編集の副業をするにあたって必要なスキルなどを詳しく紹介しています。また、おすすめな額数方法についても紹介しておりますので、是非参考にしていただければ幸いです。

独学で動画編集の副業は行える?

副業

独学で動画編集のスキルを身につけ、副業として活動することは十分に可能です。特にYouTubeなどのプラットフォーム向けの動画編集は、1~3ヶ月の集中学習で副業を行う基本的なレベルに達することができます。しかし、アニメーションを含むより高度な動画編集技術に挑戦する際は、学習の難易度が高く、挫折する人も少なくありません。一度挫折を経験した方は、専門的な指導を受けるために動画編集スクールへの入学を検討すると良いでしょう。しかし、まだ独学で動画編集を学んだことがない方は、まずは独学でチャレンジしてみることをおすすめします。

動画編集の副業を行うまでの6Step

  • Step.1基本的な動画編集スキルを身に付ける
  • Step.2実践で使える動画編集スキルを身に付ける
  • Step.3ポートフォリオを作成する
  • Step.4営業を行うまでの準備を行う
  • Step.5営業活動を行う
  • Step.6しっかりと案件を納品する

以下で紹介するロードマップ通りに進めていくことで、無駄なく短い期間で副業で稼ぐことが可能になります。

Step.1基本的な動画編集スキルを身に付ける

最初に、動画編集ソフトの基本的な操作をマスターしましょう。YouTubeやUdemyなどのオンライン学習プラットフォームを利用して、少なくとも週に2〜3時間の学習を心がけてください。以下のスキルを習得することが重要です。

  • 動画編集ソフトの基本操作(カット、エフェクトの追加など)
  • 動画ファイルの種類と効率的な管理方法

習得したスキルは忘れやすいため、学習内容をメモすることが効果的です。また、実際に操作を行いながら学ぶことで、スキルが身に付きやすくなります。定期的に練習プロジェクトを行い、学んだことを実際の編集作業に適用することもおすすめします。

Step.2実践で使える動画編集スキルを身に付ける

基本的な動画編集のスキルを学んだ後は、次に実践的な技術を身に付けましょう。これもオンライン学習プラットフォームを通じて効果的に学ぶことができます。特に以下のスキルを重点的に学びます。

  • カット編集やトランジションの適切な使用方法
  • タイトルやテキストの追加の技術
  • 動画の書き出しとファイルの最適化方法

計画的に学習スケジュールを立て、定期的に実践を行うことでスキルを確実に身に付けることができます。実際のプロジェクトや小さな編集タスクを通じて、学んだ技術を定着させることが非常に重要です。

Step.3ポートフォリオを作成する

案件を獲得するためには、魅力的なポートフォリオが必要です。このポートフォリオには、自作の動画を多く含めることが非常に大切です。さまざまなジャンルの動画をポートフォリオに加えることで、幅広い案件に対応できるようになります。初めのうちは、毎週少なくとも一本の動画をポートフォリオに追加することを目標にしましょう。これにより、スキルの向上と共に、潜在的なクライアントに対する自分の多様な能力を示すことができます。

Step.4営業を行うまでの準備を行う

ポートフォリオの準備に加えて、サービス資料の作成も営業活動には重要です。この資料には料金体系、サービス条件、対応可能な作業範囲などを詳細に記載します。これにより、クライアントとの打ち合わせがよりスムーズに進むようになります。事前に明確な情報を提供することで、信頼を築きやすくなり、商談の効率も高まります。適切なサービス資料を用意することは、動画編集者としての信頼性が高まります。

Step.5営業活動を行う

営業の準備が完了したら、積極的に営業活動に取り組みましょう。営業活動は以下の方法をおすすめします:

  • クラウドソーシングサイトに登録し、案件を探す
  • 知人に自分のサービスを宣伝する
  • 企業や個人に直接電話やメールで連絡を取る

自信がない初期段階では、まずは知人を通じて宣伝を行うことをおすすめします。自信がついてきたら、クラウドソーシングサイトでの応募を始めましょう。地道な営業活動を継続することで、徐々にクライアントを獲得し、事業を拡大していくことができます。

Step.6しっかりと案件を納品する

クライアントから依頼を受けたら、その要望に応える高品質な動画編集を目指しましょう。納品した動画に対するフィードバックは真摯に受け止め、改善に活かすことで、リピートのチャンスに繋がります。クライアントとの信頼関係を築くことは、継続的に案件を受注し、安定した収入を得るための鍵です。動画編集は需要が高く、副業としても高い収益を期待できる分野です。初めは難しいかもしれませんが、学びを続け、挑戦し続けることが非常に重要です。

動画編集の副業で稼ぐ方法を徹底解説!

独学で動画編集を行う際に必要なもの

パソコン

動画編集を行う際には、パソコンと動画編集ソフトが必要になります。これがなければ動画編集を行うことはできません。スマホなどでも動画編集を行うことは可能ですが、本格的に副業で稼いでいきたいという場合は、しっかりと準備しておきましょう。

動画編集が行えるパソコン

動画編集をスムーズに行うためには、適切なスペックを備えたパソコンが必要です。以下は動画編集用パソコンの選び方のポイントです。

概要

スペック

CPU

最低Intel i5またはAMD Ryzen 5以上のCPU

メモリ

最低16GBのRAM

ストレージ 最低512GB以上のSSDまたはHDD
グラフィックスカード 最低NVIDIAやAMDのミドルレンジ以上のGPU

これらのスペックを満たすパソコンを選ぶことで、動画編集作業が快適になり、より効率的に動画編集を進めることができます。パソコンは高額なものなので、慎重に選び購入しましょう。

動画編集ソフト

動画編集ソフトは、動画制作を行うための中心となるツールです。選び方にはいくつかのポイントがありますので、以下にその主要な要素を挙げます。また、おすすめの動画編集ソフトも紹介します。

  • 使いやすさ
  • 機能
  • 価格

これらのポイントを考慮して、自分のニーズに最も合った動画編集ソフトを選ぶことが重要です。また、以下はおすすめの動画編集ソフトです。

ソフト名

価格

PremierePro 2,398円/月~
Aftereffects 4,980 円/月~
finalCutPro 45,000円(買い切り)
PowerDirector 365 6,700/
CapCut 無料

独学で動画編集を学ぶ3つの方法

勉強

独学で動画編集の学習を行う場合主に3つの学習方法があります。以下では各学習方法を詳しく紹介していきます。自分に合った学習方法を見つけることで、効率よく学習を進めることができます。

YouTubeのチュートリアル動画を見る

YouTubeのチュートリアル動画は、動画制作の全工程を詳細に説明しているため、動画作成に興味がある方に特におすすめです。YouTubeのの動画は、初心者から経験者まで、どんなレベルのユーザーも理解しやすいように構成されているものが多いです。一つのプロジェクトを始める際には、具体的な手順を実際に見て学べるので、理解が深まります。また、疑問点や困った点があれば、動画のコメントで質問することもできます。実際に作業をしながら同時に動画を見ることで、より効果的に学習を進めることができます。

動画編集の本を買う

動画編集を本で学ぶ方法は、正確で体系的な情報を得ることができるため、基礎知識の習得にはぴったりです。ですが、動画編集は視覚的な技術であるため、テキストだけでの学習にはやはり限界があります。実際の動きや効果を理解するためには、YouTubeなどの動画プラットフォームを利用して学習内容を補完することがいいでしょう。本と動画の両方を使いこなすことで、より深い理解と実践的なスキルが身につくでしょう。このバランスの良い学習方法が、動画編集スキルを効率的に向上させる鍵です。

動画編集について紹介している記事を見る

動画編集に関する記事は世の中に数多く存在し、記事は学習の補助として非常に有効です。記事を利用することで、最新の動画編集技術やトレンドをキャッチアップすることができます。また、特定の動画編集ソフトの使い方について詳しく学ぶことも可能です。したがって、動画編集の基本を学んだ後で、さらに知識を深めたい時や、具体的な問題に直面した時に、記事を見ると良いでしょう。このようにして、記事を情報源として上手に活用することで、動画編集スキルを効果的に付けることができます。

動画編集の副業に必要なスキル

以下で紹介するスキルは独学でなくとも必要なスキルなので、必ず習得できるようにしましょう。どれも動画編集を行っていれば自然とついていくスキルにはなるので、継続して学習を進めましょう。

動画編集ソフトの基本操作

動画編集を行う時は必ず動画編集ソフトを使用します。そのため、動画編集ソフトの使い方を覚える必要があります。動画編集ソフトにも使い方が難しいものがありますので、未経験の方は簡単な動画編集ソフトを選ぶと良いでしょう。以下の3つは動画編集する上でおすすめのソフトです。

  • premierepro
  • CapCut
  • PowerDirector 365

これらのソフトは機能性と使いやすさを兼ね備えており、未経験の方でも非常に使いやすい動画編集ソフトとなっています。また、編集ソフトの選定に迷った際は、無料トライアルを利用してみるのも一つの方法です。これにより、実際にソフトを使用してみて、自分に合うかどうかを確かめることができます。

動画編集の応用

動画編集の副業を独学で始める際、基本的なスキルだけでは案件を獲得するのが難しいこ場合があります。そのため、動画編集の応用を身につけることが非常に重要です。YouTubeなどのプラットフォームは、高度な編集技術を学びたい場合に非常におすすめです。YouTubeでは、高度な動画編集テクニックや最新のトレンドを取り入れた動画編集方法がたくさんアップロードされています。また、動画編集ソフトの詳細な使用方法を解説したチュートリアルが多数あります。これらを活用することで、より高度な動画編集スキルを身に付けることが可能になります。積極的に学び、実践を重ねることで、より多くの案件を獲得しやすくなるでしょう。

企画の立案

動画編集の依頼を受ける際、依頼者が動画制作に関して詳しくない場合が多いです。そのため、動画編集者は単に動画編集技術を提供するだけでなく、企画立案や編集構成の提案も行う必要があります。すべての企画や構成が事前に決定されている場合もありますが、企画の立案能力があれば、依頼者に対してプラスアルファの価値を提供することができます。このように、他の競合と差別化を図り、獲得が難しい案件を獲得できる可能性が高まります。そのため、動画編集の技術に加えて、創造的な企画提案もできるように心がけ、依頼者のニーズに応じたオリジナルのコンテンツを提供するようにしましょう。

動画編集は未経験でもOK?仕事の始め方や必要スキルを紹介

独学で動画編集を学ぶメリット

以下、独学で動画編集の学習を行う際のメリットです。

  • 学習費用を大幅に抑えることができる
  • 好きな場所・時間で学習できる
  • 周りの進捗に左右されない

学習費用を大幅に抑えることができる

独学で動画編集を学ぶ最大のメリットの一つは、学習費用を大幅に削減できる点です。高額なスクール受講料や教材費をかけずとも、インターネットを利用することで豊富なカリキュラムにアクセスが可能です。YouTubeなどの無料のチュートリアル動画やブログなど、多岐にわたる学習材料がオンラインで利用できます。これにより、初心者から上級者まで自分のスキルレベルに合わせて、必要な知識や技術を効率的に、しかも経済的に優しく習得することが可能です。また、特定の動画編集ソフトに関する深い知識を得たい場合でも、多くのソフト開発者や経験豊富なユーザーが無料で情報を提供している場合が多いです。これを活用することでさらなるスキルアップをすることができます。このように独学は、賢く学習教材を活用することで学習費用を最小限に抑えつつ、技術を身につけることができます。

好きな場所・時間で学習できる

独学で動画編集を学ぶもう一つの大きな利点は、自分の好きな場所と時間に学習を進めることができる点です。YouTubeなどを活用すれば、時間や場所を選ばずに必要なスキルを身に付けることが可能です。自宅のデスク、好きなカフェ、通勤中の電車内など、インターネットに接続できる環境であれば、どこでも学ぶことができます。また、自分のライフスタイルや案件のスケジュールに合わせて、最適な時間・場所で学習をすることができるため、無理なく継続することができます。これは、特に忙しい社会人などにとって、学びを続けるための非常に大きな助けと言えます。自分のペースで学習を進めることができるので、効率よく知識を吸収し、技術を磨くことができます。

周りの進捗に左右されない

独学での学習は、他の人のペースに引っ張られることなく、自分自身の速度で進めることができる大きなメリットであります。これは、特に動画編集のような技術的スキルを身につける際に重要です。動画編集スクールなどでの学習などでは、一般的に全員が同じカリキュラムに行い、同じペースで進められますが、独学では自分の理解度や興味に基づいて学習内容を自分自身で調整することが可能です。複雑な技術をじっくり学びたい場合や、特定の分野に深く学びたい時には、自分のペースで集中的に学べることができます。そのため、しっかりと理解を深めることができ、スキルをしっかりと身につけることができます。また、自分の強みを活かし、弱点を克服するための時間を自由に設定できるため、効率的かつ効果的に学習を進めることができます。

独学で動画編集を学ぶデメリット

以下、独学で動画編集の学習を行う際のデメリットです。

  • 疑問点が解決できない
  • 繋がりが増えにく
  • 動画編集スキルが付くまでに時間がかかってしまう

疑問点が解決できない

独学で動画編集を学ぶ際にぶつかる一つの大きなデメリットは、疑問や問題が生じたときにすぐに解決できないことです。動画編集スクールなどでは、講師や添削担当などがすぐに質問に答えてくれるため、疑問が生じても迅速に解決することができます。しかし、独学ではこのような即座にサポートを受けることができません。そのため、自分で解決策を見つけ出す必要があります。これには、追加のリサーチを行ったり、しなくてはなりません。そのため、動画編集スクールなどでの学習に比べて時間がかかってしまうことが多いなります。そうすることで、学習のペースが遅くなり、モチベーションの低下につながってしまいます。そのため、動画編集を独学で学ぶ際は、問題解決に対する忍耐力と自分自身で解決する力が非常に重要になります。

繋がりが増えにく

独学で動画編集を学ぶ際にぶつかるもう一つのデメリットは、動画編集のコミュニティやネットワークとの繋がりが作りにくいことです。動画編集スクールなどでは、同じ興味を持つ同期や業界のプロと自然と繋がる機会が非常に多く、これらの関係から、案件を獲得する機会を得ることがあります。しかし、独学では、これらの有益なつながりを築くことが難しく、プロからの指導やフィードバック、案件の紹介といった機会を逃すことが多くあります。このため、独学で学ぶ場合は、SNSでの積極的な発信やオフラインイベントなどに積極的に参加することで、繋がりを増やすことができます。繋がりを形成することは、スキルの向上だけでなく、将来的なキャリア展開にも大きく役立ちます。

動画編集スキルが付くまでに時間がかかってしまう

独学で動画編集を学ぶ場合、必要なスキルを身につけるまでには時間がかかってしまうことが一般的です。動画編集スクールなどでは、経験豊富な講師から直接指導を受けることができるため、学習効率が格段にアップします。しかし、独学では自己学習の進め方や情報の選定、実践の方法など、すべて自分自身で決定しなければならないため、効率的な学習カリキュラムを作成するのが難しいことがあります。そのため、独学で学ぶ際には、Udemyなどの一貫して動画編集を学べる講座を購入することをおすすめします。ほかに独学で学ぶ際は、間違った情報や技術を学んでしまうリスクもあり、その間違いを修正するために追加の時間が必要になる場合があります。このように、独学では学びの質と速度を自分自身で管理することが求められるため、スキルが身につくまでに時間がかかることを覚悟する必要があります。また、しっかりと長期的な学習計画を立てる必要もあります。

独学で勉強するための心構え

心構え

独学で成功するためには、心構えが非常に重要です。心構えがないと、学習中に挑戦や困難が生じたときに挫折しやすくなります。一方で、しっかりとした心構えがあると、モチベーションを維持し、学習への取り組みを強化することができます。これにより、独学の過程でも挫折せずに学び続けることが可能になります。

最終的な目標を設定する

動画編集を学ぶ上で、最終的な目標を設定することが非常に重要です。目標がはっきりしていれば、どのように勉強を進めていけばよいかが明確になり、モチベーションを維持しやすくなります。一方で、目標が定まっていないと、方向性を失い、途中で勉強を投げ出してしまう可能性があります。そこで、最初に以下のような目標を決めるといいでしょう。

  • 動画編集の副業でどれくらい稼ぎたいのか
  • どんな動画を作れるようになりたいのか

目標を設定する際には、より具体的な目標を設定してください。目標は一度決めたら固定されるものではありません。達成すれば、さらに高い目標を設定し、レベルアップを目指していきましょう。また、目標は常に視界に入る場所「スマホのホーム画面」に掲示するなどして、忘れずに意識し続けることが大切です。目標設定は動画編集の勉強を進める上で欠かせない要素です。しっかりと目標を立て、それに向かって着実に前進していきましょう。

いつまでに目標を達成するかを明確にする

動画編集の目標を設定する際、達成期限を明確にすることが非常に重要です。期限を決めておけば、無意識のうちにその期限までに終わらせようと行動するようになります。一方で、期限がないと目標達成が遅れがちになり、いつまでも終わらない可能性があります。そこで、最終目標に加えて、いつまでにその目標を達成するのかを以下のように明確に決めましょう。

  • 1年以内に動画編集の副業で案件を取る
  • 3か月で、今やっているカリキュラムを終わらせる

具体的な期限を設定することが非常に大切です。さらに、長い期間の目標では途中で気持ちが折れてしまうことが多くあります。そこで、期限までの間に複数の通過点を設けることをおすすめします。通過点を設定することで、小さな達成を積み重ねられ、モチベーションを維持しやすくなります。

  • 1ヶ月後に動画編集ソフトのショートカットキーを覚える
  • 3ヶ月後に5本の動画編集終わらせる

など、段階を踏んで通過点を設定しましょう。そうすることで、着実に目標に近づいていくことがわかります。目標達成には期限設定と通過点の設定が必須です。適切な期限と通過点を決めることで、モチベーションを維持しながら着実にスキルアップできるはずです。

目標をあまり高く持ちすぎない

動画編集の目標を設定する際、現実的な目標に留めることが大切です。目標があまりにも高すぎると、途中で挫折してしまう可能性があります。ゲームでいえば、最初からラスボスに立ち向かうようなものです。そのようなハードルの高い目標を最初から設定してしまうと、やる気を失いがちになってしまいます。そこで、当初は短期間で達成可能な現実的な目標を立てることをおすすめします。目標は自分自身を分析して無理のない範囲で目標を設定しましょう。確かに大きな目標は必要ですが、最初から高すぎる目標を立ててしまうと、かえって前に進めなくなってしまう可能性があります。まずは自分のスキルに合った現実的な目標を立て、小さな成功を積み重ねながら、徐々にレベルアップしていくといいでしょう。

独学に不安を感じたら動画編集スクールを検討してみよう

独学での動画編集学習に不安を感じるなら、動画編集スクールの利用を検討してみるのも良いでしょう。多くの動画編集スクールでは、無料の体験授業やカウンセリングを行っており、実際に入学する前にスクールの環境やカリキュラム内容を体験することが可能です。特に過去に独学で挫折した経験がある方や、副業として動画編集を始めたいと考えている方にとって、プロの指導を受けることは大きな助けとなります。動画編集スクールでは、基本的な技術から応用技術まで体系的に学べるため、学習の進捗が早くなり、自信を持って動画編集ができるようになることでしょう。また、実戦的な経験を積める動画編集スクールも多くあります。このようなサポートを活用して、動画編集スキルを確実に向上させましょう。

安い動画編集スクール9選!質が高い講義を徹底比較!

実践的な動画編集スキルが身付くChapterTwo

CT

「Chapter Two」の魅力は、「After Effects」に特化したスクールであることです。
「After Effects」を使った動画編集は、通常の動画編集よりも高単価な案件を行うことができるのが大きな特徴です。

以下ではChapterTwoの特徴を紹介します。

  • 「After Effects」を使ったアニメーション動画制作が学べる
  • 高単価案件に対応できるスキルがつく
  • 案件を獲得できる営業力がつく

また、3か月間で稼げる動画クリエイターになれるカリキュラム設定になっています。そのため、短い期間で凝縮して動画編集のスキルを付けたい方には非常にぴったりです。

さらに卒業後はChapter Twoが運営しているオンラインサロンに入ることができ、月額1,000円で以下のサポートが受けられます。

  • ポートフォリオ
  • 課題の添削
  • 営業講義
  • 補講会

また、実際に獲得した案件の添削なども行えるため、自身をもってクライアントに提出することができます。
短い期間で、動画クリエイターになりたい方はぜひチェックしてみて下さい。

概要

内容

コース

グループコース

マンツーマンコース

受講料金

グループコース:398,000円

マンツーマンコース:598,000円

受講期間 3ヶ月+1ヶ月(ポートフォリオ制作期間)
受講方法 オンライン
学べるスキル After Effects/Premiere Pro/Photoshop/営業/書類作成等
サポート内容 営業サポート/打合せ同席サポート/案件紹介サポート/チャットサポート/添削サポート/オンラインサロン
運営会社 株式会社Chapter Two
動画コース申し込みはこちら

独学で動画編集を学んでいる方からよく来る質問

質問

以下では独学で副業を行う際のよくある質問を集めました。気になる質問もあるかと思いますので、参考にしていただきますと幸いです。

  • 独学で動画編集を学びんだ場合、何カ月で稼げるようになりますか?
  • 独学で動画編集を行いながら副業で稼ぐことはできますか?
  • 動画編集で稼げない人の特徴は?

独学で動画編集を学びんだ場合、何カ月で稼げるようになりますか?

独学で動画編集のスキルを学び、副業として収入を得るまでの期間はどれくらいかという質問はかなり多くあります。実際、独学の場合、最低でも3ヶ月は学習期間を設けることをおすすめします。この期間は、基本的な編集技術の習得から応用技術まで幅広く学ぶために必要です。また、実際にプロジェクトを手がけることでより密な経験を積むことができます。最短で収入を得る見込みとしては、学習を開始してから3ヶ月後を見ておくと良いでしょう。この期間を効果的に使い、質の高いポートフォリオを作成することで、早期での案件獲得につながります。

独学で動画編集を行いながら副業で稼ぐことはできますか?

独学で動画編集を学びつつ副業で収入を得ることは十分可能です。初心者のうちは、複雑な案件に挑戦するよりも、YouTube動画の編集など、比較的簡単な案件から始めることをおすすめします。これにより、基本的な編集技術を実践的に磨くことができ、徐々に自信をつけることができます。学習を進めるにつれて、より専門的で難易度の高い案件にも対応できるようになります。副業として動画編集を始める際は、実務経験を積み重ねることが非常に重要です。初期の小さな成功体験が、更なるスキルアップと案件の獲得に繋がり、最終的には安定した副収入源となる可能性があります。

動画編集で稼げない人の特徴は?

動画編集で稼ぐことができない人の一般的な特徴は、継続力が足りないことです。継続して学び、実践することができないと、スキルの向上や案件の獲得が難しくなってしまいます。この問題を克服するためには、学習過程での小さな成功体験を積み重ねることが非常に重要です。学び始めの段階では、いきなり高度な技術に挑戦するのではなく、自分の現在のスキルレベルより少し上の課題に取り組むことが効果的です。これにより、達成感を感じながら自信を持って次のステップへと進むことができます。継続的に学習と実践を行い、段階的にスキルを向上させることが、動画編集で成功し、稼ぎ続けるための鍵となります。

独学で動画編集を学んでも副業で稼ぐことはできる

独学で動画編集を学んだからといって副業で稼げないわけではありません。ですが、継続して動画編集の学習を積み重ねることで、誰でも副業として動画編集で収入を得ることが可能です。始めは小さな案件から行い、経験を積むことが非常に重要です。継続的な学習と実践を通じて、動画編集のスキルを高め、副業としての収益を実現しましょう。

動画編集スクールおすすめ17選!人気ランキングと動画編集スクールの選び方

Related Article
関連記事