動画編集 WEBデザイン ライティング

儲かるWebデザイナーになる方法とは?年収や必要なスキルを解説

結論からお伝えすると、Webデザイナーは儲かる仕事です。

なぜなら、Webサイトの数に対して、Webデザイナーの数が不足しているため

「Webデザイナーは儲からない」というのは、儲かるWebデザイナーのポイントを知らない場合がほとんどです。

そこで今回は、儲かるWebデザイナーになるためのポイントを紹介します。

Webデザイナーは儲かるのか、条件別年収で検証

Webデザイナーの全国平均年収は444万円ですが、地域や年代などの条件によって差があります。

そこで、Webデザイナーの年収を、下記の条件別に紹介します。

ご自身の条件に当てはめながら、ご覧ください。

Webデザイナーの地域別平均年収

最初に、地域別の平均年収を紹介します。

地域 平均年収(正社員) 平均時給(派遣社員) 平均時給(アルバイト)
北海道・東北 378万円 1,171円 902円
甲信越・北陸 354万円
関東 397万円 1,769円 1,150円
東海 384万円 1,399円 1,003円
関西 384万円 1,515円 1,021円
中国 337万円 1,400円
四国 336万円
九州・沖縄 351万円 1,302円 1,007円

参考元:求人ボックス Webデザイナーの仕事の年収・時給・給料(2022.5 時点)

最も儲かるのは関東地方のWebデザイナーです。

中でも、東京都で働くWebデザイナーの平均年収は488万円、神奈川県では398万円となっています。

儲かるWebデザイナーになるためには、東京都で就職先を探すのがおすすめです。

Webデザイナーの年代別平均年収

次に、Webデザイナーの平均年収を年代別に紹介します。

年代 男性 女性
20~24 296万円 288万円
25~29 362万円 338万円
30~34 431万円 380万円
35~39 503万円 399万円
40~44 556万円 416万円
45~49 563万円 410万円
50~54 621万円 514万円
55~59 651万円 504万円

参考元:求人ボックス Webデザイナーの仕事の年収・時給・給料(2022.5時点)

「Webデザイナーは儲からないのでは?」と不安な方もいらっしゃるでしょう。

しかし年代別に見ると、年齢を重ね、経験が豊富になるほど年収が高くなる傾向です。

国税庁が発表している平均給与によると、全国の平均年収は461万円ですが、経験を積んだWebデザイナーは全国平均を超える収入を得られます。

さらに、女性の平均年収280万円と発表されており、就職して間もないうちに全国平均を上回ります。

Webデザイナーの企業規模別平均年収

続いては、企業規模別に見たWebデザイナーの平均年収です。

企業規模 男性 女性
10~99人 470万円 368万円
100~999人 451万円 365万円
1,000人以上 653万円 428万円

参考元:求人ボックス Webデザイナーの仕事の年収・時給・給料(2022.5時点)

企業の規模によって、大きな差が生じているのがわかります。

企業の規模が大きくなるほど、獲得できる仕事量が安定しやすいのが、平均年収に差がついた要因でしょう。

Webデザイナーとして就職するときは、出来る限り大規模な企業に入社するのが有利です。

フリーランスのWebデザイナーは儲かる?

企業規模別の平均年収を見ると、より規模の小さいフリーランスのWebデザイナーは儲からないのでは、と不安に感じる方もいるでしょう。

フリーランスのWebデザイナーが得られる年収のめやすを紹介します。

初級者Webデザイナーは年収200~400万円

初級者Webデザイナーに求められるレベルは以下の通りです。

  • クライアントに指示された通りにWebデザインができる
  • ポートフォリオに掲載できる程度の実績がある

初級者のうちは、Webデザインの仕事というよりも、Webデザインの作業を行っているというイメージです。

そのため、年収は低くなりがち。

脱初心者のためには、クライアントの要望を聞き取り、自分が考えたデザインを提案できるようになりましょう。

努力を続けてスキルアップできれば、より儲かるWebデザイナーとして活躍できます。

中級者Webデザイナーは年収400~600万円

中級者Webデザイナーに求められるレベルは以下の通りです。

  • クライアントに対してWebデザインを提案できる
  • 初級者Webデザイナーに仕事の指示を出す

上記のように、自分のWebデザイン業務をこなす能力と、Webディレクターとしての能力が求められます。

中級者Webデザイナーの立場を、わかりやすく例えると中間管理職です。

Webデザイナー以外のスキルを身に付けて、さらなる高収入を目指しましょう。

上級者Webデザイナーは年収600万円以上

上級者Webデザイナーに求められるレベルは以下の通りです。

  • Webサイトの活用法を企業に提案できる
  • 企業に対してコンサルタントの役割を担える

「Webサイトを作ってもらっただけ」にとどまっている企業は少なくありません。

上級Webデザイナーは、そのような企業に対して、Webサイトの活用法を提案・コンサルティングを行います。

コンサルティングにより、企業のイメージを向上できるWebデザインを提供できれば、1,000万円以上の高収入を得るのも夢ではありません。

儲かるWebデザイナーになるための方法とは?

儲かるWebデザイナーになるためのポイントは、以下の通りです。

儲かるWebデザイナーになる方法一覧

それぞれの方法を詳しく解説します。

Webデザイナーのキャリアアップの参考にしてみてください。

儲かるWebデザイナーになる方法1.基本スキルを磨く

Webデザイナーには様々なスキルが求められます。

基礎知識に加え、HTML・CSS・Javascriptなどです。

最近では、ユーザーの使いやすいデザイン制作を目的にしたUI/UXデザインスキルも必要でしょう。

クライアントの多くは、幅広い業務を一任できるWebデザイナーを欲しがります。

理由は、「バナーはこっち、HTML・CSSはこっち」といったように、業務ごとにWebデザイナーを探す手間がなくなるためです。

基本スキルを磨き、より高単価な仕事の受注に備えましょう。

儲かるWebデザイナーになる方法2.高報酬の会社に転職

就職する企業の規模が大きいほど儲かるのは、Webデザイナーの企業規模別平均年収で紹介しました。

小規模企業でWebデザイナーとして経験を積めば、より大規模な企業への転職も可能でしょう。

1,000人以上の大規模企業に就職できれば、儲かるWebデザイナーの道が保証される、といっても過言ではありません。

儲かるWebデザイナーになる方法3.フリーランスになる

企業への就職とフリーランス、この2つの最も大きな違いは、収入に制限があるかどうかです。

企業に就職した場合は、収入が安定しやすい反面、いくら頑張っても規定通りの給与所得にとどまります。

しかしフリーランスは、自分が頑張っただけ儲けられます。

加えて、フリーランスは時間の使い方も自由。

マイペースかつ儲かるWebデザイナーとして生活できます。

儲かるフリーランスWebデザイナーを目指すためのポイント3つ

儲かるフリーランスWebデザイナーになるためのポイントは以下の3つです。

  1. SNSを活用してWebデザイナースキルをアピール
  2. スキルと知識をいかして不労所得を狙う
  3. スクールを利用して専門知識を身に付ける

さっそく、3つのポイントを順に紹介します。

「まずは副業でWebデザインをしてみたい」という方は「Webデザイナー副業の始め方とは?必要なスキルや仕事内容も紹介」をご覧ください。

ポイント1.SNSを活用してWebデザイナースキルをアピール

SNSで、制作したWebデザインを発信する方法です。

慢性的な人材不足の中、多くの企業がSNSを使用した人材発掘に注目しています。

さらに、ブログやポートフォリオを併用すると、SNSでの情報発信がさらに効果的に。

ブログやポートフォリオを併用するときは、それぞれのデザインにも力を入れましょう。

Webデザイナーとして、実力をアピールしやすくなります。

ポイント2.スキルと知識をいかして不労所得を狙う

WebデザインでLP(ランディングページ)制作を行ううち、ユーザーの購買意欲を誘うデザインを学べるでしょう。

ライティングを学んでおけば、自分でアフィリエイトサイトの構築も可能です。

アフィリエイトサイトの運営が成功すると、不労所得で生活できます。

さらに、自分のスキルや知識をnoteで発信して収益化する方法も。

Webデザイナーを目指す方が多く、アフィリエイトサイトと同じように不労所得を得られるでしょう。

ポイント3.スクールを利用して専門知識を身に付ける

儲かるフリーランスWebデザイナーになる、最も確実な方法です。

Webデザイナースクールは、基礎知識を学べるだけでなく、卒業後のサポートも充実。

SNS活用術・営業術・商談術などを学べるスクールもあり、安心してフリーランスWebデザイナーを目指せます。

スクールを検討する前に、独学でWebデザインを学んでみたい、という方は「Webデザインは独学できる?何から学ぶ?おすすめ勉強法を解説」をご覧ください。

儲かるWebデザイナーになるために

今回は、以下3つのポイントをお伝えしました。

  1. Webデザイナーは儲かる仕事
  2. フリーランス×Webデザイナーは年収1,000万円も可能
  3. 儲かるWebデザイナーにはスキルと努力が必要

クリエイター人材育成スクール「Chapter Two」では、プロのWebデザイナーが、営業に特化した講義を実施中。

「Webデザイナーを目指したいが、無駄な時間は使いたくない。Webデザインを独学で身に付ける自信がない。Webデザイナーとして仕事を獲得できるか不安」などのお悩みがある方は、ぜひ気軽にお問い合わせください。