動画編集 WEBデザイン ライティング

未経験からWebデザイナーになるには?仕事内容や必要なスキルを徹底解説!

Webデザイナーは、現在非常に人気のある職業です。未経験の方でもしっかりと学習を行えば、Webデザイナーになることはできます。ですが、簡単にはWebデザイナーになることはできません。Webデザイナーはデザインスキル以外にも様々なスキルが必要になってきます。本記事では、未経験からWebデザイナーになるための学習方法や具体的な仕事内容、スキルなどを中心にWebデザイナーについて詳しく解説していきます。

目次 表示

未経験からWebデザイナーになるには?

選び方

未経験からWebデザイナーになるためには、デザインスキルを持っているだけでは不十分です。Webデザイナーに必要なスキルは多くあり、主にデザインソフトの使い方、HTMLやCSSなどのコーディングスキル、UI/UXスキルなどが求められます。以下では、未経験からWebデザイナーになるための3つの学び方を紹介します。それぞれの方法の特徴を理解し、自分に合った学習方法を見つけましょう。

  • 独学で学ぶ
  • 実際の現場で学ぶ
  • Webデザインスクールに通う

独学で学ぶ

Webデザイナーとしてのスキルを独学で学ぶことは、コストを抑えつつ自分のペースで進められる学習方法です。インターネットには無料のチュートリアルや教材が豊富にあり、YouTubeやブログ、オンラインコースなどを活用することで基礎から応用まで一貫して学ぶことができます。独学は学習の自己管理能力が求められますが、自分で計画を立て、学習していくことで実践力が身につくでしょう。特に、プロジェクトを通して実際にデザインを作成することで、さらに成長することができます。

実際の現場で学ぶ

実際の現場での学習は、素早くWebデザインのスキルを身につける方法です。アルバイトやインターンを通じて、実際のプロジェクトに参加することで、即戦力となるスキルを習得できます。現場での経験は、単なるスキルだけでなく、チームでのコミュニケーション能力やプロジェクト管理のスキルも養うことができます。未経験者でも応募できるところが増えているため、積極的にチャレンジしてみましょう。現場での経験は、ポートフォリオにも反映できるため、就職活動時やフリーランスとして独立した際に大きく役立ちます。

Webデザインスクールに通う

独学や現場での学習に不安がある場合は、Webデザインスクールに通うことを検討しましょう。Webデザインスクールでは、プロが作成したカリキュラムに沿って、体系的にWebデザインスキルを学ぶことができます。また、実際のプロジェクトを通じて、実務経験を積む機会を提供してくれるところも多くあります。そのため、スキルアップと同時に実践力も身につけることが可能です。また、Webデザインスクールでは、講師や同じ目標を持つ仲間との交流も盛んに行われているため、モチベーション維持に役立ちます。就職・転職サポートを提供するスクールも多いため、就職・転職を目指している方には非常におすすめです。

在宅でWebデザイン!未経験からWebデザイナーになる方法【保存版】

Webデザイナーの仕事内容

仕事

Webデザイナーの仕事は、デザインだけではありません。まず、サイトの目的やターゲットを明確にするための要件整理から始める必要があります。次に、ワイヤーフレームを作成し、サイトの構造を視覚化です。その後、デザイン作成に取りかかり、配色、フォント、レイアウト調整、写真選定などを行います。最後に、デザインをWeb上で実現するためにコーディングを行い、サイトの完成です。以下ではこれらを詳しく紹介しますので、Webデザイナーの仕事をイメージしてみて下さい。

  • サイトの要件整理
  • ワイヤーフレーム作成
  • デザイン作成
  • コーディング

サイトの要件整理

Webサイトを作る際には、目的やターゲットを明確にするための要件整理が必要です。まず、Webサイトの目的を決めます。例えば、情報提供サイトや販売サイトなどです。次に、UXを明確にし、見る人のニーズや期待に応えるコンテンツを計画します。最後に、具体的なコンテンツ内容の決定を行います。これらの要件を整理しないと、誰に向けたどんなサイトなのか不明確になり、効果的なWebサイトを作ることは非常に難しいです。そのため、要件整理は必ず必要になってきます。

  • Webサイトの目的
  • Webサイトのターゲット
  • Webサイトのコンテンツ内容

ワイヤーフレーム作成

ワイヤーフレームは、Webサイトの設計図として非常に重要なものです。ワイヤーフレームは、ページのレイアウトなどを視覚化したものです。ワイヤーフレームを作成することで、デザインの大枠を事前に把握でき、クライアントやチームと共通の認識を持つことができます。この段階でしっかりとした設計を行うことで、後々のデザインやコーディングで、大きな修正なをなくすことができます。また、UXの観点からも、ユーザーの動線や操作感を最適化するために、ワイヤーフレームは欠かせません。そのため、Webサイトの品質を高めるためには、ワイヤーフレーム作成が非常に重要です。

デザイン作成

デザイン作成は、多くの人がWebデザインと聞いて最初に思い浮かべる作業です。ワイヤーフレームを基に、サイトデザインを行います。この段階では、サイトの見た目を決める、重要な要素にフォーカスします。以下は重要な要素です。

  • 配色
  • フォント
  • レイアウト調整
  • 写真選定

配色の選定は、ブランドイメージを反映させ、統一感を持たせるため非常に重要です。フォント選びも、読みやすさとデザインの一貫性を確保するために様々なパターンを試し、慎重に行います。レイアウト調整では、情報の優先順位を考慮しながら、ユーザーが直感的に操作できる配置にしましょう。写真選定も、サイト全体の雰囲気を左右する重要な要素です。これらを総合的に考慮し、高品質で高機能なデザインを作成します。この4つの要素を理解することで、違和感のない綺麗なデザインを作ることが可能です。

コーディング

デザインが完成した後、Webサイトを実際に動かすためにはコーディングが必要となります。コーディングとは、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を使ってデザインをWeb上で再現する作業です。これにより、静的なデザインが実際にWeb上で動くWebサイトとして機能するようになります。コーディングは、Webデザインの仕事とは分けられることが多いですが、デザイナー自身がコーディングスキルを持つことで、デザインの意図をより正確に反映させることが可能です。また、コーディングができることで、より幅広いプロジェクトに対応できるため、Webデザイナーとしての市場価値が高まります。

Webデザイナーに必要なスキル

スキル

Webデザイナーとして成功するためには、複数のスキルを習得することが重要です。基本的なデザインスキル、デザインツールの操作スキル、コーディングスキル、コミュニケーションスキル、そして営業スキルが求められます。これらのスキルをバランスよく身に付けることで、クライアントのニーズに応え、プロジェクトをスムーズに進行させることが可能です。以下では、それぞれのスキルについて詳しく解説します。

  • 基本的なデザインスキル
  • デザインツールの操作スキル
  • コーディングスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 営業スキル

基本的なデザインスキル

Webデザイナーには基本的なデザインスキルが必須です。デザインの基本スキルには以下の4つがあります。

  • 配色:
  • フォント
  • レイアウト調整
  • 写真選定

これらをマスターすることで、ダサいデザインになることはありません。適切な配色やフォント選び、バランスの取れたレイアウト調整、そして質の高い写真選定を行うことで、視覚的に魅力的なデザインを作成することができます。これらのスキルは、どんなデザインプロジェクトにおいても基本となる重要な要素です。

デザインツールの操作スキル

Webデザインを行う際には、デザインツールの操作スキルが必要です。以下は、Webデザインでよく使われるツールになります。

  • Figma:共同作業がしやすい
  • STUDIO:ノーコードでサイト制作
  • Wix:ドラッグ&ドロップで構築可能
  • WebFlow:デザインとコーディングが可能
  • Framer:Figmaとの相性がいい

これらのツールを使いこなすことで、効率的にデザインを進めることができます。全てのツールを使えるようになる必要はありませんが、複数の使い方を覚えておくことで、仕事の幅が広がります。特にFigmaは共同作業がしやすく、チームでの作業が大きくはかどるので、習得しておくと便利です。

コーディングスキル

コーディングスキルは、Webデザイナーにとって必須ではありませんが、身に付けることで大きく仕事の幅が広がります。HTML、CSS、JavaScriptの基本を理解することで、デザインの意図をより正確に反映させることが可能です。また、コーディングができることで、開発チームとのコミュニケーションが円滑になり、プロジェクトの進行がスムーズになります。これにより、Webデザイナーとしての市場価値も上がっていきます。

コミュニケーションスキル

Webデザイナーにとって、コミュニケーションスキルは非常に重要です。クライアントやチームメンバーとスムーズに連携するためには、適切なコミュニケーションが欠かせません。クライアントとの打ち合わせでは、要望や期待を正確に理解し、それに応えるための提案を行います。また、チーム内での仕事では、デザインの意図を共有し、フィードバックを受け入れながら改善を進める必要があります。コミュニケーションを取る際には、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

  • 聞き取る能力
  • 説明・提案力
  • フィードバックの受け入れ

これらのスキルを磨くことで、プロジェクトをスムーズに進行させ、クライアントの満足度を高めることができます。コミュニケーションが上手くいけば、誤解やミスを減らし、効率的に仕事を進められるでしょう。

営業スキル

Webデザイナーとして自分のスキルを活かすためには、営業スキルも必要です。Webデザイナーになったからと言って、仕事は自動的に入ってくるわけではありません。そのため、自分から積極的に営業をしに行く必要があります。営業は主に以下2つが一般的です。

  • 電話営業:最初はハードルが高い
  • メール営業:比較的簡単にできる

最初は電話営業のハードルはかなり高いので、メール営業から始めることをおすすめします。メール営業では、クライアントに興味を持ってもらえるような文章を工夫し、試行錯誤しながら送っていくことが重要です。また、営業先のリストアップには手間がかかるため、リストアップ業者を利用することも検討しましょう。営業スキルを磨くことで、自分のデザインスキルを活かした仕事を行うことができます。

Webデザイナーになるために必要なもの

パソコン

Webデザイナーになるためには、適切なパソコンとデザインソフトが必要です。これらのツールは、効率的にデザインを行うための基盤となります。特に高い処理能力と大容量のメモリを備えたパソコンは、デザイン作業をスムーズに進めるために欠かせません。また、さまざまなデザインソフトを使いこなすことで、プロフェッショナルな仕上がりを実現することができます。以下では、Webデザインに適したパソコンとデザインツールについて詳しく説明します。

  • Webデザインに適したパソコン
  • Webデザインソフト

Webデザインに適したパソコン

Webデザインを行うために、パソコンは必須です。たまにスマホだけでできると考えている方もいますが、必ずパソコンで作業するようにしましょう。パソコンと言っても、パソコンであれば何でもいいというわけではなく、Webデザインに適したパソコンでなければなりません。以下はWebデザインに適したパソコンのスペックです。

  • Intel Core i5またはM1以上
  • 16GB
  • 256GB

上記スペック以外のパソコンを購入してしまうと、パソコンがスムーズに動かない場合があります。また、デスクトップパソコンとノートパソコンどちらを買おうか迷っている方も多いと思いますが、自分の用途によってどちらを購入するのかを決めましょう。家でじっくり作業をしたいという方はデスクトップパソコンがおすすめですが、いろいろな場所に持ち運びたいという方はノートパソコンがおすすめです。

Webデザインツール

Webデザインを行う際には、パソコン同様にWebデザインツールが必要です。これらのツールが無ければ、デザイン作業を行うことはできません。多くのWebデザインツールは無料で使用できるため、まずはさまざまなツールを試してみることをおすすめします。以下におすすめのWebデザインツールを記載していますので、参考にしていただければ幸いです。

  • Figma
  • STUDIO
  • Wix
  • WebFlow
  • Framer

ちなみに一番人気なWebデザインツールはFigmaというツールです。FigmaはWebデザインを超えて、幅広い分野で使用されています。

Webデザイナーになることがおすすめな理由

おススメ

Webデザイナーは、クリエイティブな仕事に興味がある人にとって、非常に魅力的な職業です。デザインやアートに興味があるだけでなく、デザインスキルも活かせる点が魅力の一つです。さらに、Webデザイナーは多様な働き方ができるため、ライフスタイルに合わせて仕事を選ぶことができます。企業に勤めることで安定した収入を得ることもでき、フリーランスとして自由な働き方を行うことも可能です。また、Webデザインのスキルは将来性があり、需要が高まっているため、長期的に見ても安心して働ける職業です。以下3つの理由を詳しく解説していきます。

  • Webデザイナーの働き方
  • Webデザイナーの将来性
  • Webデザイナーのキャリアについて

Webデザイナーの働き方

Webデザイナーの働き方は非常に多様です。企業に勤める場合、オフィスに出社して働くこともありますが、最近は在宅勤務も一般的になっています。リモートワークの普及により、自宅やカフェ、コワーキングスペースなど、自分が快適に働ける場所を選ぶことができるようになりました。一方、フリーランスのWebデザイナーは、時間や場所に縛られずに働くことができるため、非常に自由度の高いライフスタイルを実現できます。フリーランスとして成功するためには、自己管理能力や営業スキルも求められますが、その分自分のペースで仕事を進めることができる点は大きな魅力です。多くの人がこの自由な働き方に憧れ、Webデザイナーを目指していると考えられます。

Webデザイナーの将来性

Webデザイナーは、現状では競争が激しい職業です。しかし、ほとんどの人が十分なスキルを身に付けられていないため、スキルを習得すれば、今からでも十分に活躍できるチャンスはあります。Webデザインの需要はますます増えており、特にUI/UXデザインのスキルは高く評価されています。これらのスキルを持つことで、クライアントのニーズに応え、競争力を持ったWebデザイナーとして活躍することが可能です。技術の進化に伴い、Webデザインの手法やツールも進化しているため、常に最新の情報をキャッチアップし続けることが重要です。将来的には、AIなどの新技術を取り入れたデザインの需要も増えると予測されており、Webデザイナーの活躍の場はますます広がるでしょう。

Webデザイナーのキャリアについて

Webデザイナーのキャリアパスは大きく分けて以下の2つがあります。

  • 就職
  • フリーランス

一つは企業に就職する道です。企業に勤めることで、安定した収入を得ながら、チームでの協力や大規模なプロジェクトに携わる経験を積むことができます。企業での経験は、将来的に独立する際にも大いに役立つでしょう。もう一つは、フリーランスとして働く道です。フリーランスになると、時間や場所に縛られず、自分のペースで仕事を進めることができます。自分のクライアントを見つけ、直接契約を結ぶことで、高収入を得ることも可能です。どちらのキャリアを選ぶにしても、継続的な学習とスキルの向上が重要です。Webデザインの世界は常に進化しているため、最新の技術やトレンドに対応できる柔軟性を持つことが求められます。

未経験からWebデザインの副業で月5万円稼ぐ具体的な方法

Webデザイナーの年収・月収は?

年収

Webデザイナーの平均年収は約480万円となっています。月収にすると約40万円です。日本の平均年収が458万円となっているので、Webデザイナーの平均年収は高い水準にあると言えます。以下の表は年代別の平均年収と月収です。表で見ると、50代後半が年収のピークになっていることが分かります。この表はあくまでも平均ですので、努力次第では20代でも50代後半以上に稼ぐことも可能です。

年代 平均年収 平均月収
20~24歳 約305万円 約25.4万円
25~29歳 約362万円 約30.1万円
30~34歳 約432万円 約36万円
35~39歳 約535万円 約44.5万円
40~44歳 約562万円 約46.8万円
45~49歳 約576万円 約48万円
50~54歳 約565万円 約47万円
55~59 約585万円 約48.7万円

Webデザイナーの平均年収は男性の方が高い傾向にある

Webデザイナーの平均年収は男性の方が高い傾向にあります。20代のころはそこまで大きな差はありませんが、50代後半にもなると、150万円近い差ができています。ですが、これはWebデザイナーに限らずどの業界でも同じ傾向です。大きな要因としましては、昇進・昇級で格差が生まれていってしまいます。また、女性は仕事のほかにも、家庭・子育てなどを行っている場合が多いため、どうしてもフルタイムで働くことが難しくなってしまうのも理由の一つです。

年代 男性 女性
20~24歳 約296万円 約288万円
25~29歳 約362万円 約338万円
30~34歳 約431万円 約380万円
35~39歳 約503万円 約399万円
40~44歳 約556万円 約416万円
45~49歳 約563万円 約410万円
50~54歳 約621万円 約514万円
55~59 約651万円 約504万円

Webデザイナーに向いている人の特徴

向いている人

以下ではWEBデザイナーに向いている人の特徴を紹介します。自分に当てはまっていたら、ぜひWebデザイナーに挑戦してみてください。

  • 好奇心旺盛でトレンドに敏感
  • 細かい違いに気づける
  • 客観的に考えられる

好奇心旺盛でトレンドに敏感

Web業界では常に新しい技術が生まれ、それによって従来の常識が変わることがあります。そのため、新しい技術に対応できなければ、時代に取り残されてしまうでしょう。日頃から様々な情報に対してアンテナを張り、常にアイデアを吸収しアウトプットする必要があります。世の中で起きていることに無関心にならず、好奇心を持って情報を収集するようにしましょう。デザインが思いつかないと感じている人でも、好奇心を持って色々なことを自ら調べ学ぶことで、スキルを磨くことができます。様々なサイトを見てデータを集め、どのような目的でそのサイトが制作されたのかを考えることで、自分のデザインの引き出しを増やすことが重要です。

細かい違いに気づける

Webサイトは、文字のフォントや配色、配置などが数ミリ単位で変わるだけでも、全体の印象が大きく変わることがあります。WEBデザイナーには、この微細な違いに気づき、改善していくスキルが求められることが多いです。例えば、広告の配置や申し込みボタンの色などは、クリック率や申し込み率に大きく影響します。また、クライアントの悩みに共感し、現状をイメージする能力も非常に重要です。最近では、感受性の高い人を意味する「HSP」という言葉がよく使われますが、感受性が高いほうが、クライアントに寄り添った対応がしやすくなります。

客観的に考えられる

デザインというと主観的なイメージがあるかもしれませんが、Webデザインは直感やセンスだけで成り立つものではありません。Webデザイナーの仕事では、クライアントの要望に応えることや、ユーザーの使いやすさを考慮することが重要です。さらに、クライアントの予算に合わせたデザインを考えたり、最新のトレンドを取り入れることも求められます。Webデザイナーには、様々な人の立場に立って客観的に考えるスキルが必要です。

Webデザイナーに向いていない人の特徴

以下ではWebデザイナーに向いていない人の特徴を紹介します。向いていない人の特徴を理解し、自分に合っているかを確かめてみましょう。向いていないからと言って、Webデザイナーになれないといったことは絶対にありませんので、ご安心ください。

  • ⾃発的に学び自己投資をしない
  • 聞いたことを鵜呑みにして考えない
  • コミュニケーションを取るのが苦手な人

⾃発的に学び自己投資をしない

一から十まで他人に教えてもらわないと何もできないようでは、Webデザインの仕事を続けるのは難しいでしょう。WEBデザイナーは、知識がなくても、自ら学び、自発的にスキルアップすることが求められます。また、Web制作においては時間管理も非常に重要です。納期に合わせて最高の成果を出すためには、多くのタスクを抱えながらも作業時間を確保する必要があります。生産性を向上させるために、ツールや最新のソフトに投資することが効果的な場合もあります。このように、自発的に学び、自己投資を惜しまない姿勢がなければ、Webデザイナーとして成功するのは難しいでしょう。

聞いたことを鵜呑みにして考えない

Webデザインを教える講師によると、Webデザインの勉強で挫折する人の中には、学んだことを暗記しようとする人もいるそうです。学生時代の勉強では暗記が有効だったかもしれませんが、Webデザインの学習では効率的な方法とは言えません。例えば、新しいコードを覚えた場合、暗記だと一つのパターンしか使うことができません。しかし、自分で考えて動ける人は、実際に手を動かしていくつかの例を作り、覚えたコードをどの場面で使うかを理解しています。ただクライアントの指示に従うだけでなく、時にはプロとして長期的な視点からクライアントの目的に沿った提案をすることが非常に重要です。

コミュニケーションを取るのが苦手な人

Webデザイナーは、制作作業に没頭する職人のようなイメージを持たれがちですが、実際には多くの人との関わりがある仕事でもあります。クオリティへのこだわりも大切ですが、制作する物は自己満足の芸術作品ではなく、クライアントの要望を反映させることが非常に重要です。クライアントの要望をただ鵜呑みにするのではなく、サイトの目的に合わせて提案することが必要です。クライアントありきの仕事なので、コミュニケーションを通じた提案力が大切です。Webデザイナーがあまりにも頑固だと、仕事の遅延やクライアントやチームメンバーとの衝突を引き起こす可能性があります。WEBデザイナーは、クリエイティブで職人気質な一面がある一方で、素直で謙虚な姿勢でコミュニケーションをとることも求められます。

独学が難しかったらWebデザインスクールを検討してみよう

独学でWebデザインの勉強を行って、難しかったらWebデザインスクールを検討してみましょう。独学でWebデザインの勉強をする場合、挫折してしまう方が多くいます。せっかくWebデザインに興味を持って勉強しているのに、途中であきらめてはもったいないです。Webデザインスクールなら、未経験の方でも理解しやすいようにカリキュラムが構成されています。そのため、カリキュラムをこなすことで、稼げるWebデザインのスキルが身につきます。また、プロの講師が直接指導してくれるので、効率よく学習を進めることが可能です。そのため、途中で挫折することなく、Webデザインのスキルを習得することができます。

ChapterTwo

 

CTWebデザインコース

概要 内容
コース グループコース:10人ほどのグループ

マンツーマンコース:講師と1対1

受講料金 グループコース:398,000円

マンツーマンコース:598,000円

受講期間 3ヶ月
受講方法 オンライン
対象者 未経験~経験者
運営会社 株式会社ChapterTwo

「Chapter Two」の魅力は、「LPの案件獲得」に特化したスクールであることです。

以下ではChapterTwoの特徴を紹介します。

  • 「LP」制作を中心のカリキュラム
  • 高単価案件に対応できるスキルがつく
  • 案件を獲得できる営業力がつく

また、3か月間で案件を取ることができるWEBデザイナーになれるカリキュラムが組まれています。そのため、短い期間で凝縮してWEBデザイナーのスキルを付けたい方には非常におすすめです。スクールを卒業した後が不安と感じている方向けに、Chapter Twoが運営しているオンラインサロンに入ることができ、月額1,000円で以下の学習サポートを受けることができます。

  • ポートフォリオ
  • 課題の添削
  • 営業講義
  • 補講会

通常の講義について行けなかった方向けに、補講会を開催しているため、補講会に参加することで、進捗を合わせることができます。また、実際に獲得した案件の添削なども行えるため、完璧な状態でクライアントに提出することができます。短い期間で案件を取りたい!という方はぜひチェックしてみて下さい。

SHElikes

SHELIKES

概要 内容
コース スタンダード:受け放題

ライト:月5回まで

受講料金 スタンダード:256,080円

マンツーマンコース:223,080円

受講期間 6ヶ月
受講方法 オンライン
対象者 未経験~経験者
卒業後のキャリア 就職/転職/フリーランス
運営会社 SHE株式会社

SHElikesは、女性専用のWebデザインスクールです。ですが、Webデザイン以外にも約45種類のスキルを学ぶことができます。それらのスキルをWebデザインに掛け合わせることによって、幅広く仕事を獲得することも可能です。また、学習サポートも充実していて、月に1回のコーチングが存在します。他にも、講師に質問をしたり、お仕事チャレンジサポートなども用意されており、実際の案件を行った際にスムーズに対応できるようになっています。受講者数も7万を超え、参加満足度95%という実績もあるので、安心して学習できるでしょう。

CodeCamp

codecampwebデザイン

概要 詳細
コース Webデザインコース
受講料金 308,000円
受講期間 4ヶ月
受講方法 オンライン
対象者 未経験~経験者
卒業後のキャリア 就職/転職
運営会社 コードキャンプ株式会社

CodeCampは4ヶ月でWebデザイナーになれるカリキュラムが組まれてます。CodeCampの魅力はレッスン時間の幅広さです。7時~23時の間でレッスンを行うことができます。さらに、講師も指名することができるので、ミスマッチが起きないのも魅力と言えるでしょう。4ヶ月のカリキュラムは以下のようになっています。

  • 1ヵ月目:HTML/CSSを学ぶ
  • 2ヶ月目:Webデザインの基礎知識
  • 3ヶ月目:Wサイトに動きを付ける
  • 4ヶ月目;ポートフォリオ作成

これらのカリキュラムをこなし、現場で活躍できるWebデザイナーになります。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP

概要 詳細
コース Webデザインコース
受講料金 354,888円
受講期間 4ヶ月
受講方法 オンライン
対象者 未経験~経験者
卒業後のキャリア 就職/転職
運営会社 株式会社インフラトップ

DMM WEBCAMPでは、デザインとサイト制作をお得なセットで学習することができます。デザインとサイト制作を同時に学ぶことによって、案件獲得の幅が広がり、単価の高い案件を行うことが可能です。DMM WEBCAMPではサポートが充実しており、特に魅力的なサポートは副業サポートになります。副業サポートでは、副業に関するカリキュラムのほか週2回行うマンツーマンのメンタリングや、無制限に質問できるチャットなど、さまざまなサポートが受け放題です。さらに卒業後には寺子屋というものがあり、卒業から半年間は無料で使うことができ、副業に関する相談などを行うことができます。また、卒業後もメンタリングを行うことも可能です。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

概要 内容
コース Webデザイナー専攻
受講料金 517,000円
受講期間 6カ月
受講方法 オンライン/通学
対象者 未経験~経験者
卒業後のキャリア 転職/就職
運営会社 デジタルハリウッド株式会社

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは未経験からWebデザイナーを目指せるスクールです。通学とオンラインのどちらでも選ぶことができ、自分の好きな方法で受講できます。Webデザインの基本的な知識から実践で活用できるスキルを身に付けることができ、卒業後はすぐにプロのエンジニアとして活動できます。また、デジタルハリウッドSTUDIO by LIG「現役クリエイター」によるLIVE授業があり、デザイン基礎や写真、Webマーケティングまで、徹底的にスキルを培うことも可能です。

デジタルハリウッドSTUDIO

デジハリ スタジオ

概要 内容
コース Webデザイン・Webデザイナー専攻
受講料金 517,000円
受講期間 6カ月
受講方法 オンライン/通学
対象者 未経験~経験者
卒業後のキャリア 転職/就職
運営会社 デジタルハリウッド株式会社

デジタルハリウッドSTUDIOでは、社会人や大学生向けにWebデザイナーを目指すためのコースを提供しています。デジタルハリウッドSTUDIOでは、Webデザインの最新情報をどのように収集し、整理し、デザインに反映させるかを体系的に学べるライブ授業が特徴です。これにより、卒業後もニーズに合ったデザイン制作が可能になります。また、忙しい方でもスマートフォンで授業を視聴できるため、自分のライフスタイルに合わせて受講できる点が魅力です。

インターネット・アカデミー

インターネットアカデミー

概要 内容
コース Webデザイナー総合コース
受講料金 760,760円
受講期間 12カ月
受講方法 オンライン
対象者 未経験~経験者
卒業後のキャリア 転職/就職
運営会社 株式会社IBJ

インターネット・アカデミーは、オフライン授業とオンライン授業を自由に組み合わせて学べるスクールです。Webデザイナー入門コースでは、デザインの基本からプロのWebレイアウト技術まで学ぶことができます。一方、Webデザイナー総合コースでは、実践的なスキルを身につけ、すぐに現場で活躍できるレベルまで成長することが可能です。自分の現在のレベルや目的に合わせたコースを受講できるため、スキルが身につきやすく、すぐに実践で活用することができます。また、各種認定校でも使用されているカリキュラム内容になっているため、未経験者でも安心して学習できます。

全くの未経験からでもWebデザイナーになることは可能

まったくの未経験からでも、Webデザイナーになることは可能です。Webデザイナーに必要なスキルを理解し自分に合った学習方法で学習することが非常に重要です。場合によっては、Webデザインスクールへの入学も検討してみましょう。Webデザインスクールでは全くの未経験からでも、稼げるWebデザイナーになることができます。お金はかかってしまいますが、しっかりと学習を行うことで十分に回収できるでしょう。

Webデザインスクールおすすめランキング17選!選ぶ時のポイントも併せて解説